お金借りる|今すぐ即日でお金を借りる最適な方法の見つけ方!

お金借りる|今すぐ即日でお金を借りる最適な方法の見つけ方!

初めてお金を借りる最適な方法は?

「月末までの生活費が苦しい」「急な出費でお金が必要」とお金を借りる方法を探している人に向け、この記事ではあなたに合った最適の方法を見つけてもらえるよう目的や職業別にお金を借りる方法をご紹介します。

金融庁が2019年3月におこなった「貸金業利用者に関する調査・研究」によると、お金を借りる理由として最も多かったのは『生活費が足りないから』という理由がもっとも多い結果となったように、生活が苦しくなる事は誰にでもあります。

まずは焦らず、この記事を一読いただき自分にとってベストな方法を見つけましょう。

今すぐ即日でお金を借りる方法

今すぐお金を借りる方法

今すぐ…できれば今日中にお金を借りる必要があるという方におすすめの方法は、消費者金融のカードローンを利用して借入れを受ける方法です。

大手の消費者金融では一部を除いて即日融資に対応しており、土日でも申し込みから最短1時間融資も可能なので、緊急性がある状況の方にはぴったりの方法になります。

急ぎでお金を用意する必要がある方は、消費者金融のカードローンを利用を検討してみてください。

「消費者金融ならどこがいいの?」という方は、大手の消費者金融で知名度があり安心して借りれる会社から選ぶようにしましょう。下記に紹介する会社は30日間の無利息期間があるのでおすすめです。

プロミス

ポイント
プロミスではWEB完結審査をおこなったいるので、スマホ・PCがあれば誰にも合わずに借入れが可能で最短1時間で融資を受けられます。

また契約後は専用アプリを使えば24時間いつでもセブン銀行ATMからカードレスでお金を借りる事ができます。

30日間の無利息期間も初めて利用なら付くので、なるべく早く、バレずにお金を借りたい人はWEB完結からの契約を検討してみてください。

プロミス

プロミス

融資上限額 即日融資 融資時間
最大500万円 最短1時間
審査時間 来店不要・WEB完結 無利息期間
最短30分 30日間

アコム

ポイント
アコムでは申込みから最短30分審査なので即日融資を希望する人に人気です。

審査に通るか不安な人は、簡単な内容を入力するだけで借り入れ可能かを判断できる「3秒診断」から借入れが可能かを判断でできます。

土日祝日でも審査を行っており、初めて利用なら30日間無利息で利用する事が可能です。

アコム

アコム

融資上限額 即日融資 融資時間
最大800万円 最短60分
審査時間 来店不要・WEB完結 無利息期間
最短30分 30日間無利息

レイクALSA

ポイント

レイクALSAは借入れ金額によって選べる無利息期間があるのがおすすめポイント。

初めての契約ならWebで申込むと60日間またはお借入れ額5万円まで180日間の特典から選ぶ事ができます。

「60日間無利息」の特典を付けているのは大手消費者金融の中でもレイクALSAのみとなっているので2〜3ヶ月で返済できそうという方は、ほぼ無利子で借入れが可能です。

レイクALSA

レイクALSA

融資上限額 即日融資 融資時間
最大500万円 Webで最短1時間融資も可能(*1)
審査時間 来店不要・WEB完結 無利息期間
申込後、最短15秒 Web申込限定60日間(*2)

※1.21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。※2.5万円まで180日間。いずれも契約額200万円まで。初めてなら初回契約翌日から適用。期間経過後は通常金利適用。30日間、60日間、180日間は併用不可。【貸付条件】●新生フィナンシャル株式会社●登録番号/関東財務局長(9)01024号●遅延損害金(年率)20.0%●返済方式/残高スライドリボルビング方式、元利定額リボルビング方式●返済期間・回数/最長8年・最大96回●担保・保証人/不要●要審査

銀行はすぐには借りれない?

ここで「銀行カードローンは即日では借りれないの?」という意見もあるかもしれませんが、銀行カードローンは過剰貸付などで破産者がでた影響から国が規制強化した事により2018年から即日融資が不可能になりました。

そのため「今すぐにお金を借りる必要がある」人にはおすすめできません。

低金利でお金借りる方法

低金利でお金借りる方法

「金利を抑えてお金を借りたい」という人は、消費者金融よりも銀行のカードローンを利用するのがおすすめです。

消費者金融のカードローンと比べて、即日融資には対応していない部分がデメリットもありますが、その分銀行のカードローンは、かなり低金利で借入れを受ける事が可能です。

ちなみに、それぞれの平均的な金利を比較すると以下のようになります。

借入先 平均的な金利
消費者金融 4.5%〜18.0%
銀行カードローン 3.0%〜14.5%

消費者金融と比較をしてみると銀行のカードローンは金利が低く設定されているので最終的な返済額も安く抑える事が可能です。

ただし、借り入れする金額が少額で、すぐに返済できるような場合は無利息サービスのある消費者金融を利用した方がお得なケースもあります。

「低金利でお金を借りたい」「まとまった金額を借りたい」という人は低金利で人気の銀行カードローンご紹介します。

みずほ銀行カードローン

ポイント

みずほ銀行は他の金融機関と比べてもとても低金利なのが特徴で、年2.0%~14.0%の金利で利用することができます。

また、みずほ銀行の住宅ローンを利用している場合は、ここからさらに金利を引き下げてもらうことが可能です。

みずほ銀行の住宅ローンを利用している方はもちろん、「低金利で利用したい」という方にはとても適切なカードローンだと言えるでしょう。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

融資上限額 金利 融資時間
最大800万円 年2.0%~14.0% 2〜3営業日
審査時間 来店不要・WEB完結 担保・保証人
2〜3営業日 不要

楽天銀行スーパーローン

ポイント
楽天銀行スーパーローンでは申込み後の入会で楽天スーパーポイント1,0001ポイントがもらえます。

審査申込みスマホ完結ででき、楽天銀行の口座をお持ちなら審査通過後すぐに24時間いつでも即時振り込みが可能なので、普段から楽天を利用する人は楽天銀行スーパーローンがおすすめです。

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン

融資上限額 金利 融資時間
最大800万円 年1.9%~14.5% 最短翌日
審査時間 来店不要・WEB完結 担保・保証人
最短翌日 不要

絞り込み検索からカードローンを選ぶ

ここまでご紹介した消費者金融・銀行カードローンは当サイトがおすすめする金融機関をご紹介しましたが、他の選択肢も知りたいという方は、複数のカードローンからご自身の条件を絞り込んで検索できる機能をご用意しました。

希望する条件を選択していただければ、あなたの条件にあったカードローンをご提案します。

カードローン絞込み検索

バレずにお金を借りる方法

バレずにお金を借りる方法

親や周りの人にバレずに今すぐお金を借りる方法を探しているなら、電話連絡なしのカードローンを利用しましょう。

カードローンを利用してお金を借りる際にバレる理由の多くは審査時の在籍確認の際の電話連絡や契約後の郵送物が原因です。

電話連絡なしのカードローンを利用すれば、自宅または勤務先への電話確認が入る心配がないので周りの人にバレずにお金をかりる事ができます。

多くの消費者金融では電話連絡が原則必要で、銀行カードローンでは必須としていますが、WEB完結での申込みで電話連絡・郵送物なしで借入れできるカードローンとして「モビット」があります。

SMBCモビット

ポイント
SMBCモビットではWEB完結申込みをする事で電話連絡・郵送物なしで借入れが可能です。

最短で即日融資も対応しているので、他の消費者金融にはある無利息期間はありませんが、親や友人、会社の人にバレずにすぐにお金を工面したい人におすすめです。

※WEB完結申込みをする際は指定の銀行口座が必要になります。

SMBCモビット

SMBCモビット

融資上限額 即日融資 融資時間
最大800万円 ◯(※) 原則24時間最短3分
審査時間 来店不要・WEB完結 無利息期間
最短30分(※)

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

無職がお金を借りる方法

無職がお金を借りる方法

無職の人は審査に通るために必要な安定収入がないため、金融機関からお金を借りる事は難しいです。

ただ、金融機関からお金を借りることはできませんが、求職中・失業中の方は、ハローワークが実施している職業訓練を受講することで、職業訓練受講給付金を受け取ることができます。

また、「職業訓練受講給付金だけじゃ足りない!」という場合は、求職者支援資金融資を受けることも可能です。

「求職者支援資金融資」とは、職業訓練受講給付金をもらっている、もしくはもらう予定のある人向けに用意されている貸付制度のことで、「職業訓練受講給付金だけでは生活が厳しい」という方を対象とした制度です。

なので、求職中・失業中でお金に困っている…という方は一度お近くのハローワークにご自身が制度を利用してお金を借りる事が相談していましょう。制度の利用については「失業中で無職でもお金を借りれるハローワークの制度と活用法」で詳しくご紹介しています。

専業主婦がお金を借りる方法

専業主婦がお金を借りる方法

専業主婦の人でお金が必要な場合には、配偶者貸付の利用を検討してください。

消費者金融やクレジットカード会社では、融資の際に年収の3分の1超える貸付をおこなってはいけない総量規制という貸金業法で決められていて、年収300万円の場合は100万円以上の融資を受ける事ができません。

もちろん専業主婦の場合、多くの人が自身に収入がないので借入れ可能額も0円となるので、金融機関からお金を借りる事はできません。

ただし、総量規制では例外貸付として「配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け」という項目があるため、配偶者に相談をおこなえば消費者金融からお金を借りれる場合があります。

しかし、プロミスやアコムなど大手消費者金融では、配偶者貸付が認められていないため、今すぐお金が必要な人は銀行カードローンの利用を検討してみてください。

この他、専業主婦がお金を借りるための情報は「専業主婦(無職)にキャッシング審査は甘い?即日融資で借入する方法を解説」で詳しくご紹介しています。

もし専業主婦でもパートなどで毎月安定した収入があるのであれば、大手の消費者金融でお金を借りる事が可能です。また中小ではありますがベルーナノーティスは働く女性から人気のあるカードローンなので、審査に不安がある人は検討してみてはいかがでしょうか?

ベルーナノーティス

ポイント

ベルーナグループが運営しているカードローンで、カタログ通販サイトでお馴染みのベルーナという事もあり、働く女性からの人気が高いカードローンです。

初めてであれば14日間利息0円で融資を受ける事が可能なのでお金が必要な主婦の方におすすめです。(安定した収入がある場合はお申し込み可能です)

ベルーナノーティス

ベルーナノーティス

融資上限額 即日融資 融資時間
最大300万円 最短即日(*1)
審査時間 来店不要・WEB完結 無利息期間
最短30分 14日間

※1.お申込みの時間帯によっては翌日以降となる場合がございます。

学生がお金を借りる方法

学生がお金を借りる方法

「学生だとお金を借りるのが難しい」と思っている方もいるかもしれませんが、現在の年齢が20歳以上でアルバイトなどで安定した収入がある学生の人はカードローンやクレジットカードのキャッシングを利用することができます。

また、学費などの目的で借り入れをする場合は、奨学金を借りるという選択肢もあります。

学生の方がお金を借りる方法については「学生がお金を借りるならどこ?即日でバレにくい方法と学生ローンについて解説!」の記事で解説していますので、すぐにお金を借りたい学生は参考にしてください。

未成年はお金を借りれない?

未成年でも現在の年齢が18歳以上20歳未満の学生の方は、学生ローンという形でお金を借りることができます。

ご自身で学費などを用意しなければいけない場合は、この学生ローンや奨学金を借りて学費にあてているという方も多いです。

ただし、学生ローンを利用する場合は、アルバイトをしていないと審査に通るのが難しいことが多いので、申し込みの条件などをしっかり確認した上で検討するようにしましょう。

未成年の方がお金を借りる方法については「未成年が即日融資でお金を借りるには?今すぐお金が必要な人必見!」の記事で詳しく解説しているので、興味がある方はぜひご覧ください。

また、未成年で18歳未満の高校生や中学生は公的機関からお金を借りるのが難しいです。
どうしてもお金が必要な場合は、家族や友人に頼んでお金を借りるしかありませんので、注意しましょう。

会社員がお金借りる方法

会社員がお金を借りる方法

会社員の人がお金を借りる際は、従業員貸付制度が導入されている会社で働いている方は、この制度を利用することでお金を借りることができます。

ちなみに、従業員貸付制度とはその名の通り、会社からお金を借りることができる制度でして、会社自体が貸付サービスを行なっているようなイメージですね。

貸付の対象やルールなどは導入している会社ごとに異なりますが、基本的にはかなりの低金利で利用できることがほとんどなので、消費者金融や銀行などで借りるよりもお得に利用することが可能です。

ただし、お金を完済する前に退職する場合、会社によっては一括返済を要求されることもあるようなので、しっかりとした返済計画を立ててから利用するようにしましょう。

会社から制度を利用して借入れを受ける方法については「会社からお金を借りられる!?【従業員貸付制度】を徹底解説!」の記事で詳しく解説しています。

もし勤務先に貸付制度がない場合ですぐにお金が必要な場合は、会社員の場合収入は安定しているので、先程ご紹介した即日融資対応の消費者金融からお金を借りる事も可能です。

>>即日でお金を借りる方法にもどる

公務員がお金借りる方法

公務員がお金を借りる方法

公務員の方であれば、共済組合貸付制度という公務員の方向けの貸付制度を利用することでお金を借りることができます。
貸付の内容は全部で12種類に分けられており、使用用途によって限度額なども異なります。

一般的に利用されているのは「普通貸付」と呼ばれるタイプのもので、例えば、家電の購入や生活必需品の購入など、様々な用途に利用することができます。

やはり、公務員の方向けの制度ということもあり、内容は以下のようにかなり充実しています。

普通貸付
限度額 月額給料の6倍まで(200万が上限)
金利 1.26%

上記の表を見て頂ければ分かりますが、かなりの低金利で利用することができます。銀行のカードローンなどと比べても圧倒的な好条件です。

公務員の方で銀行カードローンや消費者金融からの借り入れを検討しているのであれば、まず先に共済組合貸付制度を利用できないかどうか確認してみましょう。

郵便局・ゆうちょ銀行でお金借りる方法

郵便局・ゆうちょ銀行でお金借りる方法

ゆうちょ銀行に定額貯金、定期貯金がある、もしくは銀行に定期預金がある場合は、その預金を担保にお金を借りることができます。

この制度は「定期預金担保貸付」と呼ばれており、金融機関によっては「当座貸越」「自動貸付」「預金担保貸付」などと、貸付の名称が変わることがありますが呼称がことなるだけで同じ意味です。

この定期預金担保貸付を利用するには申し込みや審査が不要となっており、キャッシュカードを使って普通預金口座からお金を引き出すだけで利用することができます。

というのも、定期預金担保貸付は、普通預金口座の残高以上の金額を引き出した際に自動的に融資されるという仕組みになっているので、そもそも審査という概念がないんですね。

また、審査がないので無職の方やブラックの人でも担保となる預貯金があればお金を借りる事ができます。

生命保険でお金借りる方法

生命保険でお金を借りる方法

生命保険に入っている方は、現在入っている生命保険の「契約者貸付制度」を利用することでお金を借りることができます。

ちなみに、「契約者貸付制度」とは、解約返戻金の一部を保険会社から借り入れできる制度のことです。

「生命保険でお金を作る」と聞くと、保険を解約して解約金を受け取るという方法をイメージする方も多いと思いますが、この制度を利用すれば生命保険を解約することなくお金を用意することが可能です。

ただし、この制度が利用できるのは「解約返戻金」がある保険に限られていますので、契約者貸付制度の利用を検討している方は、一度自分が入っている保険の内容を確かめてみましょう。

国や市役所からお金を借りる方法

国や区役所からお金を借りる方法

金融機関からのお金を借りる方法を試したけど、審査に通らない、収入面で審査に落ちてしまった人は、国や市役所など公的機関でも用意されている貸付制度の利用を検討しましょう。生活に困った際に相談することでお金を借りることができます。

中でも、各市区町村の役所で受ける事ができる、生活福祉資金貸付制度では、総合支援資金での生活費の支援のほかにも、土地を担保にお金を借りる不動産担保型生活資金、低所得者向けに介護費用・教育費の支援をおこなう制度も用意されています。

また、無職の方でもハローワークなどで就職活動を行なっている方であれば、お金を融資してもらえるケースもあります。「経済的に追い詰められていて、もうどうにもならない」という場合は、1度市役所に相談してみましょう。

市役所でお金を借りるために必要な情報は「市役所でお金を借りるには?無職でも即日融資を受けられる? 」で、国で行ったいている貸付制度については「国からお金を借りる方法まとめ|即日融資は可能?最短で借りられる個人向け公的貸付制度とは」の記事で解説しています。

質屋でお金を借りる方法

質屋でお金を借りる方法

金融機関からお金を借りるのが難しい場合は、質屋に品物を預けてお金を借りるという方法もあります。

質屋をあまり知らない方のために簡単に説明すると、質屋とは品物を担保にお金を借りたり、不要な品物を売ったりすることができるお店のことです。

金融機関と違い、審査などはないので無職の方やブラックの方でも利用することができますが、借りれる金額は預けた品物の査定次第で上下するので、「どうしてもこの金額が必要」という場合には向かないかもしれません。

また、お金を借りた場合は、お店が定めている期間内までに返済しないと、担保にした品物を失ってしまうので注意しましょう。

クレジットカードでお金借りる方法

クレジットカードでお金を借りる方法

クレジットカードは、急にお金が必要になった際に、お金を借りることができるキャッシング枠を付帯することができます。

このキャッシング枠がすでにあるクレジットカードをお持ちの方は、審査なしでそのままキャッシングを利用してお金を借りることができます。

ただ、キャッシング枠を契約していない場合は、手持ちのクレジットカード会社に改めてキャッシングの申し込みを行い、審査を受ける必要があります。

審査が完了するまでには早くても2〜3日かかるので、お急ぎの場合は消費者金融を利用して即日融資を受ける事を検討しましょう。

ブラックの人がお金借りる方法

ブラックの人がお金借りる方法

過去に長期延滞などの金融事故を起こしてしまい信用情報に傷がついてしまいブラックリストに登録されてしまった方は、銀行のカードローンや、大手消費者金融の審査に通る可能性は低いです。

ですが、ブラックでもお金を借りれる方法を探している人の中には、公共料金や携帯料金の延滞をした経験があって「自分ブラックリストに入ってしまっている」と勘違いしている人もいます。

まずは自分がブラックか確認して信用情報に問題がなければ、大手の消費者金融から融資を受ける事が可能です。

ブラックでも借りれる方法が気になる人は「ブラックでも借りれる|金融ブラック度合い別の銀行融資・キャッシング業者の審査口コミまとめ 」の記事で詳しく解説しています。

「ブラックだけどどうしてもお金が必要…」という方は、信用情報が回復してブラックリストからはずれるのを待つ、または質屋などで品物を質に入れてお金を借りる、家族や知り合いから借りるかなどの方法も検討してみましょう。

中小消費者金融は審査が甘いって本当?

無職な方は、安定収入がない人が頼る先として「審査が甘い」「審査に通りやすい」という理由から中小消費者金融を検討する人がいますが、街金と言われる中小消費者金融であっても審査が甘い事はありません。

予算が少なかったり、銀行系グループが保証していない事もあり業者によっては大手よりも審査が厳しい場合があり、中には現在の契約者からの紹介でないと新規の審査は通らないといった会社もあるほどです。

もし大手でお金を借りて審査落ちをしたなどの人は、安定した収入があるのであれば別の大手の消費者金融への申込みを検討したほうが、審査に通る可能があります。

大手でお金を借りる方法を確認したい方は、記事冒頭でご紹介した金融機関をご検討ください。

今すぐ即日でお金借りる方法にもどる

キャッシングのフタバ

ポイント

ブラックの方におすすめなのが、中小消費者金融のキャッシングのフタバです。

また、中小消費者金融にしては珍しく、来店不要で借り入れすることが可能でして、30日間無利息サービスも好評のようです。

「自分はブラックだから借りれない」と諦めてしまう前に、一度申し込んでみるのもいいかもしれませんね。

フタバ

フタバ

融資上限額 即日融資 融資時間
最大50万円 最短1時間
審査時間 来店不要・WEB完結 無利息期間
最短30分 30日間

審査なしでお金借りる方法

審査なしでお金借りる方法

お金を借りる際に「審査に通らない」「審査なしで即日融資を受けたい」と方法を探している人もいますが、カードローンなど金融機関でお金を借りる際には審査は必須なので審査なしで貸付をおこなう会社はありません。

金融機関側としても貸付た金額を返済してもらえないと貸し倒れリスクが高くなるため、審査に申込みをした人が審査条件をみたしているかを確認し融資金額を決定するため審査をおこないます。

よく「審査なし即日融資」っといった文言でSNSなどで謳っているところは闇金なので利用をしないよう注意が必要です。

もし急ぎで借りるから審査なしでお金を借りる必要があるという方は「即日・審査なしでお金借りる方法|審査通らない原因と対策とは?」の記事で原因のと対策をご紹介しているので参考にしてください。

お金を借りる時絶対してはいけない方法

お金を借りる時絶対してはいけない方法

お金を借りる時「審査なし」「無職でも融資可能」という甘い文句を謳う広告や業者が存在しますが、先にも解説したように正当な運営をしている金融機関では審査は必須にあるので、こうした条件を提示している業者は闇金業者とおもってください。

またSNSなどで「絶対借りれる」「お金貸します」などで貸付をおこなう個人間融資は、お金を借りた後にトラブルや事件に発展する可能でしがあるため、どうしてもお金が借りたい気持ちは分かりますが、絶対に利用しないようにしましょう。

「もう経済的に切迫詰まっていてどうにもならない」という場合は、まず近くの市役所や法テラス専門家に相談することをおすすめします。

このページでも解説していますが、どうしてもお金を借りたいけど借入れができないという人は「どうしてもお金借りたい!審査通らないブラック・無職の人も借りれる!? 」の記事で詳しく情報をまとめていますので、一度目を通してみてください。

お金借りる方法まとめ

ここまでお金を借りるためにどういった方法があるのかを目的・条件を分けて解説してきました。

お金を借りる方法は、銀行や消費者金融などの金融機関を利用する以外にも、様々な方法があることを分かって頂けたかと思います。

急ぎで今すぐお金が必要という人は消費者金融カードローンを利用するのが、現在の金融や制度事情を考えると最も早いお金を借りる方法です。少額であれば無利息期間をうまく利用して、元金だけの返済で済むので、しっかりと計画したうえで融資をうける事を検討してください。

この記事で紹介しているおすすめ金融機関をもう一度確認する

「自分にあった借り方が見つからない」という人の疑問や不安を解消できたら幸いです。

この記事の監修FPのコメント

FP監修者:伊藤亮太

氏名 伊藤亮太(いとう・りょうた)
所属 伊藤亮太FP事務所

お金を借りる際のポイントは、金利・金額です。金利はできるだけ低くなるように検討します。利用できる公的な仕組みがあればまずはそちらを優先すべきです。どうしても急ぎといった場合には、金利は高くなりますがカードローンという方法もあります。この場合には、できる限り早く返済することを心がけましょう。無利息機関に返済することが一番です。

また、返済見込みが立つ金額の借り入れにすることも守るべきです。借金はつもりつもると返済不能に陥ります。そうした事態にだけは陥らないようにしてください。

>伊藤亮太氏の詳細はこちら


FP監修者:吉原亜矢子

氏名 吉原亜矢子(よしはら・あやこ)
所属 FPサテライト株式会社

『どうしてもお金が必要…』長い人生そんな時もあるかと思います。
そのような時に何かと便利なカードローン。キャッシングと聞くとあまり良いイメージを持たれない方も多いかと思いますが、現在は法整備もしっかりとしておりプライバシーも守られます。また即日融資や無利息期間があるなどサービスも充実しているため、きちんと利用計画の上であれば必要以上に不安になることはありません。
ローンに対する正しい知識を持って賢くお金と付き合っていきましょう。

>吉原亜矢子氏の詳細はこちら