お金を借りる

お金を借りる方法とそれぞれの特徴

お金を借りる方法とそれぞれの特徴

お金を借りる方法と一口にいっても、いろいろな方法があります。

「お金を借りたいけど…どうしよう」

誰から借りるのか、どこで借りるのかによってそれぞれのメリットがあります。

このページではお金を借りる6つ方法をご紹介します。

カードローンでお金を借りる方法から、自治体でやってる貸付制度、家族や親戚からお金を借りる方法といった情報をまとめました。

あなたが借りたい金額や、あなたの現状を考慮したうえで、最適な借りやすい方法を見つけてください。

本題の前に、はやくお金を借りる必要がある人に即日融資かつ速さ】【選びやすさ】【金利の安さ】で、それぞれおすすめのカードローン会社を3社ご紹介します。

あなたがカードローンを検討しているようでしたら参考にしてください。その他の方法を探したい方はコチラ

すぐにお金を借りるならプロミス!
今日中に手元にお金が欲しい人にはカードローンの中でも消費者金融のプロミスがおすすめです。

プロミスのおすすめポイント!

  1. 初めての人なら30日間無利息!
  2. 消費者金融で一番の低金利!
  3. WEB完結なら誰にもバレない!
  4. 最短1時間でカード発行で即日融資!

 

金利 限度額 審査速度

4.5~17.8%

1~500万円

最短30分


「あっ新時代」のレイクALSA!
森山未來さん出演のTVコマーシャルも放送中!

レイクALSA(アルサ)のおすすめポイント!

新生フィナンシャルから全サービスを見直した形で、2018年4月に誕生したレイクALSAはAIを導入してのスピード審査により、最短即日振込みに対応!

はじめて利用でお金を借りる人なら、お借入全額30日間無利息orお借入額のうち5万円まで180日間無利息※のどちらか選べる無利息期間も魅力です。
※5万円超分は通常金利適用※ご契約額1万円~200万円の方対象。

金利 限度額 審査速度

4.5~18.0%

1万円~500万円

最短即日審査


低金利で借りるならJ.Score!

J.Score(ジェイスコア)のおすすめポイント!

AIスコアレンディングでスコアを算出してお金を借りる新しい借り方で、あなたに最適の金額を提示、金利も0.9~12.0%の業界トップクラスの安さなの返済も無理せずできます。現在、新規申込みでキャッシュバックを実施中です。

金利 限度額 審査速度

0.9~12.0%

10~1,000万円

最短即日融資

お金を借りる6つ方法

カードローンでお金を借りる

もっとも多くの人が利用しているのがカードローンで貸付をうける方法です。最短で即日融資を受けることも可能な事から、すぐにお金が必要な人には一番おすすめの方法です。

他の借り方と比較すると金利が高めの設定ですが、初回利用の場合30日間は無利息というカードローン会社も存在します。

もっと詳しくはこちら

市役所でお金を借りる

市役所でお金を借りるイメージ

 

お住いになっている地域の役所で生活福祉資金貸付制度を利用してお金を借りる事ができます。貸付には一定の条件をクリアする必要があるため審査期間が長いのが特徴です。

今すぐにではなくても貸付精度を利用してお金を借りたいという人は一度、お住い役所に問い合わせをおこなってください。

もっと詳しくはこちら

郵便局のゆうちょでお金を借りる

ゆうちょでお金を借りるイメージ

 

郵便貯金(ゆうちょ)で取り扱っている「したく」のサービスを利用してお金を借りる事ができます。ゆうちょATMからのみ借入か一部コンビニでの返済に対応しています。

金利としてはカードローンとほぼ変わらないため、ゆうちょをメインに使っている人におすすめの方法です。

もっと詳しくはこちら

生命保険の契約者貸付を利用する

生命保険の貸付イメージ

 

生命保険には契約者がお金に困った時に、生命保険の解約返還金を担保にすることで所定の範囲内であればお金を借りる事ができる「契約者貸付」という制度があります。

カードローンより金利は高いですが、保険契約者でカードローンを利用したくない人にはおすすめです。

もっと詳しくはこちら

友達からお金を借りる

友達からお金を借りるイメージ

 

友達からお金を借りる場合のメリットとデメリットをご紹介しています。会社での借入れでないため安心と思う人もいますが事件に発展する事もあります。

これから友人からお金を借りようと思っている方は参考にしてください。

もっと詳しくはこちら

家族からお金を借りる

家族からお金を借りるイメージ

 

友達からお金を借りる場合のメリットとデメリットをご紹介しています。気が楽な反面デメリットもいくつかあります。

また、できれば親・兄弟には借りたくないという人におすすめの方法もご紹介しています。

もっと詳しくはこちら

カードローンでお金を借りるための基礎知識

これからお金を借りる人で「今すぐお金を借りたい」人、カードローン・キャッシングを初めて利用しようと思い「どこで借りるのが一番いいのか分からない」という人でも、基礎知識をもっておく事が重要です。

何も知識がない状態でお金を借りると、いざお金を借りる段階になった時に、「あれ?なんでお金を借りる事ができなっかったの?」という事になりかねません。

下記よりお金を借りる際の「申込み」→「審査」→「借入れ」の流れの注意事項とポイントを解説し、その後に審査通過をして融資を受ける事になった場合、借入れた元金に対しての利息金利の計算方法もご紹介します。

申込みについて

カードローンを利用してお金を借りるための最初のステップが申込みです。

近くに無人契約機や窓口があれば行けばいいのですが、時間がない人はその時間すら省きたいし、「正直面倒…」と感じるかもしれないですが、多くの人は、パソコン・スマートフォンを利用してインターネット申込みをしています。

消費者金融系だと、融資までがかなり早くて、スムーズにいけばで申込みから最短30分程で借りる事ができます。

無人契約機や窓口でお金を借りると、忘れ物を取りにいく時間かかって、その日に借入れできない場合があります。

当サイトでは、おすすめ且つ、最短即日で借りれるキャッシングをランキングでご紹介しているのでムダなくお金を借りるためにも参考にしてください。

内部リンク→【即日融資でお金を借りれるカードローン一覧!】

審査について

1ステップ目の申込みが済んだら、次に審査です。
「どういう事を基準に審査しているの?」と思うかもしれないですが、審査内容はどのカードローン会社も公開していません。

ただ「スコアリング方式」による仮審査と、「在籍確認」でスタッフが行う本審査の2つの行程での審査をおこなうのが、一般的であると電話調査の結果わかっています。

スコアリング方式【仮審査】
スコアリング方式とは、あなたの勤務先や年収、家族構成、これまでの借入履歴(クレジットヒストリー)などの項目にそれぞれ点数をつけて、会社がお金を貸してもいいという基準をクリアしているのかを、スコアリングシステムで審査をしたあとに、在籍確認をおこないます。
在籍確認【本審査】
在籍確認は申込み時に連絡した、あなたの勤務先に電話をして、本当にあなたが会社に属しているのかを確認する審査です。ここがお金を借りる時に一番のネックになっているという方もいますが、電話での在籍確認なしでも借入できるカードローン会社もあります。

個人信用情報照会

スコアリングシステム・在籍確認診査を通過すると、次に個人信用情報を照会して、申込者個人の過去の借入れ実績を人の目で確認して、お金を貸付ても問題のない人物であるかの確認をおこないます。

主な確認項目は、他社カードローンからの借入残高、カードローンの利用件数、返済事故歴(遅延・借り逃げなど)を確認します。仮審査での状態も優良であり、信用情報も問題がなければ、本審査を通過した時点で貸付可となりお金を借りる事ができます。

ここで、あなたがお金を借りる事ができるかが決まるのですが、上記で紹介した審査項目とはべつに人として重要になる審査項目があります。

信用の指標「3C」
以前にカードローンやキャッシングで借入れをした事があるなら知っているかもしれませんが「3C」という言葉を聞いた事はあるでしょうか?
3Cは、Character(申込み者の性格)=信用情報・Capacity(返済能力)=経済状況・Capital(資産)=不動産・担保のお金を借りる時の信用3ヶ条と考えていただければ大丈夫です。
審査時に重要な3Cとは?
ここの部分で著しい問題がある場合、安定した収入がある会社員であってもど貸付けをしてもらえない事があり、この3ヶ条はカードローンだけではなくクレジットカードやその他ローンでも設けられている審査方法になります。

金利の計算方法

お金を借りるときに「金利(利息)ってどうやって決められてるの?」という声を聞くので、利息の計算方法を簡単にご説明します。

金利について分かりやすい例として「10万円借りる」場合で説明します。
10万円借りたら借りた金額に対して利子がつきます。

では、この利子はどのように計算しているのでしょうか??人気のカードローン「アイフル」を例にして考えてみます。
基本的に金利の計算をおこなう場合「利息=利用残高× 実質年率(18.0%)÷365 × 利用日数」で計算します。

利息のシミュレーション

返済回数 毎月の支払い金額 利息 返済総額
6回 17,552円 5,235円 105,235円
10回 10,843円 8,302円 108,302円
12回 9,167円 9,860円 109,860円
18回 6,380円 14,600円 114,600円

※年利は各カードローン・キャッシング会社によって異なるので、お金を借りる前に各サービスから確認をおこなってください!

お金を借りる時にカードローンには2種類ある!

お金を借りる事を検討している方にはカードローンがおすすめとご紹介していますが、カードローンには2種類ある事は知っていると思いますが、具体的にどう違うのかを説明できる人は意外に少ないです。

この2種類の違いを、しっかり把握しているかいないかは、あなたが申込み審査を通過できるかできないかにも関係してくる=お金を借りれるか借りれないかの道を分ける事になります。

簡単に違いを説明すると「消費者金融」と「銀行カードローン」の2種類があるという違いです。下記のページでそれぞれについて詳しく解説しているので、どんな違いがあるのかが分かたないという方は、一度目を通していただき、すでに理解している方は次に読み進んでください。

内部リンク→【消費者金融と銀行カードローンの違い】

審査落ちする事なくお金を借りるためのポイント

「お金を借りる必要がある…」当サイトをご覧いただいてる方は、

  • 「給料日まで手持ちのお金じゃ少し足りない」
  • 「急な出費があったせいで口座残高が足りなくて引き落としできない」

など必要な理由はさまざまですが同じような悩みをもってお越しいただいてると思います。

お金を借りるには焦りは禁物!

「今すぐに、お金を借りるのだ!」と焦る気持ちもわかりますが、申込みをして審査に落ちてしまったら意味がありません。

それどころか、あなたの信用情報に傷をつけてしまう場合もあります。

まずは審査に落ちないためのポイントをお金の借り方編集部で調査した結果も合わせて、ご紹介するので申込みをする前の参考にしてください。

お金を借りるためのポイント!

ポイント1:お金を借りる最低条件
まずお金を借りるためには最低条件を満たしている事が大事です。
条件を満たしていないと、ちゃんとした会社では、まずお金を借りる事はできません。

条件を満たしていないのにお金を借りれる業者は闇金と思ってもいいぐらいです。

お金を借りる条件は身構えるほど難しいわけではなく、下記の条件を満たしていればOKです。

  • 年齢が満20歳以上であること
  • 安定した収入があること

なので、年齢が20歳未満の未成年の方は、お金を借りる事ができません。選挙権は18歳に引き下げられたのに不思議な話ですが法律で決まっている事は仕方ないですね^^;

もし20歳にみたない学生の方は、学生ローンであればお金を借りれるので、そちらの方法で借りる事ができるかの確認をおこなってください。

次に安定した収入についてですが、これがサラリーマンだけではなく、アルバイト・パートをしている方でも毎月一定の収入があれば条件を満たしていることになりますので、主婦でパートタイマーという人でもお金を借りるためのスタートラインにはつけます。

ポイント2:必要な書類を知っ得
どこのローン会社でもお金を借りるために下記の書類は必要になります。

  • 身分証明書(本人確認書類
  • 例:運転免許証 or 健康保険証 or パスポート
  • 収入証明書
  • 例:源泉徴収書 or 給与明細書など
    ※収入証明書は借入金額が少額の場合は必要ないケースもあります。

本人確認書類については、運転免許証がなく健康保険証またはパスポートだけという場合には、合わせて本籍記載の住民票の写しが必要になる場合がありますので、お金を借りる前に申込みをするカードローン会社でホームページなどで確認するようにしてください。

ポイント3:申込み時に不備がないようにする
管理人の私はここで一度審査落ちした事があるのでよく確認してください!

他にもお金を借りる歳に、申込み内容に不備や虚偽があったこ事で審査に落ちてしまったという方は以外に多いんです。
基本的というか、常識ではあるのですが虚偽記載(ウソ)は書かない、収入の誇大記入もしないでください。

こんな不備はダメ!

  • 申込書の不備
  • 記入内容の不備
  • 添付書類の不備
  • 虚偽(ウソ)の内容記入

お金を借りるためには、今の自分の状況を正直に書く事、記入漏れや不備がないかは申込みを確定する前に必ず確認して、私のような失敗をしないようにしてください。

私が以前に申込みして失敗したのは「添付書類の不備」で、スマホで本人確認用の免許証画像を撮影した際に、写真のピントがあってなく不鮮明であった事が原因でお金を借りる事ができませんでした。
名前・住所・顔写真・証明書類の番号などがしっかり読めるかを確認したうえで申し込んでください。

お金を借りる前に必ず準備しておきましょう。

お金を借りる時にみんなが気にする事

お金を借りる時にはどんな事に気をつけたらいいのか分からないですよね。

これからカードローン・キャッシングへ申し込みをする時に抑えておくべきポイントを、当サイトが調査して「みんなが気にしている事」をご紹介します。

バレずに内緒でお金を借りる事はできる?

お金を借りる時にみんなが気にする事で一番多かったのが家族・恋人・友人にバレないかという事。正直、お金を借りると聞くと印象はよくないですよね。

できるなら、家族には内緒で借入をしたいという方のために、家族にお金を借りている事がバレてしまいやすい原因と、どうすれば家族に内緒のままで、申し込みから借入までスムーズにおこなえるのかをご紹介します。

家族にバレてしまう原因は契約書やカードの郵送物

カードローンでお金を借りるためには、まず契約書を郵送してもらい、この郵送物はもちろん消費者金融名などはないので、表面ではわからないようにしてくれてはいるのですが…

家族と同居している場合、サラリーマンで昼間は働きに出ていて、自宅宛に届いた郵送物を妻や親に開封されてしまい気づかれる妻バレ・親バレ、「これ開けちゃったんだけど何?」なんて言われて揉めるのは面倒ですよね。

家族にバレずにお金を借りる方法

何がなんでも家族に…特に妻バレ・親バレをせずに内緒でお金借りるのであれば、書類での申込みが不要のカードローン会社を使ってキャッシングをするのがおすすめです。

三井住友銀行系の「モビット」は申込→審査→借入までのすべてのステップをPC・スマホからWEB完結できるので、誰にもバレずにお金を借りる事ができます。

その他、電話連絡はありだけど郵送物はない会社だと「アコム」も申込みのタイミングは重要ですが比較的簡単に借入する事ができます。

どこの会社も専用サイトで数ステップの簡単操作で申込ができて分かりやすいので、PC・スマホが苦手という人でも苦労なく申し込めます。

→家族にバレずにお金を借りれるカードローン会社

お金を借りる時の「在籍確認」がないの会社はある?

会社に勤めているサラリーマンでお金を借りる時に悩ましいのがキャシング審査でおこなう在籍確認。
いま働いている会社に、カードローン会社から電話連絡をして本当に申込者が働いているのかを確認するのが一般的です。

お金を借りる事は必要だけど会社に連絡されるのはちょっと嫌だな~って人いますよね?

  • 営業など外交の仕事をしていない
  • 会社に入って(部署異動含む)間もないのに個人宛は困る
  • いままで個人宛の電話連絡なんて来たこともないから不自然に思われる

上記は1部になりますが、当サイトがカードローン・キャッシングでお金を借りた経験のある人にアンケートした際にいただいた在籍確認を嫌がる理由の一例です。

もちろん「○○金融です。△△さんいらっしゃいますか?」
なんてあからさまな電話ではなく、基本的には個人名でこんな感じの連絡がきます。

ポイント:在籍確認の会話例

審査担当者
○○と申します。△△さんいらっしゃいますか?

職場
△△は席を外しております」OR「△△は本日お休みを頂いております。

審査担当者
承知しました。また私の方から掛け直しいたします。

普通に会社勤めしていたら当たりまえのやり取りですよね?

それでも、場合によってはバレてしまう事があり「社内での査定に響いた」といってる方もいるのでケース・バイ・ケースみたいです。

在籍確認を基本的には必要

在籍確認は一部の会社を除いて勤務先情報を申込みの段階で細かく入力する必要があります。なんで個人で借りるのに勤務先に電話をしなくちゃいけないの?と思う人もいると思いますが、

現在の消費者金融のカードローンは申込み方法が基本インターネットです。

なので少し前までは一般的だった対面申込みの時にも在籍確認はありましたが、本人の所在を確認するための方法として、在籍確認は今も欠かせない審査のステップとなりました。

また、「本当にこの人に貸しても大丈夫か?」を決定するための審査で重要なのは返済能力があるのか、ないのか。
つまり融資をした金額が返済できるだけの能力があるかどうかです。

安定収入が得られる環境=定職があり働ける健康状態にある→借入承認をしよう!という流れになります。

在籍確認なしでお金を借りる方法

「じゃ~もう在籍確認のないところで借りるなんて無理じゃん!」と思っている方、ちょっとまってください!

確かに在籍確認は、どこの会社でも基本的にはありますが、あなたと同じように在籍確認があるから、お金を借りる事を諦めてしまった人が前にもいたのか、いまでは電話での在籍確認がないカードローン会社もあります。
※電話の代わりに社会保険証など、会社に所属している事が証明できる書類が必要です。

在籍確認を電話ではなく書類で済ませる事ができるので、職場の人にバレてしまう心配もなくお金借りる事ができます。

→在籍確認なしのカードローン

お金を借りるならどこ?を職業別に紹介!

お金を借りる場合は、多くの人がカードローンへの申込みを考えますが、「私の仕事だったらどこで借りる事ができるの?」という方のために、職表別に借入れできるカードローンの種類を分類してご紹介します。

銀行カードローンでお金を借りれる職業

公務員・会社員・自営業・個人事業主・会社経営者・派遣社員・契約社員・アルバイト・パート主婦(主夫)・専業主婦

銀行カードローンは安定した収入がある会社員の人から、収入のない専業主婦まで、一部の人(年金受給者)などを除いて、ほとんどの人がお金を借りる事が2017年までは出来ていましたが、現在は金融に関する規制が厳しくなったという背景があり専業主婦への貸付はおこなっていません。

なので現在では、銀行カードローンと消費者金融で借りれる職業は、ほぼ同じで違いとしては年間の金利の違いほどとなっています。

消費者金融でお金を借りれる職業

公務員・サラリーマン・自営業・個人事業主・会社経営者・派遣社員・契約社員・アルバイト・パート主婦(主夫)・専業主婦

消費者金融では、総量規制がある関係で基本的には安定した収入がある職についている人でないと、お金を借りる事はできませんが、専業主婦であっても配偶者に協力してもらことができれば貸付を受けることが可能な場合もあり、2017年の銀行カードローンに対する規制強化の影響で審査からの応諾率は銀行カードローンより高い水準になっています。

カードローンで注意したいお金を借りる時の失敗例

当ページでは、お金を借りる事について6つの方法をテーマにして情報をお届けしています。

情報を記事にしていく中で、実際カードローンを利用した人への取材もおこなったのですが、その中で借入れに失敗してしまった人という人も少なからずいました。

そこで、ここではカードローンでお金を借りようとして、審査通過する事ができなかった人の特徴を失敗例としてご紹介します。※取材者には匿名を条件に掲載許可をいただいています。

急いでいてすぐにでもお金を借りる必要がある方もいると思いますが、信用とは別の意外な部分でカードローン審査に通らなかった例もあるので、先人の知恵としてご一読いただければと思います。

申込み書類の不備による失敗例

カードローンでお金を借りる際に、意外に多い審査落ちの理由として必要書類の不備による失敗です。

当ページの「必要な書類を知っ得」でご紹介しましたが、書類の不備には情報に誤入力(漢字間違い)や虚偽記載をおこなうことで審査を通してもらえないとお伝えしましたが、文字の不備以外にも書類の不備は存在します。

その一つが本人確認書類のピンボケによる失敗です。

カードローンでお金を借りるためには審査の際に、申込者本人がわかる写真付きの確認書類が必要になります。この際にピンボケしていると不鮮明な書類として審査ができないと判断されてしまうケースがあります。

信用情報の履歴による失敗例

カードローンの審査申込みをおこなう上で、信用情報は大きな影響があります。

以前に何か一度、クレジットカードの支払いや支払いを滞納してしまい信用情報にその情報が追加されてしまえば、当然「信用なし」と判断されてお金を借りる事は難しくなります。

ただ、お金の借り方編集部で取材をしたなかには、すでに滞納分は完済していて、書類に不備もないのに審査に通らなかった人がいます。その中で後に審査通過人の話でわかったのが、信用情報の削除依頼をしたことで無事に審査通過をしてお金を借りる事に成功したという情報です。

普段の生活のなかでカードローンの事や、自分の情報を気にする事は少ないですが、お金を借りるには信用が必要になるので、申込みの前に気になった方は開示請求してみる事をおすすめします。

内部リンク→【信用情報の開示請求と削除依頼を解説!】

複数同時申込みによる失敗例

お金を借りる必要がある人は、早く借りたいために、「審査通過率が上がる!」と思って、一度に複数書に同時審査を申込もうとする人がいますが、この認識は間違いです。

カードローン会社は貸付をおこなうさいに、個人信用情報を参照するとご案内しましたが、信用情報の中には金融事故歴や支払い遅延などのネガティブ情報とあわせて「申込み情報」という項目があります。

この部分では、借入れを受けたい人が何社に申込みをしているのか?を確認することができます。

貸付をおこなう業者からすれば「ウチだけに借りたいと言っている」のか「何社にも借りたいと言っている」のかでは、担当者の印象は大きく変わります。

お金を借り方編集部で調査をした情報では1ヵ月に3~4社申込みをした場合、会社によっては「申込みブラック」となり、審査が甘い会社でも借入れが難しくなる事もあるようです。

お金を借りる必要があるとはいえ、ネガティブの印象を与えるのは、借りれるまでの道のり遠くする事もあるので、まずは1社、多くても2社までに審査申込みは抑えるようにしましょう。

お金を借りる時によくある質問集

お金を借りる時に、申込み・審査・金利について以外にも、気になる事はありますよね。

ここまでお金を借りる方法についてご紹介していきましたが、他にもみなさんが気になっているよくある質問をQ&A方式でいくつかご紹介します!

主婦でもお金を借りれますか?

主婦のがお金を借りる場合には、時間が掛掛かってもいいのであれば、まずは市役所に申請をして生活福祉資金貸付制度を利用するのがいいと思います。
なるべく早くお金が必要な場合には、カードローンの利用を考えてみてください。消費者金融カードローンのプロミスであれば、最短即日融資を受ける事ができます。
専業主婦の方の場合は主婦が借りれるカードローンと注意点のページをご確認ください。どこに借りるのがいいの?いう人は参考サイトをご紹介しまのでご確認ください。

【参考サイト】
主婦でも借りれる即日融資OKのカードローン

学生でもお金を借りる事はできますか?

学生であっても年齢が20歳以上であればお金を借りる事ができます。
アルバイトをしていて、安定して収入があれば消費者金融にも申込みができます!

18歳の社会人なんですがお金を借りれますか?

18歳・19歳(未成年)であっても親権者の同意を得ることができればお金を借りる事はできます。
ただし、その場合にはお金借りる際に保護書の同意を証明する事が必要になります。
また18歳でお嫁さんを籍にいれての結婚をしていれば、未成年であっても成人として認める「成年擬制」という法律が民法第753条で取り決められているので、結婚していて安定収入があるのであれば一部の銀行カードローンやクレジットカードのキャッシング枠でお金を借りることができます。

現在無職です…お金を借りる方法はありますか?

無職の方の場合は「安定した収入」がなく、奥さん専業主婦という場合には銀行カードローン・消費者金融でも貸付してくれません。無職の方がお金を借りる場合にはクレジットカードのキャッシングを利用する、または国や市区町村で実施している補助金制度を利用することでお金を借りる事ができます。
※制度利用の場合でも申込み・審査はカードローンと同様にあります。

カードローン申込みをする人の利用理由にはどんなものがあるんですか?

カードローンに申込みをする人の利用理由については、いろいろありますが金融会社に確認をした際に多かった、お金借りる理由としては、生活費が多いです。お金を借りる方法は他にもありますが、アンケートで多かったのは、

  • 「即日対応してくれるところに申込み審査を依頼した」
  • 「即日融資でその日にお金が必要だった」
  • 「専業主婦でも借りれるところが探せなかった」

などありましたが、その日にお金が必要という即日融資の需要が多い結果になりました。

どうでしたか?あなたがお金を借りる時に気になっていた質問はあったでしょうか?
質問を参考にしていただき、あなたのお金の借り方をみつけてください!

もし「こんな情報を掲載して欲しい」ということがありましたら、お問い合わせください。

2018年の金融事情

2017年はお金を借りる人、貸す会社にとって変化も年でした。

お金を借りるとき、消費者金融は貸金業法で年収の3分の1を超える貸し付けが制限されている(総量規制)が、対象外である銀行のカードローンの貸付額が年々増加傾向にあり、2015年以降は消費者金融業者の約2倍強にまで膨らみました。

自身の返済能力を超える金額を借りた人も多く、いまになって多重債務・自己破産をする人が続出しています。

この状態をみて日弁連(日本弁護士連合会)は2016年9月、銀行の貸し付けにも総量規制を求める「銀行などによる過剰貸付の防止を求める意見書」を公表。さらに2017年4月には会長声明を出し、改めて貸付額の制限を求めました。

声明を受けて、それまで制限を緩和していた銀行も規制を厳格化し、過剰貸付をおこなわないよう貸付上限を設けています。

これにより、これまで銀行カードローンでお金を借りれていた【主婦・専業主婦・学生で収入がない人】は審査申込みからの応諾率が低下しています。

いま自分に収入がないけど「お金を借りたい」と考えている人は、ご家族と相談したうえでご主人に協力してもらい、計画的な利用をすることをおすすめします。

まとめ:お金を借りるためには焦らず計画的に!

ここまでお金を借りるために重要な基礎知識として、「申込み」「審査」「金利」について、どこに注意すればキャッシングの審査落ちをしないかをご紹介していきました。

また会社・家族にバレずにカードローンを利用したい人のため、在籍確認がない業者、
電話確認・郵送物がなしで申込みできる業者をご紹介しました。

またカードローンではないお金を借りる方法については別ページ、またはよくある質問を活用してください。

ただこれはお金を借りるための最低条件で、審査に通るにはスコアリングで審査される条件を正確に記入するために、3Cの条件を整えて、お金を借りるに値する人物である必要があります!

※ちゃんとした人のイメージ画像

お金を借りることには「信用を守る」「返済期日にお金を振り込む」「返済に遅延しない」など大きな責任が伴います。

逆にお金を借りるだけ借りて返済の方法も考えないでカードローン利用するのは「バカがすること」です。

”自分にあった無理なく返済できる範囲で収める””大きい金額が必要な場合は、先の収入をしっかり見積もる”といった事をおさえた計画的な方法で借りる事が大切です。

これからお金を借りる、あなたが私のようにお金を借りる事に失敗せずに、
無事にカードローン・キャッシングの審査を通過して、いまの状況を好転できるように祈っております。

当サイトで、ご紹介した情報を参考に、まずは1社!から審査の申込みをしてみてください。