ブライダルローンとは | 利用前に知るべき仕組みや手順を徹底解説!

ブライダルローンとは

結婚が決まり、いざ結婚式!となった際に、切っても離せないのがお金関係の話です。
でも一生に一度の結婚式ですから、夫婦の希望通りに行いたいですよね。

また結婚式の費用は、全て前払い。
みんなからお祝儀を貰う前に、かかる費用をすべて用意しなければならないのです。

そんなときに、結婚式関係の費用のために借りれるのがブライダルローンです。

この記事では、

  • ブライダルローンとは?その特徴について。
  • ブライダルローンのメリット・デメリット
  • ブライダルローンの料金・返済期間
  • ブライダルローンの流れ・手続き・必要書類
  • ブライダルローンを借りるタイミング

についてわかりやすく解決していきます。

ブライダルローンとは?その特徴について。

ブライダルローンの特徴

ブライダルローンとは?

ブライダルローンとは、その名の通り、結婚に関わる費用のために借りることのできるローンのことを指します。

結婚式、新婚旅行、婚約指輪、新居への入居費用など、結婚に関連する費用に対してのみ使用することができます。

このように使用用途が決められているローンのことを目的ローンと呼び、フリーローンに比べて金利が低く設定されているのが特徴です。

ブライダルローンの使い道

ブライダルローンの使い道は、結婚関連費用ということですが、実際にどこまでが結婚関連費用に当たるのでしょうか。

主な項目として以下のものがあります。

結婚式・披露宴の費用

これはいわずもがなですね。
結婚式・披露宴にかかる日本人の平均費用は350万円と言われています。
この金額を一度に支払うのはなかなか大変ですし、貯金のほとんどを使ってしまうことになるかもしれません。
ブライダルローンを検討される方の中には貯金で払うことはできるけれども、万が一に備えて貯金を残しておきたいから、ローンを借りるという方もいらっしゃいます。

新婚旅行の費用

新婚旅行の費用も結婚関連費用として含まれています。
新婚旅行の平均費用としては、2人で平均60万程度かかっているようです。

一生に一度の新婚旅行です。
結婚式の費用との兼ね合いもあるかもしれませんが、節約するのではなくブライダルローンを借りて理想のハネムーンに行くという選択肢もいいかもしれませんね。

婚約指輪・結婚指輪の費用

婚約指輪・結婚指輪の費用にも、ブライダルローンを利用することができます。
婚約指輪の相場は、およそ35万円、結婚指輪は2人で20万円ほど。

よく婚約指輪にお金を使うなら、新婚旅行に使ったほうがいいと言われますが、婚約・結婚指輪はつけるたびに新婚初期の新鮮な気持ちを思い出させてくれるものです。

ここまで3つの費用に関しては、ほとんどのブライダルローンに結婚関連費用として含まれています。
ですが、次に紹介する2つは各ブライダルローンによって含まれているかどうかが異なります。

新居への入居費用

結婚式の時期と同時にかかってくるのが、この新居への入居費用です。
一人暮らしをしたことがある方ならご存知だと思いますが、新しい住居への入居はなかなかに費用がかさみます。
家賃10万円の家でも、敷金・礼金、前払い家賃、保険料など合計すると40万程度は必要になる計算です。

家具家電の新調費用

新婚時にかかる費用として意外と忘れがちなのが、この家具・家電の新調費用です。
新生活ということで、新しいものやいいものを揃えようと考えると想像以上に金額がかかるものです。
家具家電の新調費用も、事前に把握しておくと良いでしょう。

このように、各ブライダルローンによって使用できる範囲が異なっています。
申込みを行う前に、自分がなににお金を使いたいのか、それはブライダルローンの使用範囲に含まれているのか必ず確認しましょう。

使用範囲が1番広いブライダルローンはコチラ
ブライダルローンの比較

 

ブライダルローンの使い道

次は、ブライダルローンを借りるメリット・デメリットについて解説していきます!

ブライダルローンのメリット・デメリット

ブライダルローンのメリット・デメリット

ここまで読んでくださった方の頭の中には、

「ブライダルローンが気になるけど、他のローンより良いところってどこなの?」

「ブライダルローンのデメリットは?」

こんな疑問があるかもしれません。

ここでは、これらの疑問を解決するために、ブライダルローンを借りるメリット・デメリットをご紹介していきます!

ブライダルローンのメリット

結婚したいけれど、結婚式などの予算の都合がつかないカップルにとって、ブライダルローンは非常に魅力的なものだと思います。

ここではそんなブライダルローンを借りるメリットについてご紹介します。

他のローンと比べて、金利が安い

ブライダルローンは、結婚関連費用に用途が限定されている目的ローンのため、フリーローンと比較して、金利が低く設定されています。

ブライダルローンの平均的な金利はおよそ3%~10%となっています。
反対に、用途に縛られない、フリーローンの場合の金利はおよそ7~14%が一般的となっています。

ブライダルローンの金利

理想の結婚式が挙げられる

全国の結婚式の平均費用は370.6万円となっています。
これに加え、キャンドルサービスを付けると5万円、すべての机の上にお花を置くと7万円といったように、こだわりを追加していく程、金額も高くなっていきます。

それでも一生に一度の結婚式で節約して後悔はしたくないですよね。

ブライダルローンを利用し、予算を上げることで、憧れていた結婚式を挙げられるようになります。

理想の結婚式を挙げる

式の費用が前払いできる

多くの結婚式場では、結婚式の費用を前払いしなければならないため、お祝儀をもらってから支払うことができません。
そのため、一時的にかなりの金銭負担が新郎新婦にかかります。
ですが、ブライダルローンを利用することでその負担をなくすことができます。
ブライダルローンの中には、一定期間金利がかからないところもあるので、お祝儀を受け取り次第すぐ返済するという使い方をしてもいいかもしれないですね。

親にお金を借りなくて済む

先程も述べた通り、結婚式の費用は多くの場合前払いになっています。
その際に親からお金を借りる方も多くいるようですが、できることなら、親に余計な負担や心配はかけたくないですよね。

これもブライダルローンで解決することができます。

ブライダルローンのデメリット

ここまでご紹介したとおり、ブライダルローンはとても便利なものですが、反対にデメリットはあるのでしょうか。

ブライダルローンのデメリット

融資までの期間が長い

ブライダルローンは、審査にかける情報が比較的多いため、その分実際に融資されるまでにも時間がかかります。
一般的には1~2週間程度かかると言われています。
そのため、余裕を持った借り入れ計画が必要になります。

MEMO
代表的な審査項目

ブライダルローンの審査の際に見られる代表的な項目として、

  • ちゃんと返済ができる年収があるか。
  • 勤続年数が短くないか。
  • 他の借入が多すぎないか。
  • 過去に債務整理等をしていないか。

といったことが挙げられます。

 

詳しい審査の項目や基準は、こちらのページに記載されているので気になる方は確認してみてください。

ブライダルローンの審査基準を徹底分析!審査に通過するコツとは?

新婚で借金を抱えることになる

いくら結婚式のためとはいえ、ブライダルローンは借金の一種です。
結婚後は子育てなどの今までになかった出費も多く出てくるため、ブライダルローンの返済が厳しくなってしまうことも考えられます。
借り入れは確実に返済できる額にとどめておきましょう。

他のローンの審査に引っかかる可能性がある。

新婚後、車や家を買いたいと思う時期も来るはずです。
その際に、まだブライダルローンの返済が残っているとそれらの審査に影響が出る可能性があります。
そのため、無理のない返済計画を立てましょう。

まとめ

ここまでブライダルローンのメリット・デメリットをご紹介してきました。
ブライダルローンは金利も安く、便利なものではありますが、もちろんデメリットもあります。
メリット・デメリットの両方を踏まえた上で、利用していきましょう。

次は、ブライダルローンの料金(金利)や返済期間について解説していきます。

ブライダルローンの料金・返済期間は?

ブライダルローンの料金と返済期間

ブライダルローンの返済期間は、借りる金額によって決まることが多いですが、一般的には3年程度で完済される方が多いようです。

100万円借り入れた際の、月々の返済額を金利が3%、7%に分けて表にしてみました。

金利3%で200万円を3年間借りた場合、

月返済額 58,162円
総返済額 2,093,832円

金利7%で200万円を3年間借りた場合

月返済額 61,754円
総返済額 2,223,144円

借りる金額、年数が大きくなるほど数%の金利の差でも大きな金額となってくるので、借りる際は、月の返済額ではなく、総額どのくらい返すことになるのかをきちんと把握することをおすすめします。

金利によって返済額が変わる

さて、ここまでブライダルローンの特徴や返済について説明してきましたが、実際の申込みまでの流れはどうなっているのでしょうか。

ブライダルローンの流れ・手続き・必要書類

ブライダルローンの手続きの流れ

ここでは、ブライダルローンの申し込みの流れから必要書類について解説していきます。

ブライダルローンの申込みの流れ

ブライダルローンの申し込みの流れは以下のようになっています。

借入先の資料を見て、借入可能な金額・金利を確認

金融機関から資料を取り寄せて、確認しましょう。

(参考記事 クレジットカードの比較)

また、最近では申込みから借入までネットで行えるところも増えているので、その場合はネットで確認しましょう

借入金額を決める

次に借入金額を決めます。
上限金額に対して、借り入れが多くなるほど下限金利が適用されやすくなります(金利が安くなります)。
自分が借り入れる金額に対しての金利を把握しましょう。

必要書類を揃える

必要書類に関しては、次の項に記載してあります。

金融機関での審査

審査には通常1~2週間かかります。連絡を待ちましょう。

銀行口座に振り込まれる

審査が承認されたら、銀行口座にお金が振り込まれ、申し込み手続完了となります。

ブライダルローンの流れ

ブライダルローンの必要書類

ブライダルローンの申込みにあたって必要な書類は以下のとおりです。

  • 申込書(WEB申込みの場合不要)
  • 本人確認書類(健康保険証、運転免許証、パスポート)
  • 所得証明書(厳選徴収表など)
  • 資金の使いみちがわかるもの(式場からの見積書、新居の賃貸契約書など)
  • ローン返済用口座とその印鑑

保証人・担保は必要か

ほとんどのブライダルローンでは、保証人と担保は原則として不要になっています。
そのため、借り入れにあたって誰を保証人にするか等の問題は起こりません。
気軽に申し込めることはメリットですが、その分、自身できちんとした返済計画を立てることが求められます。
返済が問題なくできるか、不安な場合は身近な人に意見をもらってみるといいと思います。

ここまでの説明で、ブライダルローンについて大まかに理解できたでしょうか。

最後に、

「ブライダルローンについてわかったけど、じゃあいつ申し込むのがいいの?」

という疑問にお答えしていきます!

ブライダルローンを借りるタイミング

ブライダルローンを借りるタイミング

ここまで、ブライダルローンの仕組みや手続きに関して解説してきましたが、

「じゃあ実際にブライダルローンっていつ借りればいいの?」

と思った方も多いはずです。

そこでブライダルローンを借りるタイミングはいつがいいのかを解説します。

結婚式費用を払うタイミング

結婚式の費用を払うタイミングは、結婚式場ごとに規定されているのですが、最も一般的なものは、結婚式の前日までに支払いを完了する前払いです。

前払いの場合、結婚式に参加してくれたみんなからお祝儀を貰う前に、支払う必要があるため、綿密な資金計画を立てる必要があります。

ブライダルローンに申し込むタイミング

ブライダルローンに申し込むタイミング

さて、以上のことを踏まえて、ブライダルローンを申し込む時期はいつが良いのでしょうか。

私は、結婚式当日からさかのぼって3週間前までに申し込むことをおすすめします。

理由は二点あります。

ブライダルローンは審査に時間がかかる

ブライダルローンに申し込んでから、実際に融資を受けるまでにおよそ1週間~2週間程度かかります。

審査期間ギリギリに申し込んで、結婚式直前に審査に通るかどうかにドキドキしたくはないでしょうから、余裕をもってお金を用意したいですね。

その他のローンを借りる準備をする必要がある。

余裕を持ってブライダルローンに申し込んだとしても、万に一つ審査に落ちてしまう可能性も考えられます。

その場合でも、他にでも借りることのできるローンはあるので、あまり悲観なさらないでください。

ですが、落ちた時点からそれらのローンを調べて、借りる必要があるため、それらの時間も結婚式前に取れるようにしておくことで、安心して結婚式に望めると思います。

ここまで、ブライダルローンの特徴から、手続きの流れまでをご紹介してきました。
次は、結婚式にどこまでお金をかけるべきかという話をしていきます。

結婚式でお金をかけるべき・節約すべきポイント

結婚式は一生に一度の一大イベント。
なるべくであれば、思い描いていたとおりに行いたいですよね。

でも、ちょっと待ってください。

これらの費用をすべてブライダルローンで賄おうとすると、結婚後の理想の生活が、ローン返済に追われる生活になってしまうかもしれません。

結婚式のオプションはどれも高額ですし、本当にその演出やオプションが必要かどうかはしっかり吟味してから決めましょう。

そこで、ここでは節約できるところを抑えて今後の生活を楽にしてもらい、なおかつ理想の結婚式を行ってもらうために「お金借りる編集部」が、結婚式にお金をかけるべきポイントとかけなくてもいいポイントを独自にリサーチしてみました。

結婚式を行う際には、ぜひこれらの意見を参考にしてみてください。

結婚式でお金をかけなくてもよかったポイント

まずは、「結婚式でお金をかけなくても良かった」ポイントについて一緒に見ていきましょう!

室内の装飾を豪華にする

待合室や、パーティ室の内装を豪華にしたけど、あまり必要なかったと考えている方は多いようです。
参加者からしても、結婚式のメインは新郎新婦のお祝いをして、幸せそうな姿を見に来ること。
あまり、室内の装飾にまで意識を向けていないかもしれません。

招待客の待合室の装飾です。
いろいろ装飾をしましたが、時間間際に来る人が多かったり、身なりを整えていたりと、そんなにみんな見ていなかったと思います。
(20代 女性)

パーティー会場内の内装です。
華やかにしたくて大量の花を飾りましたが、正直あまりいらなかったと感じました。
(20代 女性)

ムービーをお任せにする

次は、式の途中で流れるムービーですね。
式場でムービーを作ってもらおうとすると、5~8万円程度かかります。
その金額を払って、「ムービーがちょっと微妙だった」となってはがっかりしてしまいますよね。
ムービーには好みも出ると思うので、自分たちでやるか、動画の編集が得意な知人に頼んだほうが金額を抑えられて、満足度もあがるかもしれません。

式の途中で流すムービーを全てお任せにしましたが、自分たちでやった方が内容にも満足できて、安くあげられたのではないかと思います。
(20代 女性)

結婚式の映像を残す

せっかくの結婚式ですから映像を残したいと思われるかもしれませんが、意外にもかけなくて良いポイントとして挙がりました。
確かに、昔の思い出を見返すときは写真がほとんどで、映像は意外と見返すことがないかもしれません。

ビデオです。まず、結婚式を見返す事がありません。
ビデオだったら写真にもっとお金をかけるべきでした。
前撮りもすれば良かったです。
(40代 女性)

ムービー撮影です。
オプションとしてはかなりお金をかけましたが、結婚後は恥ずかしくてとても映像を見れないので、無くてもよかったかなと思います。
(30代 男性)

ウェディングドレスとタキシード

ウェディングドレスドレスとタキシードも、よっぽど気に入ったものが無ければ、もともとついているもので十分という意見が有りました。
あまりこだわりがないけど、「折角だから高いのにしようかな」とランクアップするのは少しもったいないかもしれないですね。

ドレスのランクアップです。
5万ぐらい値段が上がりました。
男性のタキシードも高く、7万ぐらいランクアップしたので、もっときちんと選べばよかったです。
(30代 女性)

ドレス自体はそこまでこだわりがなく、高級なものではなくても良かったなと思いました。
(30代 女性)

お金をかけてよかったポイント

次は、反対にお金をかけてよかったというポイントについて見ていきましょう!

料理・ドリンク

料理・ドリンクは、招待したお客さんの直接の満足につながるので、お金をかけてよかったと感じている方は多いようです。
参加者として行く時は、食事はとても楽しみなポイントのひとつですよね。

披露宴での料理にはお金をかけてよかった。
参列した人に「他に出席したことのある式よりも、美味しかった」と言ってもらえた。
(20代 女性)

披露宴の食事ですね。
来てくださったみなさんから、とても良かったと評判になりました。
食事は、節約しなくて良かったと思いました。
(30代 男性)

キャンドルサービス

女性から根強く人気があったのが、キャンドルサービスです。
キャンドルサービスをやらなくても良かったという意見はほとんど聞いたことがありません。
最近はキャンドルサービスの種類もたくさんあるみたいです。

キャンドルサービスです。
液体をガラスに注ぐと蛍光色のような綺麗な色に変わるというものをやりました。
シャンパンタワーのような感じです。
(40代女性)

まとめ

ブライダルローンは金利が安く、「結婚式をあげたいけれども十分なお金がない」方には非常に便利なローンですが、結婚式というイベント上、金銭感覚が麻痺してついついお金を使いすぎてしまうことも多いです。

結婚式後も理想の新婚生活をおくるために、無理なく返済できる範囲なのか、本当にそれは必要なのかをしっかり考えてから、ブライダルローンを利用するようにしましょう。