アコムはコンビニATMも使える!提携ATMの営業時間から利用手数料まで総まとめ!

アコムはコンビニATMも使える!提携ATMの営業時間から利用手数料まで総まとめ!

カードローンでお金を借りるにあたって、

「コンビニのATMで、借入・返済ができるのか」
「ATMの利用手数料や営業時間などの利便性はどうなのか」

これらの部分は、とても大事な点ですよね!

アコムは、ほぼ全てのコンビニATMに対応しており、借入・返済がしやすい消費者金融カードローンの一つです。

このページでは、アコムの対応しているATMから、利用手数料、詳しい借入・返済方法、そしてATMが利用できない際の対処法まで、必要な情報を総まとめしてご紹介していきます!

それでは見ていきましょう!

アコム

金利(実質年率) 3.0~18.0%(年)
融資可能額 10~800万円

アコムで借入・返済ができるATMは3種類!利用手数料や営業時間もご紹介!

アコムで利用できるATMは、主に以下の3種類があります。

  • コンビニATM
  • アコム自社ATM
  • 提携銀行ATM

それぞれ、詳しい営業時間や、手数料を見てみましょう!

コンビニATM

  • セブン銀行ATM
  • ローソンATM
  • E-NET(イーネット)ATM
    (ファミリーマート・ポプラ・サンクスなど)

アコムは、これら3つのコンビニATMに対応しており、一般的なコンビニATMはほぼ全て利用可能です。

ただし、コンビニATMでお金を借入する場合、借入・返済ともに、利用金額に応じて以下の手数料がかかります。

利用金額 手数料
10,000円 以下 108円
10,000円 超 216円

コンビニで借入・返済ができるのは便利ですが、毎回この手数料がかかるのは少しもったいないですよね…。

コンビニATMを利用する際は、小さい金額で何度も借りるのではなく、少し先を見据えて大きめに借入・返済を行った方がお得に利用できます。

手数料が気になる方は、次に紹介するアコムの自社ATMを利用すれば手数料はかかりません。

コンビニATMの営業時間は、基本的に24時間営業。
24時間いつでも、アコムから借入・返済をすることができますが、一部メンテナンスのために対象外の時間帯があります。

まず、毎週月曜日の01:00~05:00までの時間帯はアコム側のメンテナンス時間のため、コンビニATMから借入・返済が行えません。

これに加えて、各ATMにもメンテナンス時間が設けられています。

提携ATM メンテナンス時間
セブン銀行ATM 23:50~0:10
ローソン・E-NET ATM 不定期

深夜帯が中心なので、あまり気にする必要はありませんが、いざという時に焦らないようにあらかじめ把握しておきましょう。

また、各コンビニのATMごとに、借入・返済の最低取引単位が異なっています。

コンビニATM 最低取引単位
セブン銀行ATM 1,000円単位
ローソンATM 10,000円単位
E-NET(イーネット)ATM
(ファミリーマート・ポプラ・サンクスなど)
10,000円単位

ローソンATM、E-NETのATMでは、最低10,000円からの取引しか行えないので注意してください。

利用できるコンビニATMでは、液晶画面にアコムのマークが表示されている

ほぼ全てのコンビニATMで、アコムの利用ができますが、たまに利用できないATMも存在します。
例えば、ファミリーマートに「ゆうちょ銀行」のATMが置かれていることもありますよね。

このような場合は、ATMの上部の液晶画面に、アコムのマークが表示されているか確認して見ましょう。

アコムのマークが表示されていれば、「このATMはアコムの利用ができる」という目印にすることができます。

アコム自社ATM

アコムの自社ATMは、主要な駅や国道沿いに多く配置されており、その数は全国で5万箇所以上

アコムの自社ATMを利用するメリットは、何と言っても手数料が無料なところ。

借入・返済の最低額も、1,000円単位で行うことができるので、必要に応じて小さく借りることも可能です。

主要な駅にはだいたい設置されているので、コンビニATMを利用する前に、先に探してみるといいかもしれません。

アコムナビというアプリを利用すれば、現在地から近くのATMを探し出してくれます。

公式サイトからも検索可能なので、アコム自社ATMの位置を知りたい方はコチラから検索してください。

また、アコムの自社ATMも24時間営業ですが、
毎週月曜日の01:00~05:00までの時間帯はアコムのメンテナンス時間のため、利用することができません。

提携銀行ATM

アコムでは、コンビニATM・自社ATMの他にも、提携する銀行のATMも利用できます。
有名どころだと、

  • 三菱東京UFJ銀行
  • イオン銀行

で、利用ができ、その他にも

北海道銀行、北陸銀行、東京スター銀行、第三銀行、広島銀行、西日本シティ銀行、福岡銀行、親和銀行、熊本銀行、クレディセゾンATM など。

銀行ATMの利用手数料は、コンビニATMと同じ。

利用金額 手数料
10,000円 以下 108円
10,000円 超 216円

また、銀行ATMでの借入単位は、10,000円単位からのみ。

ただ、実際のところ、銀行ATMよりもコンビニATMを利用する機会の方が多いと思います。

ATMによって、借入・返済の金額の単位が異なる点に注意

上記でも説明していますが、各ATMによって、借入・返済の最低額が違うことを把握しておきましょう。
例えば、ローソン、E-NETで10,000円よりも小さい金額を入力しても、借入することができません。

ATM 最低取引単位
セブン銀行ATM
アコム自社ATM
1,000円単位
ローソンATM
E-NET(イーネット)ATM
10,000円単位

アコムでは、提携ATMも含めると全国で10万箇所以上のATM利用が可能です。
いつでも、どこでも、借入、返済ができるようになっています。

アコムについてもっと詳しく知りたい方は、コチラの記事を参考にしてください。
アコムの審査や、金利などの情報をまとめてご紹介しています。

アコムカードローンのすべてが分かる!金利・審査・返済まとめて解説 非公開: アコムカードローンのすべてが分かる!金利・審査・返済まとめて解説

アコムのATM利用では上限額が設定されている

アコムでATMを利用する場合、それぞれのATMごとに利用限度額が設定されています。
(※もちろん、利用者それぞれに設定されている限度額が優先されます。)

そこで、主要なATMでの、取引上限を表にまとめてみました!

提携ATM 取引上限
セブン銀行ATM
(1日あたりの上限)
借入:50万円まで
返済:200万円まで
ローソンATM
(1回あたりの上限)
借入:20万円まで or 紙幣59枚まで
返済:50万円まで
E-NET(イーネット)ATM
(1回あたりの上限)
借入:20万円まで
返済:50万円まで or 紙幣59枚まで

注意点としては、セブン銀行だけ上限が1日あたりとなっている点。

ローソン・イーネットでは1回あたりなので、複数回取引をすれば、上限以上の取引もすることが可能です。
その都度手数料はかかってしまいますが…。

比較的大きな借入・返済を行う際には、ATMでは上限金額が設定されていることを頭に入れておきましょう。

ただ、実際これくらいの金額をやりとりするのであれば、ネット上や窓口で行うことをお勧めします。

アコムのATMでお金を借入する手順のまとめ!

ここでは、ATMを利用してアコムから借入をする際の手順を見ていきましょう。
各ATMによって操作が多少違う場合もありますが、基本的な流れは変わりません。

■ATMにカードを入れる

■ご希望の取引選択画面で、「ご出金(借入)」を選択

■暗証番号の入力

■借りたい金額を入力し、確認ボタンを押す

■借入完了

一般的な銀行口座からお金を下ろすのと、あまり変わらないですよね。

ただ、あくまでここで下ろすお金は借り入れたもの。ちゃんと返済の見通しを立ててから借り入れるようにしましょう。

アコムATMで借入した際の返済日はいつ?

ただ、ここで気になる点が一つ。

「この借りた金額って、返済日はいつになるの?」

返済日がわからないと、返済の目処も立てられないですよね。

アコムの基本的な返済日は前回返済をした日から35日間後に設定されます。

つまり、

借入が初めての場合、最初の返済日は、借入翌日から35日後。

すでに借入がある場合は、返済日は前回の支払日から35日後のままで、返済日が変わることはありません。

具体的な返済金額に関しては、マイページにログインして確認を行なってください。
アコムの公式サイトで、返済シュミレーションを行うことも可能です。

アコムのATMで返済をする手順のまとめ!

ATMを利用して返済をする手順は以下の通り。

■ATMにカードを入れる

■ご希望の取引選択画面で、「ご入金(返済)」を選択

■暗証番号の入力

■画面上の「カードローン」を選択

■返済したい金額を入れ、確認を押す

■返済完了

こちらも、銀行にお金を入金する流れとほとんど変わりません。

ただし、コンビニATMの利用では、返済にも手数料がかかってしまいます。

借入をする際には、急な出費なので仕方なく感じますが、返済の際にも手数料がかかるのはもったいないですよね。

こちらのページでは、手数料のかからない返済方法や、利息を少しでも抑えるコツを紹介しています。
知ら損!選べるアコムの返済方法で1番お得なのは?返済の疑問を解決! 知ら損!選べるアコムの返済方法で1番お得なのは?返済の疑問を解決!

アコムでATMが利用できない時の4つの原因と解決策

「急な出費なのに、なぜかアコムで借入ができない…」
「いつも通りに操作しているのに、利用できなくなっている」

いつも使っていたものが、急に利用できなくなると焦りますよね。

ただ、「利用できない」のには何か理由があるはず。
ここに、アコムの利用ができない時の原因と解決策をまとめているので、当てはまるものがないか確かめて見ましょう。

ATMがアコムに対応していない

まず、一番に考えられるのは、アコムの取り扱いがないATMを利用していること。

ほぼ全てのコンビニATMに対応していますが、コンビニに置かれているATMが違ったりすると、アコムの利用ができない場合もあります。

まずは、ATMにアコムのステッカーが貼られているかどうか今一度確認してみましょう。

1日の利用上限額を超えている

各ATMごとに、1日あるいは、1回あたりの利用上限額が定められています。
主なATMでの、利用上限は以下の通り。

提携ATM 取引上限
セブン銀行ATM
(1日あたりの上限)
借入:50万円まで
返済:200万円まで
ローソンATM
(1回あたりの上限)
借入:20万円まで or 紙幣59枚まで
返済:50万円まで
E-NET(イーネット)ATM
(1回あたりの上限)
借入:20万円まで
返済:50万円まで or 紙幣59枚まで

金額が大きい場合には、この取引上限に引っかかっているかもしれません。

メンテナンス時間内である

毎週月曜日の1:00~5:00は、アコム側のメンテナンス時間となっており、借入・返済が行えません。

その他、各ATMにもメンテナンス時間が設けられています。

提携ATM メンテナンス時間
セブン銀行 ATM 23:50~0:10
ローソン・E-NET ATM 不定期
イオン銀行 ATM 23:45~0:10

ご利用中のATMが、メンテナンス時間に入っていないかどうか確認してみましょう。

ローンカードに不具合がある

アコムの提携ATMを利用しており、メンテナンス時間でもない場合は、ローンカードの不具合の可能性もあります。

ローンカードは磁気カードなので、スマホや駐車券・その他の磁気カードなどの、磁気が強いものと触れると、不具合が起きることも。

この場合、店頭窓口や無人契約機(むじんくん)、あるいは郵送でカードの交換が行えます。

それでも解決できない場合は…

カードが利用できなくなって、上記の理由でもない場合は、アコムの総合カードローンデスクに電話するのが一番早く解決ができます。

困った時は、こちらに電話してみましょう。

電話番号:0120-629-215
平日:9:00~18:00

まとめ

このページでは、アコムのATM事情についてまとめてきましたが、ここで簡単におさらいをしましょう。

アコムで利用できるATMは3通り。

  • コンビニATM
  • アコム自社ATM
  • 提携銀行ATM

このうち、アコム自社ATM以外では、

  • 1万円以下の取引では、108円
  • 1万円以上の取引では、216円

の手数料がかかります。

借入・返済の手順は、銀行口座からの出金・入金とほぼ同じで、簡単に利用可能。

一言で言うと、アコムは利用できるATMが豊富にあり、飲み会や旅行先などの急な出費にも対応しやすいカードローン。

なるべく少額でお金を借りたり、返したりしたい方には、アコムの利用がオススメです。

提携ATMや手数料を理解して、少しでも損をしないように利用していきましょう。

アコムカードローン