アコムの金利は高い!?金利と利息を減らしてお得に借りる方法

アコムの金利は高い!?金利と利息を減らしてお得に借りる方法

「アコムの金利は高いって聞いたけど、実際どうなの?」
「利息が高くて負担になりそう…」

などなど、アコムでお金を借りるときに気になるのが金利(利率)の高さですよね。

残念ながら、アコムの金利が高いのは確かに事実です。
ですが、借りる金額と返済額さえ気を付けていれば利息はそこまで高くならないんです!

当記事では、以下のように「アコムを利用する上で金利と利息に苦しまないために知っておくべき情報」を紹介しています。

  • アコムの金利に関する基礎知識
  • 利息を計算する方法
  • 金利と利息を下げるための方法
  • 30日間金利0円サービスについて

「金利の高さが不安で借りる勇気が出ない…」「実際にアコムを借りていて利息負担に苦しんでいる」
という方は、ぜひこのページを参考にしてみてくださいね!

アコムの金利は高いって本当?

まずは、アコムでお金を借りるときの金利について見ていきましょう。

金利(実質年率) 3.0%~18.0%
融資可能額 1万円~800万円

↓ アコムについて今すぐ知りたい方はこちら ↓

詳細はこちら

 

アコムの金利は3.0%~18.0%です。

一般的にアコムは高金利と言われていますが、確かに銀行カードローンや公的機関の融資に比べると高めだと言えます。

そもそも「金利」と「利息」の違いは?

アコムの金利について詳しく解説していく前に、そもそも「金利」と「利息」という言葉の意味の違いをカンタンに説明しておきます。
すでにご存知の方は飛ばしてくださいね。

金利 1年間お金を借りるときに支払う利息の割合(利率、年率とも呼ばれます)
利息 お金を借りるときのレンタル料金のようなもの(利子とも呼ばれます)

アコムの場合を例に考えてみましょう。

アコムでお金を借りると、はじめはだいたい18.0%の金利が適用されます。
10万円を借り1年間かけて返済していくとすると、10万円の返済に加えて
10万円×18%=18,000円利息として支払わなければなりません。

このように、返済に加えて支払う金額を「利息」、その利息を表す割合を「金利」と言います。

カードローンの金利や利息についてより詳しく知りたい方は「金利が安いカードローン徹底比較|利息の計算シミュレーション提供中」を見てみてください。

アコムと他社の金利を比較!

では、実際にアコムの金利がどれくらい高いのか他社のカードローンと比べてみましょう。

消費者金融

まずは他の大手消費者金融のカードローンと比べてみます。

金利
プロミス 4.5%~17.8%
アコム 3.0%~18.0%
SMBCモビット 3.0%~18.0%
アイフル 3.0%~18.0%
レイクALSA 4.5%~18.0%

こうして見てみると、消費者金融はどこの金利も軒並み3.0%~18.0%ほどですね。

アコムの金利は他の消費者金融に比べて特別高いわけではないことが分かります。

銀行カードローン

続いて、金利の低い銀行カードローンと比べてみましょう。

金利
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0%
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%
三菱UFJ銀行カードローン 1.8%~14.6%
横浜銀行カードローン 1.9%~14.6%
オリックス銀行カードローン 1.7%~17.8%
アコム 3.0%~18.0%

当然ですが、銀行カードローンと比べるとアコムは高金利になってしまいます。

アコムなどの消費者金融は審査が通りやすく早急に借りることができますが、そのぶん銀行カードローンと比べるとどうしても金利が高めになってしまうんですね。

「審査が遅くなってもいいから低金利で借りたい」という場合は、銀行カードローンを検討してみましょう。

銀行カードローンについて詳しくはこちら

アコムの適用金利はどうやって決まる?

次に、3.0%~18.0%の範囲の中で、実際に自分の金利がどんな基準で決定されるのか見ていきましょう。

基本的に、カードローンの適用金利は契約時の借入限度額によって決まります。

限度額 適用金利
1万~99万円 7.7%~18.0%
100万~300万円 7.7%~15.0%
301万~500万円 4.7%~7.7%
501万~800万円 3.0%~4.7%

見れば分かる通り、限度額が高ければ高いほど適用金利も低くなります。

ただ、よほど安定した高収入がない限り、最初から100万や200万円を超える限度額を設定されることはほとんどありません。

また、最初の契約ではほとんどの場合金利の最高値が適用されるので、だいたいの方が15.0%~18.0%の金利を適用されると考えてよいでしょう。

この適用金利を下げる方法については、この記事でも後ほど詳しく紹介していきます。

アコムの利息を計算する方法

アコムの利息を計算する方法

アコムの金利について理解できたところで、次は実際に発生する利息を計算してみましょう!

利息の計算方法

利息は以下の計算式で求められます。

借入残高×金利(%)÷365日×借入日数=利息 ※1円未満切り捨て

実際に、10万円・20万円・30万円を金利18.0%で借りた場合の1ヶ月目の利息をそれぞれ求めてみましょう。

10万円
100,000円×18%÷365日×30日=1,479円

20万円
200,000円×18%÷365日×30日=2,958円

30万円
300,000円×18%÷365日×30日=4,438円

このように、当然ですが借入額が高ければ高いほど利息も高くなります。

利息を減らすための返済のコツ

利息を減らすための返済のコツ

ここからは、実際に利息を減らすために返済時に気を付けるべきポイントを解説していきます。

アコムの返済方式

アコムの返済方式まず、アコムでの返済方法についてカンタンに確認しておきましょう。

アコムでの返済は「定率リボルビング方式」です。

定率リボルビングとは、最後に借入したときの借入残高に一定の割合を掛けた金額を最少返済金額とし、毎期日にそれ以上の金額を返済していく方式のことを言います。

最少返済金額とは、「毎月これ以上の金額は必ず返済してください」という最低ラインのことです。
以下のように、限度額がいくらかによって最少返済金額を求める割合が決まってきます。

限度額 最少返済金額
30万円以下 借入残高の4.2%
30万円超 借入残高の3.0%

例として、20万円を借り入れる場合の最少返済金額を求めてみましょう。

限度額30万円の場合
200,000×4.2%=8,400円→9,000円(千円未満切り上げ)

限度額50万円の場合
200,000×3.0%=6,000円

このように、同じ借入額でも限度額によって最少返済額は大きく異なります。

また、最少返済額は借入残高によって求められるので、返済が進んで借入残高が減るごとに最少返済額を変更することも可能です。
変更したい場合は、会員ログインメニューの「各回の返済(支払)金額変更お申し込み」またはアコムのATM、アコム総合カードローンデスク(0120-629-215)から手続きを行ないましょう。

利息を減らすには?

返済額を増やす返済時の利息負担を減らすためには、とにかく毎月の返済額をなるべく多くすることがポイントです。

利息は借入残高をもとに計算されるので、なるべく毎月の返済額を増やして残高を減らしていくことによって、結果的に利息総額を減らすことができるんですね。

実際に、毎月の返済額を増やすことでどれくらい利息総額が減るのか確認してみましょう。

10万円を金利18.0%で借りる場合

毎月の返済額 返済回数 返済総額 利息総額
5,000円
(最少返済金額)
24回 119,772円 19,772円
10,000円 11回 109,158円 9,158円

毎月の返済額を5,000円増やすことで、利息総額が約10,000円も減りました!
それに伴って返済回数も半分以下に減っています。

30万円を金利18.0%で借りる場合

毎月の返済額 返済回数 返済総額 利息総額
13,000円
(最少返済金額)
29回 370,993円 70,993円
18,000円 20回 347,820円 47,820円

こちらの例では、返済額を5,000円増やすことで30,000円以上も利息が減りました。

利息をなるべくおさえたい場合は、毎月1,000円でもいいので最少返済額よりも多く返済していくことが大切です!

利息のみの返済OK!

今月は返済できない場合返済を進めていくと、「今月はどうしても厳しくて最少返済額すら支払えない…」というときもありますよね。

アコムでは、一時的に最少返済額以下の返済を受け付けてもらえるケースもあります。
その場合は、当月分の利息+振込手数料を支払うことになります。

しかし長期間利息のみの返済を続けていると、結果的に返済期間が長くなったり利息総額が増えることになるので注意が必要です。

どうしても返済額を減らしたいという場合は、アコム総合カードローンデスク(0120-629-215)に問い合わせてみましょう。

アコムの適用金利を下げる方法

アコムの適用金利を下げる方法

ここからは、利息ではなく金利そのものを下げる方法を解説していきます。

必ずしも成功するとは限りませんが、場合によっては適用金利を低くすることもできるんです。

よくある話では、アコムでの返済を順調に進めて良好な利用実績を積むことで、アコム側から金利引き下げの案内が来ることがあるようです。
ですが、この記事ではただ案内を待つのではなく、こちら側から金利を引き下げる方法を2つ紹介したいと思います。

①他社に借り換える

1つ目の方法は、より低金利なカードローンに借り換える方法です。
借り換える場合は、アコムよりも金利が低い銀行カードローンに申し込むのがオススメです。

メリット
成功すれば確実に金利を下げられる・好条件のカードローンに変えられる
デメリット
必ずしも審査に通るとは限らない

借り換えを成功させるポイントとして、なるべくアコムの借入残高を減らしておくと借り換え先の審査に通りやすくなるでしょう。

②増額に申し込む

増額に申し込む2つ目は、限度額を増額することで自動的に金利を引き下げる方法です。

ただし、こちらの方法は借り換えに比べて非常に難易度が高いです。
現時点で限度額が100万円未満(金利7.7%~18.0%)だとすると、100万円以上(金利7.7%~15.0%)まで引き上げなければ金利は変わりません。
そのため、例えば限度額が30万円から80万円まで上がったとしても、金利はほとんど下がらないということになります。

もともと限度額が高い人や、増額の審査に通りやすい人(順調に返済できている人、収入が高い人等)に向いている方法です。

メリット
金利を下げられるだけでなく借入可能額を増やせる
デメリット
必ずしも審査に通るとは限らない・審査に通っても金利が下がるとは限らない

自身の現在の限度額を確認したい方は、会員ページにログインして「ご利用状況」を確認するか、アコム総合カードローンデスク(0120-629-215)まで問い合わせてみましょう。

アコムでの増額についてより詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください!

アコムについていろいろ知りたい方は、アコムカードローンのすべてが分かる!金利・審査・返済まとめて解説の記事をご覧ください。

30日間金利0円サービスを活用しよう!

30日間金利0円サービスを活用しよう!

アコムでは、初めて契約する方に限り「30日間金利0円サービス」を利用することができます。

その名の通り、契約日の翌日から30日間の金利が無料になるサービスです。
「借入日の翌日」ではなく「契約日の翌日」であることに注意しましょう!

30日間金利0円サービス 対象者
・アコムでの契約が初めての方
・返済期日を「35日ごと」で契約した方

アコムでは、返済日を「35日ごと」と「毎月指定期日」の2つから選択することができます。
返済日の設定は後々変更することができるので、「毎月指定期日にしたい」という方も最初はとりあえず「35日ごと」を選ぶことをオススメします。

30日間金利0円サービスを利用して30日以内に返済しきれば、完全に金利無料で借り入れることもできます。
初めてアコムを利用するという方は、ぜひこのサービスを有効活用しましょう!

アコムの金利まとめ

アコムの金利まとめ

最後に、この記事で紹介した中で重要なポイントをまとめました。

  1. アコムの金利は3.0%~18.0% → 消費者金融では平均的
  2. 利息を減らすためには、毎月の返済額を増やす!
  3. 金利を下げるためには、借り換え・増額が必要
  4. 初めてなら30日間金利0円サービスを活用しよう!

アコムは高金利ではありますが、審査が通りやすく返済方法も簡単なので、初めてカードローンでお金を借りる人にもオススメです。

アコムについてさらに詳しく知りたい方はアコムカードローンのすべてが分かる!金利・審査・返済まとめて解説も要チェック!

利用する際は、金利や利息の仕組みについて正しく理解した上で申し込むようにしましょう!

申込はこちら