アコムカードローンのすべてが分かる!金利・審査・返済まとめて解説

アコムカードローンのすべてが分かる!金利・審査・返済まとめて解説

「はじめてのアコム」というフレーズでおなじみのアコム。

そのフレーズ通り、アコムは初めてお金を借りる方でも安心して借りられるカードローンです。

また、アコムは消費者金融業界トップの会員数を誇っており、その豊富なデータによって最短30分のスピード審査を可能にしています。

この記事では、そんなアコムのカードローンのあれこれについて余すところなく解説します!

「アコムの審査ってどこを見てるの?」
「金利が高いのが不安・・・」
「実際にアコムを使った人の口コミが知りたい!」

などなど、アコムについて知りたい方は、ぜひ最後まで読み進めてみてくださいね。

融資限度額 1万~800万円
貸付利率(実質年率) 3.0%~18.0%
審査時間 最短30分
融資スピード 最短即日
担保・連帯保証人 不要
無利息期間 30日間

申込はこちら

アコムのメリット・デメリット

まずは、アコムのカードローンのメリットとデメリットについて簡単に見ていきましょう。

メリット① すぐに借りられる!

アコムの大きなメリットは、その日中にお金を借りることができる点です。

  • 最短30分審査
  • 来店せずに契約可能
  • インターネットなら24時間365日受け付け

申し込みや契約が早くできるだけでなく、実際にATMから借り入れるときも、24時間365日いつでもすぐに借りることができます。

ただ、即日融資を受けるためには注意すべきポイントがいくつかあります。
その点についてはこの記事でも後ほど解説していきますので、すぐに知りたい方はこちらをご覧ください!

メリット② 初回は30日間金利0円!

30日間金利0円サービスを活用しよう!

アコムでは、初めて契約する方に限り30日間金利なしで利用することができます

つまり、契約した次の日から30日以内に返済を完了すれば、完全に利息0円で融資を受けることもできるんです!
「少ない金額を一時的に借りたい」という方にはうれしいサービスですよね。

デメリット① 高額融資には不向き

続いてデメリットについても確認しておきましょう。

アコムでは、貸金業法の総量規制というルールにより、年収の3分の1の金額までしか融資を受けることができません

総量規制とは、過度な借金を防ぐため個人の借入総額を制限する仕組みのことを言います。
つまり、アコムに限らず全ての消費者金融・信販会社からの融資額の合計が年収の3分の1以下となる必要があるんですね。

アコムは限度額が最大800万円となっていますが、必ずしも大きい金額を借りられるわけではないので注意が必要です。
「高額の融資を受けたい」という方は、総量規制の対象外である銀行カードローンを検討してみてもいいかもしれません。
(銀行カードローンについて詳しく知りたい方はこちら!)

デメリット② 金利が高め

アコムのもう一つのデメリットは、金利が高め(3.0%~18.0%)に設定されていることでしょう。

これもアコムに限らず言えることですが、消費者金融は審査が早く通りやすい代わりに、金利と利息が高くなってしまう傾向があります。

また、金利が高いことに加え、アコムでは提携ATMを利用する際に手数料がかかります
アコムを利用する際は、利息や手数料などの負担をなるべく少なくすることが大切です。


ここまでアコムのメリット・デメリットについて見てきました。

お気付きの方もいるかもしれませんが、大手の消費者金融(アコム、プロミス、SMBCモビットなど)は競争が激しく、メリット・デメリットでそこまで差がつかないのが正直なところです。

ただ、アコムは金利・審査時間・限度額・手続きの簡単さなど全体的に見てバランスの取れているカードローンと言えるでしょう。

「とにかく早くすぐに借りたい!」「申し込みや借り方が簡単なところがいい」という方にはアコムがおすすめです!

申込はこちら

アコムの金利はどれくらい高い?

先程、デメリットの部分で金利が高いと説明しましたが、実際にアコムの金利はどれくらい高いのか他社と比較してみました。

MEMO

ちなみに、金利を比較するときのポイントは金利の最高値を見ることです。
カードローンを初めて契約する際は、よほどの収入がなければ最高金利を設定されると考えておきましょう。

種類 名称 金利
銀行カードローン みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0%
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%
オリックス銀行カードローン 1.7%~17.8%
大手消費者金融 プロミス 4.5%~17.8%
アコム 3.0%~18.0%
SMBCモビット 3.0%~18.0%
レイクALSA 4.5%~18.0%
中小消費者金融 ノーローン 4.9%~18.0%
ライフティ 8.0%~20.0%
キャネット 15.0%~20.0%

アコムの金利は銀行カードローンに比べると確かに高いですが、中小消費者金融に比べるとそこまで高くはないことが分かります。

よく「アコムは金利が高すぎる」などと言われますが、実際のところ消費者金融の中ではそれほど高すぎるというわけでもないんですね。

とはいえ、もちろん借り方・返し方に気を付けなければ高額な利息を払う羽目になってしまいます。
アコムを利用する上で金利を低くする方法(体験談あり)や、利息を安く抑えるための返済のコツについて知りたい方はこちらをご覧ください!

アコムの審査は通りやすい?3つのポイントを紹介

続いて、多くの方が知りたいであろうアコムの審査について簡単に説明していきます。

アコムに限らず、お金を借りるためには必ず審査と在籍確認を通過しなければなりません。(在籍確認については後ほど解説します!)

審査では、その人がきちんとお金を返せるかどうかを以下の3つのポイントから判断します。

  1. 収入状況 毎月1回の安定した収入がある
  2. 年齢・職業 20歳以上の正社員・契約社員・派遣社員・パート・アルバイト
  3. 信用情報 金融事故(延滞・債務整理など)を起こしていない、他社での借入が少ない

ただし、これら全ての条件を満たしていながら審査に落とされてしまうケースもあります。
例えば、アルバイトで安定した収入があるとはいえ、その金額が少なければ審査に通る可能性は低くなるでしょう。

アコムなどの消費者金融は銀行などに比べて審査に通りやすいと言われていますが、このように必ずしも審査に通るわけではないので注意が必要です。

以下の記事では、アコムの審査に落ちてしまうケースについて解説しています。
初めてアコムに申し込むという方は、ぜひ一度目を通してみてくださいね。

審査を受けるための条件や流れ、詳しい審査基準について知りたい方は、こちらの記事をご覧ください!

アコムの審査はブラックでも通る!?

よく、「アコムの審査は甘い!」「ブラックリストに入っていたけどアコムで借りられた!」などの噂を耳にしますが、必ずしも正しいわけではないので気を付けましょう。

とりわけ、ブラックの状態でアコムの審査に通ることはほぼ不可能と言えます。
他社で長期延滞や債務整理、自己破産などの金融事故を起こして信用情報に記録された場合、一定の期間が過ぎるまで融資を受けることはできません。

「ブラックだけどアコムで借りたいときの解決策」を知りたい方は、ぜひこちらの記事を参考にしてみてください。

アコムの評判・口コミを紹介!

ここでは、実際にアコムを利用したことがある方の感想をいくつか紹介したいと思います。

男性・20代・自営業

審査のスピードが早く即日借りることができること、家の近くにありネットからも簡単に申し込めることからアコムを利用しました。
審査に受かりやすいところが良かったです。僕の場合は年収が低いのに一発でした。
ですが、金利ははっきり言って高いですね。最初の金利が18%ですから。

結婚式に包む費用が足りず急ぎでお金が必要で、ネットで探したら大体のサイトでおすすめされていたので契約してみました。
とにかく審査が早い点がよかったです。他社に比べてだいぶ早く、30分程度だったと思います。
悪かった点は特にないと思いますが、強いて言えば最初に問い合わせた時のコールセンターの対応が暗かったです。

男性・30代・正社員

女性・30代・正社員

金利は18%です。借りる時には、金利よりもまとまったお金が入ることが優先だったのでそこまで気にはしませんでしたが、いざ返済を続けていくと、その金利の高さがとても辛いです。
ただ、コンビニのATMでの利用もできるので、わざわざ店頭にいかなくても返済が楽々でした。
あとは、万が一支払い期日が過ぎてしまった場合の催促の電話の回数が少なかったです。

やはり審査が早いことに加え、手軽に利用できる点が評価されているようですね。

ATMの使いやすさや審査に対する評判、他社と比較しての感想などさらに詳しく知りたい方はこちらをご覧ください!

 

申込はこちら

アコムに申し込む!むじんくんの使い方&必要書類

ここからは、実際にアコムに申し込みたいという方のために、申し込みの流れや必要書類について解説していきます。

アコムでは、以下の5つの申し込み方法が用意されています。

受付時間
インターネット 24時間365日
店頭窓口 平日9:30~18:00
自動契約機(むじんくん) 8:00~22:00
年中無休(年末年始は除く)
電話 24時間365日
郵送 24時間365日

来店せずにすぐ借りたいならインターネットもしくは電話、
スタッフと相談しながら決めたいなら店頭窓口、
じっくり検討しながら申し込みたいなら郵送 がおすすめです!

それぞれの申し込み方法の違いや具体的な手順については、こちらの記事で詳しく解説しています。

ちなみに、「家族や知り合いにバレずに借りたい!」という方は自動契約機「むじんくん」での申し込みを強くおすすめします。
というわけで、以下で「むじんくん」を使った申し込み方法について確認していきましょう!

むじんくん(無人機)で申し込むときの流れ

アコムの自動契約機「むじんくん」を使えば、申し込みから書類の提出、契約、カードの受け取りまで全てその場で完了させることができます

むじんくんの使い方

①機械で必要書類をスキャン
②タッチパネルで必要情報を入力
③その場で審査・在籍確認
④備え付けの電話機で審査結果を通知
⑤契約書に署名・スキャン
⑥カード発行

申し込みからカード発行まで、早くて1時間程度で終わらせることもできます。
そのため、「誰にもバレないようにお金を借りたい」という方だけでなく、「その日中にお金を借りたい」という方にもおすすめの方法です!

むじんくんの外観や様子、より詳しい使い方についてはこちらの記事で解説しています。

申し込みに必要な書類は?

アコムで申し込み・契約をする際は以下の書類が必要になります。

必要書類

・本人確認書類 1点(運転免許証、個人番号カード、パスポートなど)※1
・収入証明書 1点(源泉徴収票、給与明細書など)※2

※1 顔写真付でなおかつ現在住んでいる住所が記載されているもの
※2 アコムでの借入額が50万円超もしくは他社を含めた借入総額が100万円超の場合のみ

アコムでの借入額が50万円以下であれば、提出する書類は本人確認書類だけでOKです。

ちなみに、申し込んだ後に書類を提出するタイミングがあり、その後審査がおこなわれます。

アコムでの必要書類や提出の方法についてさらに詳しく知りたい方は、ぜひこちらの記事をご覧ください!

即日融資を受けるためのポイント

「すぐにお金を借りたいから、即日融資ができるアコムに申し込もう!」
そんなふうに考えている方も多いはず。
確かにアコムでは即日融資を受けることができますが、そのためには申し込みの時点でいくつか注意すべきポイントがあります。

即日融資のポイント

・申し込む前に書類を準備しておく!
・インターネットで申し込み→むじんくんでカード発行
・利用限度額は必要最低限で申請する!

この他にも、申し込みのタイミングや在籍確認などで気を付けるべき点がいくつかあります。
「アコムでなるべく早くお金を借りたい!」と思っている方は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

アコムでの在籍確認の方法

アコムでは、申し込み・審査の後に在籍確認というステップがあります。

在籍確認とは、お金を貸す側が申し込んだ人の勤務先に電話をかけ、実際にそこで働いていることを確認するための作業です。

「会社にバレたらどうしよう・・・」と不安な方もいると思いますが、その点はアコム側もきちんと配慮してくれます。
在籍確認の電話は個人名でかかってきますし、アコムという会社名やカードローンの話について触れられることも一切ありません。

ただ、「どうしても会社に電話してほしくない」「会社のやっていない土日に緊急でお金を借りたい」など、在籍確認をなくしたい場合もありますよね。
そんなときは、特定の書類を提出することで電話を免除したり、在籍確認自体を後回しにできるケースもあるようです。

アコムの在籍確認の具体的な流れや、在籍確認を免除できるケース(体験談あり)など、詳しくはこちらの記事でも解説しています。

アコムで選べる2つの借り方ー口座振込とATM

契約が完了しカードを受け取ったら、いよいよ借入です!
ここからは、実際にアコムのカードローンを使ったお金の借り方について解説していきます。

アコムでは、①振込での借入②ATMでの借入の2つの方法に対応しています。
それぞれの方法について以下で確認していきましょう。

① 振込での借入

「ATMに行く時間がない!」「口座に直接振り込んでほしい!」
そんなときに便利なのが、振込による借入です。

インターネットまたは電話で24時間365日借入の申し込みができ、最短1分で指定の口座にお金を振り込んでもらえます(申し込みの時間帯や曜日によっては、振込までに時間がかかる場合もあります)。

基本的に全ての金融機関で利用可能ですが、楽天銀行のみ24時間最短1分での振込に対応しています。
すぐにお金が必要なときに、いつでもどこでも借入ができるのはとても便利ですよね。

また、取引明細書は郵送ではなくインターネット上でも確認できるので、家族にバレずに借りたい方でも安心です!

② ATMでの借入

アコムの店舗やコンビニ、銀行などに設置されている提携ATMで現金を受け取ります。

アコムの公式ATMと提携ATMでは、それぞれ手数料や使える時間帯、回数の上限などに違いがあるので、きちんと確認した上で利用することが大切です。
例えば、アコムATMは手数料無料ですが、提携ATMだと手数料がかかってしまうので注意しましょう。

提携ATMの詳しい種類やATMの具体的な利用方法について知りたい方は、こちらの記事をご覧ください!

アコムでの返済のポイント4つ

借り方に続いて、アコムでの返済についても見ていきましょう。

アコムの返済方法についてはこちらの記事でかなり詳しく解説していますので、当ページではアコム利用時に最低限知っておくべきポイントを紹介していきます!

  1. 毎月決められた一定額以上を返済
  2. インターネットからの返済もOK
  3. 返済日は「毎月指定期日」「35日ごと」から選べる
  4. 毎月の返済額を多くして利息を減らす!

① 毎月決められた一定額以上を返済

アコムでは、「定率リボルビング方式」で返済期間と毎月の返済額を決定します。

定率リボルビング方式とは、最後に借入したときの借入残高に一定の割合をかけた金額を最少返済金額とし、毎期日にそれ以上の金額を返済していく方式のことです。

例として、アコムから20万円を金利18.0%で借りる場合を考えてみましょう。
この場合、毎月の最少返済金額は9,000円となります。
毎月9,000円を返していくとすると、完済するまで28回、総額で245,093円を返済することになります。

この方式であれば、毎月最低限をコツコツ返していくもよし、余裕があるときに一気に返すのもよし、というように無理のない返済計画を立てることができます!

② インターネットからの返済もOK

アコムのインターネット返済を利用すれば、24時間いつでもどこでも、インターネットからの手続きのみで自分の口座から返済することができます。
ちなみに振込手数料も無料です!

もちろんインターネット以外に、アコムの指定ATM・窓口への振込や口座振替(自動引き落とし)を使って返済することもできます。

③ 返済日は「毎月指定期日」「35日ごと」から選べる

アコムを利用する際、返済日を以下の2種類から選ぶことができます。

  • 毎月指定期日 毎月自分が決めた日にちまでに返済する方法。「返済日を忘れたくない」という方におすすめ
  • 35日ごと 前回の返済日の翌日から数えて35日目までに返済する方法。前倒しで返済したい方、自分の都合に合わせて返済したい方におすすめ

どちらの方法にもメリット・デメリットがあるので、自分の状況や希望に合った方法を選ぶようにしましょう。
なお、初めてアコムを利用する方は、30日間金利0円サービスの適用条件である「35日ごと」を選ぶことをおすすめします(後から「毎月指定期日」に変更も可能です)。

※返済方法を「口座振替」にした場合、返済期日は「毎月6日」になるので注意しましょう。

④ 毎月の返済額を多くして利息を減らす!

アコムでの返済のポイントは、とにかく毎月できるだけ多く返済することです。

そうすることで返済期間を短くでき、結果として利息の総額を減らすことができます。

①で「毎月の最少返済金額がある」と説明しましたが、余裕のあるときはそれよりもなるべく多く返済したり、返済期日でなくても追加で支払いをするようにしましょう!

より具体的な返済方法や一括返済の方法、残高確認のやり方、どうしても返せないときの対処法などを知りたい方は、こちらの記事をぜひご覧ください。

アコムで限度額を増額したいときは?

次に、アコム利用中に利用限度額を増やす方法について説明していきます。

カードローンなどで、自分の利用限度額を拡大し借りられる額を増やすことを「増額」と言います。
「追加借入(追加融資)」とごっちゃになってしまいがちですが、追加借入はあくまで限度額の範囲内で借りる額を増やすことです。
追加借入では審査はいりませんが、増額では改めて審査が必要になります

増額と追加融資の違い

また、増額することで利用可能額を増やせるだけでなく、同時に適用金利を下げてもらえるケースもあるようです。

増額のメリット・デメリットや申請方法、審査基準について詳しくはこちらの記事で解説しています!

アコムを解約したいときは?

続いて、アコムの解約について簡単に説明します。

アコムのカードローンを解約したい場合は、電話・店頭窓口・むじんくんのいずれかから手続きをおこないます。
電話であれば書類提出は不要で、とても簡単に手続きを済ませることができます。

ちなみに、解約手続きの際には同時に「解約証明書」を発行しておきましょう!
住宅購入やおまとめローンの申し込み時に提出を求められる場合もあるので、念のため発行しておくと安心です。

また補足として、アコムのカードローンは持っているだけなら年会費・手数料は一切かかりません。
わざわざ手続きして解約する必要はありませんが、住宅ローンや他のカードローンを今後利用する予定のある方は、アコムを解約しておくことでより審査に通りやすくなるでしょう。

アコム解約のメリット・デメリットや詳しい解約の手順については、こちらの記事を参考にしてください!

アコムのクレジットカード「ACマスターカード」

アコムでは、キャッシング専用のカードローンの他に、クレジット機能とキャッシング機能の合わさった「ACマスターカード」が存在します。

ACマスターカードとは?

年会費無料
最短即日発行
・国内外のMastercard®加盟店で利用可能
・利用限度額 10万~300万円
・手数料率/実質年率 10.0%~14.6%

「クレジット・キャッシングどっちもひとまとめにしたい!」という方におすすめのACマスターカード。
カードローンと同じように即日発行できるのもうれしいポイントですね。

ただし、ACマスターカードにはリボ払い専用である・手数料が高いなどデメリットもかなりあります。
興味を持った方は、下の記事でメリット・デメリットをよく確認した上で申し込むことをおすすめします!

アコムの借り換え専用「おまとめローン」

ACマスターカードに続いて、アコムの借り換え専用「おまとめローン」についても紹介します。

おまとめローンとは?

複数のローンの返済金額・返済日をまとめられる
・金利を下げて返済総額を抑えられる
・利用限度額 1万~300万円
・実質年率 7.7%~18.0%

アコムのおまとめローンは「貸金業者からの借り換え」が対象となっているので、貸金業者に含まれない銀行カードローンやクレジットカードは借り換えできません。

また、おまとめローンにももちろん審査があります。
原則として条件を満たしている方なら申し込みができますが、実際はすでにアコムを使ったことのある方でなければ審査に通る可能性は低いようです。

おまとめローン利用者の声や申し込み・審査などの詳しい情報についてはこちらの記事をご覧ください!

アコムカードローンまとめ

ここまでアコムのカードローンについて一気に説明してきました。

かなりざっくりとした説明になっているので、それぞれの項目についてより詳しく知りたい方は、ぜひ関連する記事も読んでみてくださいね。

最後になりますが、アコムをこれから借りるという方のために、3つだけポイントをおさらいしておきます!

  1. アコムは即日融資OK!今すぐ借りたいならむじんくんを使おう!
  2. 金利が高いアコム。毎月の返済額を多くして利息を減らそう
  3. アコムの審査を受ける前に審査基準をチェック!(詳しくはこちら

申込はこちら