アコムの審査条件!申し込みの流れと落ちないためのポイント【図解あり】

アコムの審査条件!申し込みの流れと落ちないためのポイント【図解あり】

消費者金融といえば、CMでもお馴染みアコムですよね!

アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの子会社であり創業80年、消費者金融の老舗とも言える存在です。

アコムをはじめて利用する人には30日間金利0円特典!

  • はじめてアコムを利用する(審査に落ちしてしまった)人への申し込み方法
  • アコムの申し込みに必要な基本条件
  • アコムの審査は最短30分完了!
急な出費で早くお金を借りたい人の為に、アコムで即日借入れができる方法などをまとめてみました。

アコム審査の申し込み方法

アコムの審査に申し込む方法は5つあります。

どれも手続きは簡単なので、自分にあった方法で申し込むことができますよ!

インターネット
インターネットなら来店不要で24時間いつでも申し込みができるから、時間がなくても便利です。
もちろんスマホからでも申し込みが可能ですよ!
インターネットで申し込み
むじんくん
【営業時間】8:00~22:00年中無休
事前にインターネットで申し込みをしていると、借入れまでの時間を短縮することができます。
もちろん事前申し込みをしなくても、人に合わずに借入れ可能です。
むじんくんで申し込み
店舗窓口
【営業時間】9:30~18:00平日のみ
店頭窓口なら分からない事があった際に、その場で聞くことができます。
電話
電話での申し込みは24時間いつでも対応しています。
インターネットの操作が苦手な人は、電話で申し込みがおすすめです。
申し込みの後、すぐに審査してもらうことができます。
☎0120-07-1000
店舗窓口で申し込み
郵送
郵送は、まずアコムに電話をして申し込み用の書類を請求をします。
アコムへ書類を返送し、その書類がアコムに到着すると申し込み完了となります。
よく検討したい人は、まず申し込み用紙を取り寄せてみるのもいいですね!
郵送でお申込み

来店や郵送でアコムの審査に申し込むと、非常に時間がかかり、急ぎで借入れしたい人には不向きかもしれません。

この中で一番おすすめなのは、インターネットで申し込む方法です。

来店が不要なので、時間や人目を気にする必要がありません!

もちろんパソコンだけでなくスマートフォンからでも審査の申し込みができるので、とっても便利です。

アコムの便利な会員サービス!

アコムの会員サービス

申し込みが必要なのは、アコムを初めて利用する人です。

一度アコムで借入れしている人は、アコム会員サイトを利用することができるので、パソコンやスマートフォンから自分のページにログインして、利用明細の確認や各種変更手続きができます。

この会員サービスは借入れや、返済ができるので、利用すると大変便利です。

急な出費でも、この会員サービスを利用すると、借入れ限度額までなら1分程度で指定口座へ振り込みが可能!

他にも、インターネットの銀行振込で24時間いつでも返済できちゃいます。

アコムの審査に必要な条件

アコムの審査に必要な条件

アコムをはじめて利用する人は、新規で申し込む時に必要な条件や、申し込みの流れがわからないと不安ですよね。

アコム申し込み方法の流れについて知っておけば、スムーズな借入れができるので、ぜひ参考にして下さい。

アコムの審査に申し込むには、以下の最低条件があります。

注意
・年齢:20歳以上~69歳まで
・安定した収入

これは申し込みの絶対条件だと思った方が良いでしょう。

年齢だけでなく安定した収入がなければ、申し込みの段階で審査落ちする可能性は非高いです。

自分が基本的な条件を満たしているのか知りたい人には、アコム公式サイトにある「3秒診断」を使って確認することができます。

アコムの3秒診断

この申し込み条件を満たしていれば、インターネット・スマートフォン等から審査の申し込みをしてみましょう。

アコム利用の流れ

書類の提出が完了すると、申し込みの際に記入した連絡先に確認の連絡が入ります。

在籍確認などがスムーズに完了すれば、最短30分で審査結果が通知されます。

アコム審査の申し込みに必要な書類

アコムの審査に必要な書類

アコムの審査申し込みに必要な書類を準備しましょう。

現在、他社で借入れがない場合、審査に必要な書類は本人確認書類のみです。

  • 免許証等の写真つき

顔写真付きの本人確認書類がない人は、健康保険証の他に、住民票、納税証明書、公共料金の領収書いずれか。

  • 健康保険証

保険証とプラスして下記のいずれかの書類が必要になります。

  • 住民票、納税証明書、公共料金等の領収書
    ※携帯電話領収書は不可

アコムの審査に必要な書類

以下に当てはまる人は、さらに収入証明書が必要になります。

他社の借入れと、アコムの借入れ希望額の合計が100万円を超える場合
アコムだけで50万円以上の借入れを希望する時

収入証明はどこでもらうの?

収入証明書って何?

借入れの際、収入証明が必要な時に、どこでどの様な書類を用意したら良いのでしょうか。

収入証明と言われる書類は、収入があることを証明するものなので、下記のようにいくつかあります。

書類によって貰える場所が異なるので、確認してから取得しましょう。

収入証明が取得できる場所

源泉徴収票
これらの書類は事業主、会社やアルバイト先で発行してもらう書類になります。
源泉徴収票は一般的に、年末調整の時に給与明細と一緒に配布されることが多く、なくしてしまった場合は再発行してもらうこともできます。

給与明細書
会社やアルバイト先から、毎月のお給料と一緒にもらう明細書になります。

所得証明書
納税証明書
住民票がある市区町村の役所等で取得することができます。

 

自営業・個人事業主の方の収入証明書類

 

税課税証明書
住民票がある市区町村の役所等で取得することができます。

確定申告書
住民票がある自治体の税務署になります。

アコムの審査は在籍確認なし

アコムでは本審査が行われる際に在籍確認が必要となりますが、担当者の名前で会社へ連絡が入ります。

ですがいくらアコムという社名を名のらなくても、会社への在籍確認は誰に何を言われるか分からない、と言った不安があります。

在籍確認なしで使いたい

注意
アコムは職場への在籍確認無しで申し込みができる、という噂がありますが、実際のところは、アコム審査の際に相談が必要です。

普通に申し込みをして審査をすれば、在籍確認は必須となりますが、利用限度額が50万円を超えない場合で、会社の在籍を確認できるような給与明細や社会保険証のコピー等、必要書類が提出できれば、必ずしも在籍確認が必要というわけではないようです。

申し込みが終わり仮審査が完了すると、本人確認書類を提出する前に申し込み確認の電話連絡があるので、その際に相談してみるといいですね。

アコムの審査時間は申し込みからどのくらい?

アコムの審査時間

アコムの審査時間は申し込みからどのくらいなのでしょうか?

審査結果がでるまで最短30分~1時間が一番多いのですが、これはあくまでも審査が最短30分で完了するということで、申し込みから借入れが最短30分でできるわけではないということです。

アコムの審査時間データ

審査にいちばん時間がかかるのは、本審査です。

書類の提出と在籍確認がスムーズに完了すれば、すぐに審査結果が出るでしょう。また即日融資を希望するなら、やはりむじんくんを上手に利用するのが一番です!

事前にインターネットや電話で申し込みを済ませてから、むじんくん・店頭窓口の営業時間内に来店します。これなら移動の間に本審査が行われるので、到着後は契約するだけで済むのです。

その場でカード発行ができ、もちろん借入れも可能です。

アコムでの借入れにはカード発行が必須となるため、店頭窓口、もしくはむじんくんが営業中でなければ即日借入れは不可能となります。

アコムの審査に通りやすい職業

消費者金融の審査通過のポイント!

アコムの審査に通りやすい職業は何でしょう?

まず安定した収入があることが前提なので、無職では審査どころか、申し込み時点で審査落ちします。

また雇用形態も関係なく、正社員のサラリーマンや公務員、契約社員、派遣社員、アルバイト、パートでも20歳以上で安定収入さえあれば大丈夫なのです。

つまり主婦(主夫)でも収入があるかがポイントなので、専業主婦で収入が無ければ審査に通過することはないでしょう。

自営業の人はアコムの審査基準を満たせば契約は可能ですが、サラリーマンなどに比べて収入が不安定と判断されることもあります。

自営業の人がアコムの審査に通る方法

自営業の人がアコムの審査に申し込むなら、ビジネスサポートカードローンがおすすめです。

これはアコムが個人事業主にむけた融資で、一般の借入れと条件が異なります。

例えば、総量規制に関係なく年収の3分の1を超える借入れも可能だったり、最高300万円までの利用限度額内で繰り返し利用することができます。

通常のアコムカードローンからの切り替えもできるので、個人事業主(自営業)で借入れを考えている人は、ビジネスサポートカードローンを検討してみて下さい。

アコムを初めて利用する個人事業主(自営業)、また借入れ希望額が年収の3分の1以上でなければ、通常の申し込みと同様に、インターネットや電話・むじんくんからすぐに申し込むことができます。

アコムの審査に通りにくい人の特徴

アコムの審査に通りにくい人の特徴は、大きく分けて2つあります。

これらに該当する人は、審査通過が厳しいです。

★安定収入あり★・永住権のない外国人
・金融事故歴のある人
・未成年
★安定収入なし★・無職
・専業主婦

安定した収入があっても審査に通らない人と、そもそも安定した収入がなく、無職(専業主婦含む)の人です。

たとえば外国人の場合、収入があっても永住権を持っていなければ、審査に通りません。

他にも、過去に自己破産やブラックと言われる金融事故歴があれば、安定した収入があっても審査落ちします。

金融事故は返済の延滞や携帯電話料金の滞納なども含まれるので、過去にこの様な経験があれば、現在の自分の状況を調べてみることをおすすめします。

※ブラックの人サイト→

また、お金を借りることができるのは20歳以上なので、いくら収入があっても未成年では借入れすることができませんが、学生でも20歳以上で、アルバイト等の安定収入さえあれば借入れは可能です。

アコムの審査通過率はどのくらい?

消費者金融の気になる審査通過率

アコムの審査通過率は他の消費者金融に比べてトップクラスです!

インターネットでは、アコムの審査が甘い、緩いなどと目にすることがありますが、決して甘くはありません。

アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの子会社ですし、もちろん審査はちゃんと行われています。

なぜなら審査通過率が48%ということは、半数以上の人、2人のうち1人は審査落ちしているということです。

アコムでは審査通過率や契約者数について、公式サイトのアコム企業情報サイトにあるデータブックで毎年公表しています。

誰でも閲覧することができるので、気になる方は一度確認してみるのもいいでしょう。

アコム審査通過後の借入れ方法

アコム審査通過後の借入方法

アコムで本審査が通ったらどうやって借入れをするのか、キャッシング方法についてご説明します。

まずアコムで借入れをするには、アコムで発行されるカードが必要になります。

注意
審査に通ったけど手元にカードがない場合と、既にカードを持っている人では、利用できる場所が異なるので注意してください。
★カードを持っている★・店舗
・むじんくん
・コンビニ
・ATM
・インターネット
★カードなし★・店舗
・むじんくん

カードを持っていない人は、店舗やむじんくんまで行きカードを発行してもらいます。

その際、借入れも一緒にすることができますが、営業時間が決まっているため、深夜の時間帯にはカード発行も借入れもできないので注意しましょう。※営業時間→

またカードを郵送で送ってもらった場合、到着までに約1週間くらいかかります。

カードを持っている人は、店舗やむじんくん以外にも、アコムが提携している金融機関のコンビニや銀行ATMで24時間いつでも借入れができるほか、インターネットなら自分の指定口座に最短1分で振込が可能です!

提携ATM
三菱UFJ銀行、セブン銀行、Enet、ローソン、ゼロバンク、イオン銀行、北海道銀行、北陸銀行、東京スター銀行、八十二銀行、第三銀行、広島銀行、西日本シティ銀行、福岡銀行、親和銀行、熊本銀行、クレディセゾン

アコムの返済方法は?

アコムの返済方法

お金は借りたら必ず返済しなくてはいけませんね。

アコムの返済方法は、口座からの自動引き落とし(口座振替)と、振込み(入金)する方法があります。

自分の口座から自動引き落とし(口座振替)で返済すると、返済日は毎月6日になります。

またコンビニや提携金融機関のATM、インターネットから振込む方法あり、その際は下記2つの返済方法が選べるので、自分にあった計画的な返済ができます。

  • 35日ごとに返済する方法
  • 毎月指定期日に返済する方法

35日ごとに返済する方法

毎日指定期日に返済する方法

インターネットでの返済はパソコンやスマートフォンから24時間いつでも可能です。

返済額変更

アコムでは借入れ残高が減ってくると、毎月の返済額を減らすことができます

これは自動で変更されないため、変更を希望する場合は手続きが必要になります。

返済額の変更が可能な場合のみ、インターネットの会員ページや電話、アコムATMで変更ができます。

アコムで繰り上げ返済する方法

アコムで繰り上げ返済する方法とは?

アコムの返済で無駄な利息を減らすためには、無駄な返済をしないことです!

アコムではいつでも繰り上げ返済が可能なので、利息を計算して、自分のタイミングでどんどん繰り上げ返済する事ができます。

ではどのように繰り上げ返済をしたらいいのでしょうか?

アコムの通常返済と同じようにATM、提携先のATM、店頭窓口や銀行口座へのお振込み、またはインターネットで返済できます。

もちろん全額返済(完済)も可能なので、臨時収入やボーナスが入った時などに完済する方法もありますよ。

アコムで滞納するとどうなる?

滞納するとどうなる?

急な退職や、給与の減額などで月々の支払いが難しくなることもありますよね。

もしアコムで返済が遅れると、担当者から個人名で連絡がきます。

また遅延損害金というものを日数に応じて年率20.00%支払わなければいけません。

そのまま放置すると裁判になり給与差し押さえの可能性もありす。

それだけでなく取り立てはずっと続きますし、信用情報に傷がつくので、後々ローンや借入れを利用することができなくなります。

つまり、ブラックリストにのってしまうわけです。

支払いが難しいと思ったら、そのままにするのではなく、まずはアコムに連絡をして相談することをおすすめします。

一時的な返済額の減額など、できる方法を提案してくれます。

アコムで借りるメリット・デメリット

アコムで借りるメリット・デメリット

アコムで借入れするメリットとデメリットについてまとめました。

★メリット★

・30日間無利息
・最短30分
・即日融資
・在籍確認なし
・保証人不要
・担保不要

★デメリット★

・金利が安くない
・総量規制の対象

デメリット

アコムのデメリットアコムは消費者金融のため、総量規制の対象となります。

つまり、他社での借入れが年収の3分の1以上ある場合、アコムでの借入れができなくなります。

また他社と比べても金利は決して高くありませが、3.0~18.0%なので、消費者金融ではごく一般的といったところです。

メリット

アコムのメリット在籍の確認ができる書類の提出ができれば、勤務先への在籍確認をなしにできる可能性もあり、会社にバレる不安を解消できます。またアコムは保証人や担保が不要なので、審査が最短30分で完了!急な借入れでも安心です。

他にも今回アコムを初めて利用する人は、30日間無利息で借入れできるので、これはある意味最大のメリットになります。

一時的に借入れをしたいだけで30日以内に返済を予定している人は、これを利用すると利息0円で借入れができるのです。

少しだけ借りたい!給料日までの間だけ!そんな方にアコムはおすすめですよ。