アイフルの金利は高い?金利を引き下げて安く借りる方法を徹底解説!

アイフルの金利って実際どれくらいなの?
アイフルの金利が高いから、引き下げる方法を知りたい!

銀行や消費者金融でお金を借りようと思っている人や、
すでにアイフルでお金を借りている人の中には、
こんな風に思っている人も多くいるのではないでしょうか。

この記事では、

  • アイフルの金利の徹底比較
  • アイフルでお金を借りる際の返済シュミレーション
  • アイフルでの金利の引き下げ方法

について主に紹介しています。
ぜひ、当記事を参考にお金を安く借りてくださいね。

最初は、
他社と比較して、アイフルの金利の「高さ」についてみていきます。
金利の引き下げ方法をいち早く知りたい人は、こちら

では、さっそくみていきましょう。

アイフルの金利は高い?他社と比較してみよう!

CMなどでおなじみのアイフルは、大手消費者金融の1つです。
消費者金融は、銀行と並んで、個人がお金が借りられる機関ですね。

まずは、そんなアイフルの金利の特徴についてみていきます。

アイフルの金利の特徴とは?

アイフルカードローン
そもそも金利とは、お金を借りるときに支払う利息の割合のこと。
利息とは、お金を借りるときに支払うレンタル料金のようなものです。
貸したときに返されなかったら困るので、保証金のようなものと考えても良いかもしれないですね。
つまり、金利は低ければ低いほど安くお金を借りられるということです。

金利について理解したところで、実際のアイフルの金利はと言うと・・・
3.0%~18.0%!

幅がありますが、どの金利が適用されるかは審査終了までわかりません。
はじめての人は、上限金利である18.0%となることがほとんどです。
初めて借りる人は信用もないので、当たり前といえば当たり前かもしれませんね。

ただ、初めて借りる場合は、30日間の無利息期間があります。
上手く活用すれば、通常よりかなり安く借りられますよ!
無利息期間についての詳細はこちら

さらに、借りたお金をつかう目的がはっきりしている人向けの、目的別ローンなどのキャッシングローン以外のローンもあるので、こちらも上手に利用しましょう!
キャッシングローン以外のローンについての詳細はこちら

続いて、アイフルの金利を、他の大手消費者金融のカードローン、大手銀行のカードローンの金利と比較してみます!

大手消費者金融カードローンの金利と比較!

金利
アイフル 3.0%~18.0%
アコム 3.0%~18.0%
SMBCモビット 3.0%~18.0%
プロミス 4.5%~18.0%
レイクALSA 4.5%~18.0%

ほとんどの場合はじめに適用される上限金利は、プロミス以外すべて18.0%、プロミスも17.8%とほとんど変わりません。
アイフルの金利は、大手消費者金融のなかで平均的だと覚えておきましょう!

大手銀行カードローンの金利と比較!

金利
アイフル 3.0%~18.0%
みずほ銀行カードローン 3.0%~18.0%
三井住友銀行カードローン 3.0%~18.0%
三菱UFJ銀行カードローン 4.5%~18.0%
横浜銀行カードローン 4.5%~18.0%
オリックス銀行カードローン 1.7%~17.8%
楽天銀行スーパーローン 1.9%~14.5%

大手銀行の金利は、大手消費者金融に比べて低いものが多く、上限金利はほとんどが14%台です。
アイフルの金利は、大手銀行の金利に比べると高いと覚えておきましょう!
ただ、大手銀行のカードローンは、大手消費者金融のカードローンに比べると審査に通りにくく、即日融資が受けられないなどの欠点もあり、注意が必要です。

アイフルはこんなひとにおすすめ!

アイフルなどの消費者金融は、銀行のカードローンに比べて審査が通りやすく、即日での融資も可能です。
学生やアルバイトの人でも安定した収入があれば借りることができます。
もし、不安な人はこちらの「1秒診断」で、借りられるかどうか確認してみてください!
1秒診断はこちら

また、借りる額がそれほど多くない場合は、金利の大小で支払う額があまり変わりません。
例えば、10万円を借りた場合、アイフルと銀行では月々300円くらいの差です。
そのため、少額融資を希望する場合、簡単にお金を借りられるアイフルがおすすめです!

まとめると、アイフルは、

  • 銀行のカードローンに落ちてしまった人
  • 今すぐお金が欲しい人
  • 少額融資を希望する人
におすすめのカードローンです。

これらに当てはまらないので、他のカードローンにしたいという人もいると思います。
こちらの記事では多くのカードローンについて比較しているので、あなたにあったおすすめのカードローンを見つけてみてください!

金利はいくら?アイフルの返済シミュレーションで金利を計算してみよう!

アイフルの金利については理解できたと思います。
次に、実際にお金を借りたときに、どのように返していくかのシミュレーションについて見ていきましょう!

まず、支払いの方法として、約定日制サイクル制の2つがあります。
どちらかを自分で選択する形です。

約定日制
都合のよい毎月一定の返済日を指定する。
返済期日までの10日間が返済期間となる。
サイクル制
返済日の翌日から35日後が次回の返済日となる。
返済期日の前であればいつでも返済可能。

サイクル制だと毎月の返済日が異なり、返済忘れが多くなります!
そのため、約定日制がおすすめです!

以下は、約定日制を用いて、10万円、30万円、50万円を借りたときのシミュレーションを紹介します。ただし、多くの方が該当する、金利18%で計算しています。

10万円借りた時の利息はいくら?

支払い回数 月々支払い額 利息総額 支払い総額
5回 21,000円 4,567円 104,567円
10回 11,000円 8,378円 108,378円
32回 4,000円 26,339円 126,339円

10万円を借りる場合、月々に最低でも4,000円支払わなければならず、その際の支払い回数は32回となります。
その時の利息は26,339円とかなり高額です。
一方、支払い回数が5回の時は、利息が4,567円と比較的安く済みます。
支払い回数は少なく、返済期間は短いほうがよいということがわかるでしょう。

30万借りた時の利息はいくら?

支払い回数 月々支払い額 利息総額 支払い総額
5回 63,000円 13,707円 313,707円
10回 33,000円 25,147円 325,147円
36回 11,000円 88,936円 88,936円

30万円を借りる場合、月々に最低でも11,000円支払わなければならず、その際の支払い回数は36回となります。
30万円になると、月々の支払い額もかなり高額になりますね。

50万借りた時の利息はいくら?

支払い回数 月々支払い額 利息総額 支払い総額
10回 55,000円 41,915円 541,915円
30回 21,000円 123,594円 623,594円
58回 13,000円 251,621円 751,621円

50万円を借りる場合、月々に最低でも13,000円支払わなければならず、その際の支払い回数は58回となります。
50万円になると、最大の支払い回数がかなり増え、期間が5年近くになってしまい、利息もかなり増えてしまいます。
後で述べる金利の引き下げ方法や、より金利の低い銀行のカードローンも検討してみるべきでしょう。

10万、30万、50万円以外を借りようと思っている人や、上に述べた以外の支払い回数を検討している人は、アイフルの公式サイトでシミュレーションすることができるので、そちらをぜひみてみてください!
アイフル公式 返済シミュレーション

金利が無料に!?アイフルの無利息キャッシングとは?

アイフルは、初回契約時に限り、
契約日の翌日から30日間利息がゼロになります!!!
つまり、この期間中はタダでお金が借りられるというわけです。
ただ、契約日の翌日から自動的にスタートするので、契約後すぐにお金を借りないと、無利息期間が終了してしまうかもしれません。
※このサービスは、キャッシングローンのみで後で述べる目的別ローンは対象外です!

この初回サービスは他の大手消費者金融でも行われています。

サービス内容 条件
アコム 契約日の翌日から30日間無利息 返済期日を
35日毎に
SMBC
モビット
なし なし
プロミス 利用日の翌日から30日間無利息 アドレス登録&Web明細
レイク
ALSA
契約日の翌日から5万円まで180日間無利息
契約日の翌日から30日間無利息
なし

ただし、銀行には無利息期間はありません
その分、銀行は金利が低いんですね。

では実際に、アイフルの無利息期間を適用した場合(金利18%)とみずほ銀行のカードローン(金利14%)を比較したらどうなるでしょうか。

アイフルで金利を引き下げる方法とは?

ここでは、アイフルで金利を引き下げるための3つの方法について紹介していきます。

①利用限度額の増額(増枠)をする!

まず1つ目は、利用限度額を増やすことです。
限度額を増やし、借りる金額が多ければ多いほど、金利は下がると言われています。
例えば、利息制限法という法律により、限度額が100万円以上になれば、金利は15.0%以下に下がるのは確実です。

一定の契約期間が経過し、返済実績もあると増額ができるようになり、案内が届くこともあります。
ただし、以下の場合は増額の申請が通らない可能性があるので注意して申請するようにしてください!

  • 契約から半年未満
  • 借り入れ額が少ない
  • 滞納あり
  • 他社の借り入れが多い
  • 年収が低い

 

②キャッシングローン以外のローンを利用する!

2つ目は、キャッシングローン以外のローンを利用することです。
アイフルのローンの中には、上限金利の18.0%より低い金利のローンもあります。
直接的に金利を引き下げる方法ではないですが、検討してみてくださいね。
ただ、どれもキャッシングローンに比べて、用途に制限があったり、審査が少し厳しかったりするので注意が必要です。
また、キャッシングローンと違い、無利息期間は基本的にありません。

おまとめローン

最初は、おまとめローン。
他社でお金を借りている人は、アイフルに乗り換えたり、アイフルに統一したりすることで
他社の借り入れより低金利で返済できます。
種類は、アイフルを利用したことがない人向けの「かりかえMAX」と、一度でも利用したことがある人向けの「おまとめMAX」の2つ。
いずれも金利は17.5%~です。

詳しくはこちら:かりかえMAX
詳しくはこちら:おまとめMAX

事業サポートプラン

次に、事業サポートプラン。
個人事業主向けの無担保ローン、個人事業主・法人向けの不動産担保ローンに分けられます。
金利は、無担保の場合は18%~、不動産担保の場合は12%~です。

詳しくはこちら:無担保ローン
詳しくはこちら:不動産担保ローン

目的別ローン

最後は、目的別ローン。
こちらは、利用目的が制限されるローンです。
具体的な用途は以下の4つ。

・冠婚葬祭(ブライダルなど)
・医療
・日常生活(教育、カーライフなど)
・レジャー(トラベルなど)

用途は様々で、たくさんありますね。
金利は12%~や17%~など用途により異なります。

ただ、目的別ローンについては他社のものも多くあります。
以下に、典型的な、

・ブライダルローン
・医療ローン
・マイカーローン
・教育ローン

の4つのローンについて詳しく述べた記事があるので
迷ったら参考にしてみてください!

③金利の見直しを依頼する!

3つ目は金利の見直しを依頼することです。
先程の、利用限度額の増額と少し似ていますね。

利用年数が長く、滞納がない場合、依頼すれば金利が下がる可能性があります。
方法としては、電話で直接交渉する場合と、途上与信と呼ばれる定期審査のようなものによっていつのまにか下がっている場合の2パターン。

利用限度額の増額と同時に行うことをおすすめします。

アイフルの金利引き下げには「多めに返済」がおすすめ!

今まで、金利を引き下げる方法についてお話してきましたが、
返済シミュレーション
のところで述べたように、利息を少なくして、なるべく安くお金を借りるには、
短期間で返済することが大切です。
そこで、大事になってくるのが、追加返済一括返済
余裕があるときに多めに返済することが大切なのです!

アイフルの追加返済

追加返済は文字通りそのまま。
毎回の返済額以上の金額を追加で返済することです。

とくに必要な手続きもないので、お金に余裕があるときに入金しましょう!
追加返済をすることで、最終的に支払う利息が抑えられ、短期間で返済できます。

アイフルの一括返済

こちらも文字通り。
追加返済の延長です。

残額を一気に支払うことができれば晴れて完済となります。
一括返済ができるのにせずに、返済を伸ばし続けるのはお金のムダです!
余裕があれば、早めに一括返済をしてしまいましょう!

さらに金利を下げたい人はこちら!


今まで紹介した方法に加えて、もう1つ、
さらに金利を下げる方法があります。
それは、アイフルのファーストプレミアムカードローンです。

ただし、これは利用限度額が100万円~かつはじめての人限定なので

「100万円なんて借りる気がない!」
「アイフルをもう利用してる!」

という人は読み飛ばしてください!

ファーストプレミアムカードローン!

ファーストプレミアムカードローンという名前からしてなんだか特別そうな感じがしますね。

まず最初に、利用限度額が100万円からなので、法律により、
前年度の年収が300万円以上ないと利用できない
ので注意してください!

金利はなんと
3.0%~9.5%!!
しかも、30日間の無利息期間もあるのでかなりお得に借りることができます。

ただ、先程も述べたように

・利用限度額が100万円以上
・前年度年収が300万円以上必要
・審査が厳しい
・アイフル初回利用の人のみ
・23歳以上の人のみ

という厳しい条件があるので注意が必要です!

詳しくはこちら:ファーストプレミアムカードローン

アイフル金利のまとめ


アイフルの金利について紹介してきましたが、いかがでしたか。

簡単にまとめると、

  1. アイフルの金利は、大手消費者金融の中では平均的だが、
    銀行よりは高い
  2. 短期間で返済するとよい!
  3. アイフルには30日間の無利息期間がある!
  4. 利用限度額の増額や金利の引き下げを交渉しよう!
  5. キャッシングローン以外のローンも検討しよう!
  6. 余裕がある時に多く返済するべき!
  7. より低金利のファーストプレミアムカードローンもある!

 

となります。

アイフルを利用してうまくお金を借りましょう!

アイフル