アイフルの審査時間と申込みから借入までの流れまとめ!

アイフル

このページでは、はじめてアイフルのカードローンを利用してお金を借りようと考えている方が安心して申込みや審査を受けられるように情報を集めています。

審査の流れや借入れ方法、返済方法等の気をつけるべき点等をわかりやすく紹介しているので、カードローンへの不安や悩みが解消できます。

はじめてカードローンを利用する方でも安心して、申込みや継続的な利用がしやすい消費者金融はアイフルです。

安心して借りるならアイフル!
安心感を重視してカードローンを利用するならアイフルがおすすめです。

アイフルのおすすめポイント!

アイフルはカードローン初心者でも、安心して利用できるポイントが豊富なカードローンです。

審査の流れや返済方法等の不安な点は、しっかりと公式サイトでも情報公開され、文章だけではなく動画やチャット等でも説明してくれているので自分好みの方法で不安点を解決することができます。

また、申込み方法や借入れ方法、返済方法なども多様にあるので自分が利用しやすい方法を選ぶことができます。

はじめての方は最大30日間無利息期間があり、郵送物も一切ないので、お得に誰にもバレることなく融資を受けられる点なども人気の理由の一つです。

金利 限度額 審査速度

3.0~18.0%

800万円

最短30分

アイフルの審査に申込むために必要なもの

はじめてアイフルの審査を受ける場合の必要書類は以下です。

審査を受ける際の必要書類は2点あり、「本人確認書類」と「収入証明書類」です。本人確認書類は申込み者全員が提出する書類ですが、収入証明書類は提出する必要が無い人もいます。

以下に詳細をまとめましたので、確認してください。

【1】本人確認書類

原則、運転免許証(運転経歴証明書)

運転免許証を持っていない場合、顔写真付きの以下の本人確認書類が必要です。
パスポート,住民基本台帳カード,特別永住者証明書,在留カード,公的証明書書類(氏名・住所・生年月日あり),個人番号カード/マイナンバーカード(表のみ)

注意ポイント

本人確認書類に記載の住所が、現在の住まいと異なる場合
※以下のいずれかの書類より原本1点が必要

 

現住所が記載されている本人確認書類
健康保険証、パスポート、年金手帳、母子健康手帳 等

 

公共料金領収書(※1)
電気、ガス、水道、固定電話、NHK

 

官公庁発行書類で氏名、住居、生年月日の記載がある書類(発行日より6か月以内のもの)
住民票、納税証明書、印鑑登録証明書 等
※1 直近2回分までのもので、領収押印があるものが有効になります。

 

■顔写真付きの本人確認書類を持っていない場合※2

(A)健康保険証、年金手帳、母子健康手帳
(B)戸籍謄本(抄本)、住民票、住民票記載事項証明書 等

・(A)から2点 例)健康保険証+年金手帳

・(A)から1点と、(B)または「補完書類(※3)」から1点の計2点
例)健康保険証+住民票
または 公共料金領収書

・(B)から1点と、当社より簡易書留送付(※4) 例)住民票+簡易書留送付

※2 有効期限のない公的証明書については、発行日より6か月以内のものに限ります。
※3 「補完書類」は上記の「☆注意ポイント☆ 本人確認書類に記載の住所が、現在のお住まいと異なる場合」を参照
※4 取引内容によっては簡易書留を送付しない場合もあります。

【2】収入証明書類

収入証明書書類を契約前に提出が必要な場合は以下になります。

  1. アイフルの利用限度額が50万円を超える場合
  2. アイフルの利用限度額と他の貸金業者からのお借入総額が100万円を超える場合
  3. 就業状況の確認等、審査の過程で提出をお願いする場合

上記に該当する場合は以下の書類より1点を用意してください。

源泉徴収票,住民税決定通知書,給料明細書,確定申告書,所得証明書

☆各書類、提出時の注意ポイント☆

提出書類 注意ポイント
源泉徴収票 公的年金等の源泉徴収票」および「退職所得の源泉徴収票」を除く
給料明細書 給与明細の直近2ヶ月分とは、今が1月であれば11・12月分となります。
ただし、1月分の給与明細書が既に発行されている場合は、12・1月分となります。
なお、地方税(住民税)の記載がある場合、直近1ヶ月のみの提出で可となる場合もあります。※賞与明細書(1年以内のもの)もある場合は、あわせて用意。
住民税決定通知書,納税通知書 住民税決定通知書は毎年6月頃、勤務先を通じて届く市区町村発行の『特別徴収税額の決定・変更通知書』など。
確定申告書,青色申告決算書,収支内訳書 税務署受付印または税理士印があるもの、もしくは電子申告の受付日時、受付番号の記載があるもの
支払調書 報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書
所得証明書 市区町村役場にて発行のもの
年金証書,年金通知書 年金以外に主となる定期的な収入がある方に限る
(主な収入が年金のみの方はキャッシングサービスの対象外)

提出した書類が不鮮明などの理由で確認できない場合は、再度の提出をお願いされる場合があります。
なお、個人番号(マイナンバー)、基礎年金番号が記載されている書類は該当箇所が見えない状態にして提出してください。

アイフルの審査から契約・借入れまでの流れ


アイフルの審査から契約、借入までの流れと、審査通過の為の注意ポイントを紹介していきます。各項目ごとに注意ポイントも紹介していますから、チェックしてください。

審査に申込み

アイフルの審査への申込み方法は、インターネット、来店、電話の3つです。

はじめての方でも、安心してスムーズに手続きができる方法はインターネットからの申込みです。

インターネットに接続できる端末(パソコン/スマートフォン/ケータイ)から24時間好きな時に申込み可能です。
審査を受ける為の必要事項を選択、文字入力するだけの単純な操作で審査申込み可能で、審査結果やその後の手続き方法は、メールや電話で教えてくれるから安心して利用ができます。

アイフルのインターネットからの申込みは「WEB完結型」です。

WEB完結型とは、インターネット上で全ての手続きが完了することをいい、本人確認書類等の書類の提出も郵送ではなく、書類提出サービスやメールで簡単に書類の提出ができるなど多くのメリットがあります。

インターネット上で全ての手続きが完了するので、急いでいる方にも一番オススメの方法です。
※インターネットから申込み後、フリーダイヤルに電話することで審査にかかる時間が短縮します。

注意ポイント
郵送物なしにしたい場合は…
下記の項目に対応することで、郵送物なしで契約可能です。
① WEB契約時、カードレスを選択※1
② WEB契約時、口座振替登録※2

※1
カードレス契約後、あとからカード発行することもできます。
※2
口座振替登録で選択された金融機関でお客様の取引時確認が完了していること、その記録が保存されている場合に限ります。

また、カードを発行したい場合、インターネットから申込み後自動契約機に取りに行く方法もあります。

アイフルで仮審査

アイフルの仮審査は機械で行う自動審査です。

入力内容は、年齢/雇用形態/年収/他社借入金額の4点のみで、事前に融資が可能か1秒で診断ができます。

審査結果は、スコアリングによる単純な審査なので、入力した情報に基づく簡易なものになり、細かい融資金額や金利条件は表示されず、融資可能か不可能が表示されるだけの審査です。

信用情報機関を通さずに行ってくれるので、何度でも安心して審査を受ける事ができます。
融資が可能かどうか知りたい方には便利な審査方法です。

アイフルで本審査

アイフルでの本審査は個人信用情報や信用情報機関を活用して行います。
アイフルが加盟している信用情報機関は「株式会社日本信用情報機構(JICC)」「株式会社シー・アイ・シー(CIC)」です。

信用情報機関では個人の信用情報(今までの金融商品に関する返済情報や年収、勤務先、現在の借入金額 等)が管理され、情報を元に貸付条件を決定します。

アイフルのような消費者金融や銀行等は信用情報機関に加盟する義務があり、貸付の審査を行う際には必ず信用情報機関に申込み者の情報を提供しています。

信用情報機関と消費者金融等は左図のような仕組みで審査を行い、適切な融資条件を申込み者に提示しています。

アイフルが信用情報機関に提供している個人情報は以下の項目です。

個人情報の信用情報機関へ提供する情報
株式会社日本信用情報機構 ①本申込に関する情報(氏名・生年月日・電話番号及び運転免許証等の記号番号等の本人を特定する情報、並びに申込日・申込商品種別等)

②本契約に基づく本人を特定するための情報(氏名・生年月日・性別・住所・電話番号・勤務先・勤務先電話番号・運転免許証等の記号番号等)

③契約内容に関する情報(契約の種類・契約日・貸付日・契約金額・貸付金額・保証額等)

④返済状況に関する情報(入金日・入金予定日・残高金額・完済日・延滞・延滞解消等)

⑤取引事実に関する情報(債権回収・債務整理・保証履行・強制解約・破産申立・債権譲渡等)

株式会社シー・アイ・シー ①本人を特定する情報(氏名・生年月日・住所・電話番号・勤務先・勤務先電話番号・運転免許証等の記号番号等)

②契約内容に関する情報(契約の種類・契約日・契約額・貸付額・商品名及び支払回数等)

③支払状況に関する情報(支払日・完済日・利用残高及び延滞等)

信用情報機関を利用した審査の他に、職場への電話連絡による在籍確認や提出された書類の確認等を行います。

仮審査とは異なり、条件等がかなり確実的になります。
また、上記で説明しているとおり、信用情報機関に申込者の情報が提供され、申込みした事実が信用情報機関にデータとして残ります。

アイフルが加盟している個人信用情報機関が当該個人情報及び客観的事実を以下に定める期間
株式会社日本信用情報機関 ①本申込に関する情報については当該照会日から6ヶ月以内

②本契約に基づく本人を特定するための情報は契約内容に関する情報等が登録されている期間

③契約内容及び返済状況に関する情報については契約継続中及び契約終了後5年以内

④取引事実に関する情報については契約継続中及び契約終了後5年以内(但し、債権譲渡の事実に係る情報については当該事実の発生日から1年以内)

株式会社シー・アイ・シー ①本申込に係る申込みをした事実はアイフルが照会した日から6ヶ月間

②本契約に係る客観的な取引事実は契約期間中及び契約終了後5年以内

③債務の支払いを延滞した事実は契約期間中及び契約終了後5年間

アイフル審査通過!借入れ可能に!


アイフルは、とても便利に借入れすることが可能です。
借入れ方法は全部で4種類あります。

アイフル借入れ方法
アイフルATM・提携CD/ATMでの借入れ 全国のアイフルATMにて、借入れ可能。
※アイフルATMの場合、ATM利用手数料は無料コンビニATMなど、提携先のCD/ATMでも借入れ可能。
※所定のCD/ATM手数料は自己負担
インターネットからの振込予約
(スマホ・パソコン・ケータイ)
インターネットの会員サービスにて、24時間、振込予約可能。
会員ページから手続きを行い、登録した銀行口座へ、振込みがあります。
※振込名義は「アイフル㈱」または「AIセンター」
当日振込も可能。
※受付時間によっては、振込みが翌営業日となる場合あり
電話からの振込予約 電話で振込予約の受付け可能。(オペレーター対応)
銀行口座へ、お振り込みいたします。
※振込名義は「アイフル㈱」または「AIセンター」
当日振込も可能。
※受付時間によっては、振込みが翌営業日となる場合あり
スマホアプリでの借入れ アイフルカードがなくても、スマホアプリがあれば、セブン銀行ATMで借入れが可能(原則24時間365日お取引が可能)

アイフルATM・提携CD/ATMでの借入れ

アイフルカードが必要な借入れ方法です。
全国各地にあるアイフルATMは469箇所、手数料無料で利用ができるのでオススメです。

提携CD/ATMはセブン銀行やイオン銀行、三菱UFJ銀行、ローソンATM、E-netが等あります。※詳しい提携CD/ATMは公式サイトを確認してください。

提携CD/ATM利用手数料について

取引金額 入金 出金
1万円以下 108円 108円
1万円超 216円 216円

インターネットからの振込予約

アイフルと契約をすると、インターネットの会員サービスが利用できます。
インターネットを利用できる端末から会員ページへアクセスし、登録した銀行へ振込みをしてもらいます。

依頼する時間によっては、振込みが翌営業日になる可能性もあるので注意が必要です。

金融機関営業日であれば、14:10頃までの受付は原則指定した銀行口座に振込みされますが、受付時間を過ぎてしまうと振込は翌営業日になるので、スグに手元に現金が必要な場合は別の方法で借入れしてください。

電話からの振込予約

電話は会員専用ダイヤルもしくは女性専用ダイヤルで受付(受付時間は平日9:00~18:00)しています。どちらも、オペレーターが対応してくれるので、初めての方でも安心して予約することができます。

振込予約と同時に利用中の心配事や返済に関する質問も可能です。

女性専用ダイヤルは原則女性オペレーターが対応してくれますが、夜間や混雑時には男性が対応する場合もあります。

スマホアプリでの借入れ

専用スマホアプリを利用することによって、原則24時間365日取引が可能になります。
アイフルカードも不要ですし、セブン銀行で借入れも返済もできます。

便利なアイフルの返済方法

アイフル返済方法
振込み 全国の金融機関の窓口・ATMから返済可能。
※契約したアイフル店舗の指定口座へ振込みにて返済(振込先は、会員サービスから確認)
※振込手数料は、自己負担
店舗/アイフルATM 手数料無料。
全国のアイフルの店舗窓口・ATMから返済い可能。
※営業日・時間は、店舗により一部異なります。
詳細情報は公式サイト各店舗・ATM情報から確認。
提携先ATM 全国の提携先金融機関ATMから返済可能。
※提携先ATMを利用の場合は、所定のATM手数料を負担。
コンビニ 全国の提携コンビニから返済可能。
※コンビニを利用の場合は、所定のATM手数料を負担。
※ローソン(Loppi)・ファミリーマート(Famiポート)に設置のマルチメディア端末を利用し、レジにて原則7:00~23:30まで、土・日・祝日を問わず返済可能。
なお、マルチメディア端末からの申込券発券時間は、7:00~23:00まで。
口座振替 指定の金融機関より自動引落。
※利用には別途、手続きが必要。
専用スマホアプリ アイフルカードがなくても、スマホアプリがあれば、セブン銀行ATMで返済が可能(原則24時間365日お取引が可能)

自分の都合に合わせて返済することができるので、借入れ後もとても利用しやすくなっています。

アイフルの審査に掛かる時間


WEB完結申込みと無人契約機どちらから申込みしても、審査にかかる時間は最短30分です。

ですから、自分がどちらの方法で申込みするのが向いているかを考えて利用してみてください。以下にはWEB完結申込をした場合と無人契約機で審査申込みした場合の特徴を紹介しています。

WEB完結申込みをした場合

WEB完結申込みを選択した場合、Yahoo!IDの登録情報を自動で貼り付けられます。
氏名や住所等の入力の手間が省けるのでとても便利です。

また、自宅など好きな場所・タイミングで申込みできるので店舗まで移動する時間も節約になります。
人にも会うことがないのでバレないのも大きなポイントになります。

スマートフォンやパソコンの基本的な操作ができれば、比較的簡単に申込みができます。

無人契約機で審査申込みした場合

アイフルの無人契約機はATMのような機械でタッチパネルの操作するのではなく、最初から最後まで電話でオペレーターとやり取りしながら、書類への記入を手書きで行います。

無人契約機に移動する時間がかかってしまうのと、審査に必要な全ての項目を一から書かないといけないので、入力するよりも時間がかかりがちです。

また、無人契約室内にあるスキャナーなどの機械操作も行います。
もちろん電話で案内をしてくれますが、慣れていない場合は手間がかかってしまう可能性があります。

スマホアプリで楽に借入・返済ができる!


アイフルでリリースしているスマホアプリは、全国各地に多くあるセブン銀行とスマートフォンの活用で、借入れや返済がとてもスムーズに行えます。

iphone・Androidどちらでも利用ができますし、新規申込みも、運転免許証の読み込みで本人情報の入力が短縮できます。

また、会員専用サービスでは、セキュリティ万全の生体認証やPINコードなどで会員専用サービスのログインが可能。利用都度のID・PW入力が不要です。

アプリでの借入/返済の手続き方法

  • 手順1
    ステップ1
     アプリにログイン
  • 手順2
    ステップ2
    スマホATMで「融資」もしくは「返済」を選択
  • 手順3
    ステップ3
    セブン銀行ATMでスマートフォンでの取引を選択
  • 手順4
    ステップ4
     QRコードが取引画面に表示される
  • 手順5
    ステップ5
     QRコードを読み取り後、企業番号が表示
  • 手順6
    ステップ6
     セブン銀行ATM取引画面に表示された企業番号を入力
  • 手順7
    ステップ7
    セブン銀行ATM取引画面に暗証番号を入力
  • 手順8
    ステップ8
     取引金額を入力で取引完了

アプリ利用の注意点

アプリを利用の際は動作環境の確認を行ってください。

  • Android…4.1以降
  • iOS…10.0以降

セブン銀行ATM休止時間、およびアイフルのシステムメンテナンス時間帯は利用不可。

セブン銀行ATMは、設置店舗の営業時間等により、利用時間が異なります。

アイフルで今日中に審査通過するには?


アイフルの審査回答時間は、審査回答時間は土日祝関わらず9:00~21:00です。

当日中に審査通過を希望する場合は遅くても20時までに審査に必要な情報をアイフルに送信するようにしましょう。

審査は最短30分ですが、混み具合によっては時間がかかる場合もあるので余裕をもって申込みするようにしてください。

夕方17時以降等の遅い時間帯での申込みで今日中に審査通過したい場合は、申込みを行ったあとにフリーダイヤルへ電話で急いでいる旨と伝えると対応してくれます。

審査に通過してしまえば、借入れを行うだけなのですが、振込みでの融資を希望している場合は午前中に申込みをして14時10分頃までには振込み依頼をしないと銀行の営業時間に間に合わなくなってしまうので注意してください。

午後から審査通過と融資までを希望するのであれば、インターネットから申込みする方法がオススメです。

特にアプリであれば審査通過後、セブン銀行にスマートフォンを持ち込み手続きするだけで融資を受けることができますから、午後から急にお金が必要になった場合は活用してください。

もちろん、アプリを活用しなくても、インターネットから申込み、急いでいる旨をアイフルに電話し、審査可決後に無人契約機等にアイフルカードを取りに行き、アイフルATMや提携ATMで即日でお金を引き出す事ができます。

アイフルの申込みはこちら

アイフルの審査ポイントまとめ


アイフルの審査は以下のポイントを押さえておくと、初めてでもスムーズに申込みから契約、借入れまでができます。

アイフルの審査はこの流れ

【1】申込み
来店や電話での申込み、インターネットからは24時間申込み可能です。

【2】審査
インターネットからの申込みの場合、審査結果は電話またはメールでお知らせ。
急いでいる場合は、申込み完了後フリーダイヤルに電話することで対応してもらうことができます。

【3】契約手続き
本人確認書類、収入証明書を提出。
郵送する必要はなく、書類提出サービスやメールで簡単に書類の提出ができます。

【4】借入れ
全国にあるアイフルATMや提携ATM、提携先のコンビニなどで借入れする事ができます。また、銀行口座への振込にも対応。

アイフルで即日融資を受けるには

審査回答時間は土日祝関わらず9:00~21:00です。
審査にかかる時間は最短30分ですから、20時には申込みしておくと余裕を持って審査を受けることができます。

振込みで即日融資を希望する場合は銀行の営業時間を考え14時10分頃までには振込み依頼をしておくようにしましょう。

振込み融資以外なら、アイフルカードを無人契約機等に取りに行き、カードを活用してアイフルATMや提携ATMから現金を引き出す方法や、専用アプリの活用でセブン銀行に行きスマートフォンから手続きを行いカードレスで借入れする事も可能です。

アイフル専用アプリで賢く借入・返済

アイフル専用アプリでは、借入も返済も原則24時間365日取引が可能です。
スマホアプリがあれば、セブン銀行ATMで借入れと返済ができるので、旅行先や出張先などでも活用ができ便利です。

カードレスで利用ができるので、郵送物もなく家族等にバレることもなく利用ができるなどのメリットも豊富。
利用状況などもリアルタイムで確認でき、借入れ/返済の管理も楽にできます。

お金借りるトップのカードローン一覧へ