アイフルのおまとめローンの審査から契約まで分かりやすく解説!【図解あり】

アイフルのおまとめローン

複数の業者からの借入をひとつにまとめる「おまとめローン」
返済がキツイ、多重債務から抜け出したいと思ったときに有効な手段のひとつです。

ここでは、アイフルのおまとめローン「かりかえMAX」「おまとめMAX」について

  • どんな違いがあるのか?
  • 通常の申込みと何が違うのか?
  • メリットとデメリットは?
  • 申込から審査、融資まではどう進むのか?

などを解説していきます。

さまざまなパターンでの返済シミュレーションや利用者の評判も紹介していますので、アイフルでおまとめしたいという人はぜひご覧ください!

アイフルおまとめローンの種類と特徴

アイフルの2種類のおまとめローン

アイフルでは「かりかえMAX」「おまとめMAX」という2つのおまとめローンが用意されています。

どちらも返済額や利息の負担を軽くしたい人向けのおまとめローンですが、かりかえMAXは、他社からの借入をアイフルに借換えるためのローン(他社は1社でも複数社でもOK)で、おまとめMAXは、アイフルを含めた複数の借入をまとめるためのローンです。

金利について

金利は、かりかえMAXおまとめMAX3.0%~17.5%。
実際に何%でおまとめできるかは融資金額や返済能力などから審査で決定されます。

かりかえMAX おまとめMAX
3.0%~17.5% 3.0%~17.5%

ただし、「借入額が100万円以上になる場合の金利は15%以下でなければならない」と法律で決められています。

以下のように借入額が100万円以上になるケースの金利は高くても15.0%となります。

<A社>
借入額:60万円 金利:18.0%
<B社>
借入額:40万円 金利:18.0%

<おまとめ後>
借入額:100万円 金利:15%以下

申込みに必要な条件

おまとめローン申込み必要条件

かりかえMAXは、アイフルを初めて利用することが条件です。
アイフルを利用しているか利用したことがある人は、おまとめローンへの申込みとなります。

かりかえMAX、おまとめMAXのどちらにも共通する条件は、20歳以上で定期収入と返済能力があること。

かりかえMAX おまとめMAX
アイフルを初めて利用する人 アイフルを利用中・利用したことがある人
満20歳以上の定期収入と返済能力を有するアイフルの基準を満たす人

アイフルの通常のカードローン(キャッシングローン)では69歳までとなっていますが、おまとめローンは年齢の上限がありません。

利用用途について

融資金の使い道は、借入金の借換えに限定されています。
生活費、交際費といった他の用途に利用することはできません。

かりかえMAX おまとめMAX
他社借入金の借換えのみ アイフルおよび他社借入金の借換え

アコムやプロミスのおまとめローンは貸金業者(みなし貸金業者含む)からの借入に限定されているのに対して、アイフルのかりかえMAX、おまとめMAXは、銀行やクレジットカードのリボ払いも対象となっています。

アイフルおまとめローン概要

かりかえMAX おまとめMAX
対象者 アイフルを初めて利用する人 アイフルを利用中・利用したことがある人
満20歳以上の定期収入と返済能力を有するアイフルの基準を満たす人
使途 他社借入金の借換えのみ アイフルおよび他社借入金の借換え
金利 3.0%~17.5%
遅延損害金 20.0%
融資額 800万円
担保・連帯保証人 不要
必要書類 他社借入確認書類、本人確認書類、収入証明書類

かりかえMAXとおまとめMAXの違いは、アイフルを初めて利用するかどうかの違いだけで、融資条件、審査などに違いはありません。

おまとめローンと通常の申込みとの違い

おまとめローンと通常の申込みとの違い

アイフルのホームページを見ると、かりかえMAX、おまとめMAXは「貸金業法に基づく計画返済支援おまとめローン」と書かれていて、通常のカードローンとは区別されています。

かりかえMAX・おまとめMAXと通常のカードローンであるキャッシングローンとはどこが違うのでしょうか。

アイフルのおまとめローンと通常のカードローンの違い

かりかえMAX・おまとめMAX キャッシングローン
金利 3.0%~17.5% 3.0%~18.0%
融資額 最大800万円
※借換え対象となる借入の合計額の範囲内
最大800万円
使途 借入金の借換え 自由
総量規制 なし(例外貸付) あり
無利息サービス なし あり
追加借入 不可 可能
返済期間 最長10年(120回) 最長14年6ヶ月(151回)
返済方法 口座振替 AMT、窓口、口座振替、銀行振込

金利

アイフルおまとめローンの金利

かりかえMAX・おまとめMAXの金利は、3.0%~17.5%、キャッシングローンは3.0%~18.0%で、おまとめローンの方が上限金利が低くなっています。

また、100万円以上を借りたときの法律上の上限金利は15.0%です。
現在アイフルから金利18.0%で借りている人も、おまとめ後の借入額が100万円以上になれば金利を15.0%以下に下げることができます。

なお、キャッシングローンで行っている最大30日間無利息サービスは、かりかえMAX・おまとめMAXにはありません。

使途

キャッシングローンで借りたお金の使い道は自由ですが、かりかえMAX・おまとめMAXは借入金の返済しか認められていません。
対象となる借入金は、消費者金融、クレジットカードキャッシングでの借入、銀行カードローン、クレジットカードのリボ払いなどです。

総量規制

アイフルのおまとめローンは総量規制を超える借入OK

アイフルのおまとめローンは「貸金業法に基づく計画返済支援おまとめローン」です。
返済困難になってしまった人(多重債務者)を救うために例外的に認めらたローンなので、総量規制(借入総額は年収の3分の1までという決まり)を超える借入が可能です。

追加借入

キャッシングローンは限度額の範囲内でなら繰り返し借入が可能ですが、かりかえMAX・おまとめMAXは追加借入ができません。返済のためのローンです。

返済

AMT、窓口、口座振替、銀行振込などさまざまな返済方法が選べるキャッシングローンに対して、かりかえMAX・おまとめMAXは口座振替のみです。
毎月1回、決められた日に口座から自動的に引落されます。

アイフルでおまとめするメリット・デメリット

アイフルおまとめローンのメリット・デメリット

ここで、アイフルのおまとめローンのメリットとデメリットを整理しておきたいと思います。

メリット

アイフルおまとめローンのメリット

返済負担が軽くなる

総量規制の例外貸付として認められるためには、顧客が一方的に有利になる借換え、段階的に債務を減らす借換えでないといけません。

そのため、アイフルのおまとめローンを利用すれば、おまとめ前よりも金利を下げて、返済額、利息負担を減らし、着実に借金を返していくことができます。

また、複数の借入先毎に返済日や返済額の管理をする必要もなくなるので返済が楽になります。

手間なし&早い

アイフルのおまとめローンはネット申込みを受け付けています。
アコムやプロミスのおまとめローンは電話もしくは来店のみですからとても便利ですね。

契約手続きも郵送で行えるので、来店することなく融資を受けられます。

また、おまとめ前の借入先へはアイフルが直接振り込んでくれるので、自分で返済する手間もありません。

審査にかかる時間は通常1日です。
キャッシングローンとは異なるので少し審査時間がかかりますが、おまとめするのに数日から1週間以上かかるカードローンがあることを考えると早いですね。

幅広い借換えに対応

かりかえMAX・おまとめMAXは、消費者金融他社のおまとめローンよりも柔軟な条件が提示されています。

大手消費者金融のうち、おまとめローンを扱っていないSMBCモビットを除いた3社で比較したものが下の表です。

アイフル アコム プロミス
金利 3.0%~17.5% 7.7%~18.0% 6.3%~17.8%
最大融資額 800万円 300万円 300万円
貸付対象年齢 満20歳以上 20歳以上 満20歳以上65歳以下
借換え対象 ・消費者金融
・クレジットカードキャッシング
・銀行カードローン
・クレジットカードリボ払い
・消費者金融
・クレジットカードキャッシング
・消費者金融
・クレジットカードキャッシング

300万円を超える借換えはアイフルしか対応していません。

また、銀行のカードローンやクレジットカードのリボ払いまで借換え対象になっているのはアイフルだけです。

デメリット

アイフルおまとめローンのデメリット

続いては、デメリットをご紹介します。

銀行と比べると金利が高い

銀行のおまとめローンやおまとめに使えるカードローン、フリーローンなどと比べると上限金利、下限金利ともに高めです。

追加借入不可

アイフルのおまとめローンは返済のみのローンなので、追加借入ができません。
ただ、確実に借入残高を減らしたい、カードローンをやめたい人にとっては、メリットとも言えますね。

毎月返済額はそこまで減らない

毎月の返済負担を減らし過ぎると、たとえ金利が下がっても返済総額が増えてしまうことがありますので注意が必要です。
おまとめ前の半分になるなど、毎月返済額を劇的に減らせるわけではありません。

アイフルのおまとめローン審査の流れは?

アイフルおまとめローン審査の流れ

アイフルのおまとめローン審査の流れは次のようになっています。

  • ステップ1
    申込み
     アイフルを初めて利用する人は「かりかえMAX」、利用したことがある人は「おまとめMAX」へ申込みます。
    一般的な入力項目は通常のカードローン(キャッシングローン)よりも少なめですが、他社借入状況については借入先名称、残高、金利、毎月返済額など詳しく入力する必要があります。
  • ステップ2
    書類提出
    必要書類をアップロードします。
    アイフルのおまとめローンの必要書類は、本人確認書類、収入証明書類、他社借入条件を確認できる書類の3つ。
    他社借入条件を確認できる書類というのは、契約書や利用明細などのことです。
  • ステップ3
    審査
     審査に要する時間は通常1日です。
    ただし、勤務先へ在籍確認が取れなかったり書類の提出が遅れたりすると、数日以上かかることもあります。
  • ステップ4
    審査に通ったら契約手続きを行います。
    アイフルのおまとめローンでは、郵送契約か来店契約の2つの方法があります。
    早く融資を受けたい人は来店契約を選びましょう。

なお、ここでは主に通常申込みと異なるポイントについて解説しました。

通常申込の審査の流れを詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

おまとめローン審査後の融資イメージ

アイフルおまとめローンの融資

アイフルのおまとめローンの融資は、おまとめ前の借入先への直接振込となります。

まず、借入先に「〇月〇日に完済したい」ということを伝えます。
完済日に合わせて日割り計算した返済額と返済方法(振込先、振込む際の名義など)を教えてくれますのでメモを取りましょう。
複数社から借りている場合は、これをすべての借入先に対して行います。

借入先から聞いた情報をアイフルへ伝えれば、あとはアイフルが振込んでくれます。

振込み名義については、アイフルではなく利用者のフルネームとなりますが、借入先の指定があれば契約番号などを付与することもできます。

アイフルでおまとめ審査後の返済額の目安表

おまとめ審査後の返済額の目安

おまとめローンで借入した後の返済額がどのくらいになるのかを、50万円、100万円、150万円借りた場合でシミュレーションしてみました。

ここでは想定される最高金利(100万未満:17.5%、100万以上:15.0%)で算出していますので、下表よりも負担が軽くなる可能性もあります。

また参考までに、おまとめ前の金利を18%と仮定して、その返済総額と差額も載せましたので、アイフルでおまとめを考える際の目安にしてください。

50万円を金利17.5%でおまとめした場合

返済回数 月々返済額 返済総額 金利18%での返済総額(差額)
24回 24,841円 595,469円 599,079円(3,610円)
36回 17,951円 646,217円 650,721円(4,504円)
48回 14,557円 698,713円 704,973円(6,260円)
60回 12,561円 753,623円 761,781円(8,158円)

100万円を金利15.0%でおまとめした場合

返済回数 月々返済額 返済総額 金利18%での返済総額(差額)
24回 48,486円 1,163,668円 1,198,166円(34,498円)
36回 34,665円 1,247,934円 1,301,468円(53,534円)
48回 27,830円 1,335,856円 1,409,990円(74,134円)
60回 23,789円 1,427,378円 1,523,573円(96,195円)

150万円を金利15.0%でおまとめした場合

返済回数 月々返済額 返済総額 金利18%での返済総額(差額)
24回 72,729円 1,745,510円 1,797,255円(51,745円)
36回 51,997円 1,871,916円 1,952,214円(80,298円)
48回 41,746円 2,003,784円 2,114,982円(111,198円)
60回 35,684円 2,141,057円 2,285,367円(144,292円)

アイフルおまとめローンを利用した人の評判・口コミ

アイフルおまとめローン利用者の口コミ

最後に、アイフルのおまとめローンで他社借入をおまとめした人が感じた口コミや評判を紹介します。

口コミ体験者1
年収300万円、20代、派遣社員
他社借入4件、100万円アイフルに5万円、他の消費者金融から合計95万円の借金があったのですが、アイフルからおまとめローンの案内があったことがきっかけで審査に申込みました。完済できた3社は、解約しないと引き出せちゃいそうだったので解約しました。
借りたら契約違反になるとアイフルからも言われたような・・
アイフルのおまとめローンは頑張って2年間で完済します!
口コミ体験者2
年収300万円
他社借入4件、150万円消費者金融と銀行から4件、総額150万円の借入があり、アイフルのおまとめローン審査を受けました。
結果、3社のおまとめが認められました。
まとめられなかった1社は別で返済しています。
アイフルのおまとめローンは口座からの引き落としなので返済忘れがないのがいいです。
口コミ体験者3
年収180万円
他社借入3件、85万円消費者金融A社とB社から78万円、クレジットカードC社で7万円の借金があり、毎月の返済はA社7,000円、B社3,000円、C社5,000円でした。
アイフルのおまとめローンに申込んだところ、全部まとめてアイフルで1本化できるとの回答で、金利14%程、月1万円の返済を提案されました。
金利が下がって月々の返済額も減りましたが、総額を減らすために提案された額より少し多めに返済したいと思います。