【必見】ブラックでもお金を借りれる方法とは?3つの解決策を解説!

金融ブラックになってしまった…お金をどこから用意すればいいんだろう…

ブラックになってしまうとお金を借りることなんて出来なさそう…

と考えてしまうかもしれませんが、実際のところどうなのか気になりますよね。

 

この記事では

  • ブラックでもお金を借りれるのか?
  • ブラックでも借りれる可能性のある消費者金融
  • 借金が膨らんでしまった時に有効な借入れ以外の方法

についてご紹介します。

まずは「ブラックである」ということはそもそもどういうことなのか、解説していきますね。

そもそもブラックってどういう状況?

よく「ブラックリストに載った」という言葉を聞きますが、実際には「ブラックリスト」という名称で本当にリストがあるわけではないんです。

ブラックリストの正体は、支払いの延滞や破産などの ”事故情報” なんです。
その事故情報が記録されることを一般的に「ブラックになった」「ブラックリストに載った」と言います。

では実際に「ブラックになった」状況では、どういった事ができなくなってしまうのかチェックしていきましょう。

ブラックになることで出来なくなってしまうこと

ブラックリストに載ると、信用情報をもとにした取引が行えなくなります。
具体的には以下のようなことが出来なくなってしまいます。

現在使っているクレジットカードが使えなくなる

現在使っているクレジットカードが利用停止になってしまい、現金決済しかできなくなります。
買い物などでの利用だけに留まらず、公共料金や家賃などあらゆる支払いにカード決済を利用する人にとってはこれら全てを現金で支払わなくてはならず、とても不便な思いをすることになります。

新たなクレジットカードが作れなくなる

新規でクレジットカードを作ろうとしてもカード会社は顧客のブラックリストをもとに審査をするので、新しくカードを作ることは原則出来ません。
現在使っているカードも使用できなくなってしまうわけですから、基本的にはブラックになったらカードを持つことが出来ないと考えましょう。

ローン(キャッシング)が組めなくなる

クレジットカードと同じく、新規ローンの審査に通らなくなってしまいます。
一口にローンと言っても住宅ローンやカーローンなどだけではなく、携帯電話本体料金の分割払いでの購入なども含まれます。

ブラックになると様々な不利益を被ってしまうんです。
では続けてブラックになってしまう条件と、ブラックが消えるまでの期間について解説していきます。

ブラックになる条件は意外と厳しい

意外かもしれませんが、ブラックになる条件は意外にも厳しいものです。
実は「カードの支払いが期限より数日遅れてしまった」「消費者金融への借金がまだ残っている」などといった程度ではブラックにはなりません。

よく、自分はブラックなのにダメ元で借り入れを申し込んだら審査に通った!

といった事例を耳にすることがあると思いますが、大抵の場合は自分でブラックであると思い込んでしまっているだけで、実際にはブラックではないことが多いです。

一般的にブラックになる条件

ブラックになる原因は大きく3つに分けることが出来ます。

延滞

カードやローンの返済を61日以上延滞するとブラックリストに載ってしまいます。

ただし数日程度の延滞でも、顧客側が何も連絡をいれないなど不誠実な対応をしていた場合借入先のブラックリストに載ってしまい、以後借入れが出来なくなる可能性があります。
クレジットカードのキャッシング機能で借りたお金の支払いはもちろんのこと、携帯電話の分割払いや奨学金返済の滞納(3ヶ月以上)なども対象となっています。

強制解約

カード会員本人以外の人にカードを貸したことがカード会社にバレてしまったり、後述するクレジットカード現金化などを行うとクレジットカードが強制解約になってしまい、信用力を失ってブラックリスト入りします。
また、一度クレジットカードを強制的に退会されると同じクレジットカードの審査にはほぼ通らなくなってしまいます。

債務整理

債務整理という法的に借金を減らす手続きを行うことで最長10年間ブラックリストに登録されます。
ちなみに借入金の返済で本来支払う必要がないお金を帳消しにする手続きである過払い金返還請求は、2010年4月より債務整理の手続きから除外されブラックリストに載ることはなくなりました。

ブラックリストが消えるまでの期間

そもそも信用情報(ブラック情報)は国の指定信用情報機関であるJICC、CIC、KSCの3社に登録・共有されていて、ブラックリストを消すまでの基準はそれぞれ異なります。

まとめるとこのようになります。

JICC CIC KSC
延滞 (延滞解消から)1年 (完済してから)5年 (完済してから)5年
強制解約 5年 5年 5年
債務整理 5年 最長7年 最長10年
主な加盟機関 大半の消費者金融
一部のクレカ会社
信販会社やクレカ会社
一部の消費者金融
銀行や保証協会

基本的には指定信用情報機関に登録された信用情報は自分で消すことが出来ません
なので完全にブラックから抜け出すためにはひたすら待つしかないということになります。

診断コンテンツでブラック侵食度診断

実際に自分がブラックなのか手軽に診断できるツールを用意してみました。

//ツールリンク

あくまで一般的なブラック条件に当てはまるかどうかの判定なので、100%信頼できる情報が知りたい方は次の方法を試してみてください。

やはり確実なのは指定信用情報機関で直接調べる

JICC、CIC、KSCの3社に登録・共有されている信用情報(ブラック情報)は、誰でも情報開示を申請することが出来ます。
すべてのクレジット会社や銀行はこれらの機関の情報をもとに顧客がブラックなのかどうかを判断するため、自分がブラックなのか確実に知りたい場合は直接問い合わせることをオススメします。

以下のリンクから情報開示の手続きに進むことが出来ます。

さて、「ブラックになる」ということについて理解が深まったところでブラックでも借りれる可能性がある選択肢について見ていきましょう。

大手消費者金融でブラックでも借りれる理由とは?

え?ブラックなのに大手から借りれるの?

正直、可能性としてはかなり低いと思っていたほうが良いと思います。
しかし実際に貸金業界全体の動向として、ブラック顧客に寛容になりつつあるんです。

以下で詳しく見ていきましょう。

大手の消費者金融がブラック顧客に対して寛容になるケース

このようなことは何故起こりうるのでしょうか。

その原因は消費者金融業界の近年の動向を紐解いていくと分かってきます。
平成22年6月に改正貸金業法が全面施行され、大手消費者金融各社では2000年代半ばに60%を超えていた承認率(審査に通る割合)が、30%台前半にまで低下してしまったんです。

つまり当時は借り入れを申し込んでも3人に2人は審査に通らない、といった状況でした。
しかし以下のグラフからもみてとれるように2011年以降、承認率は上昇傾向にあります。

これは改正貸金業法が施行されて2年が経過し、貸倒実績率などの顧客情報が充分に蓄積されてきたことによって、消費者金融会社の審査体系の精度が向上してきていることが関係しています。

またそれだけではなく、借入人の質の向上も寄与していると考えられています。
かつて年収の3分の1を超えて借入をしていた顧客は、総量規制の導入で貸金業者から借入を断られるようになりましたが、債務整理がある程度進んだことで、再び借りられるようになった顧客も増えてきていると考えられています。

つまり、以上のことを簡潔にまとめると

  • 消費者金融の審査基準が以前より「賢く・優しく」なり、
    ブラック顧客でも受け入れてくれる可能性が高くなった
  • 多額の借金を抱えた顧客でも、債務整理などで借金を減らしたら借りれるようになった

審査に通る可能性は低いかもしれませんが、利便性や安心感を求めるならとりあえず大手消費者金融に借り入れを申し込んでみることをオススメします。

オススメの大手消費者金融

アコム

言わずとしれた業界最大手。
利用者数、新規申込者数、貸付残高において消費者金融業界トップという安心感があります。

金利 借入限度額 審査スピード
3.0~18.0% 800万円 最短30分

申し込みはこちら

また、唯一カードローン機能付きクレジットカード(ACマスターカード)を取り扱っています。このカードはクレジットカードの機能を持ちながらもカードローンの基準で審査が行われるため、一般的なクレジットカードよりも審査に通りやすいという特徴があります。
つまり、特例的に
ブラックでもクレジットカードが作れるかもしれないということになります。

申し込みはこちら

アイフル

ポイントが豊富で、カードローン初心者でも安心して借りることが出来るカードローン。
申し込みから借入れまでweb上で完結するため、わざわざ店舗に行く必要もなく身内に借金がバレてしまうこともありません。
また、急ぎでお金が必要な人のために柔軟な対応をしているのも特徴です。

金利 借入限度額 審査スピード
3.0~18.0% 800万円 最短30分

申し込みはこちら

プロミス

アコムやアイフルと比べて提携ATMや自動契約機の多さなど、サービスの充実度が優れていながらも審査・融資スピードは劣らないのが特徴です。
また、唯一上限金利が17.8%と低く設定されているのも魅力的な点です。

金利 借入限度額 審査スピード
4.5~17.8% 500万円 最短30分

申し込みはこちら

さて、お次は上記のような大手消費者金融での借入れを断られてしまった場合の、次の選択肢を紹介していきます。

ブラックが解消できない場合にお金を借りる方法は?

大手消費者金融では相手をしてくれなかった…そんなときは

やっぱり大手には借り入れを断られた…
大手消費者金融から借り入れをすることが出来なかった場合、次に有力な手段として中小消費者金融(街金)をオススメします。

中小消費者金融は「地域密着型の街金」などとも呼ばれますが、その多くは金融庁に正規貸金業者として認可されており、受けられるサービスは大手消費者金融とさほど変わりありません。
では大手消費者金融との違いは何なのか。

それはズバリ、「独自の審査基準」を設けていることです。

色んな所からお金を借り過ぎて多重債務の状態になってしまったり、総量規制以上の借入や他社を延滞しているような人には貸付を行わない、といった点は流石に大手と変わらないです。
しかしこの独自の基準のおかげで、ブラック履歴がまだ残っていても債務整理が終わっている顧客などに対しては貸付を行ってくれることがあります。

アロー

名古屋に拠点を置くアローはブラック顧客にも対応していて、非常に柔軟な対応をしていることで有名な街金です。
名古屋に拠点を置いていますがweb対応なので全国から融資を申し込むことが出来ます。
また、2013年より日本貸金業協会に加盟したことでより信頼性のある消費者金融となりました。

金利 借入限度額 審査スピード
15.0~19.94% 200万円 最短45分

申し込みはこちら

ライフティ

もともと通販事業で長い実績を持つライフティが2014年7月から消費者金融業に参入しました。消費者金融としての知名度がまだまだ低く、他社に比べて実績が少ないために不安に感じる人も多いかもしれませんが、きちんと認可を受けている正規消費者金融なので安心して融資を受けることが出来ます。
ライフティの強みはなんと言っても金利の低さです。大手消費者金融と同じくらいの金利で借入れをすることが出来ます。一般的な街金の金利は13~19%といったところなので他の街金と比べてかなりの低金利ですよね。

金利 借入限度額 審査スピード
8.0~20.0% 500万円 最短30分

申し込みはこちら

危険な選択肢について

お金をどうしても借りたい…

金銭的にも精神的にも切羽詰まってくるとどうしても冷静な判断力を失いがちになってしまいます。
そんな時だからこそ避けるべき危険な選択肢を紹介します。

クレジット現金化・転売

クレジットカードの現金化とは、簡単に言えばクレジットカードのキャッシング枠だけではお金が足りないなどの理由でカードのショピング枠を利用して現金に変える事を言います。
こうした行為は法律ギリギリのグレーゾーンで、実際に出資法違反で検挙されたケースも存在します。

また、法律とは別にカード会社の会員規約にも留意しなければなりません。
クレジットカード業界の総合団体である日本クレジット協会は以下のような声明を公表しています。

「クレジットカードショッピング枠の現金化」とは、本来、商品やサービスを後払いするために設定されている「ショッピング」の利用可能枠を換金する目的で利用することです。クレジットカード会社はこれらの行為を認めていません。絶対行わないでください。

このようなことは、規約違反として、「残金の一括請求」、「カードの利用停止」、「カードの強制退会」等のペナルティを受けることにもなります。
日本クレジット協会ホームページより一部抜粋

つまり現金化をしていることがカード会社にバレてしまうと、即刻カードの利用停止・強制退会につながってしまうのです。
また、クレジットカードを現金化する際に業者に提供したカード番号や個人情報が悪用され、さらに借金が増えてしまう可能性があります。

これでは「お金を借りたい」という本来の目的から遠ざかってしまうどころか、ますます状況は悪化していく一方ですよね。

闇金

多額の借金を抱えていて、どこからもお金を貸してもらえなくて、どうやってもお金を確保できない…
仮にそんなときに「無担保・無審査で貸しますよ!」という業者がいたらあなたはどうするでしょうか?

冷静に考えれば、健全な消費者金融がそんな良い条件で貸し出してくれるはずが無い、ということはすぐに分かるはずです。
そうした危険な消費者金融(通称闇金)は出資法の限度を超える金利を課してきたり、人権を度外視した執拗な取り立てをしてくることがあります。

切羽詰まったときこそ一旦冷静になって、「無担保・無審査で融資します!」「ブラックでも貸します」などと宣言している消費者金融は絶対に避けるようにしましょう。

とは言っても借金を減らせないことには変わりない!という人の為に次は「債務整理」という選択肢をご紹介します。

借金まみれの状態を脱するなら債務整理

そもそも債務整理とは

債務整理とは一般には弁護士や司法書士といった専門家に委託して行う、「債務(借金)を整理するための法的な手続き」のことです。
つまり借金そのものを減らしてしまおう!という考え方です。

債務整理を行うことの最大のメリットは借金の金額そのものを減らすことが出来る点です。
合法的に借金を減らすことの出来る唯一の手段がこの債務整理という手続きなのです。

しかしそんな魔法のような手段にもデメリットがあります。実は債務整理を行うと手続きの種類にもよりますが、最長で10年間ブラックリストに載ってしまうのです。

それでも先程述べたとおり債務整理をした結果、借金が減った人が大手金融機関や街金から借り入れが出来るようになることもあるので、行き詰まって危険な選択肢に手を出すよりもよっぽど賢明な手段だと思います。

債務整理についてのより詳しい記事はこちらから

参考 債務整理とは?4つの方法と債務整理のメリット・デメリットを解説! 参考 債務整理によるあなたの月々返済金額・返済期間を知る方法を解説!相談窓口も紹介

では実際にオススメの相談先専門機関を紹介していきます。

弁護士か司法書士か

債務整理の委託先として一般的なのは、国家資格を有する弁護士か司法書士になります。
ただ、委託先を決める際に留意しなければならないことがあります。

任意整理において債務金額が一社につき140万円を超える場合、法律により司法書士は任意整理を行うことが出来ません。
つまり1つの借入先から140万円を超える債務を抱えていて任意整理を行いたい場合には、弁護士に委託する必要があります。

この条件を踏まえた上で相談先を検討してみてくださいね。

東京ミネルヴァ法律事務所

債務整理を専門とする弁護士事務所で、全国対応なので豊富な解決実績があることが強みです。

ウェブサイトはこちら

東京ロータス法律事務所

こちらも全国対応の弁護事務所です。
実際に弁護士が全国どこでも相談者の元へ出張してきてくれるため、非常に安心感をもって手続きを進めていくことが出来ます。また、相場に比べて料金が安く後払いが可能という強みもあります。

ウェブサイトはこちら

はたの法務事務所

債務整理を専門として取り扱う全国対応の司法書士事務所です。累計の相談件数が10万件を超えていて、豊富な実績を持つ有名司法書士事務所になります。
また報酬金が発生せず、業界トップクラスの安さにも定評があります。

ウェブサイトはこちら

アヴァンス法務事務所

こちらも全国対応の司法書士事務所です。他の法律事務所と異なり相談料が何度でも無料なので、気軽に相談をしに行くことが出来るのが特徴です。また、女性専用の対応が充実していて女性からの評価が高いのも特徴です。

ウェブサイトはこちら

まとめ

以上ではブラックでも借りれる可能性のある消費者金融と、借金を減らす手段である債務整理という選択肢についてご紹介してきました。

自分がブラックだとわかっていてお金を借りる必要があるときは、まずは大手消費者金融からの融資を申し込んでみましょう。

もし審査に落ちてしまったら次は独自の審査基準をもった中小消費者金融(街金)からの融資に挑戦してみる。

それでもダメなら危険な選択肢ではなく、潔く債務整理をするのがオススメです。
すぐにお金を借りることは難しくなるかもしれませんが、債務整理をすれば長期的にみて借金は減ることになるでしょう。