ブライダルローンの比較|どこが評判がいいの?予算・金利別におすすめをご紹介!

ブライダルローンはどこを比較すべき?

結婚式の費用を自分では賄えないけれど、結婚式はあげたい…
そんな時に結婚式費用をブライダルローンで支払いたいと考えている。
でもブライダルローンってたくさんあって分からない!

そんな方に向けて、当ページではブライダルローンを【金利・予算】別に徹底比較していきます。

このページでは、ざっくりいうと

  • ブライダルローンの比較のポイント
  • ブライダルローンの金利・予算別のおすすめ
  • ブライダルローンとフリーローンの違い
  • 審査に落ちたときどうするか

の4点について説明しています。

まずはブライダルローンを選ぶ際の大事なポイントを見てみましょう。

金利

金利はブライダルローンに限らず、ローンを組む際に非常に大切なポイントですよね。

ブライダルローンの金利はおよそ3%~10%と、金融機関によって幅があります。
だからこそ、自分が借りる金額と期間では、どの程度金利を支払うことになるのかをしっかりと認識し、金融機関を選ぶことが大切になってきます。

また、金利の表示で6~10%/年といったように、金利に幅があると思います。
この左の6%の方を下限金利、右の10%の方を上限金利と呼びます。

一般的に、そのブライダルローンの限度額近くまでお金を借りるほど、金利は下限金利に近づく、つまり安くなります。
反対に、限度額に対して借りるお金が少なくなるほど、上限金利に近づく、つまり高くなります。
そのため、上限額800万円のブライダルローンで300万円を借りるよりも、上限額300万のブライダルローンで300万円借りるほうが、金利が下限金利に近くなるため、安くなるということもあるので注意しておきましょう。

上限額

一般的なブライダルローンの上限額は300~500万円が多いです。結婚式にかかる平均的な費用は、370.6万円となっています。
そのため上限が300万では足りなくなる場合もあるでしょう。

結婚式に加え、結婚指輪や新婚旅行も踏まえ、実際どのくらいの金額が必要になりそうか、事前に把握しておく必要があります。

繰り上げ返済する際の手数料

お金に少し余裕ができた際には、繰り上げ返済を行うことで、少しでも金利分を減らすことができます。
ですが、金融機関によっては繰り上げ返済を行う際に手数料が取られてしまうところもあります。

繰り上げ返済をしたいと思っている方は、先に必ず確認しておきましょう。

保証人の有無

ブライダルローンでは基本的には連帯保証人は必要ありませんが、借り入れる金額が大きくなった場合には、連帯保証人が必要となるケースもあります。

ここも事前に把握しておきましょう。

金利が安いブライダルローン3社を比較!

住信SBIネット銀行多目的ローン(ブライダルローン)

★金利:2.975~4.975%/年
★最大限度額:1000万円

金利が一番安いのはこちらの住信SBIネット銀行多目的ローンで、年利2.975~4.975%となっています。
多目的ローンと書かれていますが、ブライダルローンとしても借りることができます。
継続した安定収入があることと、住信SBIネット銀行の口座を持っていることが条件になっています。

上限金利でも4.975%と安いですが、カードローンに同時申し込み等の条件を満たすことで、更に金利を安くすることができます。
上限金額も1000万と非常に高いため、結婚にかかる費用(指輪や新婚旅行も)すべて借りることも可能です。

実際に利用した方の口コミ、評判

名前

この多目的ローンのおかげで結婚式をあげることができました。ありがとうございます。

千葉銀行ブライダルローン

金利:5.2%/年
最大限度額:500万円

次に金利が安いのが、こちらのちばぎんブライダルローンで年利は5.2%となっています。
来店して契約を行うと、最短二週間で融資を受けることができます。急ぎで借りたい際には非常に便利です。
上限金額は500万までとなっています。

ただ、一つ注意点が、ちばぎんブライダルローンは東京、千葉、埼玉、茨木と神奈川(一部地域除く)にお住まいの方しか利用することができません。この地域内の方には非常におすすめなブライダルローンです。

実際に利用した方の口コミ、評判

名前

申込みから二週間程度で、審査結果と融資が行われたため、非常にスピーディで良かったです。

プレシャンテブライダルローン

★金利:6.50%/年
★最大限度額:500万円

こちらのブライダルローンは、クレジットカードでも有名なジャックスが行っているブライダルローンです。
金利は年率固定で6.50%となっています。
WEBで申し込むことができ、上限金額は500万円となっています。

注意点として、提携結婚式場でしか利用できないという条件がありますが、提携結婚式場は全国におよそ400箇所あり、人気のアニヴェルセル等も含まれているため、あまり心配することはないでしょう。
その他の条件(年齢や収入等)がないため、非常に申し込みやすいブライダルローンであると思います。

実際に利用した方の口コミ、評判

名前

ジャックスのカードを持っていたため、ここでブライダルローンも申し込みました。金利も他と比べて安く非常に良いです。

予算別に選ぶブライダルローンおすすめ3社!

住信SBIネット銀行多目的ローン(ブライダルローン)

★最大限度額:1000万円
★金利:2.975~4.975%

金利別でも紹介した住信SBIネット銀行多目的ローンの上限額は、ブライダルローンの中で最も高く、1000万円となっています。
また、ブライダルローンの中には、挙式費用は用途範囲内でも、新居の引っ越しは使えないといった制限があったりしますが、こちらは多目的ローンなので何にでも使えるというのも魅力的です。

実際に利用した方の口コミ、評判

名前

結婚式以外にもお金が入り用になってしまい、まとめて借りれるところを探していたところ、この多目的ローンにたどり着きました。金利も安くとても満足しています。

ゼクシィスルガ銀行ブライダルローン

★最大限度額:800万円
★金利:8.8~12.8%

こちらのブライダルローンは、スルガ銀行と、リクルートマーケティングパートナーズが業務提携して行っており、スルガ銀行リクルート支店でのみ利用可能です。
金利が他と比べて少し高い印象を受けますが、最大3ヶ月、無利息・無返済というメリットがあります。

お祝儀を受け取ってすぐ返済することで、結婚式の部分は利息がかからないようにするといったことも可能です。

実際に利用した方の口コミ、評判

名前

お祝儀を受け取ってすぐ返すことで、その部分には利息がかからない点が魅力的で利用しました。大変満足しています。

オリックス・クレジット ブライダルローン

★最大限度額:800万円
金利:6.0~10.0%/年

こちらは、銀行やカードでも有名なオリックスが提供しているブライダルローンです。
スルガ銀行と同じく800万まで借り入れることができます。

結婚式の平均費用がおよそ370万円。新婚旅行の平均費用がおよそ70万円。
これらに更に、新居の住宅資金や引っ越し費用がかかることを考えると、上限が800万年あると、ゆとりを持って借りることができます。

実際に利用した方の口コミ、評判

名前

海外で挙式ということで、なるべく多く貸してもらえるところを探しており、こちらで融資を受けることにしました

ブライダルローンとフリーローンを比較

ここまで、ブライダルローンのおすすめについて紹介してきましたが、ここでよく疑問に上がるフリーローンとブライダルローンの違いについて見ていきましょう。

フリーローンとは

フリーローンとは、銀行が個人に対して、自由に使えるお金として貸し出すローンのことです。
キャッシングに近いですが、キャッシングと違い、何度も借りるものではなく、一回だけ銀行から融資を受けるローンのことを指します。

フリーローンとブライダルローンの違い

用途 金利 審査 融資までの早さ
ブライダルローン 結婚関連費用のみ 安い 少し厳しい 2週間程度
フリーローン 用途自由 高い ゆるい 早い(最短即日~)

ブライダルローンとフリーローンの違いについて、表にまとめてみました。
それでは項目ごとに見ていきましょう。

用途

まず、それぞれの用途に関してですが、ブライダルローンは結婚に関連する費用にしか当てることはできません。
また、各ブライダルローンによっても、結婚費用にどこまで組み込んでいいかは違うので、使用できる範囲を事前にチェックしておきましょう。
反対に、フリーローンでは、全ての用途に対して当てることができます。結婚関連費用以外にもお金を当てたい場合、フリーローンも検討に入れるといいでしょう。

金利

ブライダルローンの金利は、用途が結婚関連費用に限られるため、およそ3~10%と比較的安くなっています。
一方で、自由に使えるフリーローンは、およそ7~13%となっています。
フリーローンにしなければならない特段の理由がない限り、ブライダルローンのほうが金利を抑えることができます。

審査

ブライダルローンの審査は、フリーローンと比べて厳しいものになっています。理由としては、結婚後、出産や家具の新調などでお金がかさみ、支払いに影響してしまう方が多いそうです。
審査が不安な方、過去に支払が遅れてしまったことのある方は、審査に落ちたときのことも考えて、フリーローンも選択肢に入れておくと良いかと思われます。

融資までの早さ

一般的にブライダルローンの審査期間は二週間程度かかります。そのため、結婚式の日程から逆算して余裕を持って借りることが必要です。
反対に、フリーローンでは、早いところだと30分~1時間程度で融資が受けられるところもあるため、時間がない場合はフリーローンも検討してみることをおすすめします。

まとめ

以上4点、ブライダルローンとフリーローンの比較をしてきましたが、これらの情報を踏まえて、どちらが自分たちの現状に合致しているかを踏まえ、より良い結婚式のために役立てていただけると嬉しいです。

ブライダルローンで借入ができなかった際の対応策

結婚式をあげたくてブライダルローンに申し込んだのに、審査に通らなかった時どうしたらいいか分からなくなってしまいますよね。
ここでは、その場合の対応策をご説明していきます。

一生に一度の結婚式、希望通りに挙げられることを願っています。

フリーローンに申し込む

前項でブライダルローンとフリーローンの違いについてご紹介しましたが、審査に落ちてしまった方は、フリーローンを検討に入れてみると良いかもしれません。
というのも、フリーローンの方が、金利が高くなる分、審査の基準が低くなるからです。
ブライダルローンは落とされたけど、フリーローンは通ったという方は多くいらっしゃいます。

以下におすすめのフリーローンを紹介します。

イオン銀行フリーローン

イオン銀行のフリーローンは返済プランが決められており、返済額が一定のため、安心して利用することができます。また、ネットで完結するのも便利です。
繰り上げ返済の手数料もかかりません。

金利 上限額 融資までの早さ
3.8~13.5% 700万円 2週間程度

銀行系カードローンに申し込む

次におすすめするのは、銀行のカードローンに申し込むことです。
ここで注意していただきたいのは、消費者金融(アコム、プロミス等)ではなく、銀行のカードローンであるということです。
というのも、消費者金融でお金を借りるには、総量規制という決まりがあり年収の3分の1までしかお金を借りれないことになっています。
結婚式の費用ということであれば、割と借りる額も大きいと思われるので、総量規制に引っかからないように銀行のカードローンに申し込みましょう。

以下おすすめのカードローンになります。

オリックス銀行カードローン

一般的に、銀行系のカードローンを利用する際はその銀行の口座を持っていなければならず、口座をつくる時間もかかってしまいますが、このカードローンはオリックス銀行の口座を持っていなくても借りることができます。早く借入したい方には非常におすすめのカードローンです。

金利 上限額 融資までの早さ
1.7~17.8% 800万円 1週間程度

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行のカードローンは金利が安いほか、他社からの借り入れがあっても、比較的大きな額を貸してくれるカードローンとなっています。そのため、ブライダルローンの代わりとして借りるのにおすすめのカードローンです。

金利 上限額 融資までの早さ
1.9~14.5% 800万円 1週間程度

 

まとめ

このページでは、ブライダルローンを比較する基準から、金利別、予算別のブライダルローンの紹介、そして、フリーローンとどう違うのか、そして、ブライダルローンを借り入れできなかった際の対応策までをご紹介してきました。

ご自身の状況に合わせて、最適なローンの借り入れができることを願っています。
大切な結婚式、ぜひ満足のいくものにしてください。