キャッシングとカードローンは返済方法が違う

急な入用でお金を借りる必要が出てきた場合に便利なサービスが「キャッシング」や「カードローン」、審査さえ通ってしまえば24時間いつでもお金を引き出す事ができるサービスも登場していて、にっちもさっちも行かない時にはとても助かるサービスですが…

 

「キャッシングとカードローンは一緒だよ!」とよく混同した知識を持ってしまっている人がいますが、
厳密にいえばキャッシングとカードローンには違いがあり、その違いが「返済方法」です。

 

このページでは、お金を借りるという意味では同じのキャッシングとカードローンの違いを解説していきます。
知っておくだけで、返済総額を減らすこともできますので、ぜひ参考にしてください。

 

「そんな事はわかってんだよ!」と少し小馬鹿にしているように思われてしまう部分もありますが、管理人の私は、はじめてお金を借りた際に区別ができなかったのであえて書かせてもらっています!

 

キャッシングとは?

キャッシングはクレジットカードのキャッシング昨日や、キャッシュカードをつかって消費者金融の窓口(無人機含む)、銀行のATM・CD(キャッシュディスペンサー)からお金を借りる方法です。

 

キャッシングで引き出せる限度額は、サービスを提供してくれている会社の規定によって変わりますが、数万円から数十万円ぐらいまでで「小口融資」といわれる分類になります。

 

借入をおこなうまえには申込みあとに審査があり、審査を無事に通過することができるとお金を借りる事ができ、申込み時に申請した金額がご自身の口座に振り込まれますので、引き出して困った場面を乗り切る事ができます。

 

キャッシングの返済方法

キャッシングの返済方法は「翌月一括払い」が基本になっています。
借りた日から1ヶ月以内に、「借りた金額+決められて利息」を消費者金融に返済するという方法です。

 

キャッシングでお金を借りる際には、借りた金額を返済できるだけの収入が翌月にあるかを見越して借りる事をオススメします。
またクレジットカードは会社によってリボルビング払い(リボ払い)に対応している事もあるので確認してみましょう!

 

お金を借りる基礎知識を知りたい人はこちら!

お金借りるトップページ