学生がお金を借りる!親に内緒でキャッシング、銀行カードローンを徹底比較!

学生が借りれるカードローン|未成年でもOK? 審査や在籍確認、就活への影響

「旅行やサークルの合宿がありお金が必要、、」
「就活や試験勉強でバイトに入れなかった、、」
「ついついクレジットカードを使いすぎてしまった、、」
「飲み会が続いたり、遊び過ぎで生活費が足りない、、」

日々勉強に忙しい学生だから起こりうるお金の心配。

しかし、親や友達からお金を借りるというのは、なんだか申し訳ないし気が引けるという方も多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが、カードローンです。

「学生でもカードローン使えるの?」

とお思いの方!

大丈夫です、当記事では学生でも申し込み・借り入れすることの出来るカードローンのみを紹介しています!

「親バレ」「就活への影響」といった学生ならではのカードローンにまつわる不安や疑問も解説しております。ぜひご覧ください!

学生が借りるなら銀行カードローンおすすめ

学生の方に先ずおすすめしたいのは銀行のカードローンです!

銀行カードローンは他のカードローンに比べて、総じて金利が低い傾向にあり、お得に借入を利用できます。

「本当に学生でも申し込みできるの?」
「審査が厳しそう!」

と思われるかもしれません。

しかし、当記事で紹介する銀行カードローンはある2つの条件をクリアしていれば申し込みができるのです。

その2つの条件とは、

満20歳以上であること
安定した収入があること(アルバイト・パートでも可)

です。

 カードローンの審査で一番重要とされているのが、実は「安定した収入」です。
安定した収入と言っても、金額が多いことが求められるのではなく、毎週複数回の固定でシフトに入るなど、毎月の収入が安定しているということが重要で、毎月の返済額を安定して返済することが出来るのかということを見られます。

つまり、20歳以上でアルバイトをしていれば、学生でも銀行カードローンをすることが出来るのです。

ポイントが付与されオトクな楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローン

楽天銀行も同様に満20歳以上でアルバイトを行っていれば、学生でも申し込みを行うことができます。

公式ページでも、学生の利用について言及しているなど、学生の方に対する門戸も広い印象です。

おすすめポイント
・コンビニでのATM手数料が0円
・新規口座開設不要の手軽さ
・入会時などに楽天ポイントプレゼント

入会時だけではなく、利用状況に応じて、追加で楽天ポイントをもらえたりと他社カードローンにはない魅力がある楽天銀行カードローン!

気になる方は利用を検討してみてはいかがでしょうか。

低金利で利用できるみずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン
みずほ銀行も同様にアルバイトを行う満20歳以上であれば、学生でもカードローンに申し込むことができます。

おすすめポイント
・メガバンクならではの利便性
・最大14.0%の低金利で利用できる

審査に時間がかかるので、即日融資は受けることができませんが、メガバンクならではの利便性で、ホームページから返済シミュレーションが確認できたり、借入残高チェックを行うことができたりととても利便性が高いのが特徴です。

上記特徴を踏まえた上で、みずほ銀行カードローンが気になる方は、こちらから御覧ください。

土日でも即日キャッシングなら消費者金融系!

次に、学生におすすめな消費者金融系カードローンを紹介します。

消費者金融と聞くと、「怖い人が家に来そう」「なんか危なそう」などとてもネガティブなイメージを持つ方が多いと思いますが、テレビのCMでも見かけるプロミスやアコムといった大手のカードローンはいわゆる”闇金”とは全く違い、ちゃんとした信頼の置ける法人機関によって運営されているので安心して利用することができます。

また、消費者金融系カードローンの大きな魅力は、

即日融資を受けることが出来る!

という点です。今すぐお金が必要!という方も安心です!

銀行系のカードローンは審査に時間がかかり、申し込みしてから融資を受けられるようになるまで数日から1週間ほどの時間を要します。

しかし、大手消費者金融系のカードローンは審査が最短30分、融資まで最短1時間と、緊急でお金が必要になっても対応できるスピードでお金をかりることができます。

貸金業法の総量規制という規則で、年収の1/3までしか借り入れできないという制約はあり、アルバイトしていない学生は申し込めませんが、少額の利用であれば収入証明の提出がいらないのも、学生にはありがたいですね。

また、無利息期間を設けている消費者金融も多く、短い期間の借入であれば、金利にかかわらず、利息を払わずに利用することができます。

ここからはそんな消費者金融系のカードローンの中でも学生の方に特におすすめ出来るカードローンを紹介します。

融資までスムーズなプロミス

プロミス
最初にご紹介する消費者金融系カードローンは、プロミスです。

コミカルなテレビCMが有名で、見かけたことのある方も多いのではないでしょうか。

おすすめポイント
・web完結のカンタン申込みと融資までのスピード
・消費者金融の中では17.8%と低金利
・30日間無利息サービス

プロミスはなんと言っても審査が早いのが大きな魅力です!

即日融資を受けたいと考えている方はぜひご利用ください!

審査の早いプロミスで即日融資を受ける!

最長180日間の無利息期間 レイクALSA

レイクALSA

おすすめポイント
最長180日間の無利息期間。

借入額が5万円以内であれば、180日間は何度でも利息0で借りることが出来るのです。

あと少し、生活費が、遊ぶお金が必要などと、少額の利用が多いであろう学生の方には大変おすすめです!

ただ、借入額が5万円を超えてしまうと、その時点で利息が発生してしまうので、レイクALSAをお得に使いたい場合は自分の借入状況を把握し、5万円以内で収めるようにすると良いでしょう!

180日間の無利息期間のレイクALSAでお得にキャッシングを利用する!

 

また、消費者金融系カードローンのもう一つの魅力として土日祝日でも申込み・融資を行うことが出来る点があります。

平日は学校で忙しい学生の皆さんにはありがたいのでは無いでしょうか。

こちらの記事では土日・祝日利用することが出来るカードローンを紹介しています。

土日祝日にお金を借りる!を詳しく知りたい方はこちらをチェック

未成年がお金を借りるなら学生ローン!

未成年の学生は残念ながらカードローンを利用することはできません。

ただ、大手のカードローンとは異なりますが「学生ローン」を用いてお金を借りる事はできます。

「学生ローン」とは、その名の通り、学生向けに貸付を行っている消費者金融で、他の消費者金融やカードローンに比べて比較的審査が通りやすいのが特徴です。

都内では学生の街高田馬場に周辺に多く見られます!

学生ローンの魅力は、学生向けに貸付を行っている金融機関だけ有って、審査が比較的緩いという点です、18歳、19歳といった未成年の方でも利用することが出来るのは大変ありがたいのではないでしょうか!

ATMを利用できないなど、大手のカードローンに比べると使い勝手は良くないですが、未成年の学生がお金を借りるにはおすすめです。

未成年におすすめ学生ローン カレッヂ

未成年でも借りられる学生ローンのおすすめは「カレッヂ」です。

カレッジは創業40年以上を誇る老舗学生ローンで安心の実績があります。

また、未成年でも借りられる審査の通りやすさや、午後2時までに申し込み・審査を完了させ、融資可能の結果だと、指定口座振込の形で即日で融資を受けられる点が魅力です。

借り方も、カレッヂカードを持っていればセブン銀行ATMから借りられるので簡単です。

カレッヂは、数少ない未成年でも利用できる学生ローンの一つです。

しかし、未成年の方は限度額が10万円の枠に設定されているため、注意が必要です。

未成年でも借りられるカレッヂを詳しく見てみる

クレジットカードのキャッシングも選択肢

「お金は必要だけどカードローンを利用するのは…」

と考えている方は、キャッシング機能を持つクレジットカードに申し込むのも一つの選択肢です。

学生の方でも、オリコカードや、ジャックスカードなど、キャッシング機能付きのクレジットカードを利用することができます。

借入は、ATMにクレジットカードを挿入し、引き下ろし、返済は毎月のクレジットカードの引き落としと一緒に行われるのでとても簡単です。

学生におすすめキャッシング機能付きセディナカードの【jiyu!da!】

3317
「jiyu!da!」はセディナカードが運営するキャッシング機能付きのクレジットカードです。

年会費無料+提携しているセブンイレブン、イオンなどでのクレジットカード利用でポイントが3倍になったりとクレジットカードとしての利便性も高いです。

更に、キャッシング機能が使えるのがこのカードの一番の魅力、条件によって異なりますが、初回の申込み時の上限借入額が50万円と高いのもかなり魅力です。

また、海外でのキャッシングも行えるので、海外旅行に行く際に持っておくと安心です!

セディナのキャッシング機能付きクレジットカード「jiyu!da!」を詳しく見てみる!

学生がお金借りても親や周りにバレない?

学生の方がカードローンを利用する上で心配なのが、両親や学校、友だちといった周りの人にバレてしまうこと、なのではないでしょうか。

特に親にバレるのは心配されてしまうだろうからできれば避けたいですよね。

ここからは、両親を始めとしたあなたの身の回りの人にカードローンを利用していることがバレてしまうのではないかという不安に解決するべく質問に回答しながら、その対策を伝授したいと思います!

親の同意、保証人なしでも申し込めるの?

銀行、消費者金融系のカードローンを申し込む際は親の同意、確認は必要ありません。

未成年の方も前述の学生ローンを使えば親の同意を得たり、保証人を立てたりせずに融資を受けることができます。

親の名義借りなど嘘の記載はしない

学生に限らずなのですが、カードローンの審査に申し込む際は、嘘の記載をしないように気をつけましょう。

年収を実際よりも多く申請することで、審査に通りやすくなると勘違いする方もいますが、こういった虚偽の申告はカードローン会社にバレてしまい、その時点で審査に落ちてしまいます。

また、未成年の方や、アルバイトをしていないなど自分が審査に通るか不安な方にありがちなのですが、両親の名前を使って無断でカードローンに申し込むのは私文書偽造という犯罪に当てはまるので、絶対に止めましょう!

キャッシング親バレ防止のための対策!

それでも、親にバレてしまうのでは無いかという方は、親バレ防止に特化した内容を扱う記事があるのでそちらをご覧ください!申込時の注意から、返済時の注意など詳細に親バレ防止策について学ぶことができます!

カードローンを内緒で使うコツ!

学校にはバレない?

カードローンや学生ローンを利用しても学校にバレることは先ず無いでしょう。

学生が、カードローンに申し込む際には、免許証や保険証を用い、学生証を本人証明に用いることはありません。学生ローンを申し込む際には、学生であることの証明として学生証や、在学証明(学生証を紛失した場合)を提出します。しかし、普通に利用している限りは、学生ローンを利用しているからと言って、学校に連絡が行くことは無いでしょう。

就活のときに会社にバレない?

カードローンを利用しても就職活動への大きな影響は無いでしょう。

カードローンの利用の有無を調べるためには、個人の信用情報の開示が必要となります。基本的には、その個人の同意なしに信用情報を開示をすることはできません。また、そもそも、そういった信用情報を採用選考の基準に用いることは禁止されています。

スーツや革靴、カバンと何かとかかる就活用の出費や、忙しくアルバイトになかなか出勤ができなくなる就活生はいざというときにカードローンを利用しても問題ありません。

隠す内容これまでのカードローンの利用状況や残高などの取引の状況を示す情報で、この情報を基に、ローンやクレジットカードの審査が行われます。返済の滞納があったりするとその情報が2年間残り、その期間内に行うローンやクレジットカードの申請が通りづらくなります。
また、滞納が続きブラックリストに載ってしまったりすると、5年から~10年は新規でのローンの契約ができなくなってしまいます。

学生のカードローン審査ポイント

学生の方にかかわらず、カードローンを申し込む際に一番気になると言っても過言じゃないのが、審査!

そこで、今回は学生の方に特化した、カードローン審査を通りやすくするためのポイントをお教えします!

無審査で貸付を行っている安全な金融機関はなく、審査に通過しないことにはカードローンを利用することはできないので必ず目を通してください!

アルバイトで安定した収入を

これは前述のカードローンの審査条件に関連するのですが、安定した収入があることを証明知るために、短期のアルバイトを行うよりも長期のアルバイトで働いた方が審査に通りやすいです

また、長期と短期など、複数のアルバイトを掛け持ちしている場合は、申込み時に、一番長く出勤している職場の情報を書くとより審査に通りやすいようです。

勤務先への在籍確認なしって本当?

銀行系、消費者金融系のカードローンを利用する際は在籍確認を必須としているところがほとんどです。

ただ、こういったカードローン会社の在籍確認では企業名を名乗らず、担当者の個人名で申込者個人宛に電話をかけるのが通例です。

なので、直接的にアルバイト先の方にカードローンを利用していることがバレてしまうことはあまりないでしょう。

普段アルバイト先に自分宛ての電話が来ないという方も、

「旅行に備えてクレジットカードを作ったからその確認だと思う」

などと、職場で伝えれば更に安心です。

携帯電話やクレジットカードの滞納には気をつける

携帯電話の料金や、クレジットカードの支払い引き落としも信用情報に影響します。

滞納せずに毎月支払いを行っていれば何も問題はありませんが、遅延が続いたり、滞納してしまうようだと信用情報に傷がついてしまい、カードローンの審査が通りづらくなってしまいます

特に、3ヶ月以上滞納するとブラックリストに載ってしまい、審査には通らなくなってしまうので注意が必要です。

資金使途を問われた場合には?

カードローンの会社によっては審査時に資金の使いみちを確認されることも稀にあります。

こういったときは、サークルやゼミの合宿または、旅行資金と回答することで、一時的な資金繰りに困っているだけで、基本的にはお金にそこまで困ってない返済能力がある人であると見なされ、審査が通りやすくなります。

留学生向けのローンについて

留学生のローンというと、2種類存在します。

1つ目は、「日本に来ている留学生向けローン」
2つ目は、「これから海外に留学に行くかた向けローン」

この記事では日本に来ている外国人留学生でも借りられるカードローンを紹介します!

留学生が申し込みできるカードローン紹介

そもそも、カードローンに申し込みするための条件は日本人と同じで、

満20歳以上であること
安定した収入があること(アルバイト・パートでも可)

この2つを満たしている必要があります。

これにプラスして、申込み時に、

・在留カード
・特別永住者証明

のどちらかの書類を提出する必要があります。

在留カードは、国内に3ヶ月以上滞在することが決まっていれば発行することが出来るので、留学生の方でも簡単に手に入れられます。

申し込みを行う前に、忘れずに取得しておきましょう。

それらを踏まえた上で、外国人の申込みを受け付けているカードローンを一覧で紹介します!

プロミス 金利 年4.5~17.8% プロミス
アコム 金利 年3.0~18.0% アコム
三井住友銀行 金利 年4.0~14.5%
(日本に6ヶ月以上滞在&
日本語の読み書きができる)

まとめ

学生でも利用できるカードローン、キャッシング利用時の注意点や、カードローンにまつわる不安について解説してきましたが、いかがだったでしょうか。

アルバイトなどで限られた収入しかない学生の方は、急な出費が発生したときに特に困ってしまいがちです。

そんな急場を凌ぐ上でカードローンの利用をぜひご検討しみてはいかがでしょうか。