カードローンの金利と利息計算、返済を安く済ませる得ワザを解説!

カードローンの金利と利息計算、返済を安く済ませる得ワザを解説!

カードローンの金利はどのくらいが相場なの?
金利◯%~△%ってなんで幅があるの?
自分は何%になるんだろう?
実際、利息はいくらかかるの?

これからカードローンでお金を借りたいと考えている人にとっては、分からないこと・知りたいことがいっぱいですよね。

ここでは、カードローン金利の基礎知識や比較のポイント、金利から利息を計算する方法、利息を安く済ませるコツまで、知らなきゃ損!知って得する!情報をまとめてお教えしちゃいます。

知らないと損する!カードローンの金利・利息についての基礎知識

まず最初は、金利や利息、実質年率、年利といった用語の意味や金利の上限などカードローン金利の基本についてお話ししていきます。

カードローン金利・利息とは

カードローンでお金を借りると、借りたお金に手数料を上乗せして返済しますが、この手数料のことを「利息」といいます。お金のレンタル料のようなものですね。

そして、利息がどのくらいかかるのかを、借りたお金に対する割合であらしたものが「金利」です。

  • 利息:借りたお金のレンタル料(のようなもの)
  • 金利:借りたお金に対して支払う利息の割合

カードローンにおいて「金利」「実質年率」「利率(年)」は同じと思ってOK

カードローンについて調べていると、金利の他にも「実質年率」「利率」「年利」といったことばがでてきますよね。

利率は、借りたお金に対する利息の割合のことなので、金利と同じ。
年利は、1年間借りたときにかかる利息の割合(金利)のこと。
年率は、年間の利率のことなので、年利と同じ意味。

カードローンの金利は、基本的に、1年間借りたときにかかる利息の割合が使われるので、これらは全て同じと考えて問題ありません

それでは、実質年率はどうでしょうか?

実質年率とは、利息の他に手数料や保証料などの諸費用も含めて再計算した年率のことです。

「利息だけ払えばいいと思っていたら、他にも色々な費用がかかった!」というのでは困るので、貸金業者は実質年率を表記するよう義務付けられているのです。

つまり、実質年率も金利と同じと思ってOKということですね。

実質年率を記さない貸金業者は違法です!
低金利をウリにして、利息とは別で法外な手数料を請求してくる可能性もありますので、このような業者は利用しないでください。
※銀行は、貸金業者ではないので、実質年率表記でなくでも問題ありません。

カードローン金利の上限は年20%!

カードローンの金利は、利息制限法という法律によって上限が決められています。

10万円未満の借入なら年20%、10万円以上100万円未満は年18%、それ以上は年15%です。

貸付額 上限金利
10万円未満 年 20.0%
10万円以上100万円未満 年 18.0%
100万円以上 年 15.0%
注意
上限金利を超えた暴利で貸し付けを行う業者は絶対に利用してはいけません。
年利ではなく、1ヶ月を単位にした月利や1日単位の日歩で金利表記して騙すような悪徳業者もいますので、十分注意しましょう。

返済が遅れると高い延滞金を払うことになる

カードローンには返済期日があり、レンタルDVDと同じように返すのが遅れると延滞料が発生します。

この延滞料のことを「遅延損害金」といいます。

カードローン会社によっては、延滞利息、遅延利息、延滞損害金など呼び方が違うこともありますが、ほとんどの場合、金利よりも高い利率が定められています。

延滞すると高いお金を払うことになりますので、期日は必ず守るようにしてくださいね。

カードローンの金利の相場はどれくらい?

カードローンの金利は、法律の上限を超えなければ自由に設定できることになっています。そのため、カードローン会社によって金利はさまざまです。

ここで金利の相場感をつかんで、カードローン選びの参考にしましょう。

大手カードローンの金利一覧

まずは、大手カードローンの金利を一覧にまとめてみました。

カードローン 金利(年率) 最大融資額
消費者金融 アイフル
キャッシングローン
3.0%~18.0% 800万円
アコム
カードローン
3.0%~18.0% 800万円
プロミス
フリーキャッシング
4.5%~17.8% 500万円
SMBCモビット 3.0%~18.0% 800万円
レイクALSA 4.5%~18.0% 500万円
J.Score
AIスコア・レンディング
0.8%~12.0% 1,000万円
銀行 みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0% 800万円
三菱UFJ銀行カードローン
バンクイック
1.8%~14.6% 500万円
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5% 800万円
りそな銀行
りそなカードローン
3.5%~12.475% 800万円
楽天銀行スーパーローン 1.9%~14.5% 800万円
オリックス銀行カードローン 1.7%~17.8% 800万円
住信SBIネット銀行
ミスターカードローン
1.59%~14.79% 1,200万円
ジャパンネット銀行
ネットキャッシング
2.5%~18.0% 1,000万円
イオン銀行カードローン 3.8%~13.8% 800万円
セブン銀行カードローン 15.0% 50万円

消費者金融は 年3%~18%、銀行カードローンは 年2%~15%くらいが相場といったところですね。

利用限度額が大きいと低金利、小さいと高金利

たいていのカードローンでは ◯%~△%と金利の幅があり、一般的に、利用限度額が大きいほど金利が低く、反対に、利用限度額が小さいほど金利が高くなります。

実際に何%になるかは審査を受けてみないと分かりませんが、一部の銀行カードローンでは利用限度額別の金利が公開されています。

参考までに、三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の適用金利を載せておきますね。

利用限度額 借入利率(年)
100万円以下 13.6%~14.6%
100万円超200万円以下 10.6%~13.6%
200万円超300万円以下 7.6%~10.6%
300万円超400万円以下 6.1%~7.6%
400万円超 1.8%~6.1%

カードローン選びは最高金利をチェック

低金利の方がいいと思っていると最低金利に目が行きがちですが、カードローンの金利を比較するときは最高金利をチェックしましょう。

初めて借りる際は、大きな利用限度額が認められることはまれで、最高金利が適用される場合がほとんどだからです。

銀行と消費者金融どっちがいいの?

銀行カードローンは、金利が低めですが、その分審査は慎重になります。
消費者金融は、金利は高めですが、融資スピードや無利息サービスなどの面で充実しています。

カードローンを選ぶときは、金利だけでなく利便性や状況(急いで借りたいのか?審査に不安要素はないか?)なども考慮して自分に合ったカードローンを選ぶようにしましょう。

カードローン金利と借入金額から利息を計算!シミュレーション

金利の仕組み分かったところで、次は実際に利息がどのくらいかかるのかを計算してみたいと思います。

利息の計算方法

カードローンの利息は日割り計算なので、いくらを金利何%で何日間借りたかで決まります。

例として、100万円を金利15%で30日間借りたときの利息を計算してみます。

  • ①1年間借りた場合の利息を計算
    まず、金利(年率)から1年間借りたときの利息を計算します。
    100万円(元金) × 15%(年率) = 15万円
  • ②1日分の利息を計算
     年間の日数365日(うるう年は366日)で割って1日分の利息を計算します。
    15万円(1年間の利息) ÷ 365日 = 410.9‥円
  • ③借入日数分の利息を計算
     410.9‥円 × 30日間 = 12,328.7‥ = 12,328円
    100万円を金利15%で30日間借りたときの利息は、12,328円となります。

以上の計算方法をまとめると、次の式になります。

  • 利息 = 元金 × 金利(%) ÷ 365日 × 借入日数

毎月の返済利息はシミュレーションを活用

利息の計算式を使って、100万円を金利15%で借りて毎月27,000円ずつ返済していく場合の利息を計算したのがこちらの表です。

回数 返済額 元金返済 利息 返済後残高
1 27,000円 14,672円 12,328円 985,328円
2 27,000円 14,853円 12,147円 970,475円
3 27,000円 15,036円 11,964円 955,439円

1回目の利息は 12,328円 ですから、返済額27,000円から利息を引いた分が元本の返済に充てられ、返済後の借入残高は 985,328円 となります。

2回目の利息は返済後残高を使って利息を計算します。
利息 = 985,328円 × 15% ÷ 365日 × 30日 = 12,147円

3回目は2回目の返済後残高を使って利息を計算していきます。

このように、毎月毎月、返済した後の残高を元金として利息を計算していかなければならず、自分で計算するのはかなり面倒ですよね。

そこで登場するのが返済シミュレーターです。

シミュレーターを使えば、借入金額と金利から返済期間や月々の返済額を簡単に計算することができます。

「シミュレーション」

ここにシミュレーターを実装お願いいたします
(借入金額、金利、返済期間から月々返済額シミュレーション)
(借入金額、金利、月々返済額から返済期間シミュレーション)

これでシミュレーションしてみると、毎月の利息はそんなじゃなくても、返し終えるまでの利息総額でみると結構掛かることがお分かりいただけたと思います。

続いては、利息を減らす方法・裏ワザをご紹介していきます!

「知っ得!」カードローンの利息を減らす方法。低金利でも安心できない!?

金利が低いことも利息を抑えるポイントですが、実は、それだけでは損をしてしまう可能性があります!

早速、知って得する利息を減らす方法を見ていきましょう。

【基本】低金利のカードローンを選ぶ

「利息を抑えるには低金利で借りる」というのは基本中の基本ですが、金利によって支払う利息はどのくらい違ってくるのでしょうか。

50万円を借りて毎月12,000円ずつ返済した場合の利息総額をシミュレーションしてみました。

金利 10% 15% 18%
利息総額 116,725円 210,659円 290,486円
返済期間 52ヶ月 60ヶ月 66ヶ月

なんと金利10%と18%では17万円もの差が、15%と18%でも8万円の差が!
金利の違いでこんなに差ができるなんて驚きですよね。

借入金額や毎月の返済額によってはここまで差が出ないこともありますが、改めて金利は低い方が得だということが分かりましたね。

【重要】多めに返済して返済期間を短くする

カードローンの利息を減らすためにとても重要なのが「毎月の返済額」です。

毎月の返済額を多めにすると、返済期間を短縮できるため、たとえ金利が高くても利息を大幅に減らすことが可能です。

下の表は、毎月の返済額の違いによって利息総額がどのくらい変わってくるのかをシミュレーションした結果です。

<金利18%で30万円借りた場合>

毎月の返済額 利息総額 返済期間
7,000円 184,032円 70ヶ月
8,000円 144,171円 56ヶ月
10,000円 101,523円 41ヶ月

毎月7,000ずつ返済すると利息の総額は約18万円ですが、8,000円ずつ返せば約14万円で済みます。
たった千円で4万円も利息を減らすことができるのです。

毎月の返済額が変わるとこんなにも利息を安くできるんですね。

逆に、いくら低金利で借りても、毎月の返済額が少ないために利息が大きくなってしまうケースもあります。

<10万円借りた場合>

金利 毎月の返済額 利息総額 返済期間
15% 2,000円 57,843円 79ヶ月
18% 3,000円 39,639円 47ヶ月

金利15%で毎月2,000円ずつ返済した場合は、金利18%で毎月3,000円返済したよりも1万8,000円も利息が膨らんでしまっていますね。

残高スライドは要注意

カードローンの返済は、毎月、決められた最低返済額以上の金額を返済していくことになっていて、多くの銀行カードローンで用いられている残高スライド方式では借入残高が減っていくにつれて最低返済額も少なくなっていきます。

例えば、30万円借りて、最初は6千円だった最低返済額が、返済が進んでいくにつれて4千円、2千円と減っていくといった感じです。

残高スライド方式で最低返済額に従って返済した場合と、毎月6,000円ずつ返済した場合で比較してみた結果がこちらです。

<金利14.5%で30万円借りた場合>

毎月の返済額 利息総額 返済期間
残高スライド方式による最低返済額※ 243,824円 156ヶ月
6,000円 162,898円 78ヶ月

※残高スライド方式における最低返済額は次の通りとします。
借入残高:最低返済額 30万円まで:6千円 → 20万円まで:4千円 → 10万円まで:2千円

残高スライド方式は月々の返済額が減っていくため、返済期間が長期化しやすく、それにつれて利息総額がどんどん増えてしまうのです。

ポイント

支払う利息を節約したいなら、最低返済額だけ返済していてはNG!

毎月の返済とは別に、追加返済(任意返済、繰上返済、随時返済)を使ってできるだけ多めに返済するのが鉄則です。

【おすすめ】無利息サービスを利用する

初めて契約・利用する人に対して、一定期間の利息が0円になる無利息サービスを提供しているカードローンがあります。

無利息期間内に完済してしまえば利息はまったくかからないので、早く返せる見込みがある人にぜひおすすめしたいサービスです。

無利息サービスのある大手カードローン

カードローン 無利息期間 条件
アコム 契約日翌日から30日間 ・初めての契約
・返済期日「35日ごと」で契約
アイフル
キャッシングローン
契約日翌日から30日間 ・初めての契約
プロミス
フリーキャッシング
初回利用翌日から30日間 ・初めての契約
・メールアドレス登録
・Web明細利用
レイクALSA 契約日翌日から180日間 ・初めての契約
・契約額200万円まで
・借入額のうち5万円までが無利息
契約日翌日から30日間 ・初めての契約
・契約額500万円まで
・借入額全額が無利息
ノーローン 1週間(何度でも) ・初回利用後1週間
・完済すれば翌月以降の利用も1週間無利息
ジャパンネット銀行
ネットキャッシング

初回利用日から30日間 ・初めての利用

【経験者向け】金利を引き下げてもらう

長期間カードローンを利用していて、毎月遅れることなくきちんと返済していると、カードローン会社から利用限度額の増額を打診され、合わせて金利が引き下げられるケースがあります。

これは、カードローン会社としては優良な顧客にもっと利用してもらいたいからです。

利用者側から増額申請することもでき、審査に通れば金利を下げる事ができるかもしれません。

ただし、利用限度額が増えると借りずにはいられないものです。
くれぐれも借りすぎには気をつけて、必要以上に借金を増やさないようにしてくださいね。

【即日融資有り】目的別!金利別!おすすめのカードローンのご紹介

カードローンの金利について、基礎的な知識から利息を減らす方法までお話ししてきましたがいかがでしたか?

<まとめ>
  • 金利は利息の割合をあらわしたもの
  • カードローンの利息は日割り計算
    利息 = 元金 × 金利 ÷ 365日 × 借りた日数
  • 利息の計算は返済シミュレーションを使うと便利
  • 利息を抑えるには
    『低金利で借りる』
    『毎月多めに返済する(追加返済)』
    『初心者には無利息サービスがおすすめ』

最後に、タイプ別におすすめのカードローンをご紹介しておきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

すぐ借りたい・短期間の借入なら消費者金融で

「急にお金が必要になった」「今日中に借りたい」という急ぎの人には消費者金融がおすすめです。
短期間の借入なら無利息サービスを使って利息なしで借りることも可能です。

レイクALSA 金利 無利息サービス Web契約 融資時間
年4.5%~18.0% 選べる2つの無利息サービス 最短60分

★申込後最短15秒で審査結果が分かるから急ぎの融資に最適!
★Web契約で自宅への郵送物なし。家族にバレない!
★2つの無利息サービスからお得な方を選べる!
「借入額のうち5万円まで180日間無利息」「借入全額30日間無利息」
★アプリでセブン銀行ATMから24時間融資OK!
★土日も口座への即日振り込みが可能!

低金利で借りたい・長期間の借入なら銀行カードローン

「できるだけ低金利で借りたい」「長期的に利用したい」という人には銀行のカードローンがおすすめです。

三菱UFJ銀行
カードローン
x「バンクイック」
金利 無利息サービス Web契約 融資時間
年1.8%~14.6% 最短翌営業日

★メガバンクの安心感!低金利!
★三菱UFJ銀行に口座がなくても大丈夫!
★申し込みから契約までWeb完結!
★銀行に設置されたテレビ窓口で申し込めばその場でカード発行可能!
★提携ATM利用手数料、時間外手数料が無料!

 

もっと詳しく知りたい方は、こちらへどうぞ。
さまざまな条件に合わせてカードローンをお探しいただけます!

カードローン比較|審査・金利・タイプ別で大手12社を比較してみた!