退職前後におすすめカードローン!転職、退職の報告なしは調査でバレる?

退職前後におすすめカードローン!転職、退職の報告なしは調査でバレる?

リストラや病気、結婚などさまざまな理由で退職せざるを得ないことってあると思います。

退職したら収入がなくなって、この先貯金だけで生活していけるか不安!という方は、カードローンを検討し始めるかもしれません。

しかしそのような状況になった場合、
「そもそも無職でもお金を借りることはできるの?」
「退職前にカードローンを契約しておくべき?」
「退職したことを隠して、カードローンを継続利用できる?」
などといった疑問がでてくると思います。

このページでは、退職予定や既に退職している方に向けて、おすすめのカードローンを紹介するとともに、退職する際のカードローン新規契約方法や注意点をわかりやすく説明します。

「退職後も安心して生活したい!」という方はぜひ最後まで読んでいってください。

退職前にカードローンを申し込む方法

退職前にカードローンを申し込む方法

退職が決まっていて新規のカードローンを検討している方は、できるだけ退職前に審査を済ませるようにしましょう。
というのも、カードローンで借入を行う際、必ず審査の中で在籍確認が行われます。

在籍確認というのは、カード会社が申込者の勤務先に直接電話を掛け、申込者が本当に職場に勤務しているのか、安定した収入はあるのかを調べるために行われます。

退職後、無職の状態だと、在籍確認を取ることができず、審査落ちする可能性がかなり高いです。
そういった事情も考慮し、なるべく退職前に審査を終えるようにしましょう。

また退職することがわかっていても、カード会社に報告しない方がよいでしょう。
退職事実を伝えてしまうと、たとえ在籍確認は取れても、返済見込みがないとみなされ、審査に通らない場合があるからです。

以上のことを踏まえて、退職前に申し込むべきおすすめのカードローンを以下で紹介します。

退職前に申し込みたいオススメのカードローン

退職前にカードローンを申し込むなら、消費者金融カードローンをおすすめします。

なぜなら、消費者金融では即日融資ができたり、無利息期間があったりと、お金を借りる上でありがたいサービスがあるからです。

たいてい、カードローンを契約するには、様々な手続きが必要になります。

  1. カードローン選び
  2. 申込み
  3. 仮審査
  4. 本審査・在籍確認
  5. 借入れ
  6. (カード受取)

消費者金融では、これらの流れ(申込みから融資まで)を最短即日でできるのが大きなポイントです。
そのため、たとえ急に退職が決まったとしても、すぐにお金を借りることができるんです。

ただ、消費者金融は総量規制が適用されるため、退職後は消費者金融で借入ができないということを覚えておきましょう。

総量規制とは?
貸金業者から借入できる上限金額を意味する。
借主は、自身の年収の1/3までの金額を借入れることができる。

以下では、退職前に申し込むべきおすすめの消費者金融カードローンを紹介します。

プロミス

プロミス

利用限度額 金利 審査時間 無利息期間 上限年齢
1万~500万円 4.5%~17.8% 最短30分 30日間 69歳以下

プロミスは業界最速の30分融資が可能なので、とにかく早くお金が欲しい!という時におすすめのカードローンです。
また消費者金融の中ではダントツの低金利で、返済方法も豊富で利便性はかなり高いです。
プロミスカードローン

レイクALSA

レイクALSA

利用限度額 金利 審査時間 無利息期間 上限年齢
1万~500万円 4.0%~18.0% 最短15秒 ①全額の場合30日間
②5万円まで180日間
70歳以下

レイクALSAは選べる2つの無利息キャンペーンやWeb上で申込みから融資までを行えるのが魅力です。
少額借入や短期間で完済できる場合はレイクALSAがおすすめです!
レイクALSAカードローン

退職を隠してカードローンを契約した人の口コミ紹介

退職の事実を伝えずに、カードローンを契約した人に対して、実際にどれくらいの額で借入れができたのか借入理由はなにかというアンケートをとりました。

年齢 借入額 借入理由
35 100万 生活費
27 50万 生活費
33 30万 生活費
72 30万 生活費
45 30万 生活費
32 20万 入院費
22 16万 生活費
29 15万 生活費
35 15万 病院費
32 10万 生活費
25 10万 生活費
60 10万 葬儀費用
31 5万 生活費

アンケート結果によると、借入理由のほとんどが生活費であることがわかります。

退職後、転職するにしても、当面の生活に困らないためには、やはりある程度の生活費を退職前から用意しておく必要があります。

退職後にカードローンを申し込む方法

退職後にカードローンを申し込む方法

リストラ・病気・定年などさまざまな理由によって職場を離れることがあるかと思います。

退職し、無職になってしまうとカードローンに申し込む際、「安定収入無し」とみなされ、審査落ちすることがほとんどです。

では退職後にカードローンを新たに申込みすることができないのかと言われたらそういうわけでもないんです。

カードローンによっては、たとえ定年退職したとしても、年金を一定収入と判断し、融資を行ってくれるところもあります。

大手カードローンでいうと、みずほ銀行カードローンや三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」が挙げられます。
また大手カードローン以外にも、年金受給者向けのカードローンというのも存在します。

以下ではそれらを紹介していきます。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

利用限度額 金利 審査時間 上限年齢
1万~800万円 2.0%~14.0% 最短翌日 66歳未満

みずほ銀行カードローンは、トップレベルの低金利が魅力で、収入の少ない年金受給者でも安心して借入れができます。

みずほ銀行カードローン

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

三菱UFJ銀行カードローン

利用限度額 金利 審査時間 上限年齢
10万~500万円 1.8%~14.6% 最短翌営業日 65歳未満

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、メガバンクならではの安心感と、借入・返済時のATM手数料無料が魅力のカードローンです。

紹介したいずれのカードローンも上限年齢が定められていますので、申込み時は注意してください。
三菱UFJ銀行カードローン

但馬銀行セカンドライフ応援カードローン

利用限度額 金利 年齢条件
10万~100万円 9.8% 60歳~74歳まで

限定された地域にお住まいの方しか申込みできませんが、「但馬銀行セカンドライフ応援カードローン」という年金受給者向けのカードローンがあります。
上限年齢も74歳なので、定年退職後しばらく経ったとしても借入れが可能です。

退職後に報告しないとバレてカードローンが利用できなくなる?

退職後に報告しないとバレてカードローンが利用できなくなる?

リストラや病気などで退職した場合、それまで使っていたカードローンを引き継ぎ利用することはできるのでしょうか?

基本的に、どのカードローンにおいても、転職や退職で勤務先が変わった場合は、その変更事項をカード会社に届け出なければなりません。

しかし、実際に退職した旨を報告せずに、使い続けることもできてしまうのが現状です。
というのも、基本的に勤務先に連絡がいくことは在籍確認以外ではありえないので、自ら申告しない限りは、退職したことがバレる可能性は少ないのです。

実際にアンケートをとってみると、退職した事実を報告せず、継続してカードローンを使用している方がいることがわかりました。

年齢 借入理由 継続利用期間
24 生活費のため 1ヶ月
43 生活費 16年
21 医療ローンの返済 3ヶ月
27 生活費 2ヶ月
44 冠婚葬祭などいざという時のため 2年
39 生活費 10ヶ月
30 生活費&交際費 1年
31 生活費 2年
72 生活費 5年
35 病院費 3ヶ月
32 生活費や急な出費に備えるため 5年
27 生活費 3ヶ月
35 生活費 1ヶ月
46 3年

驚くべきことに、多くの方が何年もの間、退職の事実を隠してカードローンを継続利用できています。

きちんと毎月返済できていたり、収入証明書の提出がない少額借入れの場合は、一旦審査に通ってしまえば、その後は再審査されずに使い続けることができてしまうんですね。

ただ原則として、勤務先が変わったら速やかにカード会社に報告することになっています。
万一バレてしまったら、契約違反として、一括返済が求められることもあるので気を付けましょう。

カードローン業者ごとの退職報告義務の要否まとめ

カードローン会社 退職報告義務要否 参考
プロミス 第24条(届出事項の変更等)
https://cyber.promise.co.jp/APE00042.html
アイフル 会員専用ページに記載あり
アコム 第11条(届出事項の変更)第13条(期限利益の喪失)
https://www.acom.co.jp/policy/ac/?sid=2e8c599ced13b37c8dfd&p1=users&p3=2e8c599ced13b37c8dfd
レイクALSA 第9条(住所等の変更届出等)
http://shinseifinancial.co.jp/pdf/cashing_loan_171201.pdf
SMBCモビット 第22条(届出事項の変更等)
https://www.mobit.ne.jp/popup/kiyaku.html
みずほ銀行カードローン 第181条(届出事項)
https://www.mizuhobank.co.jp/retail/products/loan/card/regulation/orico_card-kiyaku/index.html
楽天銀行スーパーローン 第17条(届出事項の変更)
https://www.rakuten-bank.co.jp/rules/superloan-member.html
オリックス銀行カードローン 第28条(届出事項の変更)第6条(契約期限)
https://www.orixbank.co.jp/personal/rules/stipulation/cardloan.html
三井住友銀行カードローン 第22条(届出事項)第12条(期限前の利益喪失)
https://www.smbc.co.jp/kojin/loan/cardloan/pdf/kitei.pdf
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 第17条(届出事項の変更)
https://www1.loan-alliance.com/btwebp/staticcontents/pc/html/pj/PJNM14.html

退職後のカードローン利用に関するよくあるQ&A

退職後のカードローン利用に関するよくあるQ&A

カードローン会社に退職を隠しても調査でバレる?

退職報告をしない限り、契約者の勤務先に調査がいくことはほとんどありません。
ただ、増額する場合は、再び審査を受ける必要があるので、在籍確認がされることがあります。
また高額借り入れをしている場合には、一定期間ごとに収入証明書を提出が求められます。
退職してしまうと、勤務先の収入証明書を提出することはできませんので、カード会社に退職の事実がバレるでしょう。

もし退職を隠していたことがバレるとどうなる?

カードローンの利用限度額が減ったり、再就職するまでは借入停止処分を下されたりと、カード会社や状況によって対応は変わってきます。
場合によっては、一括返済を求められることもあります。

返済が滞るなどトラブルになった場合、前職の職場に連絡される?

在籍確認以外で職場に連絡がいくことはありません。
返済トラブルなどがあった場合、職場ではなく、契約者に直接連絡がいきます。

退職したら過去の借入は一括返済をしないといけない?

退職したからといって、一括返済をしなければならないという契約にはなっていないので、一括返済が求められることはありません。
ただ、退職したことを隠していてバレた場合、契約違反とみなされ、一括返済を求められることも。

転職でも報告しないといけない?

退職時と同様に、契約上転職した際もカード会社に報告する義務があります。
というのも転職後の収入増減によっては、利用限度額も変更する必要があるからです。

退職後、カードローン以外でお金を借りられる方法はある?

退職して無職になったとしても、お金を借りる方法はカードローン以外にも様々存在します。
以下のページでは、専業主婦や学生、年金受給者など無職の方でもお金を借りる方法をわかりやすく解説しているので、気になる方はチェックしてください。

まとめ

まとめ

退職の際のカードローン利用について説明してきましたがいかがでしたか?
これまでのことを簡単にまとめると、

  • カードローンを契約するなら、退職前に審査を済ませるべき
    →カードローン審査では在籍確認があるため
  • 退職後は銀行カードローンでしか借入れができない
    →消費者金融は総量規制が適用されるため
  • 原則として、勤務先が変わったらカード会社に報告する義務がある
  • たとえ退職してカードローンが利用できなくなっても、お金を借りる方法はさまざまある

当サイトでは、今回紹介したカードローン以外にもたくさんのカードローンを紹介しています。

下記ページでは、自分に合ったカードローンを簡単に見つけられる、絞り込み機能もあるので、ぜひ試してみてください!