カードローンの返済方法|シミュレーションから返済期間・金利を抑えるコツをご提案!

カードローンの返済方法|シミュレーションから返済期間・金利を抑えるコツをご提案!

今〇〇万円借り入れてるんだけど、あと何回返済すれば完済できるの…?
これから△△万円借り入れようと思っているんだけど毎月の返済額はいくらくらいになるの…?

そんな疑問・不安を抱えている方は、まず当サイトの返済シミュレーションで完済までの返済回数・毎月の返済額を確認してみましょう。

  • 返済金額(毎月)
  • 返済回数(毎月1回)
0,000円【万円単位】
【⼩数点第⼀位】
【最大120回】
0,000円【万円単位】
【⼩数点第⼀位】
000円【千円単位】

シミュレーション結果

当シミュレーションは試算となります。利⽤するカードローンによって返済回数の上限などが異なりますので、詳細は各カードローン会社へご確認をお願いします。

毎月の返済金額
返済計画表(単位:円)
回数 返済金額 元金 利息 残高

シミュレーション結果

当シミュレーションは試算となります。利⽤するカードローンによって返済回数の上限などが異なりますので、詳細は各カードローン会社へご確認をお願いします。

返済回数
返済計画表(単位:円)
回数 返済金額 元金 利息 残高

以下、当記事では金利(利息)・返済期間を少なくするための賢い返済方法や、返済に遅れてしまう場合の対応策などについてもご紹介していますから、

  • カードローンで出来るだけ金利(利息)を支払わずに早く返済してしまいたい
  • カードローンの返済方法・期間について理解を深めたい
  • 返済できなくなってしまった時の対応策が知りたい

という方はぜひ参考にしてみてください。

カードローンの返済方法・コツを理解して金利(利息)をできるだけ減らそう!

カードローンの返済方法・コツを理解して金利(利息)をできるだけ減らそう!
カードローンの返済を考えていく中で、誰もが頭を抱えることになるのが金利(利息)の問題です。

少しでも金利を支払わないようにするために、知っておくべき返済の仕組みについて解説していきます。

まずは約定返済・随時返済について理解する

カードローンの返済の仕組みを理解する上で、まずは約定返済と随時返済という2種類の方法を理解しておくことが必要です。

2つの返済の仕組みをイラストで分かりやすくしたものがこちらです。

約定返済

約定返済とは借入時に契約で定められた最低返済額を支払う返済方法で、分かりやすく言うならば「毎月支払わなければならない最低限の返済」です。

一方、随時返済は、約定返済とは別に、自分の好きなタイミングで好きな額を返済する方法になります。「今月は余裕あるから多めに返済しよう!」と、約定返済で支払う最低限の返済額にプラスして返済することが出来ます。

具体的な返済方法は大きく分けて4つある

約定返済と随時返済という返済の仕組みを理解したら、次は具体的にどのような方法で返済していくのかを考えていきましょう。
カードローンの具体的な返済方法としては大きく分けて以下の4種類あります。

  • インターネット返済
  • ATM返済
  • 口座振替(引き落とし)返済
  • 窓口返済

大手カードローンでの返済方法ごとの手数料は以下のようになっています。

カードローン名 返済方法
インターネット ATM 口座振替 窓口
三井住友銀行カードローン 無料 無料(一部有料) 無料
三菱UFJ銀行カードローン
(バンクイック)
無料(一部有料) 無料 無料
みずほ銀行カードローン 無料 無料(一部有料) 無料
楽天銀行カードローン 無料 無料(一部有料) 無料
りそな銀行カードローン 無料 無料(一部有料) 無料
スルガ銀行カードローン 無料
横浜銀行カードローン 無料 無料 無料
アコム 無料 無料(一部有料) 無料 無料
プロミス 無料 無料(一部有料) 無料 無料

最近ではどのカードローンでも、24時間対応で手数料がかからない(※)インターネット返済が主流となってきています。
※一部カードローン除く

ただしATMや口座振替で返済する場合、時間帯や条件によっては数百円の手数料が発生してしまいますから、実際に返済する前にしっかりと把握しておく必要があります。

少しでも金利(利息)を減らすなら、出来るだけ多く約定返済する

以上の返済方法を考慮した上で、金利を減らして完済までの総支払額を抑えるためには、手数料のかからない返済方法で、出来るだけ毎月多めに随時返済をしていくことが重要なポイントです。

多くのカードローンでは元利均等返済方式という方式で支払う金利が算出・決定されています。

この方式の特徴は、返済が長引けば長引くほど多くの利息を支払わなければならないという点で、裏を返せば早く返済を終わらせることができればその分支払う利息は少なく済むということです。(極論、一括で返済すれば利息は最小限になります。)

ですからボーナス給などをうまく活用して、出来るだけ多く随時返済をしていくという意識を常に持っておくようにしましょう

カードローンの金利の仕組みや、金利の低いおすすめのカードローンなどについては金利が安いカードローン徹底比較|利息の計算シミュレーション提供中で更に詳しく解説していますので、興味のある方はご覧ください。

カードローンの返済期間・期限について

カードローンの返済期間・期限について
カードローンは他の一般的なローンとは異なり、利用限度額の範囲内であれば何度でも借り入れを行うことが出来ます。
そのような仕組みなこともあって返済期間が曖昧になってしまい、「気付いたら返済期間過ぎてた…ってことにならない?」と不安に感じてしまう方も多いようです。

そんな方のためにここでは、

  • 返済期間=完済するまでの期間
  • 返済期限=毎月の返済日

としてそれぞれ解説していきます。

実はカードローンの返済期間にはあまり意味がない

カードローンの契約書をよく見てみると、消費者金融では「返済期間6年9ヶ月」、銀行カードローンでは「返済期間1年」といったように、完済するまでの返済期間が定められていることがあります。

ただこの返済期間には実はあまり意味がなく、利用者が延滞などをしていないかを確認されて、問題なければ自動的に延長されることがほとんどです。

返済期間が短い銀行カードローンではそれだけ更新頻度が多いという程度の違いなので、書面上の契約期間程度だと捉えてしまっても大丈夫だと思います。

ですから契約期間よりも前に返済し終えても構わないですし、最低返済額の延滞さえしていなければ、返済期間までに借入金額の総額を返しきる必要は無いということになります。

毎月の返済期限はどのようにして決まるの?

完済するまでの期間である返済期間は気にしなくても良いことが分かりましたが、少なくとも最低返済額以上は毎月の返済期限までに支払っていく必要があります。

カードローンごとに返済期限は異なりますので、利用者の多い大手カードローンの返済日を一覧表にまとめてみます。

カードローン名 毎月の返済期限
三井住友銀行カードローン 毎月5日、15日、25日、月末から選べる
三菱UFJ銀行カードローン
(バンクイック)
毎月指定日(自分で指定できる)or35日毎
みずほ銀行カードローン 毎月10日
楽天銀行カードローン 毎月1日、12日、20日、27日から選べる
りそな銀行カードローン 毎月5日
スルガ銀行カードローン 毎月20日~翌月1日まで
横浜銀行カードローン 毎月10日
アコム 毎月指定日(自分で指定できる)or35日毎
プロミス 毎月5日、15日、25日、月末から選べる

カードローンによって、毎月の返済期限が固定されていたり、自分の都合に合わせて返済期限を選べることが出来たりと、かなり仕様が異なっていることが分かるかと思います。

カードローンの返済に遅れるとどうなるの?大手銀行・消費者金融に問い合わせてみた

カードローンの返済に遅れるとどうなるの?大手銀行・消費者金融に問い合わせてみた

今月お金ヤバくて返済遅れそう…返済できない…

毎月の返済期限までに最低返済額以上のお金を用意できない、あるいはすっかり返済日を忘れてしまっていた…
そんな窮地に立たされてしまった時はどのように対処すればよいのでしょうか。

返済遅れ・返済不能に対する大手銀行・消費者金融の対応一覧

まずは大手カードローンの返済遅れ・不能への対応を確認してみましょう。

カードローン名 返済遅れ・不能への対応
三井住友銀行カードローン 遅延損害金が発生する
三菱UFJ銀行カードローン
(バンクイック)
遅延損害金が発生する
みずほ銀行カードローン 遅延損害金が発生、延滞解消まで追加借り入れ不可
楽天銀行カードローン 遅延損害金が発生する
りそな銀行カードローン 遅延損害金が発生する
スルガ銀行カードローン 書類が自宅に送付され、遅延損害金が発生する
横浜銀行カードローン 遅延損害金が発生する
福岡銀行カードローン 遅延損害金が発生する
アコム 遅延損害金が発生する
プロミス 遅延損害金が発生する

どのカードローンで借り入れた場合でも、返済に遅れてしまった場合には約20%もの金利が遅延損害金として発生してしまうことになっています。

また遅延損害金が発生するだけでなく、借入先の金融機関からの信用も失ってしまいますから、新たな借入や限度額の増額を拒否されてしまうことも珍しくありません。

さらに、延滞を放置し続けるなど、最悪の場合にはやむを得ず法的手段で預金や給料を差し押さえられてしまうようなケースもあるようです。

返済が遅れてしまう場合の対応策

返済の遅延は極力避けるべきですが、それが分かっていてもどうにもならない状況だったらあなたはどうしますか?

正しい行動は ”とりあえずカードローン会社に電話で相談” です。

返済が遅れてしまう場合の対応策

あなたの誠意ある対応をしていけば、カードローン会社が返済期限の変更に応じてくれたり、返済額を減らしてくれたりするケースもあるようです。

あなたの誠意を伝えるためには、今月は返済が厳しくなりそうと分かった段階で早めに、返済が遅れる理由や返済できそうな日を出来るだけ丁寧に、直接電話で伝えることが重要です。

そのように相談した上で、伝えた通りに出来るだけ確実に返済して、カードローン会社からの信頼を出来るだけ失わないようにする行動を心掛けましょう。

カードローンがどうしても返済できない…間に合わなくてピンチ…という方は
返済不能になった場合の救済措置など解説した記事も参考にしてみて下さい。⇒カードローン返済できないとどうなる?返済不能の救済措置まとめ【体験談あり】

カードローンの返済方法のまとめ

当記事ではカードローンの返済について解説してきました。
もう一度カードローンの返済についての情報をまとめてみます。

カードローンの返済方法まとめ
  • 金利(利息)を出来るだけ支払わないためには手数料のかからない返済方法で、出来るだけ毎月多めに随時返済をしていく
  • 完済までの返済期間は気にしなくて良いが、毎月の返済期限までには最低返済額以上を返済する必要がある
  • 返済が遅れてしまいそうなら出来るだけ早めにカードローン会社に電話する

実際どのように返済計画を立てて行けば良いのか分からないという方は、まずは返済シミュレーションで自分の返済状況を確認してみることをおすすめします。

冒頭の返済シミュレーションに戻る

 

【公式サイトリンク集】
大手カードローンの返済方法・シミュレーション

三井住友銀行カードローン
三菱UFJ銀行カードローン
みずほ銀行カードローン
楽天銀行カードローン
りそな銀行カードローン
スルガ銀行カードローン
横浜銀行カードローン
アコム
プロミス