金利が安いカードローン徹底比較|利息の計算シミュレーション提供中

金利が安いカードローン徹底比較|利息の計算シミュレーション提供中

カードローンを利用するなら、なるべく利息を支払わずにお金を借りたいですよね。

それなら…
ズバリ金利の安いカードローンを選ぶのがおすすめです!

本ページでは、安心して利用できる大手カードローンの金利を比較してランキング形式で紹介しています!

→まずは金利比較ランキングをチェック!

ほかにも全国にあるカードローン(銀行・信用金庫・労働金庫・農協など)の金利を一覧でまとめていますので、わざわざ調べなくても一目瞭然でわかります。

一方で、カードローンを利用した場合の利息額や返済額も事前に把握しておきたいですよね。

利息額はどれくらい?
毎月の返済額はいくら?
返済期間は何年かかる?

そんなときはこちらの金利計算シミュレーションを使えば、簡単に試算することができます。

ぜひ自分の返済計画を立てる際に活用してください。

そしてお金を借りるなら、損しないためにも金利の仕組みを正しく理解しておくことは大切です。

無利息期間キャンペーン利用金利を下げる交渉術借り換えによる利息軽減など金利がグッとお得になる方法も紹介していますので、返済にかかる利息を抑えたい人は最後まで読んでみてくださいね。

とにかく利息を支払いたくないという人は上限金利が一番低いみずほカードローンがおすすめです!

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

融資上限額 金利 融資時間
最大800万円 年2.0%~14.0% 2〜3営業日
審査時間 来店不要・WEB完結 担保・保証人
2〜3営業日 不要

人気カードローンの金利比較ランキング

ここからは上限金利が低い順におすすめのカードローンをランキング形式で紹介していきます。

金利重視で選びたい人は、上限金利が低利率のカードローンを選ぶようにしましょう!

どうして上限金利なの?
初回の借り入れでは、多くの場合は上限金利になることが一般的です。よって上限金利を目安に選ぶほうが賢明です。

1位:みずほ銀行カードローン

カードローンの特徴
24時間いつでも来店・郵送不要で申し込み可能
みずほ銀行のキャッシュカードを持っていればすぐに利用OK

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

融資上限額 金利 融資時間
最大800万円 年2.0%~14.0% 2〜3営業日
審査時間 来店不要・WEB完結 担保・保証人
2〜3営業日 不要

2位:楽天銀行カードローン「スーパーローン」

カードローンの特徴
申込書の記入が一切不要!楽天ポイントがもらえる特典つき
コンビニATM手数料0円!スマホ・パソコンで24時間の利用OK

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン

融資上限額 金利 融資時間
最大800万円 年1.9%~14.5% 最短翌日
審査時間 来店不要・WEB完結 担保・保証人
最短翌日 不要

3位:三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

カードローンの特徴
口座開設不要・提携ATM手数料無料
バンクイックの審査は土日祝祭日でも対応可能

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)

融資上限額 金利 融資時間
最大500万円 年1.8%~14.6%
審査時間 来店不要・WEB完結 担保・保証人
最短翌営業日 不要
・ご本人さまが確認できる書類の写し
・ご本人さまの収入が証明できる書類の写し(50万円超の利用限度額を希望する場合)

4位:横浜銀行カードローン

カードローンの特徴
横浜銀行をメインバンクにしている人にとっては大変便利
最高1,000万円まで借入枠があり大手の銀行カードローンの中でも最大融資額

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローン

融資上限額 金利 融資時間
最大1,000万円 年1.9%~14.6% 最短翌営業日
審査時間 来店不要・WEB完結 担保・保証人
最短翌営業日 不要

5位:オリックス銀行カードローン

カードローンの特徴
口座開設不要・提携ATM手数料無料
2社ある保証会社のどちらかで審査が通ればOK

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン

融資上限額 金利 融資時間
最大800万円 年1.7%~17.8% 数日
審査時間 来店不要・WEB完結 担保・保証人
数日 不要

金利Q&A:カードローンを無審査で利用することはできる?

カードローンを審査なしで利用することはできません!かならず審査を受ける必要があります。

なぜならお金を貸しても大丈夫かどうかを判断するために、申込者の属性はもちろん個人信用情報返済能力を見極める必要があるからです。

よって無審査ローンOK・無審査キャッシングOKと謳ってる貸金業者は、闇金などの悪徳業者である可能性が高いので注意しましょう!
カードローン審査に関する詳細は「カードローンの審査が不安でも大丈夫!審査内容と通りやすくするためのコツを徹底解説」をご確認ください。

メガバンク、地方銀行、ネット銀行カードローン金利一覧

主要なカードローンの金利が一目でわかる一覧になります。

地方銀行のなかには地域限定で金利が優遇されたり、ネット銀行においてはメガバンクと遜色ない低利率のカードローンが多く存在します。

検討しているカードローンの金利を調べる際には参考にしてください!

利率に差があるけど適用されるのは?
初回は上限金利が適用されることがほとんどです。しかし原則としては、下限金利と上限金利の範囲内で限度額に応じて決められます。

メガバンク金利一覧

新生銀行カードローン 4.5%~14.8% 平日14時までに申し込めば当日中の振込可能
三井住友銀行カードローン 4.5%~14.5% 来店不要・必要書類がWEBから提出可能
三井住友信託銀行カードローン 1.0%~4.4%
(変動金利)
三井住友信託銀行の住宅ローンを利用中の人限定
ゆうちょ銀行カードローン「したく」 受付終了 2018年10月31日をもって「したく」の申し込み受付終了
りそな銀行「りそなプレミアムカードローン」 3.5%~12.475%
(変動金利)
住宅ローンや給与振込を利用中であれば年0.5%引き下げ

地方銀行金利一覧

あ行
全国対応!
愛媛銀行(ひめぎん)カードローン
4.4%~14.8%
(変動金利あり)
「ひめぎんクイックカードローン」ならはじめての人はWEB契約で30日間無利息あり
大分銀行「ハッピーカードローン」 5.0%~14.5% 配偶者に収入があれば無職の人でも申し込み可能
全国対応!
大垣共立銀行カードローン
4.5%~12.0%
(変動金利)
少子化対策で子育て家庭には金利優遇あり
沖縄銀行カードローン「チェキット」 14.6% 沖縄県在住の人限定で口座がなくても申し込みOK
沖縄海邦銀行(かいぎん)カードローン 3.8%~14.6%
(変動金利あり)
充実した9種類のなかでも「ハッピーカードローンsmart」が一番利点が多い
か行
香川銀行「PaPaっとCard(パパットカード)」 5.5%~14.6%
(変動金利)
専業主婦・パート・アルバイト・年金受給者も申し込みOK
全国対応!
鹿児島銀行「かぎんカードローン」
1.9%~14.5%
(変動金利)
「かぎんカードローンS(エス)」なら口座不要でスマホ完結
関西みらい銀行カードローン 年3.5%~12.475%
(変動金利)
住宅ローンや給与振込を利用中であれば年0.5%引き下げ
全国対応!
北日本銀行カードローン
3.0%~14.8%
(変動金利)
「カードローンスーパークイカ」なら口座不要で全国どこからでも利用可能
紀陽銀行カードローン 3.1%~14.9%
(変動金利)
「紀陽銀行カードローンプラス」なら所定の条件を満たせばWEB完結
全国対応!
京都銀行「京銀カードローンW(ワイド)」
3.975%~11.975%
(変動金利)
なんといっても上限金利が低いことが最大の利点
熊本銀行カードローン 3.0%~14.5%
(変動金利)
来店なし口座なしで申し込みOK
京葉銀行カードローン 4.5%~14.0% 「そっけつくん」なら主婦・パート・年金受給者も申し込みOK
高知銀行(こうぎん)カードローン 4.2%~14.5% 取引内容によっては最大で年3.5%引き下げあり
さ行
西京銀行(さいきょう)カードローン 6.75%~14.8% 住宅ローンを利用中であれば低金利の「住パックカードローン」を利用可
佐賀銀行カードローン 2.0%~14.6% 来店不要・口座不要で申し込みOK
滋賀銀行カードローン「サットキャッシュ」 4.8%~14.9% 利用明細を送付しないことも選択可能
四国銀行「カードローン4’S(フォーエス)」 4.0%~14.6%
(変動金利)
キャッシュカードまたはフォーシーカードをお持ちならWEB完結&印鑑不要
全国対応!
静岡銀行カードローン「セレカ」
4.0%~14.5%
(変動金利)
新規契約の人は最大45日間分の利息をキャッシュバック
十八銀行カードローン 2.0%~14.6% 口座不要で申し込みOK!契約手続きにも印鑑不要
全国対応!
荘内銀行カードローン
3.5%~14.6% ローンカード発行前でも希望すれば振り込み可能
親和銀行カードローン 3.0%~14.5%
(変動金利)
来店なし口座なしで申し込みOK
全国対応!
スルガ銀行カードローン
3.9%~14.9% 来店不要・申込書類不要のWEB完結
仙台銀行スーパーカードローン「エクセレント」 3.5%~14.5% 来店不要で申し込みができて審査回答は最短で翌営業日
た行
全国対応!
千葉銀行(ちばぎん)カードローン
1.7%~14.8%
(変動金利)
契約と同時(ローンカード到着前)に振り込み可能
中国銀行(ちゅうぎん)カードローン「コ・レ・カ」 4.8%~14.5%
(変動金利)
パート・アルバイト・個人事業主・主婦でも申し込みOK
筑波銀行「つくばカードローン」 4.8%~14.6% パート・アルバイト・主婦・年金受給者・学生でも申し込み可能
筑邦銀行カードローン 3.5%~14.6%
(変動金利あり)
契約と同時(ローンカード到着前)に振り込み可能
な行
七十七銀行カードローン 4.9%~14.8% 「77カードローン」ならWEB契約で一律で年3.1%引き下げ
南都銀行カードローン 2.5%~14.95% 「E-PACK(イーパック)」ならポイントによって最大で年2.3%の金利優遇
日本シティ銀行カードローン 3.0%~14.95%
(変動金利あり)
商品は女性向け、高所得者向け、学生向けなど多岐にわたる
は行
全国対応!
八十二銀行カードローン
5.5%~14.5%
(変動金利あり)
「ニューマイティー®」は給与振込・住宅ローン・無担保ローンを利用中、確定拠出年金に加入中であれば年2.5%の金利優遇
肥後銀行カードローン 4.5%~14.0%
(変動金利あり)
お持ちのキャッシュカードでそのまま利用できる「WEBカードローン」がおすすめ
百五銀行カードローン 3.8%~14.7% 新規契約の人は最大2か月間は金利50%OFF
百十四銀行(ひゃくじゅうし)カードローン 4.5%~14.5% 来店不要・口座不要で口座をお持ちならWEB完結できる
広島銀行(ひろぎん)カードローン 2.475%~14.6%
(変動金利)
主婦・新入社員・パート・アルバイト・年金受給者向け、公務員向けなど幅広いニーズに応えてくれる
福井銀行カードローン 2.8%~14.6%
(変動金利)
口座不要で申し込みから契約までWEB完結
全国対応!
北都銀行カードローン
3.5%~14.6% 「スピードカードローンNeo」ならパート・アルバイト・専業主婦・年金受給者・学生でも申し込み可能
北洋銀行カードローン「スーパーアルカ」 1.9%~14.7%
(変動金利)
大泉洋さんのCMで認知度も高く来店・口座・入会金、年会費不要だから北海道民におすすめ
北陸銀行カードローン 6.8%~14.95%
(変動金利あり)
「カードローン スーパーNOW」ポイント数に応じて最大年3.0%金利優遇
全国対応!
北海道銀行カードローン「ラピッド」
1.9%~14.95% 全国のコンビニATMにて手数料無料で利用可能
北國銀行カードローン「DAY SMART(デイスマート)」 3.0%~9.5%
(変動金利)
上限金利が低く全体のなかでもトップクラス
ま行
三重銀行(みえぎん)カードローン 4.5%~14.3% 住宅ローンを利用中であれば年4.3%でさらにお得になる
みちのく銀行「Webカードローン トモカ」 4.9%~14.0%
(変動金利あり)
利用限度額に応じた金利となっており200万円・300万円は変動金利
全国対応!
みなと銀行カードローン「Qポートネオ」
4.5%~14.0% みなと銀行ATMだけでなく全国のセブン銀行・ローソン・イーネットのコンビニATM、提携金
融機関・ゆうちょ銀行・イオン銀行ATMで利用可能
宮崎銀行カードローン「みやぎんパートナーカード」 6.0%~14.6% 「おまかせくん」ならパート・アルバイト・専業主婦・年金受給者も利用可能
もみじ銀行カードローン 2.85%~14.5%
(変動金利あり)
「マイカードもみじ君」ならパート・アルバイト・年金受給者の人でも100万円まで融資可能
や行
山形銀行(やまぎん)カードローン 4.5%~14.6% 申し込みから融資までWEBで完結
山口銀行カードローン 2.85%~14.5%
(変動金利あり)
「ミニカードローン」なら普通預金口座にローン機能がセットされるから便利
山梨中央銀行カードローン「waku waku Smart」 5.0%~14.5% パート・アルバイト・専業主婦・年金受給者も申し込み可能
ら行
琉球銀行(りゅうぎん)カードローン 3.9%~13.5%
(変動金利あり)
上限金利が低めなのにパート・アルバイト・専業主婦・年金受給者でも利用可能

ネット銀行金利一覧

じぶん銀行カードローン 2.2%~17.5% auユーザー限定でだれでも年0.1%優遇(借り換えは年0.5%優遇)
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 15.0%
(変動金利)
カードローンは受付終了。ネットキャッシングへ切り替え中
住信SBIネット銀行「MR.カードローン」 1.59%~14.79% プレミアムコース:年1.59%~7.99%・スタンダードコース:年8.99%~14.79%
セブン銀行カードローン 15.0% 2018年3月18日をもって70万円・100万円への増額申し込みは受付終了
ソニー銀行カードローン 2.5%~13.8% 口座がなくても24時間申し込み可能

信用金庫(しんきん)カードローン

しんきんカードローンでは、メイン商品である「きゃっする」のほかにも取引内容や用途によってさまざまな商品が用意されています。

地域に密着した信金の会員向けサービスとして行なっているので、信用金庫カードローンは金利が低く設定されている傾向にあります。

例:東京信用金庫の金利表

利用コース 金利(保証料含む)
10万円コース 11.5%
30万円コース
50万円コース
100万円コース

→近くの信用金庫を探す

労働金庫(ろうきん)カードローン

労働金庫(ろうきん)は、労働組合や生活協同組合などの組合員によって構成されている金融機関です。

ろうきんカードローンでは「マイプラン」が主力商品となっており、メガバンクと比べても上限金利はかなり低く設定されています。

さらにメインバンクとして運用していけば、金利優遇されるメリットが大きくなります。

例:中央労働金庫の金利表

対象者 金利 保証料
団体会員の構成員 3.875%~7.075% 0.80%
生協会員の組合員
および同一生計家族
4.055%~7.255% 0.98%
一般勤労者 5.275%~8.475% 1.20%

ろうきんカードローンについては、下記ページにまとめていますので参考にしてください。
→「556_ろうきん カードローン」に内部リンク

農協(JA)カードローン

JAカードローンとは、農業協同組合(JA)・農林中央金庫(農林中金)・信用農業協同組合連合会(信連)の3団体から構成されるJAバンクのカードローンのことです。

信用金庫と同じく地元密着型のカードローンですが、市区町村によってはJAカードローンを取り扱っていないケースがあります。

また限度額や金利などの融資条件も異なりますので、まずは自分の住まいにJAバンクがあるか確認してみましょう。

例:JA東京中央の金利表

限度額 金利(保証料含む)
10万円~500万円 4.5%~12.0%

JAローンについては下記ページでくわしくまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

キャッシング機能付きクレジットカード

カードローンは銀行や消費者金融などが行なっている個人向け融資のことです。

そして現金がないときに手元にあると便利なのが、クレジットカード会社などがサービス提供しているキャッシング機能付きクレジットカード

ショッピングの支払いにも使えるし、ポイントプログラムなども利用できるため人気があります。

ここではおすすめのキャッシング機能付きクレジットカードをいくつか紹介していきます。

もし自分のクレカにキャッシング機能が付いていたら、それを利用するのも手ですよ。

楽天カード

楽天をよく利用する人向け!
パソコンやスマホで簡単に申し込めます。カードデザインや国際ブランドも選べます!

キャッシング限度額 特記事項
0~50万円 新規入会&利用で5,000ポイント

ライフカード

なんと誕生月はポイント3倍!
高校生を除く満18歳以上の学生が利用できる「学生専用カード」もあります。

キャッシング限度額 金利
最大200万円 13.505%~18.0%

三井住友カード


ブランド力が高いカードを求める人向け!
年会費を支払ってもサービスの充実度を求める人におすすめです。

キャッシング限度額 金利
最大300万円 14.4%~18.0%

セディナカードJiyu!da!

3317
ダイエーとイオンで毎日ポイント3倍!
専業主婦(主夫)でも利用できて、貯まったポイントは商品券などに交換できます。

キャッシング限度額 金利
最大200万円 上限18.0%

オリコカード

高還元率クレジットカードとして人気!
1・2回払いやボーナス払いを利用すれば金利手数料は一切かかりません。

キャッシング限度額 金利
最大100万円 15.0%~18.0%

セゾンカード

年会費無料でポイントは永久不滅!
オンラインで申し込みしておけば全国のセゾンカウンターで最短即日で発行が可能です。

キャッシング限度額 金利
最大300万円 12.0%~18.0%

三菱UFJニコスカード

最大10,000円相当がもらえる入会プレゼント!
貯まったポイントは年に1回、1ポイント1円換算でキャッシュバックされます。

キャッシング限度額 金利
最大200万円 14.94%~17.94%

金利Q&A:リボ払い、分割払いはどちらが利息を抑えられる?

リボ払いと分割払いのどちらも「複数回にわたって支払う」という意味では似ていますが、返済額の決定方法が異なります。

  • リボ払いは借入残高
  • 分割払いは支払い回数

によって月々の返済額が決まってきます。

一般的にはリボ払いに比べると、分割払いのほうが利息は抑えられるケースが多いです。

とくに金利手数料が無料になる一括払い・2回払い・ボーナス一括払いを利用するのがもっともGOOD。

ただし返済期間が長くなるようなら、分割払いよりもリボ払いで返済していくほうが有利になってきます。

そしてリボ払いで返済するなら、クレジットカードのキャッシングよりカードローンのほうが断然お得になりますよ!

→「リボ払いは低金利カードローンへ借り換えたほうが損しない!」を見る

カードローン金利の仕組み

ここからは、カードローンでお金を借りるときに大きく関係してくる金利の仕組みについて解説していきます。

まずは「金利」や「利息」など、わかりづらい用語の違いから確認していきましょう。

金利とは

金利をざっくり言うと、お金を借りるときに支払う利用料といったところです。

そして利息は実際に支払う利用料金のことです。

金利 借りたお金に対して支払う金額の割合
利息 借りたお金に対して支払う金額そのもの

金利は割合(%)で表示され、「利率」とほぼ同じ意味で使われます。

またよく見かける「実質年率(年利)」とは、保証料や事務手数料などの諸経費を含めた金額の割合のことで、法律上で表示することが定められています。

よってカードローンに金利のみが表示されている場合は、実質年率(年利)とイコールと考えて大丈夫です。

金利の上下幅がある理由は?

先ほどカードローンの金利は割合で表示されると説明しましたが、「◯%~◯%」というように下限金利上限金利で差があります。

金利の上下幅がある理由としては、延滞リスクを考慮して金利に差をつけているからです。

適用される金利は、融資額が多ければ多いほど下限金利に近くなります。これはカードローンの審査で、融資額が多く設定された = 優良顧客であると評価されたということです。

かえって初回で利用実績がないと、融資額は少なくなり適用金利は上限金利となる可能性が高くなります。

そのためカードローンの金利を比較するときは、下限金利ではなく上限金利を見るようにしてください。

金利は高い?金利相場の目安

またカードローンの金利は、住宅ローンなどのほかのローンと比べて金利相場は高めに設定されています。

これはカードローンの利用目的が自由で、無担保であることが影響しています。

カードローンの借入先ごとに見てみると

銀行消費者金融クレジットカードのキャッシング枠

の順に金利は高くなります。

ただし出資法で貸し付けに対する上限金利は20%までと決められており、さらに利息制限法で融資額に応じて目安となる上限金利が定められています。

利息制限法による上限金利

融資額 上限金利
10万円未満 20%
100万円未満 18%
100万円以上 15%

最低金利が適用されるのは最高融資額

つまりカードローン金利の決まり方は融資額によって変わってくるといえます。

そして最低金利は最高融資額に対して適用されることがわかります。

しかし最高融資額を借りることはハードルが高いです。

カードローン審査では高収入で属性が優良であること、さらには過去に金融事故を起こしたことがなく信用情報にまったく問題がない人に限られてきます。

また消費者金融になると「年収の3分の1以内」という総量規制があるため、高額融資を受けられることは滅多にありません。

銀行でも総量規制に準じた自主規制を行なっており、1つの基準として「限度額は最大で年収の3分の1」となることを考慮しておきましょう。

返済にかかる利息の計算方法

では実際どれくらいの利息が発生するのか、利息の計算方法を紹介していきます。

利息の計算方法
借入額(円) × 金利(%) ÷ 365日 × 借入期間(日数) = 利息額(円)
▼みずほ銀行カードローンの場合
・借入額:5万円
・金利:14.0%
・借入期間:30日間

利息を計算すると
50,000(円) × 0.14(利率) ÷ 365 × 30(日) = 575(円)
となり、利息額は「575円」になります。

利息は日割り計算されるため、早く返すほど返済にかかる利息は少なくなります。

可能であれば、繰り上げ返済していくことをおすすめします!

元金がどんどん減っていくので、それだけで利息の節約になりますよ。

金利Q&A:限度額が大きいほど金利が安いので、借りれるなら限度額は高いほうを選ぶべき?

限度額が大きいほど金利は低くなり、お金を借りる負担が小さくなります。

よって借りれるなら限度額は高いほうが良いでしょう。

なにより限度額が大きいと、急にお金が必要になったときでも安心ですよね。

またカードローンは限度額以内であれば、何度でもお金を借りれるので非常に便利です。

しかしなかには返済できずに自己破産に追い込まれるケースも見られるので、あくまでも借りすぎには注意してください。

カードローン金利計算シミュレーション

カードローンの利息計算は、計算式を覚えれば簡単に算出することができます。

しかし利息を自動的に試算してくれるシミュレーションがあれば助かりますよね。

カードローンの返済方法|シミュレーションから返済期間・金利を抑えるコツをご提案!」では希望する借入額・金利・返済期間を入力するだけで、利息を含めた返済総額や月々の返済額を試算することができます。

借入額別の利息額と月々の返済額

金利計算シミュレーションを使って、借入額別に上限金利が適用された場合の試算結果を下記にまとめています。

▼カードローン金利計算シミュレーション結果早見表

10万円
金利 返済回数 利息額 返済総額
15% 12回 8,180円 108,180円
24回 16,088円 116,088円
30万円
金利 返済回数 利息額 返済総額
15% 12回 24,551円 324,551円
24回 48,281円 348,281円
50万円
金利 返済回数 利息額 返済総額
15% 12回 40,919円 540,919円
24回 80,475円 580,475円
100万円
金利 返済回数 利息額 返済総額
15% 12回 81,847円 1,081,847円
24回 160,961円 1,160,961円

※100万円以上は上限金利が15%以下に規制されているため省略

カードローン金利が無料!無利息期間キャンペーンの利用

カードローンは低金利なほどお得だと思いがちですが、無利息期間キャンペーンを行なっているカードローンを選ぶほうがより得する場合があります!

はじめての利用なら30日間の金利が0円になるので、返済期間が1年以内であれば金利の安いカードローンを選ぶよりも支払う利息は少なくなります。

無利息期間があるカードローンなら、この4社がおすすめです!

プロミス

プロミス

プロミス

融資上限額 即日融資 融資時間
最大500万円 最短1時間
審査時間 来店不要・WEB完結 無利息期間
最短30分 30日間

レイクALSA

レイクALSA

レイクALSA

融資上限額 即日融資 融資時間
最大500万円 Webで最短1時間融資も可能(*1)
審査時間 来店不要・WEB完結 無利息期間
申込後、最短15秒 30日間(*2)

※1.21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
※2.200万円までの借入で5万円まで180日間無利息。

アコム

アコム

アコム

融資上限額 即日融資 融資時間
最大800万円 最短60分
審査時間 来店不要・WEB完結 無利息期間
最短30分 30日間無利息

アイフル

アイフル

アイフル

融資上限額 即日融資 融資時間
最大800万円 最短60分
審査時間 来店不要・WEB完結 無利息期間
最短30分 30日間無利息

金利Q&A:即日で借りれるカードローンはある?

もし急いでる場合は、低金利より即日融資できるカードローンを利用しましょう。

以前は銀行カードローンでも即日融資が可能でしたが、現在は即日融資を受けることができるのは消費者金融だけです。

しかも審査スピードが早く、WEB完結できるので誰にもバレずにお金を借りることができます!

最短即日で借り入れOKな消費者金融系カードローンは、下記の記事でくわしく紹介しています。

カードローン金利を下げる(安くする)交渉はできる?

これまで説明してきたように、金利はカードローン審査で設定された限度額によって決まります。

しかし…なんとカードローン利用中に、これまでできなかった金利引き下げの交渉に対応してもらえることがあります!

条件を満たしていれば金利引き下げの見直しが可能

そもそもはじめての利用だと、信頼関係が築けていないので金利引き下げの交渉は難しいです。

でもきちんと利用実績があって優良顧客だと認識されれば、交渉次第で金利を見直してもらえる可能性があります。

たとえば

  • 長期的な取り引きがある
  • 延滞や滞納がなく返済実績がある
  • 高額の借り入れをしている
  • 当初より収入が上がっている

などの条件を満たしていれば、相談すると金利が下がるケースがあるんです。

ただし限度額の増枠、借り換えやおまとめローンを利用したときに金利が見直されることが多いようです。

変動金利のカードローンを選ぶと金利が変更される可能性あり

反対に金利が変更されて上がってしまうケースもあります。

固定金利のカードローンは完済するまで金利が変わりませんが、変動金利だと景気によって金利が上がる可能性があるんです。

だからといって極端に金利が上がったり下がったりすることはありません。

もし変動金利を選ぶなら、利率が変動するリスクをきちんと考えておくことが大事です。

金利Q&A:カードローンの金利は本当に変動するの?

低金利時代がしばらく続いていたため、将来的には金利は上がる確率が高いと思われます。

カードローン会社では、毎年4月と10月頃に金利の見直しを行なっています。そして見直し時期に金利が変動すると、その都度新しい金利が適用されます。

金融情勢などによって金利が上がってしまった場合は、利息の負担をなるべく抑えるためにも繰り上げ返済していくことをおすすめします!

リボ払いは低金利カードローンへ借り換えたほうが損しない!

実はクレカのリボ払いを続けているより、カードローンへ借り換えることで確実に金利を下げられるって知ってますか?

注目すべきは「低金利」に借り換えることなんです!

ここから低金利カードローンへ借り換えるメリットをお伝えしていきますので、リボ払いの返済で困ってる人はぜひ参考にしてくださいね。

クレカのリボ払いとカードローンの金利比較

リボ払いの金利は大体15%~18%くらいが相場です。

カードローンの金利は14%~15%前後ですので、借り換えると単純に利息が減ります。

カードローン利息リボ払い手数料

ということは、トータルで支払う返済額も下がりますよね。

一般的にリボ払いの手数料は高く設定されているため、金利が低いカードローンに借り換えることで利息の負担が減ってお得になるんです!

借り換えやおまとめローンで利息軽減

カードローンに借り換えるなら、契約が1社だけの場合は借り換え、複数の契約を1社にまとめる場合はおまとめローンを利用することになります。

リボ払いの金利は18%と高めなので、1%でも金利が安いカードローンにすることはかなりの利息軽減につながります!

ただしカードローンに借り換えても、毎月の返済額が少ないと返済期間が延びて支払い総額は高くなってしまいます。

そうなると結果的に大きく損してしまうので注意してください。

下記の記事で借り換えに適したカードローンを紹介してますので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

金利Q&A:借り換えすると年収に対して限度額はどれくらい?

前述にもありますが、借り換えであっても「限度額は年収の3分の1以内」が目安になります。

しかしおまとめローンは総量規制の対象外のため、年収の3分の1を超える借り入れが可能です。

ただやはり年収は重要な審査基準であり、借り換えを目的とするカードローン審査では返済実績も重要となります。それはおまとめローンにも同様のことがいえます。

年収に対する限度額を気にする気持ちはわかりますが、自分で返せる範囲でお金は借りるようにしましょう。

カードローンの金利まとめ

最後にカードローン金利の仕組みをおさらいしておきましょう。

まず適用される金利は、原則として限度額によって異なります。そして限度額は自分の年収が1つの目安となります。

大切なのは自分の年収であれば限度額はいくらになるのか、適用される金利はどれくらいなのかを事前に返済シミュレーションしておくことです。

そして利息を抑えるなら、上限金利が低利率のカードローンを選ぶようにしましょう!

金利で損しないためのポイント!
1. はじめての利用なら無利息期間キャンペーンを利用すれば30日間の金利が0円!
2. 限度額の増枠、借り換えやおまとめローン利用は金利の引き下げのチャンス!
3. クレカのリボ払いは低金利カードローンへ借り換えたほうが利息軽減になる!
「結局どのカードローンにしたらいいの?」と悩んでいる人は、もう一度金利比較ランキングから検討してみてください!

→人気カードローンの金利比較ランキングはこちら