初めてのカードローン特集|低金利で借りる方法&比較ランキングで不安解消!

初めてのカードローン特集|低金利で借りる方法&比較ランキングで不安解消!

「カードローンを初めて借りたいんだけど、何がなんだかさっぱりわからないな。
「カードローンを借りるのなんか不安だな。」

カードローンを初めて利用しようと思った時、様々な漠然とした不安が頭をよぎるのではないでしょうか。

今回の記事では、初めてカードローンを借りようと思っている人に向けて、カードローンに関する不安を解消できるように、カードローンについて知っておいてほしい基本情報から気をつけなければいけない点まで詳しく解説していきます!

カードローンについての知識がまだ全くない人でも、この記事を読めば、カードローンの全体像を掴めるようになってますよ!

カードローンは気をつけるべきポイントは多いのですが、無理のない借入さえ心がければ、お金を必要とする際に大変役立つサービスとなっています!

記事のおわりには、自分のニーズに合ったものが選べる絞り込み検索で、あなたにおすすめのカードローン会社も紹介します!

さっそくオススメのカードローン会社を知りたい!」方は、絞り込み検索でさっそく確認してみましょう!

そもそもカードローンとは?

そもそもカードローンとは?

それでは、カードローンについて基本的な情報から確認して行きましょう!

そもそもカードローンとは、担保・保証人なしでお金を借りられるサービスです。

質屋のように何か借りたい額に値する物を預けたり、返済できなくなったらこの人に頼ってくださいという保証人を準備したりする必要はなく、実際に借りる人とお金を貸すカードローン会社の間での信用で成り立つサービスです。

基本的に、いくらまで借りていいよという借入限度額が設定され、その範囲で何回でもお金を借りることが出来ます!

どうやって利用するの?

カードローンは、その名の通り、カードが発行され、それを利用してATMからお金を引き出すことが主流でした。しかし最近だと、銀行口座への振込や、インターネットバンク、アプリを通してお金を借入することができるようになり、カードレス化が進んでいます

そして、返済の際には、借りた額と期間に応じて利息というものが発生し、トータルでは借りた額より少し多めにお金を返さなければいけません。

なので、カードローンは今お金が手元にないけど、どうしてもお金が必要な時に役立つサービスとなっています。

カードローンは安心して借りられる?

「カードローンって聞くと、どうしても不安。」
「ヤミ金にだまされたりしないかな。」
「カードローンで借金地獄になったらどうしよう。。」

カードローンは安心して借りられる?

カードローンは借金です。

そして、カードローン会社の中には甘い言葉であなたを騙して無理な返済を要求する、ヤミ金と呼ばれる悪質な会社もあるのは事実です。

また、カードローンの返済のために、別のカードローンをまた借りて、それの返済のためにさらに別のカードローンを借りるという多重債務に陥る人もいます。

あなたがそうならないためには、まずカードローン会社を見極める必要があります。

銀行のカードローンは信頼度は高く、その分審査は厳しくなっています。広告でよく目にする大手のカードローン会社のプロミスやアコムなどはその知名度から信頼度が高く、いくら返済ができなくなっても取り立てや法外な利息の請求はありません。安心して借りたいのなら、やはり知名度の高いカードローン会社に申し込んでみることをオススメします。

そして無理な借り入れをしないように、より簡単に申込から借り入れまでできるようになったからこそ計画性を持って借入れしないといけません。借金に借金を重ねることがないように、無理のない借入れを心がけましょう。

家族や会社にバレずに借りられる?

「カードローンを借りること、周りに知られたくないんだよなあ。」

という方は多いと思います。できるだけ誰にもバレずに借りたいですよね。しかし、家族や会社の人にバレてしまう可能性があります

  1. カードローン会社から電話が自宅または勤務先にきてバレる
  2. 契約書類やカードが家に届いた時にバレる
  3. カード、ATMを使っているところを見られる

<カードローン会社から電話が自宅または勤務先にきてバレる>

カードローンの審査では在籍確認という電話連絡があり、カードローン会社から自宅か勤務先に電話がきます。ただ、ほとんどのカードローン会社は会社名ではなく個人名でかけてくるので、もし本人以外が電話を取ったとしてもバレずらくなっていたり、連絡希望時間を申込みの際に選べたりと、カードローン会社側の配慮もあります。


<契約書類やカードが家に届いた時にバレる>

封筒にカードローン会社の名前が書いていなくても、一緒に住んでいる人に疑われてしまいますね。

しかし、今ではWEB完結型といって、郵送物を一切無しにすることもできます。その際は、カードの発行なし、契約書類や明細書はWEB上で確認を契約の際に選ぶ必要があります。


<カード、ATMを使っているところを見られる>

ATMを使っているところを近所の人に見られてしまってバレたというケースもあります。しかし、今ではカードを利用しないで、振込やインターネットバンク、コンビニATMを利用してお金を借りることでバレるのを防ぐことが出来ますよ。

以上のように、策をしっかり打てば誰かにカードローンの使用がバレる心配は少なくなりました。

初めてなら消費者金融と銀行カードローンどっちがいい?

「カードローンは分かってきたけど、結局どの会社で借りればいい?」
「どのカードローン会社がいいのか種類が多くてわからない!」

初めてなら消費者金融と銀行カードローンどっちがいい?

カードローン会社と一言で言っても、その数は多くあります。

そこで、まずはカードローン会社を大きく2種類に分けてご紹介します!

「消費者金融」「銀行カードローン」です。

「消費者金融」とは、聞き馴染みのない言葉ですが、個人を相手に担保・保証人無しでお金を貸す貸金業者のことを指します。

消費者金融

最短で申し込んだその日にお金を借りられる
金利は高めに設定されている(~18%程度)
30日間の無利息期間などのお得なサービスが充実

大手消費者金融:アイフル、アコム、SMBCモビット、プロミス等
中小消費者金融:セントラル、中央リテール、フタバ等

銀行カードローン

金利が低く設定されている(~14.5%程度)
専業主婦でも借りられる
審査は比較的厳しめ

大手銀行:みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行
地方銀行:横浜銀行、りそな銀行、スルガ銀行
ネット銀行:楽天銀行、オリックス銀行

すぐに借りたいなら消費者金融がおすすめ!

消費者金融では最短で申し込んだその日にお金を貸してもらえます。だいたい14時くらいにまでに申し込みをして契約を完了されば、お金を指定した口座へ振り込んでもらうことが可能なケースが多いです!

ただ、消費者金融は銀行カードローンと比べると金利が高く設定されています。金利が高く設定されているということは、返済の場合に払う利息が多いということです。借りる金額が多くなればなるほど、払わないといけない利息も増えるので注意が必要です。

しかし、消費者金融だと初めて利用する方は、30日間無利息キャンペーンを行っていることが多いんです!契約をしてから30日間は利息について考える必要なく、借りた分だけ返せばOKです。なので、もし、カードローンを何回も利用する気はない人、30日間以内に返済できそうな人は消費者金融のキャンペーンを利用するのがお得です!

つまり、こんな人に消費者金融はおすすめ ⬇

  • とにかく早くお金を借りたい!
  • 申し込みから借入までスマートにしたい!
  • 一回だけお金を借りたいだけ!

低金利で借りるなら銀行カードローンがおすすめ!

銀行カードローンは、消費者金融よりも金利が低く設定されています。だいたい消費者金融の金利が18%で銀行カードローンの金利が14.5%とに設定されていて、およそ3.5%ほど違います。

「3.5%なんて微妙な差じゃん。」

と思うかもしれませんが、もし100万円を借りて一年間かけて返済していくようにすると、

金利が 18%の場合 →  合計返済額 1,100,148円
金利が 14.5%の場合 →  合計返済額 1,080,264円

となり、およそ2万円も返済額が違ってきます

少額でお金を借りる場合でも、塵も積もれば山となる形式でどんどんと利息の負担は大きくなるので、金利に関しては十分考えておく必要があるでしょう。

返済の際に利息がつくのをできるだけ抑えたい方は銀行カードローンのほうがおすすめです。

また、銀行カードローンの中にはその銀行の口座を持っていなくてもカードローンを利用できるところもありますが、すでに口座を持っている銀行だとより手続きが簡単に進み、最短で翌日にお金を借りられる場合もあります

そして、専業主婦の方でも申し込めるのは基本銀行カードローンのみとなっています。

つまり、こんな人に銀行カードローンはおすすめ ⬇

  • 金利をできるだけ抑えたい!
  • すでにローンを借りられる銀行の口座を持っている!
  • 専業主婦の方!

カードローンを初めて利用するときの流れ

「カードローンを利用したいけど、なんか申し込みがめんどうくさそう。」
「借りるまでけっこう時間かかるの?」

カードローンを初めて利用するときの流れ

カードローンを利用しようとなると、申し込みから実際の借入まで、なにかと手続きが多そうだし、時間もかかりそうな印象がある方もいるのではないでしょうか。

しかし、インターネットで申し込みをすれば、お店に出向くこともせずに申込から借入まででき、また、申し込んだその日にお金を借りられるケースもあります。

必要書類さえ準備できれば、そこまで面倒臭さを感じずに借入まで手続きを進められることが出来ますよ。

申し込みから契約までの流れ

申し込みから借入、返済までには次のステップを踏むことになります。

手順1
申し込み

カードローンへの申し込みは、インターネットや電話などを通して行うことができます。

カードローン会社のホームページにいって、そこからインターネット申し込みで必要事項を記入して申し込むのが一般的です。インターネット申し込みだと、24時間いつでもどこからでも申し込むことが出来るので大変便利です。

また、パソコン操作に不安な方、オペレーターの方に相談しながら申し込みたい人は、電話での申し込みもできます。

他にも、カードローンの店舗や自動契約機が近くにあるのなら、それを利用してカード発行までその場でしてもらうことも出来ます。

手順2
必要書類の提出

申し込みが完了したら、次は必要書類の提出になります。まずは、本人確認書類として以下のような顔写真付きのものを準備してください。それを携帯で写真をとって、そのまま提出フォーム、もしくはメールに添付するのが一番効率が良いです。

◯ 運転免許証 ◯ パスポート ◯ 健康保険証

もし50万円以上借りたい場合は本人確認書類に加えて、以下のような収入証明書も提出する必要があります。

◯ 源泉徴収票の写し ◯ 税額通知書の写し
◯ 所得証明書の写し ◯ 確定申告証の写し
◯ 給与明細書の写し
手順3
審査

そして、忘れてはならないのが、申し込んだ人みんながお金を借りられるわけではないことです。

インターネットに記入した情報と提出した必要書類に基づき、審査が次に行われます。その際には、自宅もしくは勤務先に在籍確認として電話が来ます。

そして、審査に合格できるのはほとんどのカードローン会社で申込者の半数くらいの方となっています。

実際に有名なカードローン会社の2018年の平均審査通過率を確認してみると、以下のように申し込みをした方の半数は残念ながら審査に通れていません。

カードローン会社名 平均審査通過率
アコム 44.0%
SMBCモビット 44.2%
アイフル 44.2%
レイクALSA 30.1%

 

手順4
契約

無事、審査に合格できた方は契約へと移ります。契約書類に同意するのですが、これもインターネットを通して行えるカードローン会社がほとんどで、来店不要で契約まで完了させることが出来ます。

手順5
借入

急ぎの方は、契約の際に銀行口座への振込を依頼することですぐにお金を借りられます。

カードを使ってATMでお金を借り入れする場合には、基本カードは郵送で送られるので少しカードが届くまで待たなければなりません。

カードを使えば、カードローン会社のATMだけでなく、コンビニのATMなどでも簡単に借入することができるので大変使い勝手がいいです。

また、大手のカードローン会社、プロミスやアコムだとアプリを利用することでカード無しでお金をATMから引き出すことも出来ますよ!

インターネットバンキングや振込でわざわざATMに行かずにお金を借り入れすることもできるケースが多いです

手順6
返済

返済は、基本毎月決まった日にちまでにATMに一定額を振り込むパターンか、指定の口座から自動引落しが選べたりします。

また、まとめて一括で返済したり、繰り上げ返済をしたりもでき、その分返済期間も短くなるので、利息を低くすることも出来ます。

以上の6ステップを通してカードローンを利用することが出来ます。

初めてだと通りにくい?カードローン審査の基準

初めてだと通りにくい?カードローン審査の基準

「カードローン初めてだと、通りにくいとかある?」
「審査が不安なんだけど、何か対策ある?」

やはり審査が通れるのか心配になる人も多いと思います。審査落ちしないためにできること、確認すべきことを確認してみましょう。

ちなみにまず、お金を借りるための最低条件として、以下の2つの条件を満たしている必要があります。

  • 年齢が20歳以上である
  • 安定した収入がある

属性別:審査のポイント

職業

先程の最低条件にあったように安定した収入があれば、業種を問わず、正社員、契約社員、フリーランスの方など審査に通ります。

無職の方だと、バイト・アルバイトなどで安定した収入がない限り審査に通るのは難しいです。

学生の方だと、カードローン会社によってバイト・アルバイトで安定した収入があれば申し込める場合と、そもそも最低申込条件で学生は不可としている場合もあります。

また、審査で有利になるポイントとして勤務年数が長いことが挙げられます。

住まい
住んでいる場所が持ち家か賃貸かはそこまでカードローンの審査に影響を与えませんが、居住年数は審査でプラスに評価される場合があります。例えば持家で居住年数が長いほど、継続して住宅ローンの返済ができている、もしくは完済したということで、継続して支払いができる人と見込まれる可能性が高くなるなどです。
家族構成

申込の際に、家族構成として結婚しているのか、子どもがいるのかを記入することが多いのですが、基本的には審査には影響しないです。

ただ配偶者がいることでより安定して継続した収入を得るとプラスに評価されたり、共働きの場合、返せなくなるリスクが低いと見込まれプラスに評価されたりすることもあります。

信用情報のブラック・ホワイトに注意

そして、審査において、特に大事になってくるのが信用情報です。

信用情報は信用情報機関に載っている個人のお金に関する情報のことを指し、例えばあなたがこれまでどんなローンを借りたことがあるのか、返済はしているのか、年収はいくらあるのかなどの情報をカードローン会社は調べることができます。

なので、今までなにかクレジットカードの支払いの延滞などがあって、信用情報がいわゆるブラックの状態だと審査に通るのが厳しくなってきます。

また、今までクレジットやローンを一切使ったことのない「スーパーホワイト」状態でも審査落ちの可能性はありますが、先程の最低条件を満たしていれば心配する必要がないケースがほとんどです。

カードローンを初めて借りるときの限度額

カードローンを初めて借りるときの限度額

「カードローンっていくら借りられるの?」
「限度額って自分で自由に決められるの?」

申込の際に借入限度額をいくらに設定したいか希望を聞かれますが、これはいくらまで設定できるのかというと、実は総量規制という法律でカードローンで借りられる最高額が決まっているんです。

総量規制
賃金業者がお金を個人に貸す場合、その個人の年収の1/3までしか貸してはいけないという法律

ゆえに、年収が300万円の人の場合、300万円の1/3、100万円まで借りることができます!

しかしこれはあくまで法律上の借入限度額の最高というだけで、初めてのカードローンの申込だと、申し込む人のステイタスにもよりますが、最高でも50万円くらいが借入限度額として設定されるのが一般的です。

また、多くのカードローン会社で借入限度額は1万円もしくは10万円から希望できるようになっています。そして、これは限度額なので実際にお金を引き出す際には、1000円単位で引き出して使うことも出来るなど凡庸性が高い仕組みとなっています!

カードローンを初めて借りるときの金利

カードローンを初めて借りるときの金利

「金利はどうやって決まるの?」
「できるだけ金利は低くしたいんだけど。」

普段気にすることはめったにない分、金利について不安に感じる人は多いのではないでしょうか。

金利は、簡単に言うと、借りた額に対して利息がどのくらいつくのかという割合のことです。カードローンにおける金利は、一年間かけて返済する場合の金利なので、ただ単純に金利を借りた額にかけて計算しても正確には利息が計れません。実際には借りた日数によって払う利息は異なってくるからです。

利息が気になる方は以下の計算式に自分のプランを当てはめて参考にしてください。

利息=借入残高×年利×借入日数/365日(うるう年は366日)

そして、金利はカードローン会社ごとに異なり、先程も触れたように、銀行カードローンの方が金利が低くく設定されています。

カードローン会社 金利(年)
アコム 3.0%~18.0%
プロミス 4.5%~17.8%
アイフル 3.0%~18.0%
SMBCモビット 3.0%~18.0%
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0%
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%
横浜銀行カードローン 1.9%~14.6%
楽天銀行カードローン 1.9%~14.5%

初めてのカードローンを利用する場合は借りられる額が低いため、最大金利が適用される場合がほとんどです。なので、アコムで借りるなら18.0%、みずほ銀行カードローンなら14.0%に設定されるなどと考えてもらって大丈夫です。

そして、金利は借入額が多くなるにつれて適用される金利が下がることがあったり、しっかりカードローンの返済を続けて評価があがることで金利を下げてもらえることがあったりします。

とにかく、金利はできるだけ低いほうがいいですよね。消費者金融ではなく銀行カードローンを利用する以外にも、返済をしている中で利息をできるだけ安く抑えるコツもあるので次に解説します。

お得にカードローンを使うための返済方法

「返済毎月できるかな。」
「金利がやっぱり怖いんだよなあ」

お得にカードローンを使うための返済方法

など、返済に関して不安を持つ方もいるでしょう。
カードローンでお金を簡単に手に入れられて一時の幸福は得たけど、その分あとから苦しむことになってしまうような状況はできるだけ避けたいですよね。

そこで、できるだけ返済の際に困らないようにするコツを紹介します。

また、もし返済ができなくなってしまったらどんな未来が待ち受けているのかも確認しておきましょう!

利息を減らす返済のコツ

利息は、お金を借りている期間が長くなればなるほど増えていきます。

カードローンの場合は、借りている金額に応じて毎月一定の額を返済していく形になりますが、もし余裕があるのならば、この毎月の返済に加えて、繰り上げ返済をすることで返済期間を短くすることができます。返済期間が短くなることで、利息も少なくすることができるので随時お金を返済していくことが、利息を減らすコツとなります。

返済不能になったらどうなる?

「なんとか返済がんばってたけど、もう無理。」
「返済できなくなったら、どうなっちゃうんだろう。」

もし返済ができなくなってしまった場合はどうなるのかというと、次のステップで事態は悪化していきます。どこかのステップで踏み止まれればよいのですが、最悪の場合、債務整理または自己破産をする事になってしまいます。

  1. 遅延損害金を支払うことになる
  2. 信用情報機関に延滞したことが登録される
  3. 書面や電話で支払いの催促、カードローン会社の社員による自宅訪問
  4. 裁判沙汰になり、給料の差し押さえなど法的手段が施行される
  5. 債務整理もしくは自己破産

無理のない返済までの計画をしっかり立てていれば、よほどのことがない限り以上のような状況にはなりません。

もし、返済で困った際にはカードローン会社に連絡して事情を聞いてもらうなどの対応も考えられます。


ここまでお読みになってカードローンの全般の知識が身についたのではないでしょうか?

カードローンはどんな人が使っているか?

カードローンはどんな人が使っているか?

それでは次に、実際にみんながどんな理由でカードローンを利用しているのか確認しましょう!

今回は、日本賃金業協会の「資金需要者等の現状と動向に関する調査結果報告(2018年)」のデータを引用しています。

男性:女性で6:4、年代別で見ると40代の方の利用が多いですが、20代から60代の方まで幅広くカードローンを使っていることが分かります。

次にカードローンは何のお金のために利用したのかという項目では、以下のようなランキングになっています。

借入申込を行った際の資金使途
1位 趣味/娯楽(レジャー、旅行を含む)費
2位 食費
3位 外食等の遊興費
4位 家賃の支払い
5位 自動車の購入費
6位 医療費
7位 納税・納付などの支払
8位 授業料、保育料、給食費等の学校関係費
9位 衣料費
10位 冠婚葬祭費
11位 通信費(電話料金やインターネット利用料等)
12位 水道・光熱費

「趣味/娯楽(レジャー、旅行を含む)費用」が最も多く、その次に「食費」、「外食等の遊興費」という結果でした。

カードローンは、まとまったお金が必要なときに利用することもできますが、普段のちょっとした贅沢のために利用するなど、より自分たちの生活に身近なものとなっているのかもしれません。

初めてにおすすめのカードローンランキング!

初めてにおすすめのカードローンランキング!

それでは以下の絞り込み検索でおすすめのカードローンを探してみましょう!

借入れ経験の部分の「はじめて」にチェックを入れて、他にも希望条件があればチェックすることで、自分の条件にあったカードローンを見つけることが出来ます!

カードローン絞込み検索

「初めてのカードローン特集|低金利で借りる方法&比較ランキングで不安解消!」の関連記事一覧