奨学金制度とは|利用する前に仕組みを知って上手に活用しよう!

奨学金制度とは|利用する前に仕組みを知って上手に活用しよう!

平成29年度文部科学省の発表によると、いまや過去最高で高校生の5人に3.5人が進学している時代です。

平成29年度学校基本調査

参考 平成29年度学校基本調査出典:文部科学省
大学4年間でかかる学費の平均は、国公立大学で約500万円私立大学で約770万円かかります。そのため経済的な理由から、多くの大学生が奨学金を利用しています。

平成29年度教育費負担の実態調査結果

参考 平成29年度教育費負担の実態調査結果出典:日本政策金融公庫
最近になって、低所得層へ向けて返済の必要がない給付型奨学金が導入され、メディアにも取り上げられて話題となりました。

ここでは、奨学金とはどんな制度なのかわかりやすく紹介していきます。

参考情報:【奨学金のまとめ】

奨学金とは

奨学金とは

奨学金とは、意欲と能力のある学生が、経済的な理由により進学を断念することなく、安心して学ぶことができるよう金銭的サポートが受けられる仕組みのことです。

給付型と貸与型がある

奨学金には、お金を返さなくてもいい「給付型」と、卒業した後に低金利または無利子で返済していく「貸与型」があります。

給付金と貸与型

日本学生支援機構によると、給付型奨学金の対象は以下のとおりです。

    • 住民税非課税世帯の人
    • 生活保護受給世帯の人
    • 社会的養護を必要とする人(社会的養護とは「施設養護」「里親養護」「地域養護」など児童支援のこと)

こうした給付型は、厳しい経済環境にある学生に進学のチャンスが与えられ、格差是正につながっています。

ただし、対象となる学生が限定されるため、多くの人は貸与型を利用している状況です。

日本学生支援機構の奨学金については、こちらでくわしくご紹介しています。
奨学金はどこがいい?|おすすめの奨学金制度の種類を完全解説! 奨学金はどこがいい?|おすすめの奨学金制度の種類を完全解説!

選び方のポイント

選び方のポイント

国や大学、自治体、民間団体など、いろいろな団体で独自の奨学金制度を設けています。

借りることができる金額や利息の有無などは、どの奨学金制度を利用するかによって異なってきますので、いくつか検討して自分に合った奨学金制度を見つけましょう。

ここでは、もっとも多くの人に利用されている日本学生支援機構の貸与型奨学金をおすすめしています日本学生支援機構の奨学金は、ほとんどの大学で申し込むことができ、貸与型奨学金には無利子の「第一種」有利子の「第二種」の2種類があります。第一種と第二種を併願で申し込むこともでき、選考通過の確率が高くなるのでとくにおすすめの方法です!

奨学金の選考基準については、こちらでくわしくご紹介しています。
【必読】奨学金の審査基準と流れまとめ|選考に落ちた理由や対策方法を徹底解説 【必読】奨学金の審査基準と流れまとめ|選考に落ちた理由や対策方法を徹底解説

奨学金を利用している大学生はどれくらい?

現在、大学生の2人に1人が奨学金の制度を利用しています。

平成29年度には日本学生支援機構の奨学金を利用する学生が、とうとう130万人を超えました!

奨学金を利用している大学生

日本は大学の授業料が高いにもかかわらず、世界のなかでも教育の公的援助が最下位で、家計の負担が大きい国です。大学生をもつ親にとっては経済的に厳しいので、奨学金の制度を利用せざるを得ない状況にあります。

奨学金を借りる理由

サラリーマンにのしかかる大学費用

サラリーマンの平均年収が約410万に対して、かかる学費の割合は国公立大学で約20%(約82万円)、私立大学で約30%~40%(約123万円~164万円)にもなります。

親の給与が年々減少する一方で、国公立大学・私立大学ともに「入学料」および「授業料」が高止まりしているため、奨学金を利用している大学生の割合が増加しています。

平均給与の推移

授業料・入学料の推移

参考 奨学生増加の背景①日本学生支援機構
上述したように、奨学金を借りる理由としては、このような家庭の経済状況により、学費を支払う十分な余裕がないことが1番の要因と考えられます。

みんなどれくらい借りているの?

奨学金の平均貸与総額

実際に、みんなどれくらい借りているのか?

平均の貸与総額を算出すると、約300万円でした。

あなたは、この300万円をどう思いますか?

単純に計算しても
毎月16,700円 × 180か月(15年)
これだけ返済にかかります。

在学中はお金の返済がないので借金という認識がありませんが、奨学金は学生を対象とした無担保ローンになります。

  • 本当に必要な最小限の金額はいくらか?
  • 卒業した後は何年かけて、毎月いくら返すか?

をしっかり考えることが大切です。

大学生活、そのあとの社会人生活も負担なく過ごすために、自分の条件や希望に合った奨学金を見つけましょう。

奨学金の使い道

奨学金の使い道

奨学金は、原則として学費に使いますが、使途に制約は設けられていません。

実際には、学費だけではなく、教材費や生活費、クラブやサークル活動費などに多く使われているようです。

教材費

教材費教材費は必要なものなので、学費の範囲内と考えましょう。ただし、学科によっては高額になりますので、授業料の納付を優先して、足りない分はアルバイトなどで補いましょう。

生活費

生活費1人暮らしをしている大学生は、家賃・光熱費・食費などの生活費としても使っています。これは、実家からの仕送りをもらっているが少ない、景気低迷によりアルバイトなどの収入が減少していることが関係しているようです。

クラブやサークル活動費

クラブやサークル活動費クラブやサークル活動費は、活動内容によって、道具の購入費や合宿費がかかることもあります。金銭的に負担のかかる場合は、控えるようにしましょう。

入学金

入学金奨学金の使い道として、気をつけたいのは入学金です。

日本学生支援機構には、入学初年度にだけ借りられる「入学時特別増額貸与」という一時奨学金がありますが、支給が進学後のため入学金に充てることができません。

もし、入学金が用意できないときは、国の教育ローンや民間の教育ローンを利用しましょう。教育ローンの種類によっては、審査基準が変わってくるので注意が必要です。

教育ローンについては、こちらでくわしくご紹介しています。

関連記事:

まとめ

奨学金制度のまとめ

進学するには、かなりのお金がかかります。しかし、進学を諦めるのではなく、学費をサポートしてくれる奨学金制度をうまく活用していきましょう。

奨学金を利用したい大学生に向けて、基礎知識をまとめてみました。

奨学金の種類申込み方法から受給までの流れ選考基準返済方法について見やすくわかりすく説明しています。ほかにも、増額・減額・継続ほか手続き方法や、奨学金を停止されたときの対処法もしっかり押さえてあります。奨学金ガイドとして、ぜひチェックしてみてください。
奨学金はどこがいい?|おすすめの奨学金制度の種類を完全解説! 奨学金はどこがいい?|おすすめの奨学金制度の種類を完全解説! 【保存版】奨学金の申し込みから受給されるまでの流れ 【保存版】奨学金の申し込みから受給されるまでの流れ 【必読】奨学金の審査基準と流れまとめ|選考に落ちた理由や対策方法を徹底解説 【必読】奨学金の審査基準と流れまとめ|選考に落ちた理由や対策方法を徹底解説 【徹底解説】奨学金の返済まとめ |返還できないときの解決法は? 【徹底解説】奨学金の返済まとめ |返還できないときの解決法は? 【まとめ】奨学金の継続・在学猶予・繰上返還ほか変更手続き 【まとめ】奨学金の継続・在学猶予・繰上返還ほか変更手続き 奨学金が突然停止された!打ち切りとなる理由と対処法まとめ 奨学金が突然停止された!打ち切りとなる理由と対処法まとめ

「奨学金制度とは|利用する前に仕組みを知って上手に活用しよう!」の関連記事一覧