フリーローンについて審査や金利など徹底解説!

フリーローンとは~多目的ローンの使い方をわかりやすく解説~

最近よく聞くフリーローンっていったい何?

ローンって、いろいろな種類や呼び方があって、分かりづらいですよね。

フリーローンとは多目的ローンともよばれ、カードローンやキャッシングなど、お金を借りる目的が自由な借入れ方法のことを言います。

フリーローンには、一括借入れや、カードローンのように何度も借入れができるものがあり、主に銀行や消費者金融で取り扱っている商品です。

フリーローンは資金使途が自由なので、利用する人は引越し費用や趣味、旅行、学費、結婚資金や保険適用外の医療費など、幅広い用途で利用できます。

車の購入でカーローンが通らなかった・・・

そんな目的別ローンが通らなかった時に、フリーローンを利用する方法もあります。

他にも、借り換え(おまとめ)ができたり、安い金利でお金を借りる事ができるなど、さまざまなメリットがあるので、このフリーローンの使い道は、かなり自由度があります!

このページでは、フリーローンについての情報をできるだけわかりやすく解説しています。

借入れや返済方法、「カードローンとの違いは?」という疑問や不安をお持ちの人はぜひ、ご一読ください!

フリーローン(一括振込)とカードローンの違い

フリーローンとカードローンの大きな違いは、一括で借入れするものと、限度額までなら何度でも繰り返し借入れができるという点に違いがあります。

フリーローンとカードローンの大きな違い
  • フリーローン(一括借入れ)
  • カードローン(限度額まで何度でも借入れOK)
銀行系で取り扱っているフリーローン商品は、この一括で借入れするフリーローンになります。

フリーローンは一括借入れが条件のため、追加の借入れができません。

もし追加融資を受けたい場合は、もう一度申請し、審査を受けなくてはなりません。

カードローンは銀行や消費者金融で取り扱っているローンのことです。

ここで銀行系フリーローンとカードローン、それぞれのメリットとデメリットについて比較してみます。

フリーローンのメリット・デメリット

銀行系フリーローン借入れのメリットは?

メリット
金利が安い!

 銀行系フリーローンは、お金の使い道、借入目的は比較的自由度が高く、一括で借入れた場合、金利が安いということが最大のメリットです。

固定金利や変動金利など、銀行によって条件は様々ですが、資金使途証明を提出することで、金利が下がる仕組みになっています。

多くの銀行で10%以下の金利で融資を受けることができるのが銀行系フリーローン(一括借入)です。

銀行や消費者金融によって借入れ条件に違いはありますが、比較的利用しやすく、一括で借入れをするので、借りすぎないよう気をつけることができるのも、メリットのひとつです。

銀行系フリーローン借入れのデメリットは?

デメリット
追加の借入れ不可!
資金使途証明の提出!
即日借り入れが難しい!

銀行系フリーローンの一括借入をする際、一般的には資金使途を証明する書類の提出や、借入契約書を取り交わす必要がある為、店舗へ来店するケースが多いのです。

審査結果が出るまで約1週間~2週間程かかる場合があり、すぐに借入れをしたい人向けではないでしょう。

また低金利が売りである銀行系フリーローン(一括借入れ)は、必ずしもカードローンより金利が安いとも限りません。

借入れ金額が高額になると、銀行によってはカードローンの方が低金利の場合もあるので注意が必要です。

カードローンのメリット・デメリット

カードローンでの借入れメリットは?

メリット
資金使途証明の提出なし!
最短即日融資が可能!
追加融資がOK!

カードローンは銀行系フリーローンのように、資金使途証明を提出する必要がないので、必要書類が少なく、webで簡単に申し込みができるので、来店する必要もありません。

申し込みから借入れまで、最短即日で融資が可能なことや、借入れ限度額までなら何度でも自由に借入れできるのもポイントです。

銀行系フリーローンよりも資金使途が自由なので、急な出費や生活費など、ちょっとした借入れも気軽にできるのがカードローンのメリットと言えます。

カードローンの借入れデメリットは?

デメリット
金利が高い!

カードローンは銀行系フリーローンよりも金利が高いです。

なぜならカードローンは審査期間が短く、何度でも自由に借入れができるため、金利が高く設定されています。

その点はカードローン、唯一のデメリットと言えるでしょう。

銀行系フリーローン
(一括借入れ)
カードローン
金利 平均5~6% 3.5~14.8%
追加融資 不可 可能
資金使途証明 必要 不要
審査期間 約1週間 当日~数日
保証人 不要 不要

カードローンで借りるならここ!

あなたにおすすめのカードローンはどこ?

1位プロミス!
WEBで簡単に申し込みができる消費者金融はプロミスがおすすめ!

おすすめポイントは?

  1. 初めての借入れなら30日間無利息!
  2. なんといっても低金利!
  3. WEBで簡単申し込み!
  4. 最短1時間で即日融資が可能!

 

金利 限度額 審査速度

4.5~17.8%

1~500万円

最短30分

2位レイクALSA(アルサ)
はじめての借入れで選べる特典あり!

おすすめポイントは?

  1. 初めての借入れなら30日間無利息!or借入れ額のうち5万円までは180日無利息!
  2. ATM手数料が無料!
  3. 最短で即日融資が可能!

 

金利 限度額 審査速度

4.5~18,00%

1~500万円

最短即日

3位J.Score(ジェイスコア)
低金利&キャッシュバックあり!

おすすめポイントは?

  1. トップクラスの低金利!
  2. ネット完結で最短30分での融資可能!
  3. 新規限定キャッシュバック!

 

金利 限度額 審査速度

0.9~12.0%

10~1,000万円

最短30分

フリーローン(一括借入れ)の借り方

フリーローンで借入れしたいけど、借り方がわからない・・・

ここではフリーローンの申し込み方法から、実際に融資が決まり、口座に振り込まれるまでと、返済方法までをわかりやすくご説明します。

フリーローンの申し込み方法

銀行系フリーローンの一般的な申し込み方法はインターネット、FAX、電話や窓口で、保証人は不要です。

まずはどこの銀行で借入れを申し込むのか検討してみましょう。

申し込みの時点で、借入れ先の銀行に口座がなくても、申し込みすることができますが、融資が決定した際は、借入れ先の銀行で口座の開設が必要になります。

既に借入れ先の銀行口座を持っている場合は、webや郵送で申し込み後に、来店不要で借入れが可能な銀行もあったりします。

借入れ先の銀行が決まったら、事前に確認しておくと、申し込みから融資までの期間を短縮することができますよ!

・本人確認書類(運転免許証・パスポート・健康保険証・マイナンバーカードなど)

・収入証明書(源泉徴収票・納税証明書・確定申告書など)

・資金使途証明

もし資金使途証明が出せない時は?

借入れ可能な銀行はありますが、その分金利は上がる仕組みになっています。

フリーローンの審査について

フリーローンの審査期間
銀行フリーローンは最短で即日のところもあれば、2週間程度の審査に時間がかかるところもあります。
フリーローンの審査の内容
在籍確認や他社の借入れ状況、年収や勤続年収などが審査の対象となりますが、銀行の保証会社によって審査の内容は変わります。

また職場への在籍確認がありますが、銀行名や名前を名乗る程度なので、フリーローン申し込みが職場にバレることはないようです。

それでも会社にバレるリスクを避けたいのであれば、銀行名を名のらないよう、申込みの際に相談してみる事をおすすめします。

在籍確認は審査の状況によって、必ずしもあるわけでもないそうですが、銀行系のフリーローンなので、審査で緩いところは少なく、どうしても在籍確認を避けたいのであれば、消費者金融系のカードローンを検討してみるといいかもしれません。

フリーローンの審査結果
審査の結果は電話やメール、郵送で通知されます。

基本的には電話連絡が多く、申し込みの際に記入した電話番号へ、指定の時間に連絡がくる方法です。

フリーローンの借入れについて

審査に通ったら、まずは契約の手続きをします。

フリーローン借入れの際は、借入契約書を交わす必要があるので、ここで店舗に来店するケースが多いです。

また、借入れが決まった銀行に口座を持っていない場合は、このタイミングで口座の開設が必要です。

その後、本人名義の口座に一括で現金が振り込まれます。

フリーローンの返済方法について

フリーローンの返済方法は、融資の際に振り込まれた、借入先の銀行口座から引き落としになります。

毎月決まった指定日に、返済額が引き落としされるのが一般的で、ボーナス払いなどの設定もあります。

フリーローンの特徴として、返済途中で繰り上げ返済や一括返済した場合、繰り上げ返済手数料がかかるので注意が必要です。

少額の繰り上げ返済では、かえって損になることもあるので、事前に確認してみるといいですね。

最近は、フリーローンでも繰り上げ返済手数料が無料の銀行もあるので自分にあった銀行選びが重要です。

フリーローンの返済ができなかったり、遅れてしまうと、金融事故(ブラックリスト)として信用情報に傷がつき、今後ローンが組めなくなったりするリスクがあります。

滞納や延滞がないよう気をつけましょう。

フリーローン審査に通りやすい人の特徴【職業や年齢】

銀行のフリーローンに申し込んで審査に落ちた、または何度申し込んでも審査に落ちる人がいますが、その原因はいったい何でしょう?

銀行のフリーローンに申し込んでも、審査をするのは銀行ではなく、保証会社が審査を行います。

その保証会社によって、審査の基準も違うため、同じフリーローンを申し込んでも、審査に通る銀行もあれば、落ちる銀行もあるようです。

例えば、年収を重視する保証会社であったり、勤続年数を重視するところもあります。

他にも雇用形態や、他社の借り入れ状況、使用用途なども審査の基準となりますが、フリーローンの審査に通りやすい人の特徴は、安定した収入または仕事があり、過去に延滞や金融事故(ブラックリスト)、自己破産などがない人です。

特に現在は、銀行系のフリーローンは審査が厳しいので、アルバイト・パート・フリーターや主婦は消費者金融系のフリーローン(カードローン)でないと審査は通りにくい可能性があります。

学生や外国人も同様で、アルバイト収入があれば消費者金融系のフリーローン(カードローン)の申込みが可能になります。

外国人の場合は、契約書の内容が理解できる程度の日本語と滞在期間なども重要な審査の基準となっているようです。

そして審査に落ちやすい人の特徴は、返済が難しいとされる、無職の人や未成年などです。

また収入が安定しない個人事業主は、サラリーマンよりも審査が通りにくいと言われています。

そもそもフリーローンの資金使途として、事業資金としての融資は不可とされている銀行がほとんどです。

フリーローン借入金額と年収の目安

銀行フリーローンは個人の借入総額が、年収等の3分の1までに制限される、総量規制の対象外ですが、収入制限というものがあり、最低年収200万円以上が借入れ条件になっています。

フリーローンは基本的に無担保での融資が可能ですが、有担保にすることで、さらに借入可能金額を引き上げることも可能になります。

借入可能額はいくらなのか、シミュレーションしてみよう!

フリーローンはどこの銀行がおすすめ?

フリーローンはどこの銀行がおすすめなのか、銀行系フリーローンを実際に利用した人の口コミや評判をまとめてみました。

銀行系フリーローンの評判

千葉銀行

結婚資金と生活費をまとめて借りられました。
思ってた以上に結婚式の費用がかかり、新生活の家具や家電などの準備が必要で、ちばぎんフリーローンを利用しました。
まとめて借入れできて必要資金を揃えることができたので良かったです。

複数のローンがあり審査が通るか不安でしたが、1つにまとめることができました。
ちばぎんフリーローンのおかげで、返済の管理がとっても楽になりました。

三井住友銀行

三井住友銀行のフリーローンは低金利で分かりやすいく、審査結果も早かったです。
申込みはインターネットからできましたが、審査に通ったら最終的な契約はローン契約機に行かなければいけません。

中央労働金庫

いろいろ調べた結果、ろうきんフリーローンは低金利で良かったです。
他の銀行では、繰り上げ返済手数料がかかるようですが、ろうきんはかかりません。
できるだけ早く返済したかった為、とても助かりました。

りそな銀行

りそな銀行の評判をみると審査基準が厳しいようですが、webで24時間いつでも申し込みができます。来店不要で審査も早く、低金利しかも固定金利なので、審査が通るならりそな銀行のプレミアムフリーローンはおすすめです。

銀行系フリーローン金利

千葉銀行 無担保 5.20%(変動)
ジャパンネット銀行 無担保 5.55~11.75% (変動)
みずほ銀行 無担保 5.875%(変動)6.650%(固定)
三井住友銀行 無担保 5.975%(変動)
中央労働金庫 無担保 6.325%(変動)7.500%(固定)
りそな銀行 無担保 6.0~14%(固定)

固定金利・・・最終返済日まで金利が変わらない
変動金利・・・定期的に金利が変わる

おすすめの銀行関東エリア
千葉銀行は銀行系フリーローンの中でも金利が低く、必要書類を郵送すれば、来店不要で借入れができるので、フリーローン商品ではおすすめの銀行なのですが、残念なことに関東エリア限定となっています。
おすすめの銀行その他エリア
関東エリア以外にお住まいの方におすすめの銀行は、次に金利の安いジャパンネット銀行です。融資限度額は200万円までですが、こちらも来店不要web完結ができ、全額繰上返済ができるので、早く返済したい人にもおすすめの銀行です。

フリーローンは消費者金融系でも取り扱っているので、少しでも低金利で借りられるところを選びましょう。

消費者金融系カードローン金利

消費者金融系では、提携先の銀行やコンビニ、契約機で簡単に借入れができるところもあります。

プロミス 無担保 4.5%~17.8%
レイクALSA(アルサ) 無担保 4.5%~18.0%
J.Score(ジェイスコア) 無担保 0.9%~12.0%

消費者金融系のおすすめはプロミス!

銀行系フリーローンの審査に通りにくい人におすすめのなのがプロミス!

webで最短1時間で審査も可能早く、アルバイトやパートでも申し込みができます。

フリーローンを利用して借り換える

フリーローンを借り換えるメリットってなに?

例えば複数社で借入れしていたりすると、返済日がバラバラで把握するのが大変だったり、毎月の合計返済額が多く、生活が苦しくなってしまったりしませんか?

そんな時にフリーローンを利用すると・・・・

 

・フリーローンでまとめて他社を返済する

複数社をまとめることで、返済日が一つになり分かりやすいくなります。

また毎月の返済額の負担も軽くなります。

 

・金利の安いフリーローンに借り換える

金利計算をしてみると、意外と高く、他銀行へ借り換えたほうが安いこともあります。

借り換えの際は、あまりに多くの金融機関から融資を受けていたり、ブラックリストや滞納があると審査落ちするようですが、審査が通れば現在より安い金利で返済できるメリットがあります。

フリーローン借り換え融資不可といった銀行もありますが、より金利の安い、消費者金融や銀行のフリーローンへの借り換えを検討してみてるのも良いですね。

フリーローン検討中なら

銀行系フリーローンや消費者金融系カードローン、それぞれメリットやデメリットがあります。どちらが自分に合った借入れ方法なのかを検討してみてください!

まずは仮審査!webで申込み可能なフリーローンはたくさんあります。

 

プロミス レイクALSA j.Score

 

リスクの少ない、安心で安全な借入れをしてくださいね。