【即日・未成年OK】学生が安心してお金を借りるおすすめの方法

【即日・未成年OK】学生が安心してお金を借りるおすすめの方法

「今月お金を使いすぎちゃって。。。」
「次のバイト代が入るまで、少しお金があればいいのに。。」

学生時代は、時間もやりたいことも多くてついついお金を使いすぎてしまいますよね。

そんなときに、ATMを使ってすぐにお金をかりることができるカードローンは非常に使い勝手がいいです。

でも、
「カードローンって要するに借金でしょ?」
「親にバレたりしたら嫌だなぁ」

借りる前は不安な点が多くあると思いますが、学生向けのカードローンは、親にばれないように配慮をしてくれますし、仕組みをきちんと理解して利用すれば、これほど便利なものはありません。

ただ、便利すぎるからと言ってむやみに使ってしまうと自分の首を締めることにもなってしまいます。その点もふまえて、利用する際に注意すべきポイントなどもお伝えしていくので、ぜひ最後までお付き合いください!

このページでは、学生の方がお金を借りる方法から、オススメのカードローン会社、申し込み・利用する際に注意すべきポイントを分かりやすく説明していきます。

「とにかくすぐにお金が必要で、最後まで読む時間がない!」という方は、ここだけでもチェックしていってください。

オススメの消費者金融カードローン
学生の方におすすめなカードローン会社が紹介してあります。

まずは、学生がお金を借りる方法は何があるのかについて、紹介していきます。

学生がお金を借りる方法は4種類ある

学生がお金を借りる方法は4種類

「今月ちょっと財布がピンチなんだよね。。。」

学生が「お金を借りたい」となったときには、以下の4種類の方法があります。

  • カードローン
  • 学生ローン
  • クレジットカードのキャッシング
  • 奨学金

それでは、それぞれについて詳しく見ていきましょう。

カードローンでお金を借りる

消費者金融カードローンカードローンは大きく分けて、銀行が発行しているものと、消費者金融が発行しているものの2種類があります。

ここで、オススメするのは、消費者金融のカードローンになります。

消費者金融のカードローンは、銀行のものよりも審査がゆるく、学生であっても借りやすくなっています。
ほとんどのコンビニATMと提携しているため、いつでもどこでも借入・返済を行うことができます。
また、消費者金融では、最短で申し込みを行ったその日にお金が借りることができます。

銀行のカードローンでは、その銀行の口座開設が必要だったり、実際に借り入れができるまでに1週間以上かかったりと、手間がかかることが多いです。

消費者金融カードローン

でも、銀行カードローンのほうが金利が安いって聞くよ?

はい、実は銀行カードローンのほうが消費者金融より金利が安いんです。
銀行カードローンの平均金利はおよそ15%、消費者金融はおよそ18%となっています。
ただ、学生の方が借りる金額ではあまり金利に差が出ません。

例えば、5万円を1ヶ月借りたときの金利は、

年利15%の時、
5万円×0.18(年利)÷12(ひと月あたりにする)=625円

年利18%の時
5万円×0.15(年利)÷12(ひと月あたりにする)=750円

と、ひと月にすると125円しか変わりません。

このくらいの金額だと、あまり金利に差はないですよね。
また、消費者金融では、初回の申込時に30日間の無利息期間が設定されているので、試しに使ってみることもできます。

そういうわけで、学生の方が利用するには、審査に通りやすく手軽に使える消費者金融をオススメしています。

学生ローンでお金を借りる

学生ローン学生ローンとは、お金に困っている学生に融資を行ってくれる金融機関のことです。

お金の使いみちは基本的に自由で、学業、学費目的以外にも、交際費やコンパ代、旅行目的にも使用することができます。金利は、およそ17%で、学生が相手なので審査に通りやすいのが特徴です。

学生ローンは、東京の高田馬場あたりに集まっており、他に店舗や提携しているATMはないため、基本的に首都圏以外の方はインターネット申込みになります。

インターネットで申し込みを行うと、確認のための電話がかかってきて、融資できるかどうかの審査も同時に行われます。

ただし、インターネット申込の場合、郵送で書類が送られてくるため家族にばれないように注意が必要です。

また、学生ローンは大手の消費者金融と比べると、使い勝手がよくありません。
理由は後述もしますが、提携しているATMがないため、お金を借入・返済をする際は必ず銀行振込で行わなければならないからです。

学生ローン

クレジットカードのキャッシングでお金を借りる

クレジットカードのキャッシングクレジットカードに付いているキャッシング機能を使ってお金を借りるという方法もあります。

キャッシング枠とは、カードに付帯する現金を借りられる機能のことで、ATMにカードを入れることで、お金を借りることができます。
このキャッシング枠は、ショッピング枠とは別の上限額が設定されており、ショッピング枠を使い切ってしまっていても、キャッシングすることは可能です。

例えば、ショッピング枠20万円、キャッシング枠10万円であれば、買い物ですでに20万円分使っていたとしても、キャッシング枠で10万円までお金を借りることができるということです。

返済は、カードで買い物をしたときと同様に、一回払いまたは分割での支払いとなっており、返済日に口座から引き落としされます。
ただし、学生の方向けのカードだと、はじめはキャッシング枠がついていないことも多いので、別途申し込みが必要になる場合もあるのでお持ちのカードを確認してみてください。

クレカのキャッシング

奨学金を借りる

奨学金奨学金はご存知の通り、学費のために公的機関から非常に低い金利でお金を借りることができますが、実は学費以外の生活費にも利用することができます。
他で借りるよりも金利がダントツで安いので、利用できる方は奨学金でお金を借りましょう。

ただ、申込みを行える時期が決まっている上、借り入れが行えるまでにかなりの時間がかるので、すぐにお金を借りたいという方には向いていません。

ここまで、学生でもお金を借りれる4種類の方法について説明してきました。

次は、実際に学生がお金をかりるためにはどんな条件が必要なのかを一緒に見ていきましょう!

学生がお金を借りるための条件

学生がお金を借りるための条件

「学生でもお金を借りれるのは分かったけど、条件とかないの?」

もちろん、借りるための条件はありますが、学生がお金を借りるにあたってはそこまで厳しいものではありません。

学生なら誰でもお金を借りられるの?

一般的に、お金を借りる際の条件として以下の2つが必要です。

満20歳以上65歳以下

年齢制限 満20歳以上65歳以下条件で一番引っかかるのはこの年齢制限かもしれませんね。基本的に、未成年の方にお金を貸してくれる業者は少なく、あっても親権者の同意が必要だったりします。
20歳を超えていれば、学生であっても、親の同意なしでお金を借りることが可能です。

「未成年でもお金を借りれる場所が知りたい!」という方は、こちらを見てください。

未成年の方は学生ローンかクレカのキャッシング
一部の学生ローンとクレジットカードのキャッシングは利用することができます。

安定収入があること

安定した収入もう一つの条件は、毎月安定した収入があることです。
ここで言う安定収入は、アルバイトの収入でも構いません。

アコムとプロミスのカスタマーセンターに確認を行いましたが、今現在アルバイトを何もしていない状況では、やはり審査に通らないそうです。

単発のバイトで稼いでいる方も注意が必要です。
日雇いのバイトでは、毎月安定してお金を稼いでいるとは判断されづらいため、審査に通らない可能性もあります。
なにか一つは継続したアルバイトを行うことが望ましいでしょう。

この2つの条件は、ローンに申し込む際に必要なものとなっていますが、実際に融資を受けるためには、在籍確認というもう一つのステップをクリアする必要があります。

在籍確認って何?

お金を借りる際に、業者側は

「本当に私達が仕事をしているのか」
「うその勤務先を申告していないか」

これらを確かめるために、アルバイト先に電話をかけて、本当に職場に在籍しているかという確認を行います。

ですが、安心してください

在籍確認は、アルバイト先の人にばれないように配慮がされています。

簡単なやり取りの流れを紹介しますね。

在籍確認

これで、在籍確認は完了となります。
本人が電話に出なくても、そのアルバイト先にいるという事がわかれば問題ありません。

上の例では、「またご連絡させていただきます」と書いてありますが、今後アルバイト先に連絡が入ることはないです。また、電話の際に業者側が、会社名や要件を話すことも絶対にないので、バレる心配はありません。

それでも、まだ不安という方のために、在籍確認を電話以外で行うことはできないのか、カスタマーセンターに電話で問い合わせをしてみました。

在籍確認は書類で行うこともできる

プロミス、アイフルの担当者にそれぞれ電話で確認したところ、どちらも書類での在籍確認を行ってくれるようです。
書類で行う場合は、直近の給与明細書が必要となります。

なぜ書類での確認にしたいのか聞かれた際には、「アルバイト先が個人名宛に電話がかかってくるようなところではなく、不自然になってしまうから」といった理由を答えるようにしてください。

ただし、審査の状況によっては電話での在籍確認のみとなる場合もあります。

プロミス

プロミスプロミスで、書類での在籍確認を行いたい場合は、WEB申込みをする前にカスタマーセンターに電話をし「ネットでこれから申し込みを行うが、書類で在籍確認を行いたい」ことを事前に伝える必要があります。

この電話を忘れてしまうと、アルバイト先に電話で確認が入ってしまうので忘れないようにしてください。

アイフル

アイフルアイフルの場合は、WEBでそのまま申し込みを行って大丈夫です。
申込み後に、必ず申込み内容の確認の電話がかかってくるため、そこで在籍確認を書類で行いたいことを伝えてください。

ここまで、在籍確認について説明してきましたが、電話が来たときの言い訳などさらに詳しいことが知りたい方はこちらを参照してください。
(リンク 在籍確認)

次は、お金をかりる際に必要となる書類を紹介していきます。

お金をかりるのに必要な書類は?

身分証明書学生がお金をかりる際に必要となる書類は、身分証明書のみで問題ありません。
パスポートや、運転免許証等、顔写真と現住所が記載されている身分証を一枚用意して置きましょう。

ただし、学生ローンを利用する場合は、別途学生証も必要となります。

次は、学生の方が一番心配になるであろう、「親バレはしないのか」という点について詳しく見ていきましょう!

親や家族にバレる心配はないの?

親や家族にバレる心配

「親には心配をかけたくない」
「バレたら怒られるじゃ済まない」
など、親に言えない理由は人それぞれだと思いますが、本当に親にバレずに借りられるのか、とても気になりますよね。

結論から言うと、親や家族にはバレずに借りる事ができます。

消費者金融のカードローンを利用する場合

WEB完結申込消費者金融のカードローンを申し込む際には、WEB完結で申し込む方法と、WEBで申し込んでからローン契約機に行ってカードを発行する方法があります。

オススメは、WEB完結申込を行うことです。
WEB完結申込であれば、家に郵送物が届くことはなく、ローンカードも発行されないので「つい家族にカードを見られてバレてしまった…」なんて失敗をすることもありません。

学生ローンを利用する場合

学生ローンは店舗で申込学生ローンを利用する場合は、必ず店舗に行って契約を行う必要があります。
ネットでの申込みでは、郵送物を使っての契約となるので、家族にバレやすくなってしまいます。

店舗で申し込む際にも、口頭で「親に内緒にしたいから郵送はしないでほしい」ということは必ず伝えましょう。

ただし、このどちらも返済が遅れてしまったり、申込み内容に虚偽があると、実家に連絡が来る可能性があるので注意してください。

学生が借りるなら消費者金融カードローンがおすすめ

消費者金融カードローンがおすすめ

先程も、お金を借りる方法のところでご説明しましたが、学生の方がお金を借りるには消費者金融のカードローンが一番おすすめです。
ここでは、なぜ消費者金融カードローンがいいのか、その特徴を学生ローンと比較しながら解説していきます!

消費者金融は即日融資が受けられる

消費者金融では、最短1時間程度で融資を受けることができます。
そのため、「今日どうしてもお金が必要。。。」というときにも対応することができます。
また、大手の消費者金融であれば、一部口座を持っているとネット上で手続きを行えば、24時間いつでも振込でお金を借りることができます。

対応している銀行
プロミス:三井住友銀行、ジャパンネット銀行
アコム:楽天銀行

学生ローンでも、即日融資を受けることができますが、店舗に行って契約をする必要があります。ほとんどの学生ローンが新宿近辺にあるので、首都圏にお住まいでない方は即日融資を受けるのは難しいでしょう。

消費者金融は金利の無利息期間がある

消費者金融は金利の無利息期間ほとんどの消費者金融では、初回の申し込みに限り30日間の無利息期間が設定されています。
つまり、初回の借り入れで、30日以内にお金を返せば金利がかからずお金を借りることができるということですね。

学生ローンでは、このような無利息期間は設定されていないので、少しの間だけお金を借りたいという際は消費者金融の方が安く借りることができます。

借入・返済方法の選択肢が多い

大手の消費者金融では、借入・返済を行う方法が以下のように沢山用意されています。

  • コンビニATM
  • 専用ATM
  • 銀行振込
  • 口座引落

一部のATMなどでは手数料もかからず、借入・返済が行えるため余計にお金がかかる心配もありません。

一方、学生ローンの返済方法は基本的に銀行振り込みのみなので、返済方法が限られており非常に不便です。
また、振込手数料が積み重なって意外と大きな額になってしまうこともあります。

大手消費者金融は、借入・返済方法の選択肢が多い

オススメの消費者金融カードローン

学生の方が借りるのにオススメな消費者金融カードローンは、コチラになります。

プロミス

プロミス

金利 4.5~17.8%/年
融資までの時間 最短即日
備考 初回申込時のみ30日間無利息
プロミスは、消費者金融の中で僅かではありますが金利が安くなっているため、少しでも安く利用したい学生におすすめです。
また、利用者にアンケートを取ったところ、消費者金融の中では一番審査時間が安定して短くなっていました。三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座を持っている方は、24時間いつでも振込でお金を借りることができるのもメリットの一つです。

プロミス

アイフル

アイフル

金利 3~08%/年
融資までの時間 最短即日
備考 初回申込時のみ30日間無利息

テレビCMで馴染みのあるアイフルも、学生にお金を貸してくれる業者です。

通常、無人契約機で契約を行う際は自分でタッチパネルを押しながら進めなければなりませんが、アイフルの自動契約機ではオペレーターとの電話だけで契約を進められるため、はじめての人でも分かりやすくなっています。

アイフル

ここまで、学生の方がお金を借りるなら消費者金融がいいという説明をしてきました。

次は、未成年の学生の方がお金を借りれる方法について解説していきます。

このページの最後には、カードローンを利用する上での心構えをお教えしていくので、成年の方は、ここから進んでください。

カードローンを利用する上で心がけたいポイント
カードローンを使う上で、注意ほしい点について紹介しています。

他のお金を借りれるカードローンを一覧でご紹介
消費者金融だけでなく、銀行カードローンも一覧で紹介しています。

未成年の方は学生ローンかクレカのキャッシング

未成年の方は学生ローンかクレカのキャッシング

さきほど、「学生なら誰でも借りられるの?」のところで説明したとおり、基本的にお金を借りるのは20歳を超えている必要があります。

ですが、一部の学生ローンや、クレジットカードのキャッシングであれば未成年の方でもお金をかりることもできるんです。

それでは、未成年でもお金を借りられるところはどこなのか、実際に見ていきましょう。

未成年でも借りれる学生ローン

未成年でもお金を借りることができる学生ローンは、以下の3つになります。

学生ローン 備考
アイシーローン 首都圏在住者のみ
カレッジ 全国の学生対象
フレンド田 未成年は親権者の同意が必要

未成年の場合は、借り入れ限度額が最大10万円までとなっています。
このなかで、フレンド田は未成年の場合、親権者の同意がないと借りることができないので注意してください。
カレッジは、地域に縛られることなく、全国の未成年の学生の方が利用することができます。
ただ、来店契約以外の場合は家に郵送物が届くので注意してください。

また、ここに載っていない業者は違法業者である可能性があります。

行政に認可されている業者であれば、金融庁の「登録貸金業者情報検索」で検索を行うと出てきます。
違法な業者からは、絶対にお金を借りないようにしてください。

キャッシングなら未成年でも借りれる

クレジットカードのキャッシング枠も同じく未成年でもお金を借りれる方法になります。
最初に述べた通り、キャッシング枠は、基本的にショッピング枠とは別に設定されています。

そのため、「もう限度額まで使ってしまっている。。」という方でも、別枠でお金を借りることが可能です。

未成年の場合、クレジットカードの作成には親権者の同意が必要になりますが、「ネットで買い物をする時に使いたい」といった理由をつければ、同意してくれやすくなります。

しかし、カード会社によっては、学生にはキャッシング枠をつけない所もあるので、申込みの際はきちんと調べてから行いましょう。

キャッシングなら未成年でも借りれる

ここでは、未成年の方がお金を借りるための方法を解説してきました。

最後に、カードローンを利用する上で注意しておくべきことをお教えしていきたいと思います。

カードローンを利用する上で心がけたいポイント

カードローンを利用する上で心がけたいポイント

カードローンはその便利な反面、つい使いすぎてしまい、返済に追われている人が多くいます。「自分は絶対に大丈夫!」と思っていても、いざ使い始めるとその強い心も意外と緩んでしまうものです。

そこで、ここではカードローンに振り回されることなく、便利に利用するために「お金の借り方編集部」が独自に考えた大切なポイントを紹介していきます。

借入は月に1回までにする

借入は月1回まで「今月ちょっとピンチだから。。。」
といってお金を借りるのは、必ず月に1回までに抑えましょう。

いまはお金を借りて楽しめるかもしれませんが、苦しむのは必ず翌月の自分です。

便利だからといって、月に何度も借りてしまうと、お金を借りることが癖になってしまいます。
「どうしても今必要なんだ」という月にだけ、カードローンを利用するようにしましょう。

返済は長くて2回払いまでにする

返済は2回払いまでカードローンの返済は、自分で月の返済額を選ぶことができますが、多くても2回払までにしておきましょう。
これ以上の分割返済にしてしまうと、利息がかかるのはもちろんのこと、月々の返済が思ったより少なく借金が大したことないと錯覚してしまいます。
「気がついたら限度額まで借りていた」なんてことがないようにしましょう。

お金を作れないか考えてみる

お金を借りたいと思った際には、実際に借りる前にまずなんとか作れないか考えてみるのも大切なポイントです。
比較的簡単にお金を作れる方法をピックアップしてみました。

家にある不用品を売る

家に眠っている服や本、CDなどを、メルカリやオークションサイトに出せば、1万円程度ならすぐに稼ぐことができます。

日雇いのバイトを行う

学生の方なら、日雇いバイトですぐお金を得ることができます。
特に、ライブ・イベントスタッフなどは拘束時間が長い分、バイト代も多くもらうことができます。

これ以外にも、自分でお金を作る方法はたくさんあります。
カードローンを利用するまえに、まず自分でなんとかできないか行動してみましょう。

まとめ

お金を借りる際は、自分で管理・返済できる分まで

このページでは、学生の方がお金を借りる方法から、おすすめの消費者金融、そしてお金を借りる時に気をつけてほしいポイントまでをご紹介してきました。

学生の方でも、お金を借りるのは難しいことではありません。自分で、ルールを作ってお金を借りているうちはいいのですが、お金を借りることに慣れてしまったら取り返しのつかないことになります。

お金をかりる際は、絶対に自分で管理・返済できる分までに留めておきましょう。