学生がお金借りる4つの方法!学生ローンは未成年でも借りれるの!?

【即日・未成年OK】学生が安心してお金を借りるおすすめの方法

学生だからお金を借りられない」と思っていませんか。

勉強に追われてバイトをする時間が少なくても、教科書代や生活費、友達との付き合いなどお金がかかるため、金欠に悩んでいる学生はたくさんいます。

しかし、「友人や親からお金を借りるのは避けたい」と思っている方は多いです。

友達でもお金に余裕のある学生は少なく、お金のことで関係を崩したくないですよね。

そんな時には、親や友人以外からお金を借りる方法を検討しましょう。

学生でも、お金を借りることができる方法が4つあります。

今回は、学生がお金を借りるための方法と、そのメリット・デメリットについてご紹介していきます。

学生がお金借りる4つの方法

学生がお金を借りる方法は、「奨学金」「カードローン」「学生ローン」「クレジットカードのキャッシング」の4つです。

ここでは、4つの方法の特徴を表で比較してみました。

方法 特徴
奨学金
  • 未成年者でも可能
  • 月3~12万円を借りることができる
  • 学生期間は利息が発生しない
  • 返済は卒業後に行う
  • 両親の同意が必要である
カードローン
  • 未成年者でも利用可能なケースがある
  • 借りられる金額は年収の1/3以下
学生ローン
  • 20歳以上が利用可能
  • 借りられる金額は年収の1/3以下
  • 最短即日にお金が借りられる
  • 基本的には親にバレない
クレジットカードのキャッシング
  • 20歳以上が利用可能
  • 借りられる金額は年収の1/3以下
  • 最短即日にお金が借りられる
  • 基本的には親にバレない

学費目的でお金借りるなら奨学金制度

奨学金制度は、学費や生活費、教材費として利用する目的でお金を借りることができる制度です。

日本では、国や大学、民間企業などさまざまな団体が奨学金制度を持っているので、「勉強したいけどお金がない」という学生を中心に、金銭的なサポートを受けることができます。

奨学金を利用するメリット
  • 卒業するまで毎月定額(3~12万円)のお金を借りることができる
  • 未成年者でも利用できる
  • 在学中は利息が発生しない
  • 返済は卒業後に行う
という4つです。

奨学金制度を利用することで、学費や生活費を毎月安定してお金を借りることができるため、在学中は利息や返済のことを考えずに学業に集中する事が可能になります。

奨学金のデメリット
  • 借りたいときに借りたい分だけ借りるということができない
  • 学費や生活費などの決まった目的以外で使用することができない
  • 返済期間が長い
という3つです。

「今月ピンチだから増額したい」「飲み会費用に使いたい」など、借りる金額の変更や学業目的以外での使用はできません。

奨学金制度については、下記ページで詳しく解説しています。
奨学金制度とは|利用する前に仕組みを知って上手に活用しよう!

学生が銀行カードローン・消費者金融でお金借りるには

学生でも、20歳以上、バイトで安定した収入があるという場合には、カードローンや消費者金融でお金を借りることができます。

銀行カードローンや消費者金融でお金を借りるメリットは

銀行カードローンや消費者金融でお金を借りるメリット
  • アプリで簡単に申し込めるものがある
  • すぐにお金が借りられる
  • さまざまな返済方法から選べる
  • 親にバレずに借りることができる
という4つです。

一方で

銀行カードローンや消費者金融でお金を借りるデメリット
  • バイト先に電話があるケースがあり
  • 利息が高くなる
というデメリットもあります。

学生で利用できる銀行カードローンは限られますが、三菱UFJ銀行では学生カードローンを実施しています。

利用限度額は10万円までと設定されているため、使い過ぎを防ぎ、適切な返済計画を立てることができますね。

即日お金が必要」という場合には、大手の消費者金融では即日融資が可能です。

ここでは、学生でも申し込むことができる消費者金融をご紹介します。

レイクALSA

レイクALSA

レイクALSA

融資上限額 即日融資 融資時間
最大500万円 Webで最短1時間融資も可能(*1)
審査時間 来店不要・WEB完結 無利息期間
申込後、最短15秒 60日間(*2)

※1.21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。※2.200万円までの借入で5万円まで180日間無利息。【貸付条件】●新生フィナンシャル株式会社●登録番号/関東財務局長(9)01024号●遅延損害金(年率)20.0%●返済方式/残高スライドリボルビング方式、元利定額リボルビング方式●返済期間・回数/最長8年・最大96回●担保・保証人/不要●要審査

最短で即日審査・即日融資が可能な大手消費者金融で、借入から30日間は無利息でお金を借りることができます。5万円までの借入れの場合には、180日間無利息というサービスがあります。

アコム

アコム

アコム

融資上限額 即日融資 融資時間
最大800万円 最短60分
審査時間 来店不要・WEB完結 無利息期間
最短30分 30日間無利息

大手の消費者金融の1つです。学生でも20歳以上で安定した収入があれば、申し込みができます。最短30分審査のため即日お金を借りることができ、最初の30日は利息が発生しません

プロミス

プロミス

プロミス

融資上限額 即日融資 融資時間
最大500万円 最短1時間
審査時間 来店不要・WEB完結 無利息期間
最短30分 30日間※

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

知名度の高い消費者金融で、「20歳以上69歳以下の安定した収入のある方」という申し込み資格を満たすことで、お金を借りることができます。WEB完結サービスを利用することで、郵送書類は一切ないため、親や知人に知られる心配もありません。

学生ローンなら未成年でもお金を借りれる!?

学生ローンは、学生のみを対象とお金を貸してくれるローンです。バイトで安定した収入があれば申し込むことができ、年齢制限は業者によって異なりますが18歳以上でも申し込めるサービスがあります。

通常のカードローンとの違いは、

  • 学生証の提出が必要
  • 限度額が低い
  • 18歳・19歳の未成年でも借りることができる
  • 金利が少し安い

という4つです。

学生証の提出は、「学校へ連絡がいくの?」と不安に思うかもしれませんが、身分確認のみで使用されます。そのため、学校へ連絡が入るということはありません。

未成年や学生を対象にしたローンのため、限度額が低めに設定されていますが、金利も低いというメリットがあります。

学生ローンについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

内部リンク:学生ローン 製作中

学生がクレジットカードでお金借りる

キャッシングはクレジットカードを利用して、ATMから現金を借りることができるサービスです。

多くのクレジットカードには、“キャッシング機能”がついています。

クレジットカードを申し込む際にキャッシングを希望すると、クレジットカード発行の審査の際に決定される「キャッシング枠」の金額内であれば、審査なしで利用可能です。

クレジットカードの申し込みは、18歳から可能な場合もあります。

しかし、キャッシング枠は20歳以上で安定した収入があれば、申し込むことができます。

クレジットカードのキャッシングを利用するメリット
  • キャッシング機能付きなら、審査なし
  • 海外でも利用できる
  • 好きな時に、近くのATMから借りることができる
の3つです。

一方で、

クレジットカードのキャッシングを利用するデメリット
  • 金利が高く設定されている
  • キャッシング枠に対しては補償がない
  • キャッシング枠を持っていると借金していると判断されることがある
というデメリットもあります。

クレジットカードのキャッシングについては、下記の記事で詳しく解説しています。
クレジットカードのキャッシングとは?利用・返済方法や、金利と審査も一挙解説!

無職で収入なしの学生でもお金借りたい

「無職で収入がないけど、お金を借りたい」という場合もあると思います。

しかし、収入がない学生に対して、お金を貸してくれる金融機関や企業はありません。

最近ではスマホで簡単にお金を借りることができる「個人融資」を利用しようと考える人がたくさんいます。

しかし軽い気持ちで利用すると、トラブルに巻き込まれるリスクがあります。

無職の学生や、中学生・高校生がお金を借りる方法と注意点について説明しますので、失敗しないためにもしっかりと確認してください。

個人間融資はリスクが大きい

個人間融資とは、SNSなどで個人的に融資をしてくれる人からお金を借りることができるものです。

「絶対借りられる個人間融資」と言われています。

個人間融資は審査なしで、未成年でもお金を借りることができる方法です。

しかし、

  • 個人情報がバレる
  • お金を借りることができない詐欺のようなケースも多い
  • 保証金としてお金を要求される場合もある

というリスクがあります。

個人間融資はこのようなリスクが大きく、犯罪被害にあうケースが多いのです。

無職・収入なしという理由でも、絶対に利用しないようにしましょう。

中学生・高校生がお金借りる

中学生や高校生がお金を借りる際には、両親からお金を借りる方法が一番安心です。

未成年で収入がない場合が多いので、企業や金融機関からお金を借りることができません。

先ほどご紹介した「個人間融資」は、リスクが大きすぎます。

まだ危険や被害にあった際の対策への判断をするのは、難しい年齢なのです。

お金に限らず、困った際には両親へ相談しましょう。

あなたを危険から守り、適切なアドバイスをしてくれます。

まとめ!学生がお金借りる方法

20歳以上で収入がある学生であれば、お金を借りることのできる方法があります。

18歳や19歳の未成年でも、お金の使用目的や借りる金額によっては、利用できるサービスも多いです。

しかし、お金を借りるのですから、金利を含めてお金を返す必要があります。

お金を借りる際には、デメリットがあるということを覚えておいてください。

自分に合った方法や金額をしっかりと決めて、お金を借りるようにしましょう。