失業中で無職でもお金を借りれるハローワークの制度と活用法

このページでは、

「現在、失業中でカードローンの契約ができないけれどもお金を借りたい。。。」
「ハローワークでお金を借りれると聞いたんだけど、、、」

という方に向けて、失業中でもハローワークでお金の給付を受けたり、借りたりできる制度があることをご紹介していきます。

職業訓練の制度を利用して給付を受ける

ハローワークには、休職中に職業訓練を受けることになった場合、所定の条件を満たせば、職業訓練中は毎月10万円と交通費の給付を受けることができる制度が存在します。

これを、職業訓練受講給付金と呼びます。

ここでは、まず職業訓練とはなにかという点から解説していきます。

職業訓練とは?

職業訓練とは、ハローワークが主催している、求職者が仕事に必要なスキルを身につけられる学校のようなものです。

職業訓練には2種類あり、厚生労働大臣の認可を受けて民間の機関が職業訓練を行うもの、各都道府県の職業能力開発センターが訓練を行うものがあります。

職業訓練受講給付金を貰うためには?

職業訓練受講給付金を貰うためには、支給対象者に入り、一定の要件を満たす必要があります。

職業訓練受講給付金の支給対象者

まず、コチラが支給対象者の条件です。

  • ハローワークに求職の申し込みをしていること
  • 雇用保険被保険者や雇用保険受給資格者でないこと
  • 労働の意思と能力があること
  • 職業訓練などの支援を行う必要があるとハローワークが認めたこと

例えば、

  • 雇用保険に加入できなかった
  • 雇用保険の失業給付(基本手当)を受給中に再就職できないまま、支給終了した
  • 雇用保険の加入期間が足りずに失業給付を受けられない
  • 自営業を廃業した
  • 就職が決まらないまま学校を卒業した 

などの場合が該当します。

(引用元)https://www.mhlw.go.jp

これらをすべて満たす方が、支給対象者と規定されています。

支給を受けるための要件

支給を受けるための要件は、

  1. 本人収入が月8万円以下
  2. 世帯全体の収入が月25万円以下
  3. 世帯全体の金融資産が300万円以下
  4. 現在住んでいるところ以外に土地・建物を所有していない
  5. 全ての訓練実施日に出席している
    (やむを得ない理由がある場合でも、支給単位期間ごとに8割以上の出席率がある)
  6. 世帯の中に同時にこの給付金を受給して訓練を受けている人がいない
  7. 過去3年以内に、偽りその他不正の行為により、特定の給付金の支給を受けたことがない

(引用元)https://www.mhlw.go.jp

と規定されており、これらの要件をすべて満たす必要があります。

失業中の本人だけでなく、世帯収入も条件に規定されている点にも気をつけて下さい。
世帯収入とは、一緒に暮らしており、生計をともにしている人たちの合計収入となります。

注意ポイント

この給付金は、職業訓練を熱心に受け、よりよい職に就こうとしている人の為に用意されている制度です。

そのため、

  • 原則、一度でも遅刻・早退・欠席を行うと支給されない
  • やむを得ない場合であっても、8割以上の出席が必要

という条件があります。

これらの条件を破ると、給付金の打ち切りや、ひどい場合だと給付金の返還が求められる場合もあるので注意しましょう。

職業訓練給付金の申込み方法

職業訓練給付金を受けるための流れは以下のようになります。

ハローワークの窓口で受ける職業訓練を選び、受講申込みと、給付金の審査申請を行う。
(ハローワークで求職活動をしていることが前提です。)

             

訓練実施機関に、書類を提出しに行き、選考(面接・筆記試験など)を受ける。

             

選考に通ったら、ハローワークにて指示を受けます。

訓練開始後も、原則として月に一回以上ハローワークで職業面談を受ける必要があります。
この際に給付金の申請も行うことになります。

これで、職業訓練給付金の給付を受けることができるようになります。
ただし、先程も述べたとおり、職業訓練の出席は非常に厳しく見られるので気をつけて下さい。

次は、別の制度を利用してハローワークでお金を借りる方法についてご紹介していきます!

生活福祉資金貸付制度を利用してお金を借りる

ハローワークでは、失業中でお金がなく日常生活に困っている人に対して、生活資金の貸出を行っています。

生活福祉資金貸付制度とは?

生活福祉資金貸付制度とは、都道府県社会福祉協議会が、主に「低所得者世帯」「障害者世帯」「高齢者世帯」に対して、非常に低金利でお金を貸してくれる制度のことです。

貸付の種類として、

  • 総合支援資金
  • 福祉資金
  • 教育支援資金
  • 不動産担保型生活資金

の4種類があります。

このそれぞれについて詳しくご紹介していきます。

総合支援資金

現在失業中で、ハローワークで求職活動をしている方は、コチラの総合支援金に申し込むことになります。

総合支援金として使えるお金は以下のようになっています。

資金の種類 内容 貸付限度額
生活支援費 生活再建までの間に必要な費用 二人以上の世帯 月20万以内

単身世帯 月15万以内

住居入宅費 賃貸を借りる際の敷金礼金など 40万円以内
一時生活再建費 生活再建の為に必要だが、日常生活費で賄えないもの。

債務整理を行う費用

就職のための技能習得費用 など

60万円以内

これらの利息は、保証人を立てれば利息ナシで借り入れることができます。
保証人がいなくても借り入れることはできますが、その場合は1.5%の年利がかかります。

生活支援費は、就職が決まった翌月まで、最長12ヶ月間借りることができます。
また、借り換え用の資金として借り入れることはできません。

福祉資金

福祉資金は、生活資金以外で、臨時にかかってくるお金に対して借り入れができます。

主な例を挙げると、

  • 冠婚葬祭に必要な資金
  • 介護サービスや障害者サービスを受けるお金とその生活費
  • 災害で被災した際に必要となる資金
  • 日常生活上、一時的に必要となる資金 

などが挙げられます。

資金の種類 内容 上限額
福祉費 上記記載 580万以内

(用途ごとに上限あり)

緊急小口資金 臨時的に生計を維持するのが難しくなった際に、借り入れできる少額の資金 10万円以内

利息は、保証人を立てればナシ。
保証人がないと、年利1.5%になります。

緊急小口資金に関しては、保証人はいらず、利息もかかりません。

教育支援資金

教育支援資金は、低所得で、子どもを学校に通わせるのが難しい世帯に対して、高校・大学・高専に入学と修学ができるように貸付を行ってくれます。

資金の種類 内容 上限額
教育支援費 低所得世帯の子どもが、高校・大学・高専に通うための費用 高校 月3.5万以内

大学 月6.5万以内

高専・短大 月6万以内    

就学支援費 低所得世帯の子どもが、高校・大学・高専に入学するための費用 50万円以内

コチラは、保証人が必要なく、利息もかかりません。

不動産担保型生活資金

不動産担保型生活資金は、低所得の高齢者世帯と、生活保護を受給している高齢者世帯に対して、自宅を担保とした生活資金の貸付を行っています。

資金の種類 内容 上限額
不動産担保型生活資金 低所得の高齢者世帯に、不動産を担保として生活資金を貸し出す 土地の評価額の70%以内
要保護世帯向け不動産担保型生活資金 生活保護を受給している高齢者世帯に、不動産を担保として生活資金を貸し出す。 土地及び建物の評価額の70%以内

生活保護受給額の1.5倍以内

金利はおよそ年3%で、保証人は推定相続人の中から1人必要です。

ただし、要保護世帯向け不動産担保型生活資金では保証人は必要ありません。

生活福祉資金貸付制度の利用資格

ここまで、生活福祉資金貸付制度の種類について説明してきましたが、実際に借り入れできる条件はどのようなものでしょうか。

対象は、「低所得者世帯」,「障害者世帯」「高齢者世帯」となっています。

これらを詳しく見てみると、以下のようになります。

世帯の種類 内容
低所得者世帯 低所得であり、生活資金を他から借り入れるのが困難な世帯。

(目安として、市民税が非課税になっている世帯)

障害者世帯 障害者の方がいる世帯(手帳を交付されていること)
高齢者世帯 65歳以上の方がいる世帯

これらの条件を満たしていても、必ず借りれるということはありません。

生活福祉資金貸付制度の審査は比較的厳しく、「返済能力の有無」があるかどうかを見られることになります。

すでに他の借金の返済に追われている多重債務者状態では審査に通らないので注意して下さい。

生活福祉資金貸付制度の申し込み

生活福祉資金貸付制度の相談窓口は、ハローワークや、お住まいの市区町村の社会福祉協議会ですが、実際に申し込む際は社会福祉協議会の窓口で申し込む必要があります。

主な必要書類は以下のとおりです。

  • 本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)
  • 世帯状況を証明できる書類(住民票など)
  • 返済能力の分かる書類(給与明細、源泉徴収票など)
  • 連帯保証人の返済能力が分かる書類(給与明細、源泉徴収票など)
  • その他各融資ごとに必要な書類

必要書類を提出後、審査に通れば、口座にお金が振り込まれるようになります。
ただ、申込み条件や必要書類は、どの融資を受けるかによって異なっていたりします。

まずは、ハローワークか社会福祉協議会の窓口に相談を行ってみましょう。

失業中にお金を借りるにはどちらがおすすめ?

このページでは、失業中でカードローンなどが組めないときでも、ハローワークを通してお金を借りる方法として、

  • 職業訓練受講給付金
  • 生活福祉資金貸付制度

の2つをご紹介してきました。

では、この2つでは、どちらがより利用しやすいのでしょうか。

個人的なおすすめは、職業訓練給付金を受給することです。

職業訓練受給金と、生活福祉資金貸付制度、どちらも失業保険の受給を受けているうちは受給ができません。
そのため、収入的には非常に厳しい時期になるとは思います。

ですが、社会福祉資金貸付制度は、いくら利子が安いからとはいえ、立派な借金になります。
お金を貸してもらえるからといってゆっくり職を探していては、就職後の慣れるまで大変な時期に返済に追われることになります。

また、審査も比較的厳しいため、確実に借りれるわけではありません。

反対に、職業訓練受講給付金は、受給条件と、必ず出席という規定こそありますが、これらを満たせば、確実に支給される上、返済の必要がありません。

この給付金がもらえているうちに、次の職を見つけることが、就職後にも負担をかけずにお金を得る方法だと思います。

まとめ

このページでは、ハローワークでお金を借りる方法2つと、職業訓練受給給付金と生活福祉資金貸付制度のどちらがよりおすすめかをご紹介してきました。

自分に合ったお金の借り方は、その時の生活状況次第で変わってきます。
そのため、お金をかりる際には、現在の自分の状況をしっかりと把握し、返済計画を立てることが必要になります。
借りる額は最低限にして、決して無理な借り入れは行わないようにしましょう。