借金返済よる生活の変化を楽しみながら賢く過ごす方法

金返済を抱えている場合、将来に対して不安が多くなりますよね。

・多額の借金の返済がある…
・この先返済していけるか不安
・現状で返済がかなりきつい。
・今の生活ができなくなる…

様々な不安と戦いながら、それでも借りたお金は返済しないといけません。
このページでは、借金返済を抱え返済を頑張っている人の為に役立つ情報を用意しています。

返済に不安を抱えているのなら、一度、読んでみてください。
借金は生活バランスを保ちながらも、返済していくことができます。

生活維持をしながら返済していくコツや働き方、生活の中で変えるべき点等、借金返済と前向きに向き合って、上手に借金と付き合っていきましょう。

借金返済によって生活は変化させるべきなのか?

借金返済を行うには、返済する分のお金を用意しなければなりません。
生活変化が必要かどうかは、現在の自分の収入と出費・借金返済額のバランスを確認してみましょう。

ここでは、出資のバランスを3つのパターンに分けてみました。
それぞれのパターンによって生活バランスがどれくらい変化するのか参考にしてください。

【1】収入の中から貯金をしている場合

普段の生活で、収入の中から、毎月貯金の出費があれば貯金をする金額を減らすことによって、返済することが可能になります。

もともと、収入の中から貯金ができているのであれば、借金返済はそんなに難しいことでもありません。

貯金額を調節して少しずつ返済することによって、生活に大きな変化を加えることなく返済していくことが可能です。

【2】貯金をしていないが食費などの生活費の節約余地がある場合

日頃から貯金をしていない場合や貯金が少ない場合は、貯金額を減らすだけの生活変化では、借金は返済できません。日用雑貨・食費等に掛かるお金を減らす生活変化が必要になります。

タバコ・お酒・お菓子などの嗜好品を我慢する、飲み物を持参するなどの工夫をすることによって、大きな節約につながる可能性があります。

とはいえ、日用雑貨や食品の購入は生きていく上で必要なものにもなるので、限度を超えないようにしましょう。

注意点として、食費や日用品の節約をしても、なかなか数万円単位の金額につながらない場合があります。その場合は、固定費を見直してみてください。

・生命保険
・インターネット環境料金
・水道光熱費  等

ただ、固定費の見直しに関しては、直ぐに手元にお金が入ることがないので、返済日に間に合わなくならないように注意してください。

【3】節約等をしても返済金額を用意できない場合

日用品や食費への変化を行ったとしても、借金返済額に満たない場合は、ダブルワークなどの生活変化が必要になります。

借金を返済するためのお金が足りないので、収入を増やさないといけません。

ダブルワークを行う場合、睡眠時間の調節やライフスタイルの変化があるので、節約などと異なり生活の変化が多くなります。

また、心身ともに負担が掛かるので、ある程度の覚悟も必要ですが、最近は副業ブームでもあるので、実際はそんなに生活に大きな変化をもたらさなくても比較的、収入を増やすことができます。

現在の生活状況 生活への変化 返済方法
貯金等を定期的に行っていて返済に当てるお金の余裕がある 貯金額を減らして返済を行う
生活費等を節約することによって返済のためのお金を工面できる 食費・日用雑貨に掛かる費用を減らして返済
節約などを行っても返済に充てるお金の工面が難しい 選ぶ職業によって変化する ダブルワークなどで収入を増やして返済

ダブルワークで生活をそれほど変えずとも借金返済できるのか?

生活をそれほど変えずとも借金返済は可能です。

ダブルワークと聞くと、本業のあとに、コンビニなどのアルバイト後、シャワーを浴びて少し寝てから本業へまた出勤…
寝る時間は毎日3時間だけ…なんていう過酷な状況を思い起こすかもしれません。

しかし、最近は副業がブームになっているので、比較的働きやすくなっていますし、副業の種類も豊富にあります。

人気の副業を紹介しましょう。

業種 内容 報酬
モーニングコール代行 モーニングコールをかける 1件あたり50円~150円
新聞配達(朝刊) 新聞の配達 日給2,500円~3,500円
データ入力 データをPCにて入力 時給1,000円前後

在宅でもできる副業も多くあるので、出勤時間などのムダもなく働くことができます。

借金の返済のためだけではなく、趣味を副業にする人も増えています。
本業の空き時間でできる仕事を探してみてください。

副業で稼げる金額と借金返済金額

副業で稼げる金額は以下のようになっています。

多くの人が2万円~5万円の収入を得ています。
もし2万円稼ぐことができたら・・・

・消費者金融A社の場合…利用残高79万円の約定返済金額
・銀行A行の場合…利用残高50万円超~100万円以下の約定返済金額

※約定返済金額とは
返済日に最低限返済しなければいけない金額

2万円の約定返済金額だと100万円前後の利用残高に対して設定されています。(消費者金融・銀行によって異なります。)

借金の利用残高に応じて、副業を行う日数や職種を選んで効率的に借金返済をしてみてください。

ちなみに2万円~5万円の副収入を得るために働いている時間は1日あたり2~3時間程度の人が多くなっています。
2~3時間程度なら生活に大きな変化を加えずに、借金返済も可能と言えます。

■副業を始める際の注意点
副業を始める場合、本業の就業規則に反していないかを確認してください。
本業に支障があると収入が減ってしまう可能性もあります。十分に注意してください。

どうしても返済が厳しい場合の対処方法

借金は返済できる分を借りるのが鉄則です。
ですから、返済できないということは、ないようにしなければなりません。

それでも、どうしても返済が厳しい時には、借入先に相談してみましょう。

借金の返済金額は約定返済金額があり、設定された金額以下の返済額は返済をしたと認められませんが、相談することによって約定返済額以下の返済であってもOKとしてくれる場合があります。

必ず、相談することが大切です。

その際には、どうして返済ができないのか。いくらなら返済が毎月できるのか。などしっかりと伝え、真摯に受け答えするようにしてください。

また、最悪の場合は法的措置も可能です。
任意整理や自己破産、民事再生(個人再生)等があり、所定の手続きを行うことによって、借金が減額されたり、返済が免除されることもあります。

ただし、手続き方法によっては持ち家や車などの没収もありますし、会社に借金を踏み倒したなどと噂が流れ、会社に所属しにくくなって無職になってしまう等、デメリットも多くあります。

ですから、法的措置を行う前に本当に返済ができないか。をよく考え、対処していくようにしましょう。

まとめ

借金の返済は、節約やダブルワークがありますが、大きな生活の変化をしなくても大丈夫です。

ですから、安心して借り入れをしてください。(もちろん、返済計画は大切ですが…)

また、貸金業法では総量規制という決まりがあり、年収の3分の1までの借入しかできないようになっています。
法律で過剰な借入を阻止してくれるので、返済しきれないほどの借金にもなりません。

借金返済を視野に入れて、上手にお金を借りてよりよい生活をできるようにしてくださいね。