肥後銀行カードローンの審査は甘い?金利や限度額、申し込み、返済方法を比較!評判や口コミも紹介

肥後銀行は、熊本県熊本市に本店のある地方銀行で、熊本県の指定金融機関です。
熊本県内で肥後銀行をメインバンクとしている人は、人口の約6割にも達していると言われており、「ひぎん」「ひごぎん」などの愛称で呼ばれ多くの人が利用している銀行です。

肥後銀行で提供しているカードローンは3種類あり、利用する人の属性や目的に合わせてカードローンの内容も違います。

今回は、肥後銀行のカードローンについて紹介していきます。

 地元の肥後銀行だから、で選んでいませんか?
あなたの希望を満たしてくれるカードローンとは?
地元の肥後銀行だから安心!でも、必ずしもあなたの希望を満たすとは限りません!

即日融資が可能だったり金利が低かったり、もっと利便性が高いカードローンがあるかもしれません。

あなたにおすすめのカードローンは

今すぐに借りる
早さより低金利

肥後銀行カードローンの特徴

肥後銀行では、「WEBカードローン」「back up」「BEST ASSIST」3種類のカードローンを取り扱っています。

それぞれのカードローンの申込み条件、金利、契約限度額、最低返済額などを一覧表にしました。

肥後銀行カードローン比較一覧
カードローン 金利 契約限度額 最低返済額 申込み条件
WEBカードローン 年4.5%~14.0% 10万~500万 5,000円
  • 申込み年齢が満20歳以上満65歳未満の人
  • 肥後銀行で教育カードローン以外のカードローン契約のない人
  • 肥後銀行の本支店のあるエリアに居住・勤務している人
  • 保証会社の保証を受けることのできる人
back up
  • 年12.5%
  • 年14.0%
  • 30万円コース
  • 50万円コース
  • 100万円コース
5,000円
  • 申込み年齢が満20歳以上満65歳未満の人
  • 肥後銀行で教育カードローン以外のカードローン契約のない人
  • 保証会社(肥後カード、オリエントコーポレーション)の保証を受けることのできる人
BEST ASSIST
  • 年5.4%
  • 年7.15%
  • 100万コース
  • 200万コース
  • 300万コース
10,000円
  • 申込み年齢が満25歳以上満60歳未満の人
  • 前年度の年収が400万円(税込み)以上の人
  • 肥後銀行で教育カードローン以外のカードローン契約のない人
  • 保証会社の保証を受けることのできる人

「WEBカードローン」は、契約限度額などごく一般的なカードローンですが、「back up」「BEST ASSIST」は、契約限度額が金額によってコース別になっていたり、金利にも違いがあることがわかりました。

「BEST ASSIST」以外のカードローンは、収入に関することが申込み条件の中に記載されておらず、保証会社の保証を受けることができるかどうかが重要となります。

肥後銀行カードローン「WEBカードローン」の特徴

「WEBカードローン」の特徴は、

  • 原則来店不要で申込みから契約までを終えることができる。
  • 肥後銀行の普通口座のキャッシュカードを使用してカードローンが利用できる。
  • スマホやパソコンからの契約も可能。

となっていて、肥後銀行の普通口座を持っているか、カードローン申込み前に作っておくと、申込みから契約、実際の利用までがとても簡単です。

肥後銀行カードローン「back up」の特徴

「back up」の特徴は、

  • 借入限度額が3段階に設定されていること
  • 金利は、どの保証会社が保証するのかによって違いがあること
  • 公共料金などの自動引き落としが残高不足でできなかった場合に借入限度額内で自動補填してくれること
  • キャッシュカードにカードローンをつけることができること

などとなっていて、一般的なカードローンとしての役割はもちろん、便利な機能が搭載されているので使い勝手の良いものとなっています。

肥後銀行カードローンと他カードローン違いを比較

種類が豊富にある肥後銀行カードローンですが、他の金融機関や消費者金融系のカードローンと比較してみることにしましょう。

肥後銀行カードローンと他社カードローン比較一覧
カードローン 金利 契約限度額 最低返済額 即日借入れ
肥後銀行
カードローン
「WEBカードローン」
年4.5%~14.0% 10万~500万 5,000円
肥後銀行
カードローン
「back up」
  • 年12.5%
  • 年14.0%
  • 30万円コース
  • 50万円コース
  • 100万円コース
5,000円
肥後銀行
カードローン
「BEST ASSIST」
  • 年5.4%
  • 年7.15%
  • 100万円コース
  • 200万円コース
  • 300万円コース
10,000円
大手銀行系
みずほ銀行カードローン 年2.0%~14.0% 最大800万円 10,000円
三井住友銀行カードローン 年4.0~14.0% 10万~800万 2,000円
地方銀行系
横浜銀行 年1.9%〜14.6% 10万~1000万 2,000円
消費者金融系
アコム 年3.0%~18.0% ~800万 3,000円
プロミス 年4.5~%17.8% ~500万 4,000円

一覧表にして比べてみると、最低金利は、みずほ銀行や横浜銀行など他銀行や、プロミスなどの消費者金融のカードローンも良いことがわかります。

銀行系カードローンは即日融資に対応していないので、急いで融資を受けたいという場合は、プロミスと言った大手の消費者金融系のカードローンを検討してみるといいですね。

プロミス

プロミス

融資上限額 即日融資 融資時間
最大500万円 最短1時間
審査時間 来店不要・WEB完結 無利息期間
最短30分 30日間

肥後銀行カードローンのメリット デメリット

種類が豊富にある肥後銀行カードローンの特徴や、他銀行や消費者金融系カードローンと比較してみましたが、肥後銀行カードローンを利用する上でのメリットやデメリットを紹介していきます。

肥後銀行カードローンのメリット

肥後銀行カードローンを利用する場合は、3種類あるカードローンのメリットを比較して自分の用途に合うものを選ぶようにしましょう。

「WEBカードローン」のメリットは、今使用している肥後銀行のキャッシュカードにカードローンの機能をつけることができるという点です。

「back up」のメリットは、普通口座の残高が不足した場合に自動融資を受けることができるという点です。

「BEST ASSIST」のメリットは、住宅ローンを利用していれば低金利となりますが、それ以外でも一般的なカードローンと比べると年10.0%以下という金利なのでお得という点です。

3種類ある肥後銀行カードローンそれぞれにメリットがあります。

肥後銀行カードローンのデメリット

肥後銀行カードローンのデメリットは、肥後銀行の口座を持っているか、新たに作らなければ利用することができないという点です。

もともと肥後銀行を利用していればいいですが、利用していないという場合や、利用する予定がないという場合は、肥後銀行カードローンのメリットをあまり感じることができない点がデメリットと言えます。

肥後銀行カードローンに向いている人と向いてない人

肥後銀行を利用している人は、肥後銀行カードローンの利用に向いています。

これまでは利用していなかったけど、カードローンを利用するのをキッカケに、利用しようと思っている人なら向いていると言えます。

一方、向いていない人は、肥後銀行の口座を持っていない、作る予定も今のところはないという人は、他のカードローンを検討した方がいいでしょう。

また、すぐにでも借入したいという場合も、残念ながら肥後銀行カードローンは、向いていないです。

肥後銀行を利用しない人で即日融資が希望の人におすすめ

肥後銀行の利用はしておらず、今後も利用する予定がないという人や、やっぱり即日融資がいいという場合は、肥後銀行を含めた銀行系カードローンではなく、プロミスなどの消費者金融系のカードローンがおすすめです。

プロミス

プロミス

融資上限額 即日融資 融資時間
最大500万円 最短1時間
審査時間 来店不要・WEB完結 無利息期間
最短30分 30日間

また、金利を少しでも安くしたいという場合は、みずほ銀行などの大手銀行がやっぱりお得な感じがしますので、検討してみるといいですね。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

融資上限額 金利 融資時間
最大800万円 年2.0%~14.0% 2〜3営業日
審査時間 来店不要・WEB完結 担保・保証人
2〜3営業日 不要

肥後銀行カードローンの必要書類

3つの肥後銀行カードローンの申込みと契約に必要となる書類を説明します。

3種類あるどのカードローンも共通して、

  • 本人を確認する書類
  • 借入額が50万円以上なら所得の確認ができる書類

 

以上の2点が必ず必要となります。

本人を確認する書類は、

  • 運転免許証
  • 健康保険被保険者証

 

などが必要です。また、所得の確認ができる書類は、

  • 給与所得を得ている人は、源泉徴収票もしくは公的所得証明書
  • 自営業の人は、納税証明書<その2>もしくは公的所得証明書

などが必要です。

外国人の方が利用する場合は、永住許可を確認できる書類の提出が必要となります。

上記必要書類提出時の諸注意

借入限度額が50万円以下の場合は、基本的に所得の確認ができる書類の提出は不要ですが、審査の状況によっては、50万円以下でも必要となる場合があります。

指示に従って必要なものを用意するようにしましょう。

その他特筆すべき必要書類

「WEBカードローン」以外のカードローンは、契約時に返済用として使用する肥後銀行の普通預金口座と、お届印も必要となります。

肥後銀行カードローンの審査条件

肥後銀行カードローンを利用したいという場合は、申込み内容に従って審査を受けなければなりません。

審査条件は、カードローンによって違いがあったり、審査にかかる日数なども違いがありますので、審査について少し詳しく説明していきたいと思います。

審査条件

3種類あるカードローンの審査条件を見ていきましょう。

まず、申込み年齢が、満20歳以上満65歳未満の人としているのは、「WEBカードローン」と、「back up」の2種類で、「BEST ASSIST」は、満25歳以上満60歳未満の人と年齢の範囲が狭いです。

それ以外は、

  • 肥後銀行で教育カードローン以外のカードローン契約のない人
  • 保証会社の保証を受けることのできる人

というものです。

ただし、ひとつ気になるのがカードローンによくある「安定した収入のある人」という部分が表記されていません。

「BEST ASSIST」のみ、年収が400万円以上の人、借入限度額の希望が300万円以上となる人は、年収600万円以上の人という風になっています。

肥後銀行カードローンの3種類ともに、明記はされていないものの、

  • 年収400万円以上の人は借入限度額は300万円まで
  • 年収600万円以上の人は借入限度額は300万円以上

この基準によって審査が行われている可能性が高いです。

借入限度額が50万円以内程度の場合は、安定した収入があれば借入できる可能性は高いと言えそうです。

審査にかかる日数

肥後銀行では即日融資には対応していません。書類のやり取りの必要のないWEB完結することのできる「WEB完結カードローン」でも、1週間~10日の期間が必要となります。

その他のカードローンも1週間~10日、またはそれ以上の日数が必要となるものと思っておくと間違いありません。

増額について

肥後銀行カードローンの限度額を今よりも増やしたいという場合は、増額の申請を行うこととなります。

増額の申請を行うと、

  • 借入状況の確認
  • 勤務状態の確認
  • 収入状況の確認

などを確認する審査が行われます。カードローンを利用し始めた当初よりも、3つのいずれかの状況が悪くなっていた場合、増額申請の許可が降りない可能性が高くなります。

また、今までは50万円の限度額だったのに、30万円に減額されるということも珍しい話ではありませんので、増額申請は注意が必要です。

審査に関する口コミ(価格コムより抜粋)

肥後銀行カードローンの審査を受けたという人の口コミを紹介していきます。

20代女性
職業:会社員
年収:200万円~400万円
可決

「WEBカードローン」を利用

いつも利用している銀行のカードローンなので安心して申込みすることができました。利用も普通に銀行の口座を利用している感覚で借入・返済ができるので良かった。

60代男性
職業:無職(年金受給者)
年収:200万円未満
可決

「back up」を利用

かなり使いやすいので、ついつい借りすぎてしまいますが、いざというときに便利なので利用してよかったです。

40代男性
職業:会社員
年収:200万円~400万円
可決

「BEST ASSIST」を利用

メインバンクとして利用しているのと、家族のすすめで申込みしました。金利が安いので利用してよかったなと持っています。銀行のカードローンということもあり安心感はやっぱり大きいです。

口コミを見てみると、肥後銀行をメインバンクとして利用している人にとっては、安心して使うことができるカードローンとして評価も高いことがわかりました。

審査に通過できず「借りられない」理由は?

肥後銀行カードローンを利用したいと思っていても審査に通過しなければ、利用することはできません。

審査に通過せず「借りられない」理由で多いのは、

  • 申込みした人の年収がカードローンの基準に達していない
  • 申込み内容にミスや嘘がある
  • 他社の借入件数や借入残高が多く、年収とのバランスが悪い
  • 信用情報の情報がよくない
  • 勤務先の在籍確認ができなかった

などで、どのカードローンとも共通しています。審査に通過せずに「借りられない」理由は、

  • 返済能力がないとみなされてしまった。
  • 融資するだけの信用がないとみなされてしまった。

以上の2点が理由の基本と言えます。

肥後銀行を含めた銀行系カードローンの審査は、そう簡単なものではないので、もしも「借りられない」という場合でも、まだ諦める必要はありません。

別のカードローン銀行系カードローンの審査に落ちてしまったけど、借入することができたという声の多い、アコムなどの消費者金融系のカードローンを検討してみることをおすすめします。

肥後銀行カードローンの返済方法

肥後銀行カードローンを利用すると、毎月返済していかなくてはなりません。

どの種類のカードローンを利用しているのかによって返済方法や返済日などに違いがありますので、利用前にしっかり把握しておくようにしましょう。

返済方法(ATMや引き落としなど)

まず返済方法ですが、3種類あるカードローンすべてが、肥後銀行普通預金口座からの引き落としとなります。

返済日、引き落とし時間について

返済日も、3種類あるカードローンすべてが、5日の引き落としとなり、5日が銀行休業日になっている場合は、翌営業日が返済日となります。

返済日の引き落としされる時間は、何時とは決まっていませんので、前日までには入金しておくようにすると確実です。

返済期間はどれくらい?

カードローンの契約期間は、3種類すべて1年ごとの更新で3年となっています。

返済期間は、返済日の前月の残高に応じて、返済していく形となります。

余裕がある時に、臨時的に返済することも可能なので、早めに返済を行うとそれだけ早く返済が終了となります。

コンビニATMは利用できる?

肥後銀行カードローンでは、借入れや臨時の返済、残高照会など、ほとんどのコンビニATMを使用することができます。

肥後銀行カードローン BEST ASSISTの特徴

肥後銀行カードローンの中でも一番、利用条件が厳しいのが「BEST ASSIST」です。

しかし、それでも利用条件にクリアすればとてもお得に利用できるのがこのカードローンの特徴です。

まとめ

肥後銀行の3つのカードローンは、利用目的や利用する人の属性に合わせて最適なものを選ぶことができるので、銀行系カードローンを利用したいという場合おすすめです。

消費者金融系のカードローンとは違い、すぐに融資を受けることはできないので、早めの申込みが重要です。