【今すぐお金を借りる方法】即日でお金を借りたい人向け-最新情報

【今すぐお金を借りる方法】即日でお金を借りたい人向け-最新情報

今すぐお金を借りるなら、アコムやプロミスなどの大手消費者金融サービスがオススメです。

大手消費者金融サービスは、審査時間が30~1時間程度と非常にスピーディーですから、即日借入することが可能です。

又、無利息期間も設けられている業者が多いので、短期間なら利息0円で借入することが出来ます。

そもそも審査自体に不安がある方は、より審査の通りやすい「中小企業のローンサービス」を選ぶと良いでしょう。

その他、様々な借入方法を詳しくご紹介していきます。

今すぐお金を借りることができるのはどのローン会社?

お金を借りるなら「消費者金融」のカードローンを利用しましょう。銀行系のカードローンですと、即日融資は不可となっていますが、アコムやプロミスなどの消費者金融は即日融資が可能です。

銀行系カードローンが即日融資できない理由は、銀行は融資先が反社会勢力でないか確認する必要があるからです。

銀行は、借入申込をしてきた人の個人情報と、警視庁の「暴力団情報データベース」を照らし合わせて確認を行います。

この確認は1日以上かかりますので、必然的に銀行は即日融資ができないのです。

消費者金融には、この確認が義務化されていませんので、その分審査がスムーズに進むため、即日融資が可能なのです。

それではここから、即日融資可能な消費者金融カードローン会社を紹介致します。

即日融資可能な消費者金融サービス

融資スピード 金利 土日祝日融資 無利息期間
プロミス 最短60分 4.5%~17.8% 30日間
アコム 最短60分 3.0%~18.0% 30日間
レイクALSA 最短60分 4.5%~18.0% 60日間
アイフル 最短60分 3.0%~18.0% 30日間
SMBCモビット 最短60分 3.0%~18.0% なし

プロミス

プロミスは、アコムと並ぶ大手消費者金融業者です。土日祝日も融資可能で、最短60分で融資完了。プロミスだけのメリットは「最高金利が低い」です。初回の借入は50万円以下のケースが多く、その場合最高金利が適用されます。

プロミスは、最高金利17.8%と、他社よりも0.2%低くなっています。返済負担をできる限り下げたい方には最適です。

プロミス

プロミス

融資上限額 即日融資 融資時間
最大500万円 最短1時間
審査時間 来店不要・WEB完結 無利息期間
最短30分 30日間※

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

アコム

アコムは、150万人以上の利用者数がおり、消費者金融サービスの中で利用者数は最大です。審査スピードも最短30分で、早ければ60分程で融資を受けることも可能です。アルバイトやパートの方でも毎月安定した収入を得ていれば借入可能です。

アコム

アコム

融資上限額 即日融資 融資時間
最大800万円 最短60分
審査時間 来店不要・WEB完結 無利息期間
最短30分 30日間無利息

レイクALSA

レイクALSAの特徴は何と言っても「180日間無利息」で借入できることです。5万円までの借入なら180日間無利息になり、初回契約者限定ですが、WEBからの申し込みをするだけ60日無利息サービスが付与されます。

さらにコンビニATM手数料も無料ですので、利用するたびに発生する110円~220円の手数料も払う必要がありません。

レイクALSA

レイクALSA

融資上限額 即日融資 融資時間
最大500万円 Webで最短1時間融資も可能(*1)
審査時間 来店不要・WEB完結 無利息期間
申込後、最短15秒 60日間(*2)

※1.21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。※2.200万円までの借入で5万円まで180日間無利息。【貸付条件】●新生フィナンシャル株式会社●登録番号/関東財務局長(9)01024号●遅延損害金(年率)20.0%●返済方式/残高スライドリボルビング方式、元利定額リボルビング方式●返済期間・回数/最長8年・最大96回●担保・保証人/不要●要審査

アイフル

アイフルは銀行の傘下に入ることなく、独立的に営業を続けている消費者金融サービスです。テレビCMなどでも広告されていますので知名度も高いです。

融資の種類も独立系ならではのラインナップになっています。「事業」のために融資を受けたい方には「事業サポートプラン」が用意されており、年収の3分の1以上も融資を受けられる可能性があります。

又、「おまとめMAX(ローン)」なら最高金利が17.5%になり、複数の借入をお得にまとめることも可能です。

アイフル

アイフル

融資上限額 即日融資 融資時間
最大800万円 最短60分
審査時間 来店不要・WEB完結 無利息期間
最短30分 30日間無利息

SMBCモビット

モビットを利用する大きなメリットとして「WEB完結申込なら電話連絡がない」事が挙げられます。

基本的にどの消費者金融サービスを利用しても、契約前に勤務先に在籍確認の電話が入ります。これを理由に申込できない方も多いのではないでしょうか。

モビットでWEB完結申込をすれば、勤務先への電話連絡はなく、カードなどの郵送物も一切ありませんから、会社や家族にバレることなく借入することが可能です。

又、大手のSMBCグループですから、安心して借入もできるでしょう。

SMBCモビット

SMBCモビット

融資上限額 即日融資 融資時間
最大800万円 ◯(※) 原則24時間最短3分
審査時間 来店不要・WEB完結 無利息期間
最短30分(※)

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

一時的にお金を借りたい場合は「無利息期間」に注目

数十日程度の短期間借入をするなら、消費者金融サービスがお得です。

何故なら、多くの消費者金融サービスは30日以内は「無利息期間」を設けているからです。

利息0円で借入できれば、元本返済のみで済みますから、銀行系カードローンよりも好条件で借入できます。

無利息期間がある消費者金融サービスは以下の通りです。

大手消費者金融 無利息期間 条件
アコム 30日間
  • 初めての利用者のみ
プロミス 30日間
  • 初めての利用者のみ
  • WEB明細を利用すること
    (メールアドレスの登録)
レイクALSA 180日間
or
60日間
【180日間無利息サービス】
  • 初めての利用者のみ
  • 5万円まで
【60日間無利息サービス】
  • 初めての利用者のみ
  • 借入金全額
※併用不可
アイフル 30日間
  • 初めての利用者のみ
  • 「無担保キャッシングローン」のみ
※事業サポートプラン・おまとめMAX・かりかえMAXは対象外
SMBCモビット なし

大手5社の無利息期間を表にまとめてみましたが、SMBCモビット以外は無利息期間が設けられていました。

全社共通の条件として、「初めての利用者の方」が設定されています。

プロミスでは、「WEB明細を利用すること」、アイフルでは「無担保キャッシングローンの場合のみ」という特有の条件が設定されていますので注意しましょう。

レイクALSAについては、5万円までなら180日間無利息サービスが適用されます。

他社では30日間が上限ですので、その6倍の日数を無利息で利用することができます。

5万円以上の借入をする場合には、60日間無利息サービスを利用しましょう。

この場合には、借入金全額を対象に60日間無利息サービスが適用されます。

借入する金額と、全額返済までの日数を考慮してどちらの無利息サービスを適用するか判断すると良いでしょう。(両方の無利息サービスを適用することは出来ません。)

今すぐお金を借りる場合、カードローンの限度額はいくら?

今すぐお金を借りる場合、カードローンの限度額はいくら?

今すぐカードローンでお金を借りようとした場合、いくらの借入ができるのでしょうか。

基本的に、初回の契約からいきなり100万円などの高額融資を受けることは難しいでしょう。年収が高く、返済能力があると判断されても、初回契約では低めの限度額で設定される事が多いです。

申込者の雇用形態が「正社員」で、勤続年数が長く役職に就いているなどの好条件の場合には、20万円~50万円程度の借入が限度。

派遣社員やパート・アルバイトなどの非正規雇用で、年収も低いとなると、最高でも10万円程度の限度額に制限される可能性が高いです。

又、消費者金融サービスは即日融資が可能ですが、年収の3分の1までしか融資できない「総量規制」の対象になります。

年収額によって借入できる上限は決定されますので、100万円以上などの高額融資はより審査が厳しくなります。

借入金額に見合った最善の借入方法は以下記事をご覧ください。

【5万円借りたい】緊急を要する少額借入をご希望の方はこの方法で!

【10万円借りたい】即日10万円借入できるカードローンサービス3選!

【50万円借りたい】保証人・担保不要!誰にもバレずにこっそり50万円を借りる方法

今すぐお金を借りたいけど審査が不安な場合

今すぐお金を借りたいけど、審査に通るか不安な方もいらっしゃるかと思います。そこで、大手よりも審査が甘い、中小の消費者金融業者をご紹介しましょう。

大手消費者金融業者がなぜ審査が厳しいのかというと、審査を「スコアリング形式」で行っているからです。

スコアリング形式とは、年齢・年収・雇用形態・勤続年数・家族構成・借入件数など、様々な要素を総合的に判断し、点数化して返済能力を検討します。

点数が低ければ審査通過は難しくなり、高ければ審査通過をしやすい評価方法です。

中小の消費者金融業者は、必ずしもスコアリング形式で審査を進めている訳ではなく、どちらかというと「現在の返済能力」を最大の判断基準としています。

ですから、過去に返済遅延を起こしていたり、非正規雇用で働いていたとしても、安定した収入を現在得ていることで融資を受けられる可能性があります。

ここからは、審査が甘くて借りやすいと評判の中小消費者金融業者を紹介します。

ベルーナノーティス

ベルーナノーティス

融資上限額 即日融資 融資時間
最大300万円 最短即日(*1)
審査時間 来店不要・WEB完結 無利息期間
最短30分 14日間

※1.お申込みの時間帯によっては翌日以降となる場合がございます。

カタログ通販で有名な、東証一部上場の「ベルーナグループ」が提供する消費者金融サービスです。審査時間は最短30分で、即日融資を受けることも可能!(お申込みの時間帯によっては翌日以降となる場合がございます。)来店不要で誰でも会わず、ネット完結で借入することが可能です。

フタバ

フタバ

融資上限額 即日融資 融資時間
最大50万円 最短1時間
審査時間 来店不要・WEB完結 無利息期間
最短30分 30日間

1963年に営業を開始した50年以上の実績がある老舗消費者金融業者です。店舗はなく、ネットか電話での受付で融資を行っています。

初回30日間無利息サービスが開始され、アルバイトやパートの方でも借りやすい消費者金融業者の1つです。

セントラル

セントラル

融資上限額 即日融資 融資時間
最大300万円 最短即日
審査時間 来店不要・WEB完結 無利息期間
最短30分 30日間

愛媛県に本社を置く、1973年創業の消費者金融業者です。全国に14店舗の支店を置く中堅の貸金業者です。

平日14時までの申込なら即日融資が可能!申込はネット完結で、30日間無利息サービスも付与されます。

アロー

アロー

融資上限額 即日融資 融資時間
最大200万円 最短即日
審査時間 来店不要・WEB完結 無利息期間
最短45分 30日間

平成12年に名古屋で創業した消費者金融業者です。最短45分で審査が終了し、即日融資も可能です。

アローは、コンピューター審査は行っておらず、全て人だけのチェックで融資判断を行っていますので柔軟な対応が期待できます。

大手で審査落ちした方も借入しやすい中堅消費者金融業者の1つです。

・フクホー →CV

1970年創業で大阪の本社を置く消費者金融業者です。来店不要で全国どこに住んでいても借入が可能です。

カード発行不要なので、審査通過後は、即時振込融資を行ってくれますからスピーディーに借入ができます。

10~20万円程度の少額借入なら審査に通過しやすく、大手で審査落ちした方の救世主的な貸金業者と言っても過言ではありません。

今すぐお金が必要でも個人間融資は危険

大手の消費者金融業者の審査に落ちると、中小規模の業者に申込をする方が多いですが、闇金から借入をしないように注意をしなければいけません。

闇金業者は、ホームページを見ると一見クリーンで安全なイメージを持つところが多く、対応も親切で丁寧です。

しかし、借りたら法外な利子を請求してきたり、返済が滞ると自宅や会社に強引な取り立てをしてくる業者もいます。

中小の消費者金融業者に申込をする際には、以下のポイントに気をつけましょう。

甘い言葉で広告している業者は危険

  • 「ブラックOK」
  • 「破産者でも融資可能」
  • 「どんな方でも◯◯万円は融資保証!」

など、貸金業法に反するような甘い言葉で広告している業者は闇金業者の可能性が非常に高いです。

早急に借入したい方にとっては、つい申込してしまいそうになりますが、後々トラブルになる可能性が高いですから絶対に申込はしないようにしてください。

国の認可を受けているか確認

貸金業を営むためには、国の認可を受ける必要があります。認可を受けると「貸金業登録番号」が発行されます。

貸金業者の公式サイトの最下部にこの番号が表記されている事が多いです。

申込の前には、必ずその業者が貸金業の許可を受けているか確認しましょう。

金融庁で公開している「貸金業者登録一覧」に業者名が記載されていない場合には、貸金業の許可を受けていない業者ですので絶対に申込してはいけません。

金融庁 貸金業者登録一覧

日本貸金業協会会員

日本貸金業協会会員の業者であればより安全性が高くなります。日本貸金業協会とは、内閣総理大臣の認可を受けた独立法人です。

この機関は、各貸金業者が健全な貸金業を行っているか監督しており、この機関の会員になっていれば、健全な貸金業を営んでいる業者である可能性が高いです。

申込前に、業者の公式サイトで、「日本貸金業協会会員番号」が表記されているかも1つの判断基準にしてください。

今すぐお金を借りる消費者金融と銀行以外の方法

今すぐお金を借りる消費者金融と銀行以外の方法

今すぐお金を借りる方法は消費者金融や銀行以外にもあるので紹介します。

今すぐ借入する方法は、消費者金融や銀行系カードローン以外にも多数存在します。あなたにとって最適な借入方法を選ぶために参考にしてください。

クレジットカードのキャッシング枠

クレジットカードには、キャッシング枠が付与されている物が多くあります。

クレジットカードを作成する時に、キャッシング枠を付けるか否かを問われるケースが多く、「付ける」を選択した場合には、収入に見合った限度額でキャッシング枠が設定されています。

一般的に20~30万円程度の枠が設定されているケースが多く、すでに枠が設定されていれば、コンビニATMやネットキャッシングで即時借入できます。

これからキャッシング枠を付ける場合には、クレジットカード会社に申込が必要です。

場合によっては「収入証明書類」の提出が必要になります。

提出方法はネットから画像アップロード形式を採用しているところがほとんどですので、郵送に要する時間は発生しません。

審査は即日で終了する事が多く、当日〜翌日には借入できるでしょう。

ろうきんから借入

ろうきんとは、労働金庫のことで、労働組合と生活協同組合が運営している非営利機関です。

お金を貯めたり、運用したりなど、銀行としての機能も果たすとともに、個人向けに融資も行っています。

ろうきんは627店舗あり、個人向けに「マイプラン」というカードローンサービスを提供しています。

限度額は10万円~500万円と高額な借入も可能で、金利はなんと「3.875%〜8.475%」と非常に低金利です!年収や労働形態などの審査を経て限度額は設定されます。

借入条件として、18~65歳で年収が150万円以上と設定されていますが、厳しい条件ではなく、比較的誰でも借入できる可能性の高いカードローンサービスです。

但し、審査に2週間程度かかることもあり、即日で融資を受けることはできません。借入を急いでいない方で、出きり限り低金利で借入したい方にはおすすめの手段です。

生命保険から借入

貯蓄性のある生命保険に加入している方は「契約者貸付制度」を利用して借入できる可能性があります。

「契約者貸付制度」とは、保険を解約した時に払い出される「解約払戻金」の7~9割を目安に借入できる貸付制度です。

金利は、消費者金融や銀行系カードローンよりも安く、年利2~8%程度で借入可能です。

ネットからの申込なら当日〜2日程度で借入できるケースが多く、比較的スピーディーに借入できるでしょう。

但し、保険契約当初は、解約払戻金がない場合もありますので、現状どれくらいの解約払戻金があるのか生命保険会社の担当者に確認してみると良いでしょう。

又、契約者貸付制度は、返済が滞ると保険が失効することもありますので、返済計画をしっかり立てて借入しましょう。

質屋で借入

所有しているブランドバッグや宝石類などを質屋に預けることで借入する方法もあります。

ブラックや無職など関係なく、査定額を限度に借入が可能です。

途中返済ができなくなっても、預けた品物を換金して返済に充てられますので、強引な取り立ては一切ありません。

借入は「即日」可能で、品物を質屋に持っていくとその場で査定され、査定額を限度にその場で現金で借入することができます。

もちろん借入したお金を完済すれば、預けた品物は返還されますので安心して下さい。

ご自宅に高価なブランド物などがあれば、借入手段の1つとして検討しましょう。

勤務先から借入

勤務先から借入する方法は2つあります。1つは「社内貸付制度」、2つ目は厳密に言えば借入ではありませんが「給料前借り制度」が用意されています。

社内貸付制度

社内貸付制度は、その名の通り、会社からお金を借入する制度のことです。借入ですから借用書を作成しますし、少額の利息も発生します。

借入できる金額は社内規定によりますので、明確な数字はお伝えできませんが、例えば1年目は50万円までなど、社内規定で決まっていますので確認してみましょう。

一般的には勤続年数が長い人ほど多くの借入が可能です。借入できる対象の人は正社員のみの会社がほとんどです。契約社員などは対象外になることが多いですが、一度社内規定を確認しみましょう。

借入までの期間ですが、1~3週間程度かかると考えておきましょう。借入の申し出がされたあと、経理や総務で判断したり、融資するための手続きもありますから、即日で借りることはまず出来ません。

又、用途によっては融資を断られることもあります。用途が、出産費用や災害時の対応のためなど、本当に必要なケースのみに融資を行っている企業がほとんどです。

しかしながら、金融機関の審査をすることなく、会社独自の審査ですので、過去の金融事故の記録や経済状況を詮索されることはありませんから、そういう意味では借りやすい手段ではないでしょうか。

給料前借り制度

給料前借り制度とは、すでに働いた分のお給料を、給料日よりも前に受け取る制度です。ですから、働いた分以上のお金を受け取ることは出来ません。

例えば、給料が月末締め・翌月25日払いだった場合で、25日ではなく、5日早い20日に10万円を先に受け取るといった具合です。

「前借り制度」なので、借りるというイメージが湧きますが、厳密に言えば借入ではありません。もらえることが確定している給料を、前倒しでもらう制度なのです。

給料前借り制度ですが、即日での受け取りは難しいでしょう。総務の判断や経理処理もありますから、最低でも3日程度は時間がかかると見込んでおきましょう。

親や親戚から借入

本当に必要なお金であれば、親や親戚に相談することも検討しましょう。親族間であれば、経済的な審査はありませんし、5万円程度の少額であれば、その場で財布から出して貸してくれるかもしれません。

1点注意なのが、贈与税という税金についてです。年間で110万円以上のお金を親族から借りたり・もらったりすれば「贈与税」が発生します。110万円以上のお金を借りる場合には、贈与税の納税もしっかり行いましょう。

国・市役所から借入

国や市役所から「公的融資制度」を利用して借入する方法もあります。

公的融資制度とは、高齢者・障害者・低所得者などの生活をサポートするための融資制度で、無利息か、低金利(1.5%)で借入することができます。

例えば、低所得者向けには「生活福祉資金貸付制度」が、子供の入学金や留学費を用意したい人には「教育一般貸付」が、年金収入だけでは生活が厳しい人には「年金担保貸付」など、様々な状況の方に合わせた融資制度があります。

一番多く利用されるのが、「生活福祉資金貸付制度」です。これは、生活を立て直すために利用される貸付制度です。

二人以上の世帯の場合には、20万円以内、単身の場合は15万円を限度として借入することが可能です。

無利息か年1.5%での借入が可能ですから、消費者金融や銀行系カードローンよりも圧倒的に低金利で借入することが可能です。

融資スピードは最低でも2週間程度かかりますが、有利な条件で借入ができますので、お急ぎでない方は利用を検討しましょう。

郵便局から借入

あまり知られてはいませんが、郵便局でも融資を行っています。

融資商品は、以下3つです。郵便局に預け入れているお金や国債を担保にして借入することができます。

借入可能額
財産形成貯金担保貸付け 郵便局口座に預け入れしている90%まで
貯金担保自動貸付け 郵便局口座に預け入れしている90%まで
国債等担保自動貸付け 利付国債及び個人向け国債の80%まで

消費者金融や銀行では、保証人や担保を不要としているケースが多いので「返済能力」を審査します。

対して郵便局では「担保」を絶対条件として融資を行いますが、その代わり返済能力の審査はしません。

万が一返済できなくなったら担保を売却して融資金を回収できるからです。

つまり、返済能力がなくても担保があれば借入できますので、未成年や年収がない人でも借入が出来てしまうのです。

郵便局からの借入には審査はありませんが、担保の有効性を確認する必要がありますので、借入までに最低でも1週間程度は見ておきましょう。

警察から借入

警察から借入する方法もあります。借入できるケースとしては、「財布を落として帰りの電車賃がない」「事故で怪我をしている人を助けたいけどお金がない」場合などです。

これは「公衆接遇弁償費」といって、状況に応じで誰でも利用することができる借入金です。

近くにある警察署や交番に行き、事情を説明して理解を得ることでその場で必要なお金を借入することができます。

借入する際は、名前や住所を記載する「借受願書」を作成します。

近くに交番などがない場合には、関連する行政機関(地域安全センター・運転免許試験場・鉄道警察隊分駐所・警ら用無線自動車)に連絡することで、同様の対応を受けることができます。

公衆接遇弁償費は、生活費などのために借入することは出来ませんので注意しましょう。

今すぐお金を借りる方法 Q&A

今すぐお金を借りる方法 Q&A

コンビニ(セブン銀行)では即日でお金を借りられる?

セブン銀行ATMのスマホアプリに対応しているローンサービスを利用すれば、即日借入も可能です。

例えば、レイクALSAは消費者金融サービスですから即日融資が可能です。一般的にカードローンは、専用のローンカードが自宅に郵送されてきてからコンビニATMで借入が可能になります。

しかし、レイクALSAは「e-アルサ」という専用のアプリがあり、このアプリで、申込〜契約〜借入まで一括して行うことができます。

今すぐお金を貸してくれるスマホのアプリってある?

レイクALSA、プロミス、SMBCモビット、アイフルは専用の「スマホアプリ」があります。このスマホアプリをスマホにダウンロードして、アプリ内から申込が可能です。

アプリ内で申込〜審査〜契約〜借入が可能ですから、書類の郵送やカード郵送をする必要は一切ありません。午前中に申し込み、審査を通過することができれば、即日借入は可能でしょう。

中でもレイクALSAは「ATM手数料が無料」ですのでオススメです。コンビニATMを利用して借入を行うタイプですので、ATM手数料無料の消費者金融サービスを利用することをおすすめします。

比較的安く借入できる金融機関を教えて下さい。

銀行系カードローンの中で金利が安いのは「みずほ銀行カードローン」です。金利は年2.0%~14.0%と、銀行系の中ではトップクラスで金利は安いです。

即日融資が可能な消費者金融サービスの中で金利が安いところは「プロミス」です。アコムやアイフルの最高金利は18.0%ですが、プロミスの最高金利は17.8%と若干低金利になっています。

その他、前述した生命保険の「契約者貸付制度」、質屋での借入、国の「公的融資制度」は圧倒的な低金利もしくは無利息で借入することができますので合わせて利用を検討しましょう。

何時までに申込すれば即日借入可能ですか?

即日融資を受けられるのは、消費者金融サービスに限られます。大手消費者金融のアコムやプロミスでは、最短30分で審査が終了します。借入方法に即時振込を選択する場合には、遅くとも14時までに申込を済ませましょう。

14時50分までに振込を受ければ、その日のうちに口座に借入金が反映します。現在では、多くの銀行で「24時間即時振込」が対応しているため、15時以降でも着金確認することは可能です。

振り込みを受ける銀行が、即時振込に対応している場合には、消費者金融業者の営業終了2時間前までには申込を済ませましょう。

家族や会社にバレずに即日借入したいのですが

消費者金融業者は、基本的に本当に勤務先で働いているかを確認するために「在籍確認電話」をかけます。在籍確認電話は、銀行名では名乗らず個人名で確認を行いますので、あなたが消費者金融から借入をしようとしていることが発覚することはありません。

しかし、在籍確認の電話は、借入時に行われることが多いため、借入しようとしている事が想像されてしまうこともあるでしょう。

こういった不安がある方は、WEB完結なら電話連絡がない「SMBCモビット」の利用を検討しましょう。自宅や会社への電話連絡なく借入することが可能です。

今すぐお金を借りる方法 まとめ

銀行系カードローンは、融資先が暴力団もしくは反社会勢力でないか確認する事が義務付けられており、即日融資を受けることは出来ません。

即日融資を希望する方は、消費者金融サービスを利用しましょう。初回の借入時は、50万円以下の限度額に設定されることが多いですが、返済実績を作っていけば増額融資を受けられる可能性もあります。

消費者金融は年収の3分の1までしか借入できない総量規制の対象です。年収の3分の1まで借入していない場合は、増額融資を受けられる可能性がありますから、最低でも3ヶ月の返済実績を作ってから増額申請を行いましょう。

大手消費者金融の審査が不安な方、審査に落ちてしまった場合は、中小の消費者金融業者の利用も検討しましょう。

大手よりも審査が甘く借入できる可能性があります。注意点としては、闇金に手を出してはいけないことです。

「ブラックOK」「融資保証」など、法外な甘い言葉で広告をしている業者は闇金ですから絶対に手を出してはいけません。

その他、生命保険の「契約者貸付制度」や、ろうきんカードローン「マイプラン」なども視野に入れつつ、あなたに最適な借入手段を見つけて下さい。