助成金を受け取るまでの流れ。オススメ助成金も紹介!

助成金のもらい方をわかりやすく説明!

助成金を受け取るまでの流れや注意ポイント、助成金を受け取りやすくするための方法・助成金を効率的に探す方法を紹介しています。

また、助成金は個人でももらえるのか。
業種別や悩み別に利用できる助成金のまとめも用意しました。

現在希望している助成金の他に、条件の良い助成金がないかなどの確認もこちらでしてみてください。

助成金の申し込みをする前に確認するべきことのチェックリスト付き!スムーズにお得に助成金を受け取る為の参考になる内容です!

 助成金を受け取るまでの流れについて

助成金を受け取るまでの大まかな流れと、様々な種類がある助成金の中でも人気の高い助成金の申請から受け取りまでの流れを説明します。

大まかな申し込みの流れ

助成金を受け取るまでの大まかな流れは以下のようになっています。

助成金には、キャリアアップ助成金や中小企業労働環境向上助成金などの様々な種類がありますが、基本的に先に計画書の提出を行い、計画に沿った行動を行った企業に助成金が支給されるという、後払いの仕組みがほとんどです。

ただし、申請する助成金によって、提出書類等が異なり、書類提出などのタイミングによっては流れが異なるケースもあります。その都度よく確認してください。

■キャリアアップ助成金の申請の流れ

キャリアアップ助成金には種類があります。

・正規雇用/無期雇用転換型
・人材育成型
・処遇改善型
・健康管理型
・短時間正社員
・パート労働時間拡大

の種類があります。

利用する種類によって手続き方法等が異なるので注意が必要ですが、基本は左図の方法になります。

■職場定着支援助成金(中小企業団体助成コース)を申請の流れ

職場定着支援助成金もキャリアアップ助成金と同様の流れになります。
先に計画を立て、計画が認定されたら実施、結果報告後の支給です。

いずれも、助成金を当てにして計画を運営しようと考えている場合、助成金は後から支給されるので、当てにしないようにしないといけません。

万が一、支給申請日、または支給決定日の時点で倒産している場合はほとんどの助成金は支給されないようになっています。

助成金を当てにして事業を続けようと思っている場合は、今一度考え直したほうが良いと言えます。

助成金っていつもらえる?受け取りのタイミング

ほとんどの助成金が助成期間終了後の完了報告を経て支払われます。
(助成金の種類によっては事前に支払いされるケースもあります。)

キャリアアップ助成金の場合、左図を確認してもらうとわかるように、計画を立ててから1年~2年ほどかかって助成金が入金されます。

書類作成などの事前の準備も必要になりますし、申請期間も限られています。(多くの場合が2ヶ月間のみ)

この間に申請を行わないと、事前の手続きをしていても助成金をもらうことはできませんから十分に注意が必要です。

助成金をもらう為の注意ポイント

■勉強が必要??試験のある助成金!?

助成金には様々な種類がありますが、助成金によっては、応募し、採択された企業だけが受け取ることができる助成金もあります。

この場合、プレゼンテーションなどで自社がどのように助成金を活用して行くのかなどを説明する必要があるので、プレゼン資料の作成なども必要になり、プレゼンの内容を確認し、調査・採択され、合否の結果が連絡されます。

また申請書のみの提出で採択する助成金もあり、決められた書類のなかでいかに自社のアピール等を行うかが勝負になります。

■助成金申請代行業者に注意

悪徳コンサル業者に助成金の申請を依頼してしまうと、適当な申請を行われて、会社の信頼を落とされたり、助成金が支給されずにコンサル料金だけを請求されるなどの被害があります。

悪徳業者の見分け方
・社会保険労務士(※1)ではないのに助成金申請ができるようになっている
・業者に支払いする方法が前金制のみ、もしくは成功報酬制であっても前金が異様に高額
・助成金に関する説明はあるが、自社に掛かる負担などの説明がない
・助成金は簡単にもらえる!○○するだけ!などいかにも手続きが簡単そうなイメージが広告されている

※1 労働社会保険諸法令に基づいて、助成金の申請書作成や行政機関への提出などは、社労士法によって社労士の業務と定められています。

悪徳業者の被害は増えていますから、十分に注意してください。

助成金をもらうためのポイント

応募制の助成金の場合、プレゼンテーションや助成金をどのように活用したいかなどの明確な計画書を書かないといけません。

応募制の助成金の例として、2016年に中小企業庁が募集をかけた「ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金」では採択率は32%と倍率も高く、助成金を受け取りできた企業は一握りでした。

厳しい倍率を潜り抜けるため、採択されやすい良い申請文やプレゼンテーション、プレゼン資料の作成を行わなければ、助成金は受給されなくなってしまうので、気合を十分に入れるべき最大のポイントとなります。

助成金を受け取りやすくなるには

【1】自分から助成金の情報を集める

助成金は大規模な広告宣伝を行いません。
ですから、自分からどのような助成金があるかを常に調べる必要があります。

助成金情報が公開されやすい媒体
・ボランティア/市民活動センター/社会福祉協議会の広報誌
・社協/社会福祉施設などの掲示板
・助成団体が発行するポスターや広報

その他、最新の助成金情報をまとめているサイトなどもこまめにチェックしてみてください。

【2】助成金の内容・意図にあった提案を行う

助成金が「どのように使われるのか」というのはとても重要です。

助成金は国民の税金や労働保険料で賄われています。
税金は使い道が何であるかをわかるようにしておかなければ国民は納得しません。

つまり、助成金は税金や労働保険料なのですから、どのように使うのかが明確でないと助成してもらえないのは当たり前の事となります。

例えば、助成金を支給した会社が「良さそうな会社」だから助成金を出した。
これでは、国民は納得しませんが、「子育てをしている女性が働きやすく、女性の社会進出を手助けする可能性の高い会社」だから、補助金を出した。

というように、誰もが助成金の使い道として納得ができるような提案が必要になります。

助成金は公的な資金であることから、「内容をしっかりと理解しているか」「それにあった提案を行うことができているか」が重要視されます。

【3】申請書は理解しやすく、わかりやすいものを作る

助成金申請は「所定の申請書」に必要事項を記入、提出後、審査を行います。
助成金の種類にもよりますが、申請書のみで採択の合否決定することもあり、申請書はかなり注意を払って書く必要があります。

採択を行う助成機関の担当者は、外部の有識者が委託を受けていることがほとんどです。有識者に選ばれるのは税理士や中小企業診断士が多く、この他に様々な不特定多数の人間が3名~4名、審査に関わります。

どの人も専門分野は異なりますから、誰でも理解できる文章を心がけなければなりません。

専門用語や業界用語を並べていては、審査する側も読むことさえ嫌になってしまいますから、わかりやすく読みやすいものを書くことを心がけましょう。

また、どうしても専門用語等を使わないといけない場合は、添付資料や注釈を使って説明すると良いです。

■ワンポイント■
助成金の審査過程は、担当者が申請書を選び、申請書を通すには上長に稟議を通すことになっています。
担当者は稟議の過程で上長に不明点があった場合、上長に説明しなければならないので、担当者が理解をしやすく、質問されても答えやすいサポートができる申請書が必要です。

【4】計画書は具体的・客観的に書く

計画書は助成金の審査において重要な判断基準になります。
計画書は「新規性」や「熱意」などの不鮮明な事を書く必要はありません。求められているのは「具体的な案」「客観的な事実」のみです。

5W1Hを上手にまとめてどの様な計画を立て、実行していくのかがわかるようにしましょう。

・例文
「○○を行うと、○○になるので、売上が毎月○○円の増加見込みがあります。それに伴って、
○○人の新規雇用枠を増やせる」

このように数字を入れ込むことによって、具体性が出ますし、客観的に数字化していることが読み手にも伝わります。
具体性を出すには、数字の他に、「時期」「取引先会社名」なども利用してみましょう。

また、計画書の内容は申請中、採択後に外部に漏れることはないので、安心して具体的な計画書を提出してください。

【5】添付資料は積極的に提出

助成金の申請に添付資料を付けることは、好印象につながりますし、申請書や計画書だけでは説明しきれない部分を補助してくれます。

添付資料の数に制限はないので、計画書等をわかりやすくする為であれば積極的に提出しましょう。

ただし、余りにも量が多すぎると読み手もわかりにくくなるので、無理に大量につける必要もありません。

 助成金をもらいにくくなるケース

助成金をもらいにくくなってしまうケースがあります。

助成金の種類にもよりますが、労働保険料の一部を財源としている助成金の場合は、社会保険や雇用保険等に加入していない場合、保険料滞納がある場合は助成金の受給対象外になります。

また、労働法令に違反している企業や社員の解雇をした企業(※1)なども受給しにくくなります。

※1社員を解雇した企業は助成金受給が一定期間制限される規定があります。
期間は助成金の種類によって異なります。
例 人材開発支援助成金…計画書提出6ヶ月前に解雇がある場合
特定求職者雇用開発助成金…社員解雇前後6ヶ月

助成金によって、貰いにくくなってしまうケースは異なりますが、よい印象の受けない事をしてなければ、特に問題もありませんから、チャレンジする気持ちで助成金の申請をしてみてください。

助成金の申請に上限数はありませんし、併用しても問題ないので、気になる助成金があれば積極的に調べ利用しましょう。

個人でも助成金はもらえるの?業種別、悩み別に利用できる助成金のまとめ

個人でも助成金はもらうことができます。
助成金を利用することによって、様々な悩みを解決することもできるので、是非活用してください。

以下に人気の高い助成金を紹介しておきます。参考にしてください。

不妊治療に対する助成金

不妊治療の助成金に関しては、ほとんどの地域で保健所が窓口になっています。
群馬県の不妊治療に関する助成金を例として紹介します。

■対象となる治療
1回の治療(1回の助成の対象とする範囲)は、採卵準備のための投薬開始から、受精(体外受精または顕微授精)、胚移植に至るまでの、医療保険適用外の部分

■助成対象者
・群馬県内(前橋市及び高崎市を除く)に夫婦の双方またはいずれか一方が居住している
・所在する都道府県・指定都市・中核市が指定する医療機関で特定不妊治療を受けた方
・法律上の婚姻関係にあり、特定不妊治療以外の治療によっては妊娠の見込みがないか又は極めて少ないと医師に診断された夫婦
・夫婦の前年所得(1月から5月までに申請する場合は、前々年の所得)の合計額が730万円未満
・過去に、都道府県・政令指定都市・中核市が実施する特定不妊治療費の助成を受けた年度が、通算5年を超えていないこと

■助成金額
一回の治療につき、上限15万円まで

その他、必要書類、詳細条件などは群馬県ホームページで確認してください。

h3 薬局経営で使える助成金

ものづくり・商業・サービス補助金【中小企業庁】

大雑把に説明をすると、調剤薬局で、ある調剤機械を導入することによって患者へのサービス向上に繋がると申請を行い、認められれば機械導入などの費用に対して、助成金が出ます。

■対象者
認定支援機関の全面バックアップを得た事業を行う中小企業・小規模事業者
3~5年で、「付加価値額」年率3%及び「経常利益」年率1%の向上を達成できる計画であること等が対象者の条件になっています。

■支援内容
企業間データ活用型 補助上限額:1,000万円/者※(補助率 2/3) 等

上手な助成金の探し方

助成金には個人向けや企業向け、数多くの種類があります。

検索するのには、自分の目的や住んでいいる地域名と入れ込んで検索すると、表示されやすくなるので、試してみてください。

■店舗や会社で使える助成金を探す場合
「薬局 助成金」「飲食的 助成金」等、職業名プラス助成金
クリニック、建設業、ネイルサロン、合同会社…など

■自分が助成金を使えるかどうか検索する場合
「個人事業主 助成金」「ポスドク 助成金」等、自分の置かれている状況プラス助成金
海外留学ポスドク、個人、妊婦、無職、母子家庭…など

■自分が関わっていることに対してどんな助成金があるかを知りたい場合
「不妊治療 助成金」「起業 助成金」等、関わっていることプラス助成金
体外受精、生ゴミ処理機、子育て、求人…など

■住んでいる地域にどんな助成金があるかを調べる場合
「沼田町 助成金」「東京都 助成金」「大阪 助成金」等、地域名プラス助成金
秋田、足立区、岩手、大阪中小企業…など

助成金は数も多く、メディアなどに大々的に宣伝されにくいので根気よく探してみてください。

助成金の流れや探し方、申請書等の書き方まとめ

自分にあった助成金を上手に探し出し、所定の手続き方法で手続きをしてみましょう。

抽選の助成金の場合は、誰が読んでも助成金が何に使われるのかがわかる書類を添付して、積極的にアピールしていくことが大切になります。

助成金を上手に活用して、日本経済を良くしたり、充実した国になるように国民の一人として生活することができると良いですね。