会社からお金を借りられる!?【従業員貸付制度】を徹底解説!

会社からお金を借りられる!?【従業員貸付制度】を徹底解説!

私たちが毎日生活していく中で、どうしても急にお金が必要になる場面に出くわしてしまうことはそう珍しいことではありません。

特にある程度まとまったお金が必要となってしまった場合、使える現金もなければ貯金もないとなると途方に暮れてしまいますよね。

そんな時には、どこからお金を工面するべきなのか迷えるところです。

企業によっては社員のためにお金を貸す制度を定めているところがあり、その制度を社員として利用することが可能です。

この制度を利用すれば、親族や友人に借りることなく、または銀行や消費者金融で借金することなく何とかお金を用意することができそうですよね。

そこで今回は、企業が社員のためにお金を貸す制度である

  • 従業員貸付制度
  • 前給制度

以上の2つの制度について説明していきたいと思います。

もしも、会社からお金を借りるのは仕事にも支障が出たら嫌だし抵抗があるという人は、会社から借りるのではなく誰にも知られずに利用できるカードローンの検討をおすすめします。

会社からお金を借りるか悩んでいる場合はカードローンがおすすめ

会社からお金を借りる方法その1【従業員貸付制度】とは

会社からお金を借りる方法その1【従業員貸付制度】とは

会社からお金を借りる1つめの方法は「従業員貸付制度」です。どんな制度で金利や返済方法などの詳細を説明していきます。

従業員貸付制度は、

  • 自分が家族が病気、怪我で入院や治療に必要となった場合
  • 身内の不幸による葬儀の費用が必要となった場合
  • 災害などに遭い住居や生活に必要なものを借りたり、購入が必要となった場合

などお金を借りなければどうにもならない事態の場合に利用することが可能ですが、生活費が不足したから「従業員貸付制度」を利用したいという理由では残念ながら利用するのは難しいです。

【従業員貸付制度】とは

会社によっては社内貸付制度、社員貸付制度と別の呼び方となっているところもありますが、内容はどれも同じです。

貸付制度を利用したい社員が申請し、会社から承認されることでお金を借りることができます。

各企業では、

  • 社員がお金に関するトラブルを抱えることがないように
  • お金の悩みで仕事に支障が起こらないように

という意図を持って、企業独自の基準や条件に基づいて「従業員貸付制度」をその会社の福利厚生のひとつとして導入しています。

基準は会社によってバラバラですが、一部の例をあげると、

  • 勤続年数1年以上なら30万円まで借りることができる
  • 勤続年数3年以上なら50万円まで借りることができる

という基準のところもあれば、

  • 限度額50万円または、限度額100万円まで
  • 自己都合退職で支給される退職金の2倍まで
  • 給料の3ヶ月分まで

としているところもあるので、事前の確認が必要です。

【従業員貸付制度】を使う理由として適している条件

急にお金が必要になって借りなくてはいけなくなった時に利用できる「従業員貸付制度」は、お金が必要だからという理由だけで簡単に借りることはできません。

特に、

  • 生活費が足りなくなってしまった
  • 家電や消耗品などの購入
  • 旅行費用
  • 娯楽のための費用

などは従業員貸付制度を利用する理由として残念ながら適さないので、利用するのは難しいです。

基本的には、

  1. 入院費
  2. 身内の不幸
  3. 出産・教育費
  4. 地震や火災
  5. 空き巣や強盗

など、想定外のアクシデントなどによりお金が必要となった場合に利用できるものと思っておくとよいでしょう。

会社によっては、従業員のお金の不安に対応できるようにと、

  • 病気で入院となった場合に「病気療養資金」
  • 子供の進学で必要となった場合に「教育費資金」

など目的に合わせた制度を用意しているところもあるので、該当するものがある場合はそちらの利用をおすすめします。

【従業員貸付制度】の金利と返済方法。借用書は作ろう!

従業員貸付制度の基礎知識としたうえで、実際に勤務している会社の対応を調べておくといざ利用したいという場合に安心なので一般的な例について実際に利用した場合の金利や返済方法、借用書について説明していきます。

金利

まず金利ですが、年2.0%~4.0%程度とかなり低く設定されているのが普通です。

  • 銀行系カードローンでは、年1.5%~14.0%が標準的
  • 消費者金融系のカードローンでは、年3.0%~18.0%が標準的

一番低い金利が適用となれば年1.5%という金利もありますが、一番高い金利は14.0%や18.0%と高く10%~14%近くも違ってしまいます。

企業が社員へ向けてお金を貸す「従業員貸付制度」では、お金を貸して利益を得ることを目的としているのではなく、お金に困っている社員の救済を目的としている制度だからこそかなりの低金利となっているのです。

それなら、金利を設定する必要はないのでは?と思う人もいるかもしれません。

会社が社員へお金を貸すという行為は、金利を発生させなければ法律上、贈与したこととみなされ贈与税が発生してしまうのです。

会社として社員の救済のために行う行為によって会社側に不利益なことが起こらないようにするために必要最低限の金利を設定しているのです。

返済方法

返済方法は企業によって違いがありますが、給与から毎月自動で天引き(引き落し)としているところが多いです。

その他にも、

  • 自分で会社の口座へ振込みして返済
  • 賞与(ボーナス)からの天引き(引き落し)による返済

などがあり、返済方法を選ぶことができる企業も多いので、事前に確認するようにしましょう。

給与から毎月自動で天引き(引き落し)となる場合は、返済によって生活が困窮しない程度の金額が返済額となるので安心です。

返済期限や返済回数も会社によってそれぞれ規定があり、

  • 12回、24回と設定されている返済回数の中から選ぶ方法
  • 1年~5年以内という返済期限の中から選ぶ方法

など返済方法は、無理のない金額や回数の設定となっているのが従業員貸付制度の最大の特徴です。

ただし、返済の遅れは社内の信用問題にも関係してくるので注意が必要です

連帯保証人の有無

従業員貸付制度を利用する場合、条件によっては連帯保証人が必要となる場合があります。

例えば、

  • 給与1ヶ月分程度の借入額の場合は、連帯保証人は不要
  • 給与1ヶ月分以上の借入額の場合は、連帯保証人が必要

など、借入金額に応じて連帯保証人が必要とする会社が多いようです。

連帯保証人として、家族はもちろん友人や職場の同僚や先輩など自分の身近な人にお願いしなくてはならないことに抵抗がある人は、従業員貸付制度の利用は考えなおした方がいいかもしれません。

連帯保証人をつけるのが難しいという場合は、連帯保証人をつける必要のないプロミスなどの消費者金融系のカードローンを検討してみるといいですね。

消費者金融系カードローンの詳細はこちら

借用書の制作方法

従業員貸付制度を利用する場合、借用書や金銭消費貸借契約書を交わす必要があります。

会社によっては借用書など専用の書式で作られた書類を用意していますが、会社の規定に沿った様式がない場合は、以下のような点に注意して作ってみましょう。

金銭貸借の契約書を作成する場合には、2つの注意点があります。
1つは、契約書の内容が法律の要件を満たしていることです。
せっかく金銭貸借の契約書を作成しても、そこに書いた文言が足りずに法律の要件を満たさない場合は、契約書自体が無効となってしまうこともあります。
もう1つは、確実に回収を図るための条件が定めてあるかということです。
必要最低限の契約文言が書いてあるだけでは、借主が返済遅延を起こしたときの対策が講じてないと、実際に問題が生じたときに何もできません。
支払い期限を過ぎても、何の罰則も定めていなければ借主にはダメージがありません。
そんな契約内容だと、返済は後回しにされてしまうリスクが高くなります。
市販されている借用書の書式を使えば、法律の要件や回収を図るための最低限の条件はクリアできるでしょうが、お金の貸し借りについての個別の事情までは反映できません。
もし、返済が遅れるようなことがあれば、どのような回収手続を図るのかまでを考えて契約書を用意しておくべきです。最終的には裁判でも通用する内容に仕上げておく必要があります。

引用元URL:https://tohyama.gyosei.or.jp/kinsen/shakuyou.html

【従業員貸付制度】のメリット、デメリット

従業員貸付制度は、会社が従業員に対して行う貸付制度なので、この制度を利用する社員にとってはメリットしかないように感じます。

しかし実際のところは、メリットだけではなくデメリットもあります。従業員貸付制度を利用するにあたってのメリット・デメリットについて説明します。

メリット

まずメリットから見ていくと、

メリット
  • どの金融機関の融資と比べても絶対的に低金利
  • 本当に必要な金額だけを借り入れることとなるので借りすぎる心配がない

というのがメリットと言えます。従業員貸付制度は、あくまでも会社側が社員の金銭トラブルをはじめとするお金に関することが深刻になる前に救済することを目的としています。

そのため、金利が低いなど利用する社員の立場を大切にしている制度という部分では大きなメリットと言えます。

デメリット

デメリットは、従業員貸付制度を利用したくても、利用条件にマッチしていなければ利用することができないという部分です。

例えば、お金が必要となる理由が生活費が不足しているからという理由では基本的には利用することはできません。

この利用条件は、会社によって規定があるので自分の勤めている会社の利用条件を事前に確認することが必要です。

またどの会社にも共通していますが、従業員貸付制度を利用する場合、実際に融資を受けるまでに1ヶ月近くかかるケースも少なくありません。

特に規模の大きな会社の場合、

デメリット
  • 直属の上司へ相談
  • 申込書へ記載
  • 担当部署へ提出
  • 審査
  • 承認
  • 融資

といういくつもの段階が必要となるので時間がかかります。

1ヶ月近くも待てないという場合は、従業員貸付制度を利用するのではなく、即日融資に対応している消費者金融系カードローンの利用を検討してみましょう。

1日でも早く借りたい!という人は、「即日融資なら消費者金融カードローン」へどうぞ

会社からお金を借りる方法その2【前給制度】とは

会社からお金を借りる方法その2【前給制度】とは

会社からお金を借りる方法は「従業員貸付制度」だけではなくもうひとつ、お給料を前払いしてもらう「前給制度」というものもあります。

どのような制度なのかを見ていきましょう。

【前給制度】とは

前給制度は、本来決まっている給料日よりも前に働いた分の給料を支給してもらう制度のことを言います。

いわゆる「前借り」というもので、労働基準法第25条でも定められている法律で認められている制度です。

労働基準法では、「非常時払」として明記しています。

非常時払)
第二十五条 使用者は、労働者が出産、疾病、災害その他厚生労働省令で定める非常の場合の費用に充てるために請求する場合においては、支払期日前であつても、既往の労働に対する賃金を支払わなければならない。

引用元:労働基準法

【前給制度】を使う利用目的として適している条件

前給制度を使用する場合の利用目的は、基本的には緊急性の高いものに対して利用できるものとなっている場合が多いです。

例えば、

  • 急に病気になってしまい治療や入院にかかる費用が必要となった
  • 親族に不幸があり葬儀費用が必要となる
  • 災害に遭い、生活に支障をきたしてしまった

など、どうしようもない出来事が起こりお金が必要となった場合に利用することができますが、会社によっては緊急性の高いもの以外にも利用することも可能です。

例えば、生活費の不足分のために利用することができるなど、規定によって利用目的が違ってきますので事前に確認してみましょう。

【前給制度】の返済方法

前給制度は、先ほど紹介した「従業員貸付制度」とは違い、すでに働いて得ている報酬分から必要な分を給料日前に支給してもらう制度なので借金ではありません。

そのため、返済という形で前給制度で支給してもらったお金を返済することはありません。どんな形になるのかを説明しますね。

返済方法

前給制度は、借金ではありませんので返済という形にはなりません。

前給制度を利用した後に来る本来の給料日に支給される金額から前給してもらった金額が差し引かれ、給料日として支給されることとなります。

例えば、手取りの金額が25万円だったとします。そのうち、5万円分を前給制度を利用して先に手にした場合、次の給料日は5万円分を差し引いた20万円となるのです。

【前給制度】のメリット・デメリット

前給制度を利用する場合のメリットとデメリットはどんなものがあるのかを見ていきましょう。

メリット

前給制度は、自分が働いた分を給料日前に支給してもらうので、借金ではないと思える部分はメリットと言えます。

また、基本的には緊急性の高い支出に対して行われるものとしつつ、会社によっては生活費の不足分を補うなどでも利用できる場合も多く利用しやすい点も大きなメリットと言えます。

デメリット

借金ではないことと、生活費として利用することも可能という部分を見るとメリットが大きいと感じますが、デメリットな部分もあります。

勤務している会社へ申請を出すため、金銭的な部分で会社や同僚などから心配されたり、変な噂をたてられる可能性があります。

金銭的なことだからこそ、毎日顔を合わせる会社の人たちには知られたくないという人にとってはデメリットと言えます。

前給制度を利用したいけどデメリットな部分が気になるという場合は、即日融資が可能で、利息が無料となる期間のある消費者金融のカードローンの方が、気楽にそして手軽に借りることができるので検討してみることをおすすめします。

【即日融資】無金利期間のある消費者金融カードローンはこちら!

会社からお金を借りるか悩んでいる場合はカードローンがおすすめ

会社からお金を借りるか悩んでいる場合はカードローンがおすすめ

様々な理由でお金が必要となったときに「従業員貸付制度」や「前給制度」を利用して会社からお金を借りるのが一番良い方法なのだろうかと迷い、悩むこともあると思います。

会社からお金を借りるということは、ただお金を借りる部分だけを考えると、

  • 安心感が違う
  • 金利がどの金融機関や消費者金融と比べても低く設定されている

などメリットしかないように感じます。しかし、その一方で勤めている会社を利用するからこそ、

  • 職場の上司や先輩、同僚などから心配されないか
  • 変な噂が立つのではないか
  • 昇進などに影響しないだろうか

など、今後も社員として働く上で金銭的な部分だからこそ信用度などの不安も感じてしまうと思います。

また、お金を借りるための条件が限定されている部分があるため、どうしても借りたいという場合は、嘘の理由や言い訳をしなくてはいけないこともあると思います。

そういう精神的なマイナス要素を考えると、便利で安心感があるものの会社からの借入は最終手段として利用しない方が得策かもしれません。

まずは、カードローンで誰にも知られずに必要なお金を工面して、返済していく方法を検討してみてはどうでしょう。

今すぐ必要!【即日融資】なら消費者金融カードローン

今すぐ必要!【即日融資】なら消費者金融カードローン

今すぐにでもお金が必要という場合は、従業員貸付制度では1ヶ月以上必要となることもあるので、プロミスなどの即日融資が可能な大手消費者金融系のカードローンを検討してみましょう。

プロミスは「最短60分!」と、申し込みした日に融資を受けることも十分可能です。またそれだけじゃなく、初めて利用する人のために30日間金利がかからない期間を設けているので、給料日までの期間だけお金が足りなくてという場合は、この金利のかからない期間を利用すれば「前給制度」を利用するのと同じです。

会社の色々な人に事情を説明しながらお金を借りるよりは、プロミスを利用した方が気楽ですね。

プロミス

プロミス

融資上限額 即日融資 融資時間
最大500万円 最短1時間
審査時間 来店不要・WEB完結 無利息期間
最短30分 30日間

【低金利】なら銀行カードローン

【低金利】なら銀行カードローン

「できるだけ低金利で借りたい!」という場合は、従業員貸付制度を利用すると、どの金融機関にも適わない低金利となります。

しかし、従業員貸付制度を利用する場合は、貸付を受けられる条件や手続きの方法など想像以上に面倒なので、金利の面だけを考えてお金を借りたいという場合は、銀行系カードローンがおすすめです。

特に大手都市銀行の「みずほ銀行カードローン」は、メガバンクということもあり、

  • 日本全国どこにいても利用することができる
  • 年2.0%~14.0%と金利が低い
  • 月々の返済金額は10,000円からと無理なく返済できる

など使い勝手の良さが際立ちます。消費者金融系も便利だけどやっぱり抵抗があるという場合は、みずほ銀行カードローンを検討してみましょう。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

融資上限額 金利 融資時間
最大800万円 年2.0%~14.0% 2〜3営業日
審査時間 来店不要・WEB完結 担保・保証人
2〜3営業日 不要

会社からお金を借りる方法まとめ

お金に困った時に、会社からお金を借りる方法として「従業員貸付制度」と「前給制度」の2つについて説明してきました。

会社から借りることができるという安心感がある一方で、あまり周りの人には知られたくないという不安感もあり、必ずしも会社の制度を利用してお金を借りることがベストな方法とは言い切れません。

まずは、会社の人たちに知られないような方法を試しつつ、どうしても方法がない場合の最終手段として「従業員貸付制度」や「前給制度」を活用するようにしてはどうでしょう。