関西みらい銀行カードローンまとめ|審査、金利、借入、返済を徹底比較!口コミや評判有り

あなたは関西みらい銀行という地方銀行をご存知ですか?

関西みらい銀行は2019年4月から「近畿大阪銀行」「関西アーバン銀行」これらの銀行が合併して発足した銀行です。

この記事では、そんな関西みらい銀行が取り扱っているカードローン、「関西みらいカードローン(旧近畿大阪銀行が提供していたカードローン)」「旧関西アーバン銀行カードローン」の2つのカードローンを比較する形でそれぞれのカードローンの特徴や、審査の流れを紹介したいと思います。

 地元の関西みらい銀行だから、で選んでいませんか?
あなたの希望を満たしてくれるカードローンとは?
地元の関西みらい銀行だから安心!でも、必ずしもあなたの希望を満たすとは限りません!

即日融資が可能だったり金利が低かったり、もっと利便性が高いカードローンがあるかもしれません。

あなたにおすすめのカードローンは

今すぐに借りる
早さより低金利

関西みらい銀行カードローンの特徴

それではそれぞれのカードローンの特徴を見ていきましょう。

関西みらいカードローンの特徴

まずは関西みらいカードローンの特徴から紹介したいと思います。

  • WEB完結可能
  • 口座引落しの際、残高不足分を自動融資
  • 金利は年3.5%~12.475%
  • 借り入れ限度額は800万円まで
  • 保証会社は、りそなカード(株)またはオリックス・クレジット(株)

関西みらいカードローンの大きな特徴の1つとして、残高不足時のオートチャージ(自動融資)機能が挙げられます。オートチャージ(自動融資)機能があれば、一時的に口座残高が足りなくなった場合などに、限度額の範囲内で自動的に融資してくれるので、「支払いの引落しをうっかり忘れていた」という際にも安心です。

ちなみに保証会社は、りそなカード(株)またはオリックス・クレジット(株)が担当しています。

旧関西アーバン銀行カードローンの特徴

続いて旧関西アーバン銀行カードローンの特徴を見ていきましょう。

  • 申し込み方法は電話かFAX、来店のみ
  • 金利は年4.0%~14.4%
  • 借り入れ限度額は500万円まで
  • 保証会社はSMBCコンシューマーファイナンス(株)

一般的なカードローンはネットから申し込むタイプのカードローンが多いのですが、旧関西アーバン銀行カードローンはネットから申し込むことができません。

また、金利や限度額に関しても関西みらいカードローンに比べると、どうしても見劣りしてしまうカードローンです。ちなみに保証会社は、プロミスを運営しているSMBCコンシューマーファイナンス(株)担当しています。

関西みらい銀行カードローンと他社カードローンの違いを比較

それでは、2つのカードローンの特徴を比較した上で、他社のカードローンとの違いも見ていきましょう。以下が関西みらい銀行の2つのカードローン、他社のカードローンの特徴を比較した結果です。

関西みらい銀行カードローンと他社カードローン比較一覧
カードローン 金利 契約限度額 来店不要 即日借入れ
関西みらいカードローン 年3.5%~12.475% 最大800万円
旧関西アーバン銀行カードローン 4.0%~14.4% 最大500万円万
大手銀行系
みずほ銀行カードローン 年2.0%~14.0% 最大800万円
三井住友銀行カードローン 年4.0~14.0% 10万~800万
地方銀行系
筑波銀行 年4.8%~14.6% 10万~500万
消費者金融系
アコム 年3.0%~18.0% ~800万
プロミス 年4.5~%17.8% ~500万

他社のカードローンと比較した結果、金利や限度額に関しては関西みらいカードローンが低金利かつ限度額最大800万円と、とても好条件なカードローンなのが分かります。

一方、旧関西アーバン銀行カードローンに関しては、他社のカードローンと比べると平均的な金利、限度額になっています。

関西みらい銀行カードローンのメリットとデメリット

それでは、関西みらい銀行が提供する2つのカードローン【関西みらいカードローン】、【旧関西アーバン銀行カードローン】を利用する具体的なメリット、デメリットをそれぞれ紹介します。

関西みらいカードローンのメリット

まずは関西みらいカードローンを利用するメリットから紹介します。

  • WEBで完結、来店不要
  • 口座引落しの際、残高不足を自動融資
  • 関西みらい銀行のキャッシュカードをそのまま利用できる
  • 条件次第で金利を引き下げることが可能

WEBで完結、来店不要

現在では、来店不要で契約できるカードローンはたくさんありますが、関西みらいカードローンも来店不要で契約可能なカードローンの1つです。

口座引落しの際、残高不足を自動融資

上記でも軽く触れましたが、関西みらいカードローンでは残高不足時にオートチャージ(自動融資)してくれる機能がついています。

とても便利な機能ですが、一般的なカードローンではあまり見られない機能なので、関西みらいカードローン特有の大きなメリットの1つだと言えます。

関西みらい銀行のキャッシュカードをそのまま利用できる

関西みらいカードローンでは専用のローンカードなどは特に発行されず、元々利用していた関西みらい銀行のキャッシュカードにローン機能が追加される形で、借り入れなどを行うことができます。

新たに専用のローンカードを管理する手間もなくなるので、こちらもメリットの1つと言えるでしょう。

条件次第で金利を引き下げることが可能

「関西みらい銀行の住宅ローンを利用している」、もしくは「関西みらい銀行の口座を給料の振込先に設定している」いずれかの条件を満たしている方は、通常の金利よりも−0.5%の金利で利用することができます。

すでに関西みらい銀行を利用している方であれば、給料の振込先として利用している方も多いかと思いますので、そういった方にとってはメリットになります。

関西みらいカードローンのデメリット

続いて関西みらいカードローンを利用するデメリットも見ていきましょう。

  • 口座開設は必須
  • 関西みらい銀行の営業エリアに住んでいる、又は勤務している必要がある
  • 即日融資は不可

こちらも詳しく紹介していきます。

口座開設は必須

関西みらいカードローンは、「キャッシュカード一体型」のカードローンなので、必然的に関西みらい銀行の口座開設が必須になります。

すでに関西みらい銀行のキャッシュカードを持っている方であれば問題ありませんが、「関西みらい銀行の口座を持っていない」という方は口座開設の手間が増えてしまいます。

関西みらい銀行の営業エリアに住んでいる、又は勤務している必要がある

関西みらいカードローンに申し込むには、関西みらい銀行の営業エリアに住んでいる、もしくは勤務している必要があり、以下の地域が該当します。

  • 大阪府
  • 滋賀県
  • 兵庫県
  • 京都府
  • 奈良県
  • 和歌山県
  • 愛知県
  • 東京都

もし該当のエリアに住んでいない、勤務していない方は、みずほ銀行などの全国から申し込めるタイプのカードローンを利用しましょう。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

融資上限額 金利 融資時間
最大800万円 年2.0%~14.0% 2〜3営業日
審査時間 来店不要・WEB完結 担保・保証人
2〜3営業日 不要

即日融資は不可

関西みらい銀行のカードローンに限らず、2018年から規制により全国の銀行カードローンの即日融資が不可能になりました。「どうしても即日融資が必要」などの事情がある場合は、銀行ではなく消費者金融のカードローンを利用しましょう。

関西みらい銀行カードローンの利用に向いている人、向いてない人

ここまでで、関西みらいカードローンのメリットとデメリットを紹介してきましたが、それらを踏まえた上で、利用に向いている人、向いていない人の特徴をまとめてみました。

向いている人

まずは関西みらいカードローンの利用に向いている人の特徴から紹介します。

  • 関西みらい銀行の営業エリアに住んでいる、勤務している
  • 関西みらい銀行の口座を持っている
  • 低金利にこだわりたい
  • 入金を忘れて口座の引き落としがうまくいかなかったことがある

上記に該当する方は、関西みらいカードローンの利用に向いていると言えます。

向いてない人

続いて、関西みらいカードローンの利用に向いていない人の特徴を見ていきましょう。

  • 関西みらい銀行の営業エリアに住んでいない
  • 関西みらい銀行の口座を持っていない
  • 金利はそこまでこだわらない
  • 即日融資してほしい

特に「即日融資にこだわりたい」という方は、銀行のカードローンではなく、即日融資可能なプロミスなどの消費者金融の利用がオススメです。

プロミス

プロミス

融資上限額 即日融資 融資時間
最大500万円 最短1時間
審査時間 来店不要・WEB完結 無利息期間
最短30分 30日間

旧関西アーバン銀行カードローンのメリット

旧関西アーバン銀行カードローンを利用するメリットとしては、「来店しなくても契約可能」などのメリットがありますが、関西みらいカードローンと比べると、どうしても特筆できるようなメリットがあまりない、というのが実情です。

旧関西アーバン銀行カードローンのデメリット

旧関西アーバン銀行カードローンを利用するデメリットは色々ありますが、一番のデメリットは「関西みらいカードローンと比べると全体的に見劣りする」という部分です。

  • 残高不足時のオートチャージ(自動融資)機能はなし
  • WEBから申し込みできない
  • 金利も関西みらいカードローンの方が安い
  • 限度額も関西みらいカードローンの方が高い

これらのデメリットに妥協してまで、あえて旧関西アーバン銀行カードローンを利用するメリットは全くありません。

もしも、どちらのカードローンに申し込むか迷っているのであれば、関西みらいカードローンに申し込むべきでしょう。

関西みらい銀行カードローンの必要書類

それでは、申し込みの際に必要になる書類を確認していきましょう。尚、2つのカードローンの必要書類は同じ書類になります。

本人確認書類 運転免許証、パスポート、各種健康保険証、住民基本台帳カード、在留カード、特別永住者証明書
収入証明書類
(ご利用限度額51万円以上での契約を希望の場合)
源泉徴収票、住民税決定通知書、課税証明書、確定申告書

スムーズに申し込むためにも、事前に必要な書類を準備しておきましょう。

関西みらい銀行カードローンの審査条件

カードローンに申し込む際に一番気になるのが審査に関してのことですよね。

  • 「審査の条件は?」
  • 「審査にはどれぐらい日数がかかるの?」
  • 「審査に通った人たちの口コミも知りたい」
  • 「在籍確認はあるの?」

ここでは、それぞれのカードローンの審査の条件や流れ、実際に利用している利用者の口コミや在籍確認の方法まで詳しく紹介したいと思います。

審査条件

それでは、それぞれのカードローンの審査の条件から紹介したいと思います。

関西みらいカードローンの審査条件

まずは関西みらいカードローンの審査の条件から紹介します。

  • 申込時の年齢が満20歳以上満66歳未満の方
  • 継続安定した収入のある方
  • 関西みらい銀行の営業エリア内にお住まいまたはお勤めの方

ちなみに、申込時の年齢が満60歳以上の方は、基本的に融資可能な額が200万円以下となりますので、大口での融資を予定している方は注意しましょう。

また、学生、専業主婦の方は申し込むことが出来ませんので、こちらも注意が必要です。

旧関西アーバン銀行カードローンの審査条件

続いて、旧関西アーバン銀行カードローンの審査の条件を見ていきましょう。

  • 申込時の年齢が満20歳以上満66歳未満の方
  • 継続安定した収入のある方
  • 関西みらい銀行の営業エリア内にお住まいまたはお勤めの方

条件としては、関西みらいカードローンと変わりませんが、年齢による借り入れ金額の制限や、学生、専業主婦の方は申し込み不可などの制限は特にありません。

審査にかかる日数

審査にかかる日数ですが、基本的には数日ほどで審査結果の回答を得ることが可能です。

ただ実際の融資までには2~3週間かかることもあるので、お急ぎの方は即日融資が可能なプロミスなどの消費者金融を利用するようにしましょう。

プロミス

プロミス

融資上限額 即日融資 融資時間
最大500万円 最短1時間
審査時間 来店不要・WEB完結 無利息期間
最短30分 30日間

審査に関する口コミ

それでは、審査を通過して実際に利用している方達の口コミを見てみましょう。

以下は旧関西アーバン銀行カードローンの口コミになります。

20代女性
職業:パートアルバイト
年収:200万円~400万円未満

カードローンを利用するのは初めてでしたし、アルバイトの身なので、借り入れができるか不安でした。ですが、思ったよりも手続きは簡単で、スムーズに借りることができました。契約には、来店するか郵送かのどちらかが必要で、すべてオンラインでできないのは若干面倒でした。ですが、両親に頼ることはできないので、担保や保証人がないのは助かりました。毎月の返済金額ややや高めですが、金利や借り入れのし易さなどを含めて総合的に判断すると、関西アーバン銀行のカードローンを選んでよかったと思います。

30代男性
職業:会社員
年収:400万円~600万円未満

関西アーバン銀行には昔から口座を開設していましたが、ローンは初めての利用でした。旅行に行くときの現金を調達するために利用しましたが、簡単に融資を受けることができましたので、助かりました。特に無駄な会話や手続きなども発生せず、ストレスフリーでした。スピードも迅速でしたので、困ったときには使えるローンだなという良い印象を持っています。ぜひ、友人や知人にも勧めたいと思える良質のサービスだったと感謝しています。

価格.comより抜粋

他にも様々な口コミを見る限り、「審査には通りやすいが、契約手続きをするには来店するか郵送かのどちらかが必要なので少し面倒」という意見が多く見受けられました。

一方、関西みらいカードローンの口コミは残念ながら公開できる口コミはありませんでしたが、旧関西アーバン銀行カードローンに比べ、「低金利で利用できる」「残高不足を自動融資してくれるのがいい」などポジティブな意見が多く見受けられました。

在籍確認の方法

関西みらい銀行の2つのカードローンは審査の時点で在籍確認が行われます。在籍確認の方法としては、関西みらい銀行の担当者から勤務先に電話連絡がいく形で行われるようです。

また、電話連絡での名乗りは個人名を名乗ってくれるので、「会社に怪しまれる…」という心配はありません。

関西みらい銀行カードローンの返済方法

ここでは、関西みらい銀行が提供するカードローンの返済方法をそれぞれ紹介していきたいと思います。

関西みらいカードローンの返済方法

まずは関西みらいカードローンの返済方法から見ていきましょう。関西みらいカードローンの返済は、毎月5日(土・日・祝休日の場合は翌営業日)に、指定の普通預金口座からの自動引き落としにて、返済が行われます。

また、返済に余裕がある時は、毎月の引き落としに加えて以下のATMにて随時返済が可能になっています。

  • 関西みらい銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • ゆうちょ銀行ATM

ちなみに、キャッシュカードが利用できるATMとは異なりますので、注意しましょう。

旧関西アーバン銀行カードローンの返済方法

続いて旧関西アーバン銀行カードローンの返済方法を紹介します。こちらも口座からの自動引き落としにて返済が行われるのですが、返済日は毎月10日(土・日・祝休日の場合は翌営業日)となっています。

また、旧関西アーバン銀行カードローンでも、毎月の引き落としに加えてATMでの随時返済が可能になっています。

返済額

毎月の返済金額は借入残高によって以下のように変動します。

借入残高 返済額
1万円超50万円以下 1万円
50万円超100万円以下 2万円
100万円超 借入金額が100万円増すごとに1万円を追加(最大9万円)

ちなみに、どちらのカードローンでも返済額の計算方法は同じになります。

まとめ

今回は関西みらい銀行のカードローン、【関西みらいカードローン】、【旧関西アーバン銀行カードローン】の2つのカードローンについて紹介しました。

特に【残高不足分を自動融資してくれる機能】が付いているカードローンは中々ありませんので、お金の管理が苦手な方は、関西みらいカードローンの利用を検討してみてはいかがでしょうか。