家族からお金を借りるメリット・デメリット

お金が足りなくなってどうしようと思っている時に、友達には借りづらい…でもお金が足りないと思った時に、最初にたよる人が多いのが家族から借りることです。

 

長年いっしょにいるし、何よりもたのみやすいから甘えてしまう人も多いのですが、家族からお金を借りた経験がある人に当時の状況を聞くと楽というメリットもあるけど、デメリットも多かったという声が少なくありません。

 

このページでは、実際に家族に借金した事がある人からいただいたメリットとデメリットをご紹介したうえで、家族に甘えずにお金を工面するなら、どこで借入れするのがおすすめかも合わせてご紹介します。

 

家族からお金を借りるメリット

友達に頼むより何倍も楽

家族の中でもとくにお父さんお母さんに「お金を貸してほしい」というのは、会社の同僚や友達にいうよりも簡単に相談できるとい声が圧倒的に多かったです。
ただ兄弟には頼みにくい(特に妹・弟)という声もあり、これは単に上の自尊心が働いての事だと思います。

 

利子が付かない

家族間での借金であっても、ちゃんとしている家族はお金を借りる場合にも、借用書をつくって貸すという事もあります。とくに親が子の会社に融資をする場合は、家族関係というよりも会社同士だったりする事が理由です。

 

ただ一般家庭の家族の場合は、お金を借りる場合には借用書なんかも作成しないので、借りた金額に対して利子をつけて返済する事はレアケースといっていいと思います。

 

返済の期限を延ばす事ができる

これは借りる側からすればすごくありがたい事ですが、いくら家族といっても貸した側からすればいい迷惑です。
実際、管理人も以前、家族にお金を貸した事がありますが、急な出費でお金が足りないと「来月まで待ってくれない?」と返済期限を伸ばされてしまいます。

 

お金に余裕があると時はいいですが、借りる側と同様に、貸す側がお金がない時には両方が厳しい状況になる事もあり得ます。

 

家族からお金を借りるデメリット

返済しなくてもいいと感じる

これも管理人の実際の経験なんですが、期限を伸ばすのはまだ良しとしても、返済しなくてもいいと言うのは家族だとしてもやってはいけない事とわかっているのに、
「来月には…来月には」を繰り返して、なかなか返済しないとい家族間の借金問題もあります。

 

甘えから借りる事が癖になってしまう

家族からお金を借りると、1回が2回、2回が3回と借りる事が癖になってしまう場合があります。ひどい場合は最初のデメリットでも上げた返済しない(踏み倒し)事もあります。

 

親が子にお金を貸す場合は、親だから見捨てる事もできないので、逆にその甘さを逆手に取って、何度も家族からお金を借りるといった呆れた人もいるようで、ためにお昼のワイドショーなんかでも番組に取り上げられている事があります。

 

いくら家族だといっても、借りたものは返すは常識なのに出来ないという人が少なからずいると思うと、なんだかなって思ってしまいますw

 

家族からお金を借りるという選択肢はもちろんありますが、あなたが自分自身を「だらしない」「甘える癖がある」と感じる部分があるのであれば、自分を律するために金融会社からかりるというのも1つ返済を滞らせない方法です。

 

基礎知識・おすすめを知りたい人はこちら

お金借りるトップページ