国からお金を借りる方法まとめ|即日融資は可能?最短で借りられる個人向け公的貸付制度とは

国からお金を借りる方法まとめ|即日融資は可能?最短で借りられる個人向け公的貸付制度とは

「お金を借りる」と聞くと、銀行や消費者金融からお金を借りるイメージが強い人が多いかと思いますが、実は国などの公的機関からお金を借りることができるのをご存知ですか?

国では何かしらの事情でお金が必要になった方向けに、いくつかの貸付制度が用意されており、どれもほぼ無利子に近い低金利で利用することが可能です。

「特別な人しか借りれないんじゃないの?」と思っている人もいるかもしれませんが、そんなことはなく、低所得者の

  • 「具体的にどんな制度なの?」
  • 「どんな人が利用できるの?」
  • 「審査に通れるか不安…」

今回は上記のような疑問をお持ちのあなたに、国の貸付制度の内容や、審査に不安がある時の対処方法について詳しく紹介したいと思います。

ただし、注意点として先にお伝えしておきますが、国からお金を借りる場合は、実際に借りるまでに最低でも2週間ほどかかってしまいます。

なので、経済的な事情で「早めにお金を用意する必要がある」という方は、即日融資に対応している消費者金融系のカードローンを利用するようにしましょう。

「即時でお金を借りたい方はこちら

国からお金を借りられる制度一覧

国では大きく分けて8種類の貸付制度を設けており、それぞれ利用できる対象が以下のように異なります。

貸付制度 対象者 借入までの期間
生活福祉資金貸付制度 低所得者世帯、障害者世帯、高齢者世帯 約1ヶ月半
日本政策金融公庫 進学予定、または在学中のお子様をお持ちの保護者の方、事業者、創業者など 約3週間〜1ヶ月
勤労者資金融資制度 中小企業の従業員など 自治体によって異なる
年金担保融資 年金受給者 約1ヶ月
女性福祉資金 配偶者のいない女性など 約1ヶ月半
母子父子福祉制度 20歳未満の児童を扶養していて、かつ配偶者のいない方 約1ヶ月
共済組合貸付制度 公務員 約3週間
住宅支援機構の住宅ローン 日本国籍を持つもしくは永住許可を得ている方 種類によって異なる

申し込んでから借入できるまでの期間は、平均的に見て約1ヶ月ほど、一番早くても2週間ほどとなっています。

ただ、これだけ見ても少し分かりづらいかと思いますので、それぞれの制度について以下で詳しく紹介していきますね。

市役所で借りれる生活福祉資金貸付制度

生活福祉資金貸付制度は、経済的支援が必要な世帯(低所得世帯や高齢者世帯、障害者世帯、失業者世帯)の方が、一時的に公的機関からお金を借りることができる制度のことを指します。

また、ハローワークなどで就職活動をしている方であれば、無職の方でも利用することが可能です。

実際に利用するには、お住いの地域の市役所や区役所にある「市区町村社会福祉協議会」に相談し、そこで支援資金の貸付が必要と判断されれば、お金を借りることができます。

ちなみに、生活福祉資金貸付制度は、大きく分けて「総合支援資金」「福祉資金」「教育支援資金」「不動産担保型生活資金」という4種類の貸付金が存在しており、それぞれ以下のように限度額や利用の対象となる人が異なります。

総合支援資金
対象者 失業等により日常生活全般に困難を抱えている方
限度額
  • 生活支援資金:最大20万円
  • 住宅入居費:最大40万円
  • 一時生活再建費:最大60万円
金利 年1.5%、連帯保証人がいる場合は無利子
福祉資金
対象者 低所得世帯、障害者や介護を必要とする高齢者のいる世帯
限度額 最大580万円
金利 年1.5%、連帯保証人がいる場合は無利子
教育支援資金
対象者 進学予定、もしくは在学中のお子様をお持ちの保護者の方
限度額 教育支援費(毎月の学費などの支援費)の場合
高校:月3.5万円
高専:月6万円
短大:月6万円
大学:月6.5万円
就学支度費の場合
(入学費などの支援費)
最大50万円
金利 無利子
不動産担保型生活資金
対象者 土地や家などの不動産を所有している高齢者の方
限度額 居住用不動産(土地)の評価額の70%
金利 年3.0%、もしくは長期プライムレート(金融機関が優良企業向けの長期貸出(1年以上の期間の貸出)に適用する最優遇金利)のいずれか低い利率が適用

とはいえ、この表を見ただけだといまいち内容を理解しづらいですよね。

「生活福祉資金貸付制度についてもっと知りたい」という方は、以下の記事に詳しい内容や、最短でお金を借りる方法などを紹介していますので、ぜひご覧ください。

市役所でお金を借りる方法とは?低所得・高齢者でも生活福祉資金貸付制度で借りれる!

緊急小口資金

生活福祉資金貸付制度には、「緊急小口資金」という貸付制度が設けられており、その名の通り「緊急でお金が必要」な方を対象に、最大10万円までの貸付を行なっています。

「緊急でお金が必要」というと様々なシチュエーションがあると思いますが、例えば「盗難にあって手元にお金がない」「病院にかかりたいが診察を受けるお金がない」などの緊急性が高い場合に利用を認められることが多いようです。

ただ、「緊急でお金が必要」という方を対象としている割には審査にかかる時間が長く、申し込んでから手元にお金が入るまでに最短でも1ヶ月はかかります。

正直、本当に緊急の場合は「今すぐにでもお金を用意しないといけない」という方が大半だと思いますので、お急ぎの方は即日融資にも対応している消費者金融のカードローンを利用するようにしましょう。
即日融資が利用できるのは消費者金融カードローン

教育ローン、ビジネスローンなら日本政策金融公庫

教育ローン、ビジネスローンなら日本政策金融公庫

日本政策金融公庫は100%国からの出資によって運営されており、教育ローンビジネスローンの2種類のローンを取り扱っている金融機関です。

教育ローンは、学生のお子様をお持ちの保護者の方を対象に、ビジネスローンは事業者の方、創業者の方、個人事業主の方を利用の対象としています。

ちなみに申し込みは、どちらのローンもインターネットから申し込むことが可能です。

以下でそれぞれの詳しい内容を紹介します。

大学生まで使える国の教育ローン

日本政策金融公庫の教育ローンは、中学生以上のお子様をお持ちの保護者の方を対象としており、大学・短大、専門学校や高校の学費などに利用することができます。

また、限度額や金利は申し込む方の環境によって以下のように変動します。

限度額 お子さまお1人につき350万円以内
(外国の教育施設に3ヵ月以上在籍する資金として利用する場合は450万円以内)
利率 年1.71%
(母子家庭、父子家庭、世帯年収200万円以内の方または子ども3人以上(注)の世帯かつ世帯年収500万円以内の方は年1.31%)

国の教育ローンということもあり、低所得世帯や母子家庭、父子家庭の場合は金利が安くなるなどの返済の負担が減るような配慮が見受けられますね。

審査に関しても、低所得世帯などへの優遇措置があることから、そこまで厳しい訳ではないと思っていいでしょう。

逆に世帯年収が高いと利用することができず、世帯年収が以下の金額を超える場合は利用することができません

お子さまの人 世帯年収の上限額
1人 790万円
2人 890万円
3人 990万円
4人 1,090万円
5人 1,190万円

ちなみに、申し込みの方法としては、先ほど紹介したようにインターネットから申し込むこともできますし、最寄りの日本政策金融公庫の窓口で申し込むことも可能です。

ただ、申し込みから実際に借入できるまでに、早くても3週間程度かかるので、これより早いタイミングで借入したい方は、民間の銀行などが提供している教育ローンを利用した方がスムーズに取引できることもあります。

この辺の銀行との違いなどは以下の記事で詳しく解説しているので、気になる方はご覧ください。
【必読】教育ローンについて使い方から注意点まで徹底解説

学生が国からお金を借りる方法

基本的には、保護者の方を対象とした教育ローンですが、条件を満たしている方であれば学生本人でも申し込むことが可能です。

日本政策金融公庫の公式ホームページでは以下のように記されています。

『例えば、成人されており、勤務収入などの安定したご収入があって、独立して生計を営んでいらっしゃる方であれば、学生ご本人でお申込みいただけます。
ただし、今回の入学・在学により、学業に専念されるような場合は、ご返済の見通しが困難となることから、ご両親のうち主に生計を維持されている方やご親族の方にお申込人となっていただくようお願いいたします。』

引用元:「日本政策金融公庫」

つまり、「成人してちゃんと安定した収入があれば学生でも利用できるよ」ということですね。

ただ、学生の方だと学業の関係で安定した収入を得るのがなかなか難しい…というケースも多いと思います。

そのような方は、国の教育ローンではなく、比較的利用しやすい消費者金融や他の学生ローンを利用するのがおすすめです。

他の学生ローンや、学生がお金を借りる方法に関しては、以下の記事で詳しく解説しているので、「学生だけど自分で申し込みたい」という方は見てみてください。

【即日・未成年OK】学生が安心してお金を借りるおすすめの方法

個人授業主でも借りれるビジネスローン

日本政策金融公庫のビジネスローンは、事業者や個人事業主の方を対象としており、事業に必要な運転資金や設備資金、開業資金などの事業資金に利用することができます。

最大で4,800万円まで融資してもらうことが可能で、申し込んでから実際に融資してもらえるまでには3週間〜1ヶ月ほどかかるとされています。

利用するに当たって、特に事細かな条件は設けられておらず、ほとんどの業種の方が利用することができますが、金融業、投機的事業、一部の遊興娯楽業等の業種の方は利用することができません。

ちなみに、多くの事業者は日本政策金融公庫のビジネスローンだけでなく、地方自治体の助成金制度などを合わせて利用することで、運転資金や開発にかかる資金を調達していることが多いそうです。

また、「緊急で運転資金を用意する必要がある」という方は、日本政策金融公庫からではなく、民間のビジネスローンを利用している方もいるようですね。

「ビジネスローンについてもっと詳しく知りたい」という方は、以下の記事でも詳しく解説しているので、興味がある方はぜひご覧ください。
ビジネスローンとは?知っておくべき基本の特徴と使い方

勤労者資金融資制度

勤労者資金融資制度は、中小企業の従業員などを対象にした個人向けの融資制度です。

ただ、自治体によって貸付の対象となる方や貸付限度額などが大きく異なりますし、勤労者資金融資制度を実施していない自治体も存在します。

なので「詳しい内容を知りたい」という場合は、お住いの地域の自治体に一度問い合わせてみましょう。

ただ、自治体によっては勤労者資金融資制度という名前ではなく、「勤労者生活資金融資制度」や「勤労者支援融資制度」などと呼ばれていることもあるので、問い合わせする際には注意しましょう。

年金受給者が借りれる年金担保融資

年金受給者が借りれる年金担保融資

独立行政法人福祉医療機構の「年金担保貸付事業・労災年金担保貸付事業」という制度を利用することで、現在年金を受給している方であれば、その年金を担保にしてお金を借りることができます。

限度額や金利に関してですが、2019年9月現在では以下のように定められています。

限度額 最大200万円まで。ただし、生活必需物品購入の場合は80万円まで。
利率 年2.8%

また、返済は支給される年金からの天引きになるので、何か自分で行動して返済するというような必要はありません。

なので、イメージとしては、年金の前借りのようなイメージですね。

ちなみに、独立行政法人福祉医療機構の「年金担保貸付事業・労災年金担保貸付事業」という制度は令和4年3月末に終了することが公式ホームページにて発表されました。

年金担保貸付制度・労災年金担保貸付制度は、平成22年12月の閣議決定において廃止することが決定され、平成23年12月及び平成26年12月の2回にわたる制度の見直しを行い、事業規模の縮減を図ってきましたが、厚生労働省から「令和4年3月末の予定で申込受付を終了する」旨の方針が示されました。

引用元:福祉医療機構

一応、令和4年3月末までは通常通り申し込むことができるので、「年金を担保に借入したい」という方はそれまでに申し込んでおくといいかもしれませんね。

また、これ以外に年金を担保にお金を借りる方法として、日本政策金融公庫の「恩給・共済年金担保融資」という制度も存在していましたが、2019年9月現在では新規の申し込みを停止しています。

たまに古い情報をそのまま掲載しているメディアもあるので、うっかり勘違いしないように注意しましょう。

女性は一度確認!女性福祉資金

女性は一度確認!女性福祉資金

女性福祉資金は、配偶者のいない女性を対象に貸付を行ってくれる制度です。

自治体によって、内容が若干変わることもあるので、ここでは東京都の女性福祉資金を例に紹介します。

東京都の場合は、「都内の市町村に6か月以上お住まいで、配偶者のいない女性」を対象としており、次のいずれかに該当する方が利用することができます。

  • 親、子、兄弟姉妹などを扶養している方
  • 年間所得が203万6千円以下で、かつて母子家庭の母として20歳未満の子を扶養したことがある方、または婚姻歴のある40歳以上の方

貸付内容としては、事業を開始するための資金や生活資金、医療介護資金など様々な用途に合わせた貸付内容が定められており、保証人の有無によって無利子で融資してもらうことも可能です。

また、その他にも不妊治療助成金や、出産一時金など、女性特有のもらえるお金や還ってくるお金もあるので、気になる方は近くの自治体に問い合わせしてみるのがおすすめです。

ひとり親家庭には母子父子福祉制度

ひとり親家庭には母子父子福祉制度

母子父子福祉制度は、母子家庭や父子家庭の世帯を対象に、経済的自立の支援や、扶養している児童の福祉を増進することを目的とした制度です。

利用の条件や対象は自治体によって異なりますが、20歳未満の児童を扶養している母子家庭や父子家庭の世帯を対象としている自治体がほとんどのようです。

また、幅広い用途に利用できるのが特徴で、生活資金はもちろん、就職支度資金や事業開始資金などにも利用することができます。
ただし、細かい貸付内容などに関しては自治体によって大きく異なるので、気になる方はお近くの自治体に問い合わせしてみることをおすすめします。

公務員なら借りれる共済組合貸付制度

公務員なら借りれる共済組合貸付制度

共済組合貸付制度は、公務員の方を対象にした貸付制度です。

貸付の内容は全部で12種類に分けられており、「普通貸付」「住宅貸付」「一般災害貸付」「住宅災害新規貸付」「住宅災害再貸付」「医療貸付」「入学貸付」「修学貸付」「結婚貸付」「葬祭貸付」「高額医療貸付」「出産貸付」という内容に分かれています。

「たくさんありすぎて分かりづらい…」と感じる方もいるかと思いますが、一般的に利用されるのはほとんどの場合「普通貸付」です。

「普通貸付」は利用条件が「臨時に資金を必要とするとき」とだけ定められており、細かい条件などは決められていないので、一番利用されやすいんですね。

ちなみに、限度額や金利に関しては以下のように決められています。

普通貸付
限度額 給料月額の6倍の範囲内(限度額200万円)
利率 年1.26%

公務員を対象とした貸付ということもあり、とても低金利なのが魅力ですね。

また、返済は毎月の給料やボーナスからの天引きとなっているので、わざわざ返済金額を振り込んだりする必要はありません。

国から借りれる住宅支援機構の住宅ローン

国から借りれる住宅支援機構の住宅ローン

様々な銀行が独自の住宅ローン商品を提供していますが、住宅金融支援機構でも全期間固定金利の住宅ローン「フラット35」という住宅ローン商品を提供しています。

「そもそも住宅金融支援機構ってなに?」という方も多いと思いますので、簡単に説明すると、住宅金融支援機構とは住生活向上への貢献をめざす独立行政法人機関のことです。

この住宅金融支援機構が民間金融機関と提携して、「フラット35」という住宅ローンを提供しています。

要は国が、「みんなの生活向上のために『フラット35』という名前の住宅ローン商品を作ったよ!色んな人に利用してもらうために、民間の銀行に取り扱ってもらおう!」ということですね。

利用できる対象としては、申込時の年齢が満70歳未満の方、永住許可を受けている方または特別永住者の方を対象としており、幅広い層の方が利用することができます。

また、「フラット35」は「親子リレー返済」という制度を導入しており、年齢が70歳以下の本人の子・孫などを後継者として指名することで、本人の申込時の年齢が70歳以上でも融資してもらうことが可能です。

ちなみに、限度額や金利に関しては以下のようになります。

限度額 100万円以上8,000万円以下
利率 年1.110%~年2.310%

ただ、利用する際は「フラット35」を取り扱っている金融機関を利用する必要があります。

主要な金融機関はほとんど取り扱っていますが、自分の普段使っている銀行が該当しているかどうかは、こちらから確認することができるので、興味がある方は調べてみてください。

借り入れまでの期間や、審査が不安ならカードローンがおすすめ

どうしても公的機関からお金を借りるとなると、「融資してもらうまでの期間が長い」「申し込みの手間が大変」「審査が厳しい」などのデメリットが存在します。

特に、「早めにお金が必要」「国の審査が厳しそうで不安…」という方はデメリットの影響を多く受けてしまうので、公的機関の貸付制度ではなくカードローンの利用がおすすめです。

ただ、カードローンも種類がありすぎて、初めて利用する方だと違いがよく分からずに困ってしまいますよね。

ここからは、「どのカードローンを選べばいいのか分からない」「自分にとってお得なカードローンを知りたい」というあなたに、おすすすめの消費者金融・銀行のカードローンを紹介したいと思います。

即日融資が利用できるのは消費者金融カードローン

消費者金融のカードローンは、申し込みから審査までの時間が短いことが特徴で、大手の消費者金融であれば即日融資してもらうことも可能です。

中でも大手消費者金融の「プロミス」「アコム」は、業界の中でもかなり審査が早いことで有名でして、即日融資を希望している方や、審査に不安がある人におすすめです。

以下でそれぞれの詳しい特徴を紹介します。

プロミス

プロミスは、消費者金融の中でも金利が一番低いことで有名でして、他社の消費者金融よりもお得に利用することができます。

また、審査は最短30分、もちろん即日融資にも対応しているので、「急いでお金を用意する必要がある」という方には最適な消費者金融です。

ちなみに、初めて申し込む方は最初の30日間、無利息で利用することができるので、「今までプロミスを利用したことがない」という人には特におすすめです。

プロミス

プロミス

融資上限額 即日融資 融資時間
最大500万円 最短1時間
審査時間 来店不要・WEB完結 無利息期間
最短30分 30日間※

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

アコム

「初めてのアコム♪」というフレーズでおなじみのアコムは、消費者金融の中でもかなり老舗でして、そのフレーズの通り、カードローン初心者の方でも安心して利用することができます。

また、返済日を自分で設定できるのが特徴で、自分の給料日や返済・入金しやすい日を選ぶことが可能です。

もちろん、即日融資にも対応しており、「急いでお金を用意する必要がある」「カードローンの利用が初めてで不安」という方にはおすすめのカードローンです。

アコム

アコム

融資上限額 即日融資 融資時間
最大800万円 最短60分
審査時間 来店不要・WEB完結 無利息期間
最短30分 30日間無利息

金利の低いカードローンなら銀行系カードローンがおすすめ

銀行のカードローンは、消費者金融と比べて金利が低いのが特徴です。

国の規制により、即日融資には対応していませんが、「なるべく返済の負担が少ないカードローンを利用したい」という方にはおすすめです。

今回はその中でも特に利用されている「みずほ銀行」「楽天銀行」のカードローンを紹介したいと思います。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行のカードローンは他の金融機関と比べて低金利なことが特徴で、最大でも年14.0%の低金利で利用することができます。

また、メガバンクならではの安心感や利便性から、多くの人に利用されているカードローンです。

「なるべく低金利で利用したい」「初めてで不安だから有名なところで利用したい」という方には、おすすめのカードローンです。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

融資上限額 金利 融資時間
最大800万円 年2.0%~14.0% 2〜3営業日
審査時間 来店不要・WEB完結 担保・保証人
2〜3営業日 不要

楽天銀行カードローン

楽天銀行はネット銀行なので、申し込みや借入などの全ての手続きをインターネットで行うことが可能です。

そのため、来店するなどの手間がかかることがなく、「手続きが面倒そうだな」という人でも気軽に利用することが出来ます。

また、借入する金額に応じて楽天ポイントがもらえるので、「楽天市場でよく買い物をする」という方には特におすすめのカードローンです。

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン

融資上限額 金利 融資時間
最大800万円 年1.9%~14.5% 最短翌日
審査時間 来店不要・WEB完結 担保・保証人
最短翌日 不要

国からお金を借りる方法まとめ

今回は、国からお金を借りることができる様々な制度について紹介しました。

基本的にはどの支援資金も低金利で利用することができますが、実際に借りるまでに時間がかかることが多く、審査も簡単ではありません。

「もう少し気軽に借りたい」「早めに融資して欲しい」という方は、上記で紹介したようなカードローンの利用を検討することをおすすめします。