京都銀行カードローンまとめ|金利や返済方法を徹底!審査は甘いって本当?

カードローンは決して消費者金融が提供しているサービスや、大手銀行だけではありません。地方の銀行でもカードローンのサービスがあります。またそれぞれの銀行によって、サービスが異なり大手銀行よりも魅力的がサービスがあることもあるのです。

それでは、京都銀行カードローンの特徴やメリット、デメリットをご紹介します。

 地元の京都銀行だから、で選んでいませんか?
あなたの希望を満たしてくれるカードローンとは?
地元の京都銀行だから安心!でも、必ずしもあなたの希望を満たすとは限りません!

即日融資が可能だったり金利が低かったり、もっと利便性が高いカードローンがあるかもしれません。

あなたにおすすめのカードローンは

今すぐに借りる
早さより低金利

京都銀行カードローンの特徴

  • 金利
    3.975%~11.975%
  • 借り入れ限度額
    30万円~500万円
  • 担保保証人
  • 対象者

満20歳以上60歳以下で、安定した収入があり毎月の返済が可能な方が対象です。また京都銀行で他のカードローンを契約している場合は、利用していただくことはできません。

京都銀行カードローンと他カードローン違いを比較

京都銀行カードローンと他社カードローン比較一覧
カードローン 金利 契約限度額 口座開設 即日借入れ
京銀カードローンワイド 3.975%~11.975% 30万円~500万円 必須
大手銀行系
みずほ銀行カードローン 年2.0%~14.0% 最大800万円 必須
三井住友銀行カードローン 年4.0~14.0% 10万~800万 不要
地方銀行系
横浜銀行 年1.9%〜14.6% 10万~1000万 必須
消費者金融系
アコム 年3.0%~18.0% ~800万 不要
プロミス 年4.5~%17.8% ~500万 不要

京銀ワイドローンに限らず、銀行系のカードローンは即日融資を受けることができません。融資を急いでいる方は、プロミスなどの消費者金融系をご利用することをおすすめします。

プロミス

プロミス

融資上限額 即日融資 融資時間
最大500万円 最短1時間
審査時間 来店不要・WEB完結 無利息期間
最短30分 30日間

京都銀行カードローンのメリット デメリット

京都銀行カードローンにはメリット、またデメリットがあり向いている人と向いていない人がいます。そこでメリットやデメリットをよく把握したうえで、申し込むようにしてください。

京都銀行カードローンのメリット

京銀カードローンワイドのメリットを、それぞれ項目ごとにご紹介します。

銀行口座を持っていれば、WEB上で契約手続きができる

京都銀行に普通預金口座を持っている場合は、来店をすることなく契約まで済ますことができます。

自由な使い方

事業性資金として利用する以外は、原則使用目的は自由です。正解費の補助や急な出費に対応することもできます。

金利が低めの設定です

京銀ワイドローンは、3.975%~11.975%と金利が低めに設定されています。金利が大きいと、なかなか返済が進まない気がするのですが、この点も京銀ワイドローンのメリットだといえます。

全国の提携ATMで借り入れをすることができます。

京都銀行のATM以外に、ゆうちょ銀行、セブン銀行、ローソンATM、イオン銀行、イーネット(ファミリーマート)を利用して、借入、そして返済をすることができます。

平日8時45分~18時が108円、他の時間が216円と手数料がかかります。(使う機関によって手数料が異なることがあります。)

入会金、年会費など無料

入会金、年会費、カード発行手数料が無料です。しかしカードを粉砕した時は、再発行料が必要となります。

無理のない返済可能

京都銀行カードローンでは、前日時点の借入残高によって、毎月の返済金額が決まります。残高が、1円以上50万円以下であれば、毎月の返済は1万円と無理のない返済をすることができます。

50万円超100万円以下であれば2万円、100万円超200万円以下であれば3万円、200万円超300万円以下であれば4万円、300万円超500万円以下であれば5万円の返済となります。

100万円未満の借り入れ希望であれば、収入証明書が原則不要

収入証明書を取得するには時間がかかることがあり、手間も時間も省くことができるのです。

保証人・担保は不要

保証人・担保は原則不要です。保証料は京都銀行が負担します。

アルバイトやパートでも申し込み可能

パートやアルバイト、派遣社員であっても毎月の収入が安定していれば申し込むことができます。銀行系のカードローンでは、パートやアルバイトであれば申し込みができない場合があるので、京都銀行カードローンのメリットとなります。

しかしアルバイトやパート、派遣社員の場合は借入限度額が30万円までとなります。

自動融資機能

公共料金など口座振替に設定していてうっかり入金を忘れてしまった、他の引き落としがあったなどの理由で残高が不足することがあります。

しかし京都銀行カードローンには自動融資機能があり、自動的に融資をしてくれるシステムがあります。しかし借入限度額内でしか使えない機能なので注意をしてください。

デメリット

京銀カードローンワイドのデメリットを、それぞれ項目ごとにご紹介します。

契約には口座が必要

審査の時は口座不要ですが、契約をする時は銀行口座が必要となります

審査時も口座が必要な場合も

審査時も京都銀行の口座がない場合は、京都府、大阪府、滋賀県、兵庫県、奈良県に住んでいる人のみ利用可能です。口座を持っていない人で、他のエリアにお住まいの方は利用することができません。

京都銀行カードローンに向いている人と向いてない人

それでは、京都銀カードローン向いている人と向いていない人をご紹介します。

向いている人
  • 京都銀行の口座を持っている人
    京都銀行は京都府以外に、大阪府、滋賀県に多く支店があります。これらの場所に住み、すでに京都銀行の口座を持っている人は手間は減り便利です。
  • 低めの金利のローンを選びたい方
    京銀カードローンワイドは金利が3.975%~11.975%となっており、消費者金融だけでなく他の銀行系のカードローンよりも金利が低めの設定なのです。
向いていない人
  • 即時に融資をして欲しい人
    カードローンを申し込んだその日のうちに融資を申し込みたい人は、京都銀行カードローンは向いていません。京都銀行カードローンに限らず、銀行系のカードローンはその日のうちに融資を受け取ることはできません。
  • 口座開設をしたくない人
    京都銀行の口座を持っていない人で、カードローンのためだけに口座を作りたくない人は京都銀行カードローンを利用することはできません。京都銀行カードローンを利用するには、京都銀行の口座が必要となります。

カードローンを利用するために、口座開設をしたくない人は消費者金融であるプロミスがおすすめです。プロミスは口座開設が不要で、ATMからカードを使って、または振込などで返済をします。無人契約機で契約をすると、すぐその場でカードを受け取ることができるので便利です。また現在の借入状況や、支払日、支払い額など全てWEBで確認をすることができます。

  • すぐにローンカードが欲しい人

京都銀行カードローンでは、仮審査に通った後手続きしてからローンカードが郵送で届くのは1週間前後かかります。そこでローンカードがすぐ欲しい方には消費者金融であるプロミスがおすすめです。プロミスであれば契約をその場でカードを受け取ることができます。

プロミス

プロミス

融資上限額 即日融資 融資時間
最大500万円 最短1時間
審査時間 来店不要・WEB完結 無利息期間
最短30分 30日間

京都銀行カードローンの必要書類

京都銀行カードローンを申し込むために必要な書類をそれぞれご紹介します。

京都銀行カードローン申し込み時に必要な書類

京都銀行カードローンを申し込む際に必要な書類は以下のようになります。

運転免許証の写し

運転免許証をお持ちでない方は、パスポートもしくは健康保険証の写しが必要となります。

収入証明書

お借入限度額100万円以上申し込む場合は、源泉徴収票の写し、もしくは公的収入証明書の現本(住民税決定通知書等)が必要となります。

返済用普通預金口座の印鑑(お届因印)

返済用の普通預金口座の設定が必要で、そのお届け印を準備してください。

外国人の場合

外国人の方は、在留資格のわかる住民票の写しが必要です。

それぞれの書類にて、申し込み内容と申込書の記載内容に相違がある場合は、再度審査が必要となりますのでご注意ください。

上記必要書類提出時の諸注意

運転免許証などの本人確認書類の写しの状況によっては、再度送っていただくこともあります。また運転免許証の裏面にも記載がある場合、裏面の写しも必要です。またパスポートは名前や住所などが分かるページの写しをとってください。

京都銀行カードローンの審査条件

京都銀行カードローンを利用するためには、審査に通る必要があります。審査はそれぞれ一人ずつ条件が異なり、内容を教えてくれるわけではないのですが、ある程度の条件があります。

審査条件

京都銀行カードローンを申し込むためには、満20歳以上で60歳未満である必要があります。また毎月の支払いができることを認められなければいけません。収入が安定していない場合は、審査に落ちる可能性があります。

他にも申告書に偽りの内容があった場合や、携帯電話やクレジットカードの支払い滞納、カードローンを申し込み過ぎている人も審査に落ちる可能性が高くなります。

審査を行うにあたり、自宅などに連絡をすることがありますが、連絡がとれない場合は審査に落ちることもあります。

審査にかかる日数

京都銀行カードローンの審査は、3~5営業日となっています。しかし審査状況などによって変動することがあるので、借入日まで余裕をもつようにしてください。

審査に関する口コミ(価格コムより抜粋)

お得感があります
年齢:30代
職業:会社員
年収:600万円~800万円未満
借入金額:30万円~50万円未満
借入までの期間:3日以上

金利は変動金利であり、私の場合では40万円の借り入れだったので8.975%とかなり低めなのでお得感があります。
借り入れや返済はセブン銀行などのATMを通じて出来るので便利ですし、京都銀行に普通預金口座を持っていなくても申込みは出来ます。ただし、契約 時に普通預金口座を開設するので銀行の窓口に行く必要があります。口座を持っている場合は窓口に行く必要がなく、ネットから申し込み、そのまま郵送などで契約が可能です。
仮審査は数日かかり、結果は自宅に電話連絡がありました。

引用:https://review.kakaku.com/

公務員や会社員で年収が高い方なら
年齢:30代
職業:パートアルバイト
年収:200万円~400万円未満
借入金額:10万円~30万円未満
借入までの期間:3日以上

銀行のカードローンですがネットで簡単に申し込みができるのがよかったです。仮審査に契約にカードローンの発行まで、ある程度は時間がかかりましたが、30万円の借入ができました。金利は大体12パーセントで50万円の場合は9パーセントくらいになります。パートや アルバイトでも年収によっては30万円の借入ができるので、公務員や会社員で年収が高い方なら、もっと大きな枠で借りられると思います。

引用:https://review.kakaku.com/

利息が低いのは重要

年齢:20代
職業:パートアルバイト
年収:200万円未満
借入金額:10万円~30万円未満
借入までの期間:3日以上

【審査スピード】
たしか、朝に申し込んで翌日の昼くらいでした。
【借入金利】
金利はかなり低いはずです。30万でも利息11%はなかなかありません!
【サービスの質】
サービスの質もかなり良いと思います。
【借入のしやすさ】
アコムやアイフルみたいなスピード性はありませんが、パートやアルバイトでもOKです。
【返済のしやすさ】
利息が低いので無理はないはずです。
【総評】
利息の低さが何といっても魅力でしょう!

引用:https://review.kakaku.com/

京都銀行カードローンの返済方法

返済方法(ATMや引き落としなど)

約定日は指定の銀行口座から引き落としになるのですが、他の日でもATMから返済をすることができます。ATMから返済をしても、約定日の引き落とし額が変わるわけではないのでご注意ください。

約定返済について

毎月5日に指定した銀行口座から自動的に引き落としとなります。5日が土日祝日の場合は、よく営業日に引き落とされます。

まとめ

京都銀行カードローンの一番の魅力はなんといっても利息の低さです。利息が高いと、返済の時に大変であり、なかなか返済できていないような気になるのです。またパートやアルバイトでもOKであることも大きなメリットです。

京都銀行の営業エリアが対象となるカードローンなのですが、このエリアに住んでいる人にとってはメリットの大きいカードローンといえます。