三菱UFJ銀行カードローンの増額の申込み方法やポイントとは?

三菱UFJ銀行カードローンの増額の申込み方法やポイントとは?

最高500万円までの借入が可能な三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)を最大限に活用したい!

でも、増額・増枠審査に通過できなければ、減額の可能性もあると聞いたし…。と不安を抱えている方も多いかと思います。

そこで今回は三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)の増額・増枠申込み方法から審査に通過するためのポイントなど、三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)の増額・増枠にまつわる疑問を詳しく解説していきます!

三菱UFJ銀行カードローン

金利 限度額 審査速度
1.8%~14.6% 50~500万円 最短翌営業日

三菱UFJ銀行カードローン

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)の増額・増枠を申し込む方法・流れ

バンクイックの増額・増枠を申し込む方法として、2パターンあります。

1つ目は自分から三菱UFJ銀行第二リテールアカウント支店に電話をし、増額・増枠の相談を行う方法。

もう1つはご利用状況に応じて三菱UFJ銀行から増額・増枠の案内が来るパターンです。

ただし、三菱UFJ銀行から案内が来たからと言って必ず審査に通るということはありません。

逆に案内の連絡がなかったからと言って、審査に落ちやすいのか?というとそんなこともありません。増額・増枠申請を行った際には改めて利用状況や年収などを考慮し審査を行います。

原則として、増額・増枠申請を行なった際には改めて在籍確認は行われません。ですが、例外として、勤務先が変わった後などに増額・増枠申請を行なう際には在籍確認の連絡がある可能性があります。

ちなみに、みずほ銀行のカードローンの場合はみずほ銀行からの増額・増枠の案内が来た際には審査が不要で、増額・増枠してもらえるようです。

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)の増額・増枠を申し込む際の必要書類

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)の新規契約時に必要のなかった方でも、増額・増枠申請を行う際には収入証明書類が必要になるので必ず用意しておきましょう。

収入証明書には下記のものが該当します。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 納税証明書その1・その2(個人事業主の方)
  • 確定申告書第1表・第2表

源泉徴収票を紛失してしまった場合や、入社したばかりで源泉徴収票をまだもらっていない場合などは、給与明細書の提出でいいとされる場合があります。

指定の収入証明書が用意できないときには、合わせて相談するようにしましょう。

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)の増額・増枠を申し込むメリット

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)の増額・増枠申請を行い、無事に審査に通過した際には利用できる金額が増えるだけではなく、金利が下がるというメリットがあります。

銀行系カードローンである三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)はもともと金利が低いことで有名ですが、利用限度額に応じて金利が更に下がります。

利用限度額 お借入利率
500万円以下400万円超 年1.8%~6.1%
400万円以下300万円超 年6.1%~7.6%
300万円以下200万円超 年7.6%~10.6%
200万円以下100万円超 年10.6%~13.6%
100万円以下10万円超 年13.6%~14.6%

限度額10万円で金利が14.6%の場合と限度額200万円で金利が10.6%の場合では4%の金利差がありますが、実は限度額が200万円(金利10.6%)で、実際に利用している金額が10万円であっても金利は10.6%が適用されます。

つまり、限度額いっぱいまで利用していなくても、増額・増枠をしておくことで、適用金利が大幅に下がる可能性があります

これは増額・増枠を行なう際の最大のメリットであると言えます。もしも入り用がなかったとしても、増額・増枠の案内がきた際には、増額・増枠しておいたほうが良いかもしれません。

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)の増額・増枠で審査されるポイント

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)の増額・増枠で審査されるポイントとして、必ず確認されるのが、利用実績と年収です。それぞれ詳しく紹介します。

・利用実績

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)の増額・増枠の審査に通過する方法として、一定の取引実績が必要になります。通常は6ヶ月~1年程度の取引実績があれば三菱UFJ銀行から増額・増枠のご案内が届きます。

 

取引実績とは、実際にカードローンを利用して、毎月真面目に返済していることです。

極端な話がカードローンを契約後、借り入れをして、その後一度で全額返済を行い、その後の利用が全く無いような場合は、取引実績が無く、審査が通りにくい傾向にあります。
逆に、カードローン契約後に借り入れをして、約定返済額を毎月コツコツと返済していた場合には、利用実績、返済実績ともに優秀とみなされて、増額・増枠審査に通りやすくなります。

・年収

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)は銀行系カードローンであることから、総量規制(年収の3分の1以上の借り入れはできない)の対象にはなりません。

 

つまり、年収の3分の1以上の貸付や借り入れを行ってもいいとされています。ですが実際には年収の3分の1程度を限度額に設定している場合がほとんどのようです。

もしも他社からの借り入れも含めて年収の3分の1以上の借り入れがある場合は増額・増枠審査には通りにくいです。

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)の増額・増枠に落ちやすい人の特徴

前に紹介した、取引実績や年収が審査基準を満たしていなければ審査に落ちやすくなってしまいますが、他社での金融事故があった際にも審査に落ちてしまう可能性があります。

他社のクレジットカードやカードローン、携帯料金の割賦料金の遅延、滞納は三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)の増額・増枠審査に影響する可能性があります。

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)の支払いの遅延・滞納はもちろん、他社での遅延滞納にも気を付けるようにしましょう。

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)の増額・増枠の審査時間

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)の増額・増枠審査にかかる時間は通常2~3日程度とされています。

消費者金融のようなスピード感はありませんが、銀行系の中ではかなり早いほうです。また、どうしても急ぎで現金が必要な場合には、その旨を伝えることで審査を優先的に行なってくれる場合もあるようです。

最短で翌営業日に審査結果が通知されたというケースもあります。急ぎの場合はその旨を伝えてみるのもいいかもしれません。

審査結果の連絡は、電話もしくはメールで届きます。また、無事に審査に通過した際には自宅に契約変更通知書が届きます。

増額審査は厳しい?逆に減額されてしまうケースも

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)増額・増枠審査はしっかりとした取引実績があれば、決して厳しくはありません。

ですが、転職などを理由に収入が減ってしまった際には、改めて増額・増枠申請を行うことで、利用限度額が減額されてしまう可能性があります。

その他にも、他社からの借り入れがあった際などは、減額されてしまう可能性もあります。

減額されないための対策

取引実績や年収に自信がない場合には、増額・増枠申請を行わないほうがいいでしょう。

また、増額・増枠申請を行っていないにも関わらず、減額されてしまうケースがあります。それが、限度額まで利用していない場合です。

例えば上限額が200万円であるにも関わらず、しばらくずっと100万円しか利用していない場合です。こういった状態が続いてしまうといきなり限度額を100万円へ落とされてしまう可能性もあります。

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)の増額・増枠が出来ない時の対処法

増額・増枠審査に落ちてしまった際には、他の銀行や消費者金融のカードローンに新規で申込みをするか、取引実績を重ねてしばらく経ってから改めて増額・増枠申請を行うかしかありません。

もしも緊急で現金が必要な場合は、他社の銀行や消費者金融のカードローンに新規申し込みをしたほうがいいかもしれません。

⇒ 三菱UFJ以外銀行カードローン以外でおすすめのカードローンはコチラ

まとめ

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)はもともと金利も安く、銀行系カードローンの中では審査時間も短いことから、大変人気のあるカードローンです。

取引実績を積み重ねることで増額・増枠審査に通りやすくなり、増額・増枠審査に通った際には、金利もかなり優遇されます。

今回紹介した審査通過のためのポイントやメリットなどを踏まえて、増額・増枠申請を行ってみてください。