無職でもカードローンを利用する方法!審査に通る条件を解説!

無職でも借りられるカードローン!安定収入なしでも審査に通る?

無職でも借りれるカードローンは、結論からいってしまうとありません。

失業して無職でニート生活を続けていると、貯蓄もなくなってしまいカードローンでの借入を考えると思いますが、無職でも借りれるカードローンは結論からいってしまうとありません。

ですが、無職といっても条件によってはカードローンで借入をおこなう方法はあります。

この記事では

  • 無職がカードローンを借入が難しい理由
  • 無職でもカードローンで借入できるケースがある
  • どうしてもお金が必要な場合の借入方法

について順番に解説していきますので、現在無職で借入を検討している人は参考にしてください。

無職でも借り入れ可能なおすすめカードローン!

まずは無職でも借りれる方法を探しているけど「急ぎでお金が必要」とお急ぎの方は、無職でもカードローンで借り入れできる可能性がある条件を確認してください。

  • パート・アルバイトで少しでも安定収入がある
  • 配偶者に安定収入がある
  • 年金受給者である
  • 内定先が決まっている
  • 不労所得がある

上記いずれかに該当している場合は、カードローンでお金を借りられる可能性が高いので、まずは借入を希望するカードローンの公式サイトから無料でおこなえる簡易審査をおこなってみましょう。

とにかく早く借りたいならプロミス!

プロミス

プロミス

融資上限額 即日融資 融資時間
最大500万円 最短1時間
審査時間 来店不要・WEB完結 無利息期間
最短30分 30日間
とにかく早く借りたいならプロミスがおすすめです!

審査の早さが売りで、申し込みから最短30分で審査が終わり、約1時間で借入までする事も可能です。

申し込み条件は、20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方なので、少しでもパートやアルバイトで収入があれば無職の方でも借入可能となっています。

まず公式サイトに行って、お借入診断を受けてみることをおすすめします!

低金利で借りたいなら楽天銀行スーパーローン!

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン

融資上限額 金利 融資時間
最大800万円 年1.9%~14.5% 最短翌日
審査時間 来店不要・WEB完結 担保・保証人
最短翌日 不要

楽天銀行スーパーローンだと、新規で楽天銀行の口座を開設する必要がなく、いつも利用している銀行口座をそのままカードローンに利用することもできるため便利です!

申し込み条件は、日本国内に居住の20歳〜62歳までの方で、専業主婦の方でも60歳以下の方なら申し込むことができます!

公式サイトでまずは申込可能か確認してみましょう!

まずは簡易審査から!

どちらも安定した収入がある事が条件にはなりますが、お急ぎの場合には一度審査申し込みを検討してみてください。

ではここからは、無職はカードローンで借入が難しい理由、無職でもカードローンでお金を借りれる場合の条件について解説していきます。

無職だとカードローン利用が難しい理由

無職やニートの人がカードローン利用が難しい理由は、貸金業法で決められている総量規制が一番の理由になります。

総量規制は「年収の3分の1以上にあたる金額を貸付てはならない」という法律で、これを守らなかった場合、貸付をおこなった金融機関が罰則をうける事になるため、収入がない無職の人に対しての貸付ができません。

もう一つ理由をあげると、カードローンの審査では貸し倒れのリスクがないよう”定期的に収入があって返済能力があるか”ということに項目が見られているため、無職だと安定した収入がない=条件を満たすのがなかなか難しいといった事が理由になります。

無職でもカードローンでお金を借りれる条件とは?

自分が無職でも同居している配偶者に収入があったり、年金などの不労所得があればカードローンでお金を借りられる可能性はあります。

ただカードローン会社によって、専業主婦は受け付けていない、年金だけの収入だと申し込みができないケースがあるので注意が必要です。次にさらに詳しく解説します!

以下の条件のうちいずれかに当てはまっていれば、カードローンの審査に通り、お金を借り入れできる可能性が高いです。最短で即日融資も可能となっています!

配偶者に安定収入がある専業主婦

無職でも、結婚している専業主婦の方で配偶者の収入が安定している場合には、一部の銀行カードローンを利用することができます。

本人の収入が全く無くても、配偶者の収入があることによって安定した収入があると見なされるからです。

無職だけど配偶者に収入がある人におすすめはみずほ銀行カードローン!

専業主婦で無職&収入がないけどカードローンでお金を借りたい人にみずほ銀行カードローンがおすすめです。

配偶者の同意が取れればWEB完結申込みを利用すれば、スマホから審査を受けることができるので、ご近所にバレる心配もなく、借入まで女性スタッフが対応していくれるので安心です!

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

融資上限額 金利 融資時間
最大800万円 年2.0%~14.0% 2〜3営業日
審査時間 来店不要・WEB完結 担保・保証人
2〜3営業日 不要

年金受給者

働いて給料をもらっていない年金受給者の方も一部のカードローンでは年金が安定した収入とみなしてくれるためカードローンを利用できます。

しかし、カードローンの多くは収入が年金のみという人にはお金を貸していません。年齢制限も含め、どのカードローンに申し込めばよいかをよく検討しましょう。

無職だけど年金収入がある人はレイクALSA!

レイクALSAは大手消費者金融の中で、唯一、年金受給を収入として認めているため金受給者でもお金を借入できる可能性があります。

現在パートや定職についてないけど、年金だけでは生活費が厳しいという方はレイクALSAを検討してください。
※審査に不安な場合は簡易検査から確認しましょう。

レイクALSA

レイクALSA

融資上限額 即日融資 融資時間
最大500万円 Webで最短1時間融資も可能(*1)
審査時間 来店不要・WEB完結 無利息期間
申込後、最短15秒 30日間(*2)

※1.21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
※2.200万円までの借入で5万円まで180日間無利息。

不労所得がある

不労所得とは「労働しないで得る所得」のことで、具体的には家賃収入や駐車場収入、株式投資、FXなどで得る収入のことを指します。

現在では、アフィリエイト、YouTuber、仮想通貨の取引、せどりや転売などでお金を稼いでいる人もいます。

このような不労所得のみで収入を得て暮らしている人は、一般的には無職であると見なされます。

カードローンを申し込む際には、審査のポイントである定期的に収入があって返済能力があるかが大事なので、不労所得が安定収入として認められた場合カードローンの審査に通るケースもあります。

つまり、不動産などの家賃収入の場合は、安定して収入を得られるので、カードローンの審査に通りやすいと考えられます。

不労所得があるけど無職の人はアコム!

アコムは消費者金融の中でも会員数No1を誇る業界最大手でカードローンです。

対応が柔軟との口コミもあるアコムでは最短30分で審査が完了。簡単3項目を入力すれば借入の可否がわかる3秒診断も用意されているので、投資やフリーランスで借りれるカードローンを探している人におすすめです。

アコム

アコム

融資上限額 即日融資 融資時間
最大800万円 最短60分
審査時間 来店不要・WEB完結 無利息期間
最短30分 30日間無利息

現在無職だけど仕事先が決まっている

現在無職の方でも就職先が決まっている方は、銀行や労働金庫が提供する内定者向けローンという特別なカードローンを利用することができます。普通のカードローンよりもずっと低い金利でお金をかりることができます。

ただ、条件が細かくあり、ある特定の地域に就職することが決まっている人に向けて、その地域の労働金庫がお金を貸してくれるものがほとんどです。

主な例として以下のようなものがあります。

商品名 金利  最高融資額 条件
東海ろうきんみらいず 変動:4.7% 100万円 ・愛知、岐阜、三重県内に居住
・20歳以上30歳未満
静岡ろうきん就職内定者応援ローン 固定:2.5%
変動:3.7%
100万円 ・静岡県内に居住もしくは県内企業に内定
・18歳以上30歳未満
長野ろうきん就職内定者向けローン 固定:3.0%
変動:2.5%
100万円 ・長野県内に居住し県内企業に内定
・18歳以上30歳未満
注意

派遣会社に登録しただけではNGです。派遣会社で務める人のためのカードローンは別記事を参照してください。

審査がどうしても不安なら中小消費者金融

以上のような条件を満たしているけど、審査がどうしても不安な方もいると思います。

その際はアコムやプロミスなどの大手消費者金融や銀行カードローンではなく、中小消費者に申し込んでみるのも選択肢に入れてみましょう!

既に他社の借り入れがあって審査不安ならフタバ!

フタバ

フタバ

融資上限額 即日融資 融資時間
最大50万円 最短1時間
審査時間 来店不要・WEB完結 無利息期間
最短30分 30日間
公式サイトに簡易審査はないので、さっそく申し込みを検討してみてください!

金利を抑えて借りたいなら銀行カードローン

カードローンを利用できる条件を満たしている無職の人で、即日融資できるスピードより金利低さを重視する人は、銀行カードローンを検討してみてはいかがでしょうか?

金利が低い分、借入審査は消費者金融と比較して厳しい設定にはなっていますが、配偶者、または本人に安定した収入がある人は収入ありと判断される場合があります。

専業主婦の方、年金受給者の方、少額でも収入がある人に検討いただきたい銀行カードローンをご紹介します。

大手メガバンクで圧倒的な安心感のみずほ銀行!

みずほ銀行では、自身の収入が全く無い専業主婦の方は申し込めませんが、少しでもパートなどで毎月安定した収入を得ているなら、低金利で借りられるみずほ銀行もおすすめです。

申し込み条件は、ご契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満の方で安定かつ継続した収入の見込める方となっています。

そして、みずほ銀行カードローンの利用には、必ずみずほ銀行の口座を開設する必要があります。みずほ銀行の口座をすでに持っている方は申し込みから借入まで簡単にできることができておすすめです。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

融資上限額 金利 融資時間
最大800万円 年2.0%~14.0% 2〜3営業日
審査時間 来店不要・WEB完結 担保・保証人
2〜3営業日 不要

スマホで簡単申し込みできる楽天銀行スーパーローン!

楽天銀行だと、新規で楽天銀行の口座を開設する必要がなく、いつも利用している銀行口座をそのままカードローンに利用することもできるため便利です!

申し込み条件は、日本国内に居住の20歳〜62歳までの方で、専業主婦の方でも60歳以下の方なら申し込むことができます!

また、申し込みするだけで楽天スーパーポイントが1000ポイントもらえるので、普段から楽天を利用している方にとってもオススメのカードローンとなっています!

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン

融資上限額 金利 融資時間
最大800万円 年1.9%~14.5% 最短翌日
審査時間 来店不要・WEB完結 担保・保証人
最短翌日 不要

無職がカードローンでお金を借りる際に注意すべきこと

無職の人がお金を借りる際に注意すべきこと無職でカードローンを探しいる人にもっとも注意して欲しいのが「ヤミ金」「ソフトヤミ金」と言われる無登録の違法業者からお金を借りてはいけないという事です。

ヤミ金はゼッタイに利用しないこと!

ヤミ金は、確かに短期的に見ればすぐにお金を借りられて魅力的に見えるかもしれません。

しかし、長期的な目でしっかりと考えてみてください。闇金を借りて一時的に問題は解決したものの、借りたお金(+高い利子)が返せなくなって、ひどい仕打ちを受けている自分が想像できますよね。

もし本当に困った状態に陥った場合は、ヤミ金に頼らず、適切な機関や専門家に相談してみましょう

Q ソフトヤミ金っていうのはまだ安心?

ヤミ金のなかにはソフトヤミ金と呼ばれるものもあります。

ソフトヤミ金とは、普通のヤミ金のような脅迫してでも貸したお金を取り立てに来ることはなく親身に接してくる業者ですが、行政への登録を行っておらず、違法な金利で貸付を行っている賃金業者のことを指します。

違法な金利とは、年率20%を超える金利を設定しているもので、普通のヤミ金と変わりません。注意してください。

さらに詳しくは、ソフトヤミ金に関する記事で確認してみてください。

無職がカードローン以外でお金を借りる方法

カードローン以外で無職がお金を借りる方法

無職の人がお金を借りる方法はカードローンだけではありません。

無職だからカードローンの審査は通らないだろう」「お金を借りても返す当てがないからカードローンでは借りたくない」という人は、ここからご紹介するカードローン以外の方法でお金を借りる方法を検討しましょう。

市役所で借りる

各市区町村では「生活福祉資金貸付制度」という厚生労働省がおこなっている貸付制度があり、カードローンでお金を借りる事ができない人であっても、条件を満たす事ができればお金を借りる事ができます。

その条件とは、支援を受けることにより独立した生活ができると認められる、かつ、必要な資金を他から借り受けることが困難であることです。

資金の種類 概要 貸付限度額
生活支援費 生活再建までの間に必要な生活費用 (二人以上)月20万円以内
(単身)  月15万円以内
住宅入居費 敷金、礼金等住宅の賃貸契約を結ぶために必要な費用 40万円以内
一時生活再建費 生活を再建するために一時的に必要かつ日常生活費で賄うことが困難である費用 60万円以内

以上が「総合支援資金」と呼ばれるもので、他にも「教育支援費」や「福祉資金」、「不動産担保型生活資金」と呼ばれるものもあります。

利子は、連帯保証人を立てることができる場合は無利子、連帯保証人を立てない場合は年1.5%と大変低くなっています。詳しい貸付条件など詳細は、厚生労働省のホームページでチェックしましょう!

また、実際に申し込みたい場合は、お住まいの地域の市区町村社会福祉協議会にて受け付けているようなので、そこに連絡する必要があります。

「市区町村社会福祉協議会の連絡先ってどこ!?」
「協議会なんて聞いたこともないよ!」

という人もいると思います。

その場合は、まず都道府県社会福祉協議会に問い合わせてみましょう。以下のリンクから問い合わせ先を確認することが出来ます。

参考 都道府県社会福祉協議会 お問い合わせ先一覧全国福祉協議会

質屋で借りる!

質屋に行って自分が持っているものを担保として預けることで、お金を借りることもできます。

期限までに元金と利息を返済できれば、預けたものは返却されます。もし返済ができなかったら、質屋に預けたものが没収され、そのまま売られてしまいます。質屋では質に入れる品物によって値段が変わるので注意が必要です。

大手の質屋「大黒屋」によると、質屋に預けられるものの代表としては以下のようなものが挙げられています。

  • 腕時計
  • 金・プラチナ
  • バッグ
  • 財布・小物
  • ジュエリー
  • ダイヤ・宝石
  • 記念金貨
  • カメラ・レンズ

このようなものを持っている場合は、質屋に預けてお金を借りることも検討できます!

家族や友達にお金を借りる!

お金を借りる方法として、家族や友達に頼んでみることもできますよね。ただし、借りたいことを伝える時の言い方に気を付け、また、返す期限を厳守しないと信頼関係を失うきっかけにもなってしまうので、カードローンと同様にに計画性を持って借りるようにしましょう!

無職のカードローン利用の疑問と回答

審査でもし嘘をついたらどうなる?

カードローンの審査申し込みの際に、会社に勤めているように嘘をついても、在籍確認・信用情報を確認する段階でバレるので止めましょう。

 

まとめ

まとめ

以上、無職の人がお金を借入する方法のうちカードローンを中心に詳しく解説しました。

無職の人でもカードローンを利用できる人はいますし、利用できない人でも様々な公的な制度に頼ることが可能です。もちろん、家族や友人に頼むことも必要になってくる人もいると思います。

また、無職であったとしても、アルバイト・パートで少しでもいいので毎月安定した収入を得ることで、カードローンを利用できる可能性が高くなります。

どんなに焦っていたとしてもヤミ金を利用することなく、適切な機関や専門家に相談し、お金で人生を台無しにしないようにしましょう!

この記事の監修FPのコメント

ファイナンシャルプランナー中村真理子氏

氏名 中村真里子(なかむら・まりこ)
所属 社会保険労務士・FP 中村真里子事務所

無職でお金に困った場合、まずは「公的機関」を利用することを考えましょう。厚生労働省のホームページでご自分に当てはまる制度はないかをチェックしてみましょう。家に眠っている不用品などは質屋に預けるのではなく、フリマサイトで売ることも考えてみましょう。

カードローンは最後の手段です。
カードローンを利用する際は金利のチェックが必須です。できるだけ金利の低い金融機関で借りることが肝心です。そして借入期間を短くしてムダな利息を支払わないことです。度々、カードローンを利用するということであれば、家計の管理に問題がないかも考えてみましょう。くれぐれも数社から借りることがないようにします。もしも返済が不可能だと思ったら早めに周囲に相談することをおススメします。健康状態が悪く就職が難しい方は生活保護や障害年金の受給などの検討もしてみて下さい。
>中村真里子氏の詳細はこちら