無職でもカードローンでお金を借りる方法|失業中でも審査に通る?

無職でもカードローンでお金を借りる方法|失業中でも審査に通る?

「無職だけど、今すぐお金が必要になった!」
「お金が至急必要で、カードローンを利用したい!」

失業して無職になったり、ニート生活を続けていたりすると、お金が足りなくなってしまいますよね。専業主婦(夫)や学生の方でも、急にお金が必要になるケースは多いと思います。

そこで今回はカードローンをメインに、無職の方でもお金を借入することができる方法を解説します。

無職でも借り入れ可能なおすすめカードローン!

無職でも借り入れ可能なおすすめカードローン!

まずは無職でも借りれる方法を探していて、お急ぎの方のために先に無職でもカードローンで借り入れできる条件を確認すると、

  • パート・アルバイトで少しでも安定収入がある
  • 配偶者に安定収入がある(専業主婦)
  • 年金受給者
  • 内定先が決まっている
  • 不労所得がある

のいずれかに当てはまっていたら、カードローンでお金を借りられる可能性が高く、あなたの無職がどういった状況なのかによっても審査結果は変わってきます。

ここで、おすすめのカードローン会社を3つ紹介するので、お急ぎの方はさっそく公式サイトに行って、簡易審査をして借入可能なのか確認してみましょう!

とにかく早く借りたいならプロミス!

プロミス

金利 限度額 審査速度
4.5%~17.8% 1万円~800万円 最短30分

 

とにかく早く借りたいならプロミスがおすすめです!

審査の早さが売りで、申し込みから最短30分で審査が終わり、約1時間で借入までする事も可能です。

申し込み条件は、20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方なので、少しでもパートやアルバイトで収入があれば無職の方でも借入可能となっています。

まず公式サイトに行って、簡易審査を受けてみることをおすすめします!

低金利で借りたいなら楽天銀行!

楽天銀行カードローン

金利 限度額 審査速度
1.9~14.5% 最大800万円 数日間

 

楽天銀行だと、新規で楽天銀行の口座を開設する必要がなく、いつも利用している銀行口座をそのままカードローンに利用することもできるため便利です!

申し込み条件は、日本国内に居住の20歳〜62歳までの方で、専業主婦の方でも60歳以下の方なら申し込むことができます!

公式サイトでまずは申込可能か確認してみましょう!


以上2つが、特におすすめの無職の方でも借りられるカードローン会社です。

「もっと他のカードローン会社とも比較したい!」方の無職の人のうち

即日融資で早く借りたい人はコチラへ

低金利に借りたい人はコチラへ

「もっとカードローンの詳しい情報がほしい!」
「カードローン以外のお金の借り方を知りたい!」

方はこのままぜひ読み進めていってください!

無職でもカードローンは借り入れ可能?

無職でもカードローンは借り入れ可能?

無職と一言で言っても、そこには学生、ニート、専業主婦、失業中の人や年金受給者などを含んでいます。そして、お金を借りられる条件などはそれぞれで異なるため、それぞれについて別に詳しく解説していきます。

まず無職の人の中でも、アルバイトも何もしていないニートや失業中の方は、残念ながらカードローンを新たに申請して利用できない場合があります。

というのも、カードローンの審査では、”定期的に収入があって返済能力があるか”ということに重点を置かれるため、無職だと安定した収入がないためにこの条件を満たすのがなかなか難しいですよね。

仕送りだけの学生や転職中の人も同様の理由で、カードローンを新たに申し込んで利用することは難しいです。

ちなみに、キャッシングできるクレジットカードを既に持っている、契約期間中のカードローンが手元にもうあるんだけどという人は、そのカードを有効期限内でしたら利用し続けることはできます!そして、返済できている限りはカードを停止・没収されることはありません。

ニートや失業中の方はカードローンではない、他のお金を借りる方法を検討しましょう!

「審査に通るために嘘の情報で申し込んでもばれないんじゃない?」

と悪知恵を働かせても時間を無駄にするだけです。最悪、カードローンが今後一定期間使えなくなってしまうケースもあるので、注意してください。

なぜバレるかと言うと、カードローン審査の段階で在籍確認があったり、信用情報機関が持っている情報と照らし合わせて申し込み情報を確認されたりするからです。

もし、嘘の内容で契約までできても、そのあとばれたら強制解約になります。強制解約されると信用情報に最長で5年間記録されてしまい、その間はカードローンやクレジットカードが利用できなくなります。また、強制解約後、カードローン会社から今まで借入していた金額を一括請求されます。最悪の場合、詐欺罪で訴えられることもあります。


次に、自分が無職でも、同居している配偶者に収入があったり、年金などの不労所得があれば消費者金融系カードローンでお金を借りられる可能性が高いです。

ただカードローン会社によって、専業主婦は受け付けていない、年金だけの収入だと申し込みができないケースがあるので注意が必要です。次にさらに詳しく解説します!

無職でも審査に通って即日でカードローンで借りる条件

無職でも審査に通って即日でカードローンで借りる条件

以下の条件のうちいずれかに当てはまっていれば、カードローンの審査に通り、お金を借り入れできる可能性が高いです。最短で即日融資も可能となっています!

配偶者に安定収入がある(専業主婦)

無職でも、結婚している専業主婦の方で配偶者の収入が安定している場合には、一部の銀行カードローンを利用することができます。

本人の収入が全く無くても、配偶者の収入があることによって安定した収入があると見なされるからです。

専業主婦(夫)の方が使えるカードローンに関しては、詳しくはこちらの記事で解説しています。

年金受給者

働いて給料をもらっていない年金受給者の方も、一部のカードローンでは年金が安定した収入とみなしてくれるためカードローンを利用できます。

しかし、カードローンの多くは、収入が年金のみという人にはお金を貸していません。年齢制限も含め、どのカードローンに申し込めばよいかをよく検討しましょう。

主なカードローンにおける年金受給者への対応は次のようになっています。

業態 金融機関名 年金受給者の申込 年齢制限 金利(年率)
銀行カードローン みずほ銀行カードローン ◯可 66歳未満 2.0%~14.0%
りそなプレミアムカードローン ◯可 66歳未満 3.5% ~12.475%
オリックス銀行カードローン ◯可 69歳未満 1.7%~17.8%
消費者金融カードローン レイクALSA ◯可 70歳以下 4.5%~18.0%
アコム 年金以外の安定収入が必要 上限年齢の明記なし 3.0%~18.0%
アイフル 年金以外の安定収入が必要 69歳以下 3.0%~18.0%

以上のように、銀行系カードローンだと年金の収入しかない人でもお金をかりることはできるものがありますが、消費者金融系カードローンだと年金以外の安定収入がある必要があります。

不労所得がある

そもそも不労所得とは「労働しないで得る所得」のことで、具体的には家賃収入や駐車場収入、株式投資、FXなどで得る収入のことを指します。

現在では、アフィリエイト、YouTuber、仮想通貨の取引、せどりや転売などでお金を稼いでいる人もいますが、それらで稼いだお金も不労所得と見なされます。

このような不労所得のみで収入を得て暮らしている人は、一般的には無職であると見なされます。

カードローンを申し込む際には、審査のポイントである定期的に収入があって返済能力があるかが大事なので、不労所得が安定収入として認められる場合に限り、カードローンの審査に通ることがあります。

つまり、不動産などの家賃収入の場合は、安定して収入を得られるので、カードローンの審査に通りやすいと考えられます。

現在無職だけど仕事先が決まっている

現在無職の方でも就職先が決まっている方は、銀行や労働金庫が提供する内定者向けローンという特別なカードローンを利用することができます。普通のカードローンよりもずっと低い金利でお金をかりることができます。

ただ、条件が細かくあり、ある特定の地域に就職することが決まっている人に向けて、その地域の労働金庫がお金を貸してくれるものがほとんどです。

主な例として以下のようなものがあります。

商品名 金利  最高融資額 条件
東海ろうきんみらいず 変動:4.7% 100万円 ・愛知、岐阜、三重県内に居住
・20歳以上30歳未満
静岡ろうきん就職内定者応援ローン 固定:2.5%
変動:3.7%
100万円 ・静岡県内に居住もしくは県内企業に内定
・18歳以上30歳未満
長野ろうきん就職内定者向けローン 固定:3.0%
変動:2.5%
100万円 ・長野県内に居住し県内企業に内定
・18歳以上30歳未満
注意

派遣会社に登録しただけではNGです。派遣会社で務める人のためのカードローンは別記事を参照してください。

審査がどうしても不安なら中小消費者金融

以上のような条件を満たしているけど、審査がどうしても不安な方もいると思います。

その際はアコムやプロミスなどの大手消費者金融や銀行カードローンではなく、中小消費者に申し込んでみるのも選択肢に入れてみましょう!

既に他社の借り入れがあって審査不安ならフタバ!

フタバ

金利 限度額 審査速度
14.959%~17.950% 10万円~50万円 最短即日

公式サイトに簡易審査はないので、さっそく申し込みを検討してみてください!


では、次に無職の方でも借りられるカードローン会社は具体的にどこがおすすめなのか確認してみましょう!

無職でも借りられる消費者金融系カードローン

少しでもアルバイトやパートで自分の収入があれば消費者金融系カードローンに申し込めます。即日融資も可能で、早く借りたい人は以下の特におすすめの大手消費者金融を検討してみてください。

プロミス

プロミス

金利 限度額 審査速度
4.5%~17.8% 1万円~500万円 最短30分

まずおすすめとなっているのは、プロミスです。

基本的にアコムと大差はないですが、最高金利が17.8%とアコムよりも0.2%低くなっていたり、プロミスのATMに加え、三井住友銀行のATMも手数料無料で利用できるので、お得にカードローンを利用することが出来ます!

また、スマホひとつで融資ができるアプリローン7パターンある返済方法など、大変利便性が高いことも魅力のひとつです!

レイクALSA

レイクALSA

金利 限度額 審査速度
4.5%~18.0% 1万円~500万円 お申込後、最短15秒

 

2つ目におすすめの消費者金融カードローンはレイクALSAです。

カードを持ち歩かなくても、専用のスマホアプリを携帯にインストールすれば銀行ATMからカードレスで簡単に借り入れできるのが、便利なポイントとなっています!

申込み後最短で15秒で審査結果が分かり、WEBで契約を完了させるなら最速60分での借入も可能となっています!

アコム

アコム

金利 限度額 審査速度
3.0%~18.0% 1万円~800万円 最短30分

 

記事の冒頭でもおすすめしましたが、アコムは消費者金融の中でも会員数No1を誇る業界最大手であり、その知名度が安心感を与えてくれる大変おすすめのカードローン会社となっています。

審査の早さも売りとなっていて、最短30分で審査が終わりインターネットで24時間365日申し込みを受け付けているという借入の素早さ、簡単さが魅力です。

また、アコムでは働く女性向けに、より手続きが簡単にできるようにサポートも充実しているので、パートをしている主婦の方でも比較的気軽に借入をすることができます。

無職でも借りられる銀行系カードローン

銀行カードローンは消費者金融よりも金利が低く設定されていて、その分審査が厳しくなっています。

そして、基本どの銀行系カードローンでも、全く収入のない無職の人にはお金を貸すことはありません。しかし、配偶者に安定した収入があると借入可能だったり、年金を収入とみなしてくれて借入可能だったりというケースがあるんです!

専業主婦の方、年金受給者の方、少しでも収入がある無職の方なら申し込めるおすすめ銀行系カードローンはこちらです!

みずほ銀行

みずほ銀行カードローン

金利 限度額 審査速度
2.0%~14.0% 最大800万円 最短即日

 

みずほ銀行では、自身の収入が全く無い専業主婦の方は申し込めませんが、少しでもパートなどで毎月安定した収入を得ているなら、低金利で借りられるみずほ銀行もおすすめです。

申し込み条件は、ご契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満の方で安定かつ継続した収入の見込める方となっています。

そして、みずほ銀行カードローンの利用には、必ずみずほ銀行の口座を開設する必要があります。みずほ銀行の口座をすでに持っている方は申し込みから借入まで簡単にできることができておすすめです。

楽天銀行

楽天銀行カードローン

金利 限度額 審査速度
1.9~14.5% 最大800万円 数日間

 

楽天銀行だと、新規で楽天銀行の口座を開設する必要がなく、いつも利用している銀行口座をそのままカードローンに利用することもできるため便利です!

申し込み条件は、日本国内に居住の20歳〜62歳までの方で、専業主婦の方でも60歳以下の方なら申し込むことができます!

また、申し込みするだけで楽天スーパーポイントが1000ポイントもらえるので、普段から楽天を利用している方にとってもオススメのカードローンとなっています!


他にも以下のような銀行カードローンで無職の方でも借りられるチャンスがありますよ。

銀行名 ニート 専業主婦 学生 年金受給者 申込みできる年齢
セブン銀行 満20歳以上満70歳未満の方
じぶん銀行 安定収入あり 満20歳以上70歳未満の方
三井住友銀行 安定収入あり 満20歳以上満69歳以下の方
三菱東京UFJ銀行 安定収入あり 満20歳以上65歳未満の方
七十七銀行 安定収入あり 20歳以上70歳未満、
完済時年齢75歳未満の方
福岡銀行 安定収入あり 20歳以上69歳以下の方
山形銀行 安定収入あり 満20歳以上、満70歳未満の方

カードローン以外で無職がお金を借りる方法

カードローン以外で無職がお金を借りる方法

それでは次に無職の人がカードローン以外の方法でお金を借りるには、どのような方法があるのかも一緒に確認していきましょう!

市役所で借りる

各市区町村では「生活福祉資金貸付制度」という厚生労働省がおこなっている貸付制度があり、カードローンでお金を借りる事ができない人であっても、条件を満たす事ができればお金を借りる事ができます。

その条件とは、支援を受けることにより独立した生活ができると認められる、かつ、必要な資金を他から借り受けることが困難であることです。

資金の種類 概要 貸付限度額
生活支援費 生活再建までの間に必要な生活費用 (二人以上)月20万円以内
(単身)  月15万円以内
住宅入居費 敷金、礼金等住宅の賃貸契約を結ぶために必要な費用 40万円以内
一時生活再建費 生活を再建するために一時的に必要かつ日常生活費で賄うことが困難である費用 60万円以内

以上が「総合支援資金」と呼ばれるもので、他にも「教育支援費」や「福祉資金」、「不動産担保型生活資金」と呼ばれるものもあります。

利子は、連帯保証人を立てることができる場合は無利子、連帯保証人を立てない場合は年1.5%と大変低くなっています。詳しい貸付条件など詳細は、厚生労働省のホームページでチェックしましょう!

また、実際に申し込みたい場合は、お住まいの地域の市区町村社会福祉協議会にて受け付けているようなので、そこに連絡する必要があります。

「市区町村社会福祉協議会の連絡先ってどこ!?」
「協議会なんて聞いたこともないよ!」

という人もいると思います。

その場合は、まず都道府県社会福祉協議会に問い合わせてみましょう。以下のリンクから問い合わせ先を確認することが出来ます。

参考 都道府県社会福祉協議会 お問い合わせ先一覧全国福祉協議会

質屋で借りる!

質屋に行って自分が持っているものを担保として預けることで、お金を借りることもできます。

期限までに元金と利息を返済できれば、預けたものは返却されます。もし返済ができなかったら、質屋に預けたものが没収され、そのまま売られてしまいます。質屋では質に入れる品物によって値段が変わるので注意が必要です。

大手の質屋「大黒屋」によると、質屋に預けられるものの代表としては以下のようなものが挙げられています。

  • 腕時計
  • 金・プラチナ
  • バッグ
  • 財布・小物
  • ジュエリー
  • ダイヤ・宝石
  • 記念金貨
  • カメラ・レンズ

このようなものを持っている場合は、質屋に預けてお金を借りることも検討できます!

家族や友達にお金を借りる!

お金を借りる方法として、家族や友達に頼んでみることもできますよね。ただし、借りたいことを伝える時の言い方に気を付け、また、返す期限を厳守しないと信頼関係を失うきっかけにもなってしまうので、カードローンと同様にに計画性を持って借りるようにしましょう!


以上のような方法は難しく、どうしてもカードローンでお金を借りたい人は、まずはカードローンの簡易審査をとりあえず受けてみて借入できるか確認してみましょう!

↓以下のバナーからは、アコムの公式サイトにとぶことができるので、三項目を入力するだけでできる3秒診断をまずは受けてみましょう!

無職の人がお金を借りる際に注意すべきこと

無職の人がお金を借りる際に注意すべきこと

どうしても、早くお金を借りたいとなると、甘い言葉で誘ってくる、即日融資してくれる、だけど金利がすごく高い悪質な賃金業者、いわゆるヤミ金についつい手を伸ばしてしまいがちです。

ヤミ金はゼッタイに利用しないこと!

ヤミ金は、確かに短期的に見ればすぐにお金を借りられて魅力的に見えるかもしれません。

しかし、長期的な目でしっかりと考えてみてください。闇金を借りて一時的に問題は解決したものの、借りたお金(+高い利子)が返せなくなって、ひどい仕打ちを受けている自分が想像できますよね。

それでもヤミ金に手を出そうという方はこちらの記事も読んで、再検討してみてください。

もし本当に困った状態に陥った場合は、ヤミ金に頼らず、適切な機関や専門家に相談してみましょう

Q ソフトヤミ金っていうのはまだ安心?

ヤミ金のなかにはソフトヤミ金と呼ばれるものもあります。

ソフトヤミ金とは、普通のヤミ金のような脅迫してでも貸したお金を取り立てに来ることはなく親身に接してくる業者ですが、行政への登録を行っておらず、違法な金利で貸付を行っている賃金業者のことを指します。

違法な金利とは、年率20%を超える金利を設定しているもので、普通のヤミ金と変わりません。注意してください。

さらに詳しくは、ソフトヤミ金に関する記事で確認してみてください。

まとめ

まとめ

以上、無職の人がお金を借入する方法のうちカードローンを中心に詳しく解説しました。

無職の人でもカードローンを利用できる人はいますし、利用できない人でも様々な公的な制度に頼ることが可能です。もちろん、家族や友人に頼むことも必要になってくる人もいると思います。

また、無職であったとしても、アルバイト・パートで少しでもいいので毎月安定した収入を得ることで、カードローンを利用できる可能性が高くなります。

どんなに焦っていたとしてもヤミ金を利用することなく、適切な機関や専門家に相談し、お金で人生を台無しにしないようにしましょう!