無職でも借りられるカードローン!安定収入なしでも審査に通る?

無職でも借りられるカードローン!安定収入なしでも審査に通る?

「無職だけど、カードローンって借りられる?」
「学生なんだけど、お金が至急必要で、カードローンを利用できないかな?」
「専業主婦(夫)だから無職ではあるんだけど、カードローンって利用できる?」

失業、退職して無職になったり、ニート生活を続けていたりしたら、お金が足りなくなってしまうことはありますよね。学生や専業主婦(夫)の方でも、急にお金が必要になるケースは多いと思います。

自分の持っているお金が尽きたら誰を頼りますか?
無職のあなたにお金を貸してくれる人はいるのでしょうか?

安心してください。お金を貸してくれる人は見つけられます。
カードローン会社や公的な機関、家族や友達が困っているあなたに手を差し伸べてくれます。

今回は、カードローンをメインに、無職のあなたでも借入することができるお金の調達方法を解説していきます。

この記事を通して、少しでも疑問・不安を解消できるようにお助けします。一緒に確認していきましょう。

ちなみにこの記事で扱う無職の人とは、学生、ニート、専業主婦、失業中・転職中の人や年金受給者のことです。
お金が借りられる条件などはそれぞれで異なるため、詳しく解説していきます。

借入NG?無職でも借りられるカードローンはある?

では、もしあなたが無職で安定した収入がなく、でもお金が必要になった時に、「カードローン」を利用するのはどうでしょうか。

ニートや失業中の人はカードローンを新たに利用しはじめるのは難しい

無職の人の中でも、アルバイトも何もしていないニートや失業中の方は、残念ながらカードローンを新たに申請して利用できない場合があります。

カードローンの審査では、定期的に収入があって返済能力があるかということに重点を置かれるため、無職だと安定した収入がないためにこの条件を満たすのがなかなか難しいですよね。

仕送りだけの学生や転職中の人も同様の理由で、カードローンを新たに申し込んで利用することは難しいです。

既に持っているクレジットカードやカードローンは利用できる

キャッシングできるクレジットカードを既に持っている、契約期間中のカードローンがあるんだけど、という人もいると思います。

実はそれらのカードは有効期限内でしたら利用し続けることはできます。そして、返済できている限りはカードを停止・没収されることはありません。

「新しく申し込めないなら、意味ない。」
「結局無職だとカードローンは借りられないじゃん。」

とここまで読んだだけだと、思いますよね。

しかし、無職と一言で言っても、人それぞれ置かれている状況は全く異なるものです。

だから、一概には言えないのですが、無職の人でもカードローンを利用できる場合はもちろんあります!

次に、解説していきますね。

借入OK!無職でもカードローンを利用できる人の条件

無職の人でも、カードローンを利用できる場合もあります。それは、以下に当てはまる方々です.。

アルバイト・パートをしている人

無職の人でも、アルバイト・パートをしている人は、カードローンを利用できることがあります。
なので、学生でもアルバイトをして毎月安定した収入があれば、カードローンの審査に通ることがありますよ。

アルバイトをしている人のためのカードローンに関して、詳しくはこちらの記事をチェックしてみてください。

専業主婦

無職でも、結婚している専業主婦(夫)の方で配偶者の収入が安定している場合には、一部の銀行カードローンを利用することができます。

本人の収入が全く無くても、配偶者の収入があることによって安定した収入があると見なされるからです。

専業主婦の方が使えるカードローンに関しては、詳しくはこちらの記事で解説しています。

年金受給者

働いて給料をもらっていない年金受給者の方も、一部の銀行カードローンでは、年金が安定した収入とみなされるためカードローンを利用できます。

しかし、カードローンの多くは、収入が年金のみという人にはお金を貸していません。年齢制限も含め、どのカードローンに申し込めばよいかをよく検討しましょう。

主なカードローンにおける年金受給者への対応は次のようになっています。

業態 金融機関名 年金受給者の申し込み 年齢制限
銀行系カードローン みずほ銀行カードローン ◯可 66歳未満
りそな銀行 ◯可 60歳未満
オリックス銀行カードローン ◯可 69歳未満
消費者金融系カードローン レイクALSA ◯可 70歳以下
アコム

年金以外の安定収入が必要蛍光ペン(緑)

上限年齢の明記なし
アイフル

年金以外の安定収入が必要蛍光ペン(緑)

69歳以下

以上のように、銀行系カードローンだと年金の収入しかない人でもお金をかりることはできますが、消費者金融系カードローンだと年金以外の安定収入が必要な場合があります。

不労所得がある

そもそも不労所得とは、

”労働しないで得る所得。利子・家賃・地代など。 ⇔ 勤労所得”

と定義されるもので(三省堂より)、家賃収入や駐車場収入、株式投資、FXなどで得る収入のことです。

現在では、アフィリエイト、YouTuber、仮想通貨などでお金を稼いでいる人もいますが、それらで稼いだお金も不労所得と見なされます。せどりや転売も不労所得に含まれますね。

このような不労所得のみで収入を得て暮らしている人は、一般的には無職であると見なされます。

カードローンを申し込む際には、審査のポイントである定期的に収入があって返済能力があるかが大事なので、不労所得が安定収入として認められる場合に限り、カードローンの審査に通ることがあります。

不動産などの家賃収入の場合は、安定して収入を得られるので、カードローンの審査に通りやすいと考えられます。

今は無職だが、仕事先が決まっている

現在無職の方でも就職先が決まっている方は、銀行や労働金庫が提供する内定者向けローンという特別なカードローンを利用することができます。
普通のカードローンよりもずっと低い金利でお金をかりることができます。

ただ、条件が細かくあり、ある特定の地域に就職することが決まっている人に向けて、その地域の労働金庫がお金を貸してくれるものがほとんどです。

主な例として以下のようなものがあります。

ローンの名称 最高融資額 条件
東海ろうきんみらいず 100万円 ・愛知、岐阜、三重県内に居住
・20歳以上30歳未満
静岡労金就職内定者応援ローン 100万円 ・静岡県内に居住もしくは県内企業に内定
・18歳以上30歳未満
長野ろうきん就職内定者向けローン 100万円 ・長野県内に居住し県内企業に内定
・18歳以上30歳未満
きらぼし銀行大学卒業予定者ローン 50万円 ・決まっている勤め先が都内およびその周辺
・20歳以上30歳未満

 

注意
ただし、派遣会社に登録しただけではNGです。派遣会社で務める人のためのカードローンはこちらの記事を参照してください。

「派遣 カードローン」へ内部リンク

 

無職でも審査に通りやすいおすすめカードローン

それでは、カードローンに申し込んでみようと思った方の中には、

「どんな書類が審査には必要?」
「何を準備すればいいの?」
「所得証明書はどうしたらいい?」

という段階に進むと思います。

そこで、カードローン申し込みの際に必要なものを一緒に確認してみましょう。
合わせて、アンケート調査で集めることができた、実際に利用した人の声も紹介します。

カードローンを申し込む際に必要なものは?

カードローン会社によって、必要となってくるものは異なりますが、基本は

  1. 本人確認書類(運転免許証やパスポートなど)
  2. 所得証明書類(給与明細書や源泉徴収票など)

の二種類の書類が必要です。

本人確認書類はどのカードローン会社でも、必ず必要になってきますが、所得証明書は借入する金額が50万円以下だと、提出する必要がない場合が多いです。

無職の人におすすめなカードローンは?

それでは、次に無職の方におすすめのカードローンを3つ紹介していきます。

今回おすすめするのは、消費者金融系のカードローンで、あくまでアルバイト・パートなどで少しでも安定収入がある人向けとなっています。

また、今回独自でアンケート調査を行い、実際にカードローンを利用したことのある無職の人から、どこのカードローンで、どのくらいお金を借りて、どんな書類を提出したのか教えていただいたのでそちらも参考にしてみてください。

アコム

まずおすすめするのが、アコムです。

独自のアンケートでも最も実際に利用していた人が多かったアコムは、やはり会員数No1を誇る業界最大手であり、その知名度が安心感を与えてくれます。

審査の早さも売りとなっています。最短30分で審査が終わり、インターネットで24時間365日受け付けている、その借入の素早さ、簡単さは確かに魅力的ですね。

アコムカードローン 

また、アコムでは働く女性に向けてより手続きが簡単にできるようにサポートも充実していて、パートをしている主婦の方でも比較的気軽に借入をすることができますよ。


実際に利用した人の詳細

例① 20代女性 / 主婦 /
選んだカード会社: アコム
借入した額: 30万円
提出した書類:本人確認書類、源泉徴収票

例② 20代男性 / 不労所得がある /
選んだカード会社: アコム
借入した額: 100万円
提出した書類:本人確認書類、課税証明書


アコムカードローン

アコムについて、もっと詳しく知りたい方は、こちらの記事もチェックしてみてください

プロミス

次におすすめなのが、プロミスです。

基本的にアコムと大差はないですが、最高金利が17.8%とアコムよりも0.2%低くなっていたり、プロミスのATMに加え、三井住友銀行のATMでも手数料無料で利用できるので、より便利になっています。


実際に利用した人の詳細

例① 30代女性 / 専業主婦 /
選んだカード会社:プロミス
借入した額: 10万円
提出した書類:本人確認書類のみ

例② 30代女性 / 専業主婦 /
選んだカード会社: プロミス
借入した額: 91万円
提出した書類:本人確認書類、給与明細書


プロミスカードローン

プロミスについて、もっと詳しく知りたい方は、こちらの記事もチェックしてみてください

「プロミス カードローン」へ内部リンク

レイクALSA

そして、3つ目におすすめなのが、レイクALSAです。カードを持ち歩かなくても、スマホアプリで銀行ATMから借り入れできるのが、便利なポイントです。


実際に利用した人の詳細

例① 20代男性 / 不労所得がある /
選んだカード会社:レイクALSA
借入した額: 20万円
提出した書類:本人確認書類、確定申告書


レイクALSAカードローン

レイクALSAについて、もっと詳しく知りたい方は、こちらの記事もチェックしてみてください

 

以上まで、無職の方でも利用できるカードローンを紹介してきました。

次からは、カードローン以外でお金を借入する方法を紹介しています。

無職の人がカードローン以外でお金を借りる方法

カードローン以外でも、お金を借りる方法はいくつかあります。以下は主な無職の人でもお金を借りられる方法の一覧です。

名称:内容 対象者
雇用保険(失業給付)

:仕事をやめて収入がなくなったときに、次の仕事が見つかるまでの間に受け取ることができる雇用保険。

失業者
求職者支援

:無料の職業訓練に加え、一定要件を満たせば月10万円程度の給付金を受給できる。

雇用保険を受給できない人
生活福祉資金賃付

:それぞれの状況に応じた必要な資金を無利子で借りられる。

所得が少ない世帯や高齢者、障害のある人
契約者賃付(生命保険)

:保険契約の保証はそのままに解約返戻金の一部を借りられる制度

生命保険を契約している人
担保融資貸付

土地や建物、または所有している株式を担保に融資を受ける制度

不動産や証券などを所有している人
生活保護

:最低限度の生活ができるようにする国の援助制度

一定条件を満たす人

以下の記事で一つ一つ詳しく解説しています。ぜひチェックしてみてください。

無職の人がどうしても緊急でお金が必要なときの対処法

以上のようなお金を借りる方法は参考になったでしょうか。しかし、どれも条件・対象者が限定的で、

「いや、条件どれもあてはまらなかった。」
「そんな審査とかも待ってられない。」

という人もいるでしょう。

もし本当に緊急でお金が必要になったら、まずは身の周りの人にお金を貸してくださいと頼むのが、賢明な判断ではないでしょうか。

家族にお金を借りる

家族の方にまずは頼んでみるのはどうでしょうか。

実際に家族からお金を借りたことがある人が語る、家族からお金を借りるメリット・デメリットはこちらの記事へ

友達からお金を借りる

また、友達に頼んでみることもできますよね。
ただし、借りたいことを伝える時の言い方に気を付け、返す期限を厳守しないと信頼関係を失うきっかけにもなってしまうので、しっかりと検討してください。

友達からお金を借りる時のメリット・デメリットをしっかりと検討したい方はこちらの記事へ

無職の人がお金を借りる際に注意すべきこと

以上全ての手を打ってもお金が足りないという方が、次に手を出してしまうのが、ヤミ金の利用です。

ヤミ金はゼッタイに利用しないこと!

ヤミ金は、確かに短期的に見ればすぐにお金を借りられて魅力的に見えるかもしれません。

しかし、長期的な目でしっかりと考えてみてください。
闇金を借りて一時的に問題は解決したものの、借りたお金(+高い利子)が返せなくなって、ひどい仕打ちを受けている自分が想像できますよね。

それでもヤミ金に手を出そうという方はこちらの記事も読んで、再検討してみてください。

もし本当に困った状態に陥った場合は、ヤミ金に頼らず、適切な機関や専門家に相談してみましょう。

まとめ

今回は、無職の人がお金を借入する方法の中でも、カードローンに関して、詳しく解説しました。

無職の人でもカードローンを利用できる人はいますし、利用できない人でも様々な公的な制度や賃貸に頼ることが可能です。もちろん、家族や友人に頼むことも必要になってくる人もいると思います。

また、無職であったとしても、アルバイト・パートでもいいので毎月安定した収入を得ることで、カードローンを利用できるようになる場合が多いです。

無職になってどんなに焦ったとしても、ヤミ金を利用することなく、適切な機関や専門家に相談し、お金で人生を台無しにしないようにしましょうね。