【必読】マイカーローンの返済方法について詳しく解説!

マイカーローンの返済はどんな方法がある?

もしも車を売却したら返済はどうなるのでしょう。

延滞や滞納したり、車のローンが払えなくなったら・・・

そんな不安がある人にも分かりやすくマイカーローンの返済について解説します。

マイカーローンの返済方法

マイカーローンには「ディラー系」「銀行系」の大きく分けて2種類があり、どちらのマイカーローンも返済方法は銀行口座からの引き落としが一般的になっています。

ここでは、借り入れたマイカーローンを返済する際に、覚えておいて欲しいポイントをご紹介するので、「ざっくり返済方法」の特徴を理解したい人は参考にしてください。

銀行マイカーローンの特徴

銀行系マイカーローンの場合、契約後に借り入れ先の指定口座から引き落としになるため、融資前に「口座開設」が条件になっているところがほとんどです。

なので、もし返済する時に自分が持っている口座からの引き落としをしたいと希望する場合には、申込み条件に「口座開設不要」と記載がある業者を探す、または既に持っている口座の銀行で借り入れする必要があります。

ディーラーローンの特徴

ディーラーローンはその名の通り、ディーラー(自動車販売店)で自動車を購入する際に申込みができるローンです。

よく認識を間違えている人が多いのが「必ずディーラーローンを組まなければいけない」と思っている点が上げられます。

自動車を購入をするからといってディーラーでローン組む必要はまったくありません。

ディーラーとしてみれば、自動車の購入代金がしっかり返済されれば支払い方法はお客さんの自由なので、金利が低く設定されている銀行マイカーローンを利用する人が多いんです。

ディーラーローンで契約してしまったけど、直前になって銀行の審査に通ったから変更したい・・・なんて人もいたりします。

これはケース・バイ・ケースで、契約をキャンセルできる場合もありますが、ディーラー側は提携先の信販会社からのバックマージンを考慮して車の価格を値引きをしている可能性もあります。

そうなるとディーラーローンをキャンセルするのは厳しいかもしれません。

キャンセルできない場合は繰り上げ返済!

もしディーラーローンをキャンセルできなかった場合の対処法として、銀行から融資をうけて、そのお金でディーラーローンへ繰り上げ返済してしまう方法があります。

ですが、この繰り上げ返済ができるかどうかは、ディーラーや銀行によるので事前に確認しておきましょう。

繰り上げ返済→

マイカーローンの返済期間

マイカーローンの返済が始まるのは、ローン契約が成立した翌月から開始となるのが一般的です。

最短6ヶ月 6回※利息減
最長10年 120回※利息増

返済期間によって利息の増減があり、マイカーローンの返済期間は、銀行系もディーラーローンも最短で6ヶ月~最長10年となっています。

返済期間を長くすれば月々の返済額は少なくなりますが、借入期間が長くなる分、利息を多く払うことになり、総支払額は増えてしまいます。

逆に返済期間を短くすると毎月の返済額は増えますが、借入期間が短くなるので利息は減るため、どちらにもメリット・デメリットがあります。

マイカーローンの一般的な返済期間の平均として3年(36回)~5年(60回)払いで返済する人が多い傾向にあります。

もちろん購入する車の価格や収入は人によって違うものなので、返済期間も様々です。

毎月の生活費を考えながら月々の返済額を決めると、自分に合った返済期間(回数)が見えてくるでしょう。

無理のない返済計画を立てて、滞納や遅延がないよう気をつけることが大事です。

返済シミュレーション→

マイカーローン返済額について

マイカーローンを利用する際の借り入れで重要となるのが、返済比率というものです。

返済比率は年収に対して個人が借り入れできる割合のことで、マイカーローンやその他、借り入れ総額が年収の約25%程度まで、となっています。

これが無理のない範囲の借り入れ額とされていて、マイカーローン審査でも重要なラインと言えるでしょう。

例えば年収が約400万円の人で、年間に借り入れができる金額は100万円程度となり、月々の返済総額は約8万円です。

仮にマイカーローンを利用して300万円の車を購入した場合は、5年または10年で返済するのが妥当になります。

※300万円ボーナス払いなし

支払い年数(回数) 月々の支払い 総支払額
3年(36回) 88,572円 3,188,592円
5年(60回) 55,250円 3,315,000円
10年(120回) 30,374円 3,644,880円

300万円の車を金利4.00%で購入した場合、年数によって支払い総額に差があります。

3年と5年では126,408円の差

5年と10年では329,880円の差

このように返済期間が伸びれば、当然ですが支払う総額は増えていくことになります。

また銀行系マイカーローンとディーラーローンでは金利にも差があります。

ディーラーローンは比較的審査が早く通りやすいと言われる理由として、購入した車が担保になっており、かつ金利が高めに設定されているからと言われています。

一方で、審査は厳しいが低金利で借り入れができるのは銀行系のマイカーローンになります。

無理のない範囲で早めに返済するのが総支払額を減らすポイントなので、マイカーローンを借り入れする前に返済計画はきちんと立てましょう。

マイカーローン返済の途中で売却はできる?

まだマイカーローンの返済中・・・でも、車を売却することはできるのでしょうか?

結論から言うと可能です。

売却方法は、ディーラーローンを利用しているのか、銀行系のマイカーローンを利用しているのかで変わってきます。

なぜなら車の所有者(名義)に違いがあるからです。

ディーラーローンを利用している

ディーラーローンを利用している人は、車の所有者つまり所有権がローン会社(ディーラーまたは信販会社)になっています。

ローン返済が終わるまでは所有権保留という状態になり、まだ自分の車ではない為、勝手に車を売却することができません。

車を売却をするにはローンの残債を返済してから、ローン会社の所有権を解除してもらう必要があります。

これは既に返済が終わっている場合も同様で、所有権の解除手続きをしなくては車の売却はできません。

銀行系マイカーローンを利用している

銀行系のマイカーローンを利用すると、所有者つまり所有権が車を購入した時点で購入者になっている為、自由に売却することが可能です。

車を売却した下取り価格が残債よりも高ければローンを完済し、さらに現金収入を得られることもあります。

ですが買取価格が残債よりも安ければローンが残る事もあります。

所有権解除の方法

所有権を解除するには2つの方法があります。

自分で陸運局へ行き手続きをする方法

現在の所有者(ローン会社)へ必要書類を提出

  • 所有権解除書類交付申込書
  • 車検証のコピー
  • 使用者の印鑑証明書コピー
  • 完済証明書

※必要書類は会社によって異なるため、事前に確認が必要です。

ローン会社から返送された書類と自分の必要書類を合わせて陸運局へ持っていく

ローン会社から返送された書類

  • 譲渡証明書
  • 委任状
  • 現在の所有者の印鑑証明書

自分で用意する書類

  • 印鑑証明書
  • 車検証(自動車検査証)
  • 実印

自分で陸運局へ提出

当日にかかる費用

  • 登録手数料500円
  • 申請書100円

ディーラーや自動車販売店で手続きを代行してもらう方法

新しく車を購入する予定があれば、必要な書類を販売店に提出するだけなので、自分で手続き(陸運局)に行く手間が省けて一番楽な方法です。

サービスとして無料で代行してくれる販売店もあれば、代行手数料として1万円程度かかるところもあるので、必要書類も含めて販売店に確認した方がよいでしょう。

マイカーローンを繰り上げ返済する

少しお金に余裕ができたから一部を繰り上げ返済しようと考える人や、まとまったお金が用意できたから全額返済してしまおう。

など、生活に余裕ができたら少しでも早くローン返済したいですよね。

また一度はディーラーローンを契約してしまったけど、やっぱり金利の安い銀行に変更したいなどの理由もあります。

このように借り換えをするときも、繰り上げ返済が必要になってきます。

繰り上げ返済は全ての銀行やディーラーで取り扱っているわけではありませんので、借り入れ前に、一部や全額の繰り上げ返済が可能かどうかも視野に入れて、借り入れ先を選ぶのをおすすめします。