お金がない時の対処法!金欠の人の特徴と乗り切り方を紹介

【保存版】お金がない状況に陥る人がしている行動の原因と対策!

「生活費が足りなすぎてやばい」「お金が無くて不安…この先どうしよう」

普通に生活していると、このようにお金に困る場面が出てきます。一時的にお金がないならまだしも、慢性的にお金がないといつしか「お金がない」が口癖になってしまうことも…。

ちなみに、慢性的にお金がないという人にはいくつか特徴があります。

  • お金の管理をしていない
  • 無駄な出費が多い
  • ギャンブルなどでお金を増やそうとする
  • 無職

あなたはこのどれかに当てはまりましたか?これらに当てはまる人は「お金がない」という状況の方が多いのではないでしょうか。

とはいえ、どんなにお金がない状況でも、正しい対処法を知っておけば今よりいい状況を作り出すこともできます。

この記事では、「お金に困っている」あなたに、お金が無い時の乗り切り方を詳しく紹介したいと思います。

お金に困っている方はもちろん、特に上記に当てはまった方は、ここで紹介する方法を参考にしてみてください。

お金がないときの対処法

お金がないときの対処法は色々ありますが、基本的な流れはどれも同じです。具体的には以下の通り。

  1. 現状を把握
  2. 支出の無駄を省く
  3. 収入を増やす
  4. 支援制度を利用するorお金を借りる

お金がないと、どうしても「どこかからお金を借りる」という発想になりがちですが、緊急時ではない限り、まずは支出の無駄を省き、収入を増やすことを意識しましょう。

お金がない状態の時にいきなりお金を借りてしまうと、返済に追われてさらに借金を繰り返す、という悪循環に陥りやすいです。

まずはお金がない現状の把握から始めよう

「お金がない」と感じたら、まずは現状の把握から始めましょう。

現状を把握した上でしっかり管理することで、なぜ自分がお金に困っているのか、どうすれば改善するのかが自ずと見えてきます。

ちなみに、「今までお金の管理をあまりしたことがない」という方は、現状を把握、管理するためにも以下の3つを意識することをおすすめします。

  1. 収入と支出をチェック
  2. 家計簿アプリを活用
  3. 口座を分けて管理する

この辺りを押さえておくだけでも、かなり状況は変わってきます。それぞれ以下で詳しく紹介するので、参考にしてみてください。

収入と支出をチェック

お金の管理をする上で、収入と支出のチェックはとても大切な部分です。

毎月の収入と支出をチェックすることで、余計な出費があることに気付いたり、自分の生活レベルが収入に見合っていないことに気付けることもあります。

何にいくら使っているのか把握していない方も多いと思いますが、この辺りを把握しておくと現状を改善できることもあるので、これをきっかけにぜひ収入と支出を確認しましょう。

家計簿アプリを活用

細かい支出を把握するには、家計簿をつけるのがおすすめです。

普段気にしないで使っていたお金を、実際に数字にして書き起こすことで、より現状を把握することができます。

とはいえ、家計簿をつけたことがない人は「家計簿をつける」という行為自体にストレスを感じるかもしれません。

そのような方は、家計簿アプリを使うのがおすすめです。

最近の家計簿アプリは非常に便利なものが多く、ほぼ自動的に家計簿をつけてくれるものもあるので、「家計簿をつけるのが面倒」という方でも気軽につけれるようになっています。

口座を分けて管理する

お金の管理が苦手な人は、生活費などの支出用、引き落とし用、貯蓄用などに口座を分けることをおすすめします。

口座を分けることで、余計な支出を抑えることもできますし、給料が入った時に振り分ければ自動的に貯金することもできます。

もちろん「口座を開設するのは面倒…」と感じる方もいるかと思いますが、最近の銀行ではWEB完結で口座開設可能な銀行が多いので、少ない手間で開設することも可能です。

「分けれるだけの口座を持っていない」という方は、ぜひこの機会に口座開設してみてはいかがでしょうか。

無駄な支出をおさえるだけでも節約できる

「無駄な支出を抑える」と聞くと食費を減らしたり、光熱費を抑えたりなど、つらい節約をイメージする方もいるかもしれませんが、意外とそんなことはありません。

他に減らせる出費があるのなら、つらい節約をしなくても手っ取り早くお金を捻出することができます。特に以下のような出費は余計にお金がかかっているケースが多いです。

  • 毎月の通信費
  • 保険
  • 家賃
  • 交際費

この辺りを削ることができれば、特に節約を意識しなくてもある程度余裕を持って生活することができます。

通信費が安い会社へ乗り換える

一番減らしやすいのが毎月の通信費です。

例えば、毎月のスマホ代や固定電話の料金などですね。

毎月のスマホ代に関しては、他の格安simに乗り換えることで大幅に出費を抑えることができますし、固定電話を使う機会がない方は解約してしまうことでもお金を捻出することができます。

特に「面倒なので、営業の人に言われるがまま契約した」という方は、余計に通信費がかかっているケースが多いので、一度通信費を見直してみることをおすすめします。

保険の契約を見直す

生命保険や自動車保険などに入っている方は、保証内容が自分に合っているかどうか確認しましょう。

「今の自分にはここまで必要ないな…」と感じたら、思い切って料金が安い保険に乗り換えることで、出費を抑えることができます。

とはいえ、人によっては保険の乗り換えが不安な方もいますよね。そのような方はプロに相談してみるのもいいかもしれません。

家賃が安いところへ引っ越す

家賃は毎月かかる固定費の中でも、かなり多くの割合を占めています。

そのため、「お金がない」という方は今よりも家賃が安い物件への引っ越しを検討することをおすすめします。

ちなみに、一般的な家賃の目安は、手取りの3分の1程度と言われています。「毎月余裕がないな」と感じる方は、収入と家賃の割合を確認してみましょう。

交際費を減らす

彼氏や彼女がいる方はデートなどに、社会人の方は飲み会などでついついお金を使い過ぎてしまうこともあるかと思います。

もちろん、良好な人間関係を築くための交際費は必要ですが、無理して交際費を捻出するのはNGです。

飲み会やデートなどの交際費は必要最低限に抑えるようにしましょう。

収入をアップして使えるお金を増やす

「無駄な出費を抑えてもお金が足りない…」という場合は、収入を増やす努力をしましょう。

収入を増やす努力をすることで、お金に余裕ができるのはもちろん、今後「お金が足りない」という状況に陥っても簡単に対処することができます。

不用品を売ってお金に換える

お金を作る方法として一番簡単なのが、リサイクルショップや買取サービス、フリマアプリなどを使って不用品をお金に換える方法です。

この方法であれば、時間がない方でも気軽にお金を作ることができますし、労働する必要もありません。

とはいえ、そこまで高額なお金を作れる訳ではないので、「まとまったお金が必要」という方にはあまり向いていない方法でもあります。

副業でお金を稼ぐ

ある程度の時間が確保できる方には、「副業を始める」という選択肢もあります。

副業の方法としてはいくつかありますが、以下の5つは簡単に始めることができるので、「これから副業を始めたい」という方には特におすすめです。

  • 日雇いバイト
  • クラウドソーシングサービスを利用する
  • 治験で稼ぐ
  • ブログなどのアフィリエイトサイトを運営する
  • お小遣いサイト、ポイントサイトを活用する

これらの方法であれば、一時的に収入を増やすこともできますし、場合によっては長期に渡って安定して収入を増やすことも可能です。

ただし、副業の種類によっては、ある程度勉強する必要があるケースもあるので、本格的に副業に取り組みたい方は、十分な時間の確保が必要になります。

無職や専業主婦の人は仕事を始める

当然ですが、投資で成功しているなどの事情がない限りは、労働してお金を稼ぐ必要があります。

そのため、現在無職の方はまずアルバイトなどでも構わないので、収入を得るところから始めましょう。

また、結婚をきっかけに仕事を辞めた専業主婦の方も、子育てが落ち着いたら仕事を始めるなどの努力が必要です。

とはいえ、旦那さんの理解も必要になるので、勝手に仕事を始めることはせず、しっかりと夫婦で話し合った上で仕事を始めるようにしましょう。

国の支援制度を利用する

「無職だけど仕事が決まらず収入がない」「生活費が足りずもう生きていけない…」

ここまで追い込まれた状況にある方は、公的な支援制度の利用を検討しましょう。

ちなみに公的な支援制度とは、最低限の生活を確保するための国が定めた支援制度のことです。いくつか種類がありますが、代表的な制度としては下記が有名ですね。

代表的な国が定めた支援制度
  • 生活保護
  • 失業給付
  • 教育訓練給付制度

これらの制度は、近くのハローワークや市役所で申請することができます。

どうしても切羽詰まってどうにもならない時は、相談してみましょう。

借金が原因でお金がないなら債務整理

借金の返済の負担が原因でお金がない場合は、債務整理を検討しましょう。

債務整理を行うことで現在の借金を減額してもらえたり、免除してもらうことができるので、今よりも経済的に豊かな生活を送ることができます。

とはいえ、債務整理を行うと、一定期間ブラックリストに載ってしまうなどのデメリットもあるので、利用する際は慎重に検討するようにしましょう。

ちなみに、債務整理の詳しい内容については以下の記事で詳しく解説しているので、債務整理を検討している方は参考にしてみてください。

債務整理とは?4つの方法と債務整理のメリット・デメリットを解説!

お金がなくて急ぎの時はカードローンを検討

「どうしても今日中にお金を用意する必要がある」という方は、カードローンの利用がおすすめです。

大半の大手消費者金融では即日融資に対応していますし、申し込んでから1時間ほどで融資してもらえるケースもあるので、急な出費にも対応可能です。

もちろん、「利息の支払いが大変そう…」というイメージからなかなか借りづらく感じている方も多いと思いますが、無利息サービスを使えばその期間内は利息ゼロ。

そのため、無利息サービスが充実しているカードローンを利用すれば、返済の負担を減らすことも可能です。

また、お金を用意するまでに数日余裕がある方であれば、低金利な銀行カードローンを利用するのも、ひとつの選択肢としていいかもしれません。

ちなみに、「どこのカードローンを利用すればいいのか分からない」という方は、以下でおすすめのカードローンをいくつか紹介しているので、参考にしてみてください。

プロミス

「とにかく急いでお金を用意する必要がある」という方は、大手消費者金融のプロミスがおすすめです。

プロミスは即日融資に対応しているのはもちろん、申し込みから最短1時間で融資してもらうことができるので、緊急でお金が必要な状況にも対応することができます。

また、50万円以下の借り入れであれば、原則本人確認書類だけで申し込み可能なので、気軽に申し込めるのも魅力ですね。

プロミス

プロミス

融資上限額 即日融資 融資時間
最大500万円 最短1時間
審査時間 来店不要・WEB完結 無利息期間
最短30分 30日間※

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

レイクALSA

「そこまで借りる予定はないので、返済は短期間で終了する予定」という方は、レイクALSAの利用がおすすめです。

レイクALSAは充実した無利息サービスを提供していることで有名でして、5万円までの借り入れであれば180日間、それ以上の借り入れであれば60日間無利息で利用することができます。

そのため、無利息期間内に返済することができれば、利息は0円。利息の負担を抑えたい方には最適なカードローンです。

また、WEB完結で利用することができるので、普段忙しい方にもおすすめですよ。

レイクALSA

レイクALSA

融資上限額 即日融資 融資時間
最大500万円 Webで最短1時間融資も可能(*1)
審査時間 来店不要・WEB完結 無利息期間
申込後、最短15秒 60日間(*2)

※1.21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。※2.200万円までの借入で5万円まで180日間無利息。【貸付条件】●新生フィナンシャル株式会社●登録番号/関東財務局長(9)01024号●遅延損害金(年率)20.0%●返済方式/残高スライドリボルビング方式、元利定額リボルビング方式●返済期間・回数/最長8年・最大96回●担保・保証人/不要●要審査

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンは、消費者金融や他の銀行カードローンよりも比較的低金利なので、「できるだけ低金利で利用したい」という方におすすめのカードローンです。

また、銀行カードローンにしては珍しく、口座の開設不要で利用することができるので、楽天銀行の口座を持っていない方でも気軽に利用することができます。

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン

融資上限額 金利 融資時間
最大800万円 年1.9%~14.5% 最短翌日
審査時間 来店不要・WEB完結 担保・保証人
最短翌日 不要

お金がない時にお金を借りる方法

中には、「お金を借りたいけれど、カードローンを利用するのは不安…」という方もいるかと思います。

とはいえ、カードローン以外にもお金を借りる方法は存在します。

以下で詳しい内容を紹介しますので、カードローンの利用に抵抗がある方は参考にしてみてください。

お金がないけど品物があるなら質屋

何か価値がある品物を持っているなら、質屋に預けることでお金を借りることも可能です。

この方法であれば審査も行われないので、「カードローンの審査に通るか不安…」という方でも、安心してお金を借りることができます。

ただし、質屋が定めた期間内に返済ができない場合は、預けた品物は返ってきませんので、その辺りのことも考慮した上で利用するようにしましょう。

銀行口座の自動貸付を使って借りる

銀行に定期預金を組んでいる方は、定期預金担保貸付を利用してお金を借りることができます。

ちなみに、定期預金担保貸付とは、預けたお金を担保にお金を借りることができる制度のことです。

預けたお金を担保にするので、審査なども特に行われません。そのため、無職やブラックな方でもお金を借りることが可能です。

生命保険の契約者貸付で借りる

契約返戻金のあるタイプの生命保険を契約している場合は、契約者貸付制度を利用することでもお金を借りることが可能です。

この方法であれば、保険を解約する必要はありませんし、もちろん審査もないので無職の方でも利用することができます。

とはいえ、返済しないと保険が失効するなどのデメリットもあるので、利用する際はよく考えてから利用するようにしましょう。

生活が苦しい低収入世帯は公的融資制度で借りる

経済的に困っている場合は、国が用意している公的融資制度を利用してお金を借りるという選択肢もあります。

貸付制度の種類としては「生活福祉資金貸付制度」「母子父子寡婦福祉資金貸付」など様々ありますが、基本的にはどれも1.0%〜2.0%ほどの低金利で利用することが可能です。

申し込める対象としては、低所得の家庭や、低所得の高齢者世帯を対象としており、生活費や病院代などを融資してもらうことができます。

ただし、審査難易度は高い上に、融資して貰えるまでには申し込みから最短でも1ヶ月ほどかかるので、場合によってはカードローンを利用した方がいいケースもあります。

親や友人から借りる

「もうどこからもお金を借りることができない…」という方は、親や知人からお金を借りるという方法もあります。

ただし、場合によっては今まで築いてきた信頼関係が壊れてしまうことも。そのため、安易に借りるのではなく、本当にどうにもならない時だけ借りるようにしましょう。

お金がない!それでもやってはいけないこと

お金がなくて困ってると精神的な余裕もなくなるので、後先考えずに行動してしまうこともあるかと思います。

ただ、後先考えずに行動しても状況は悪くなる一方。特に余裕がないときは以下のような行動をとってしまいがちなので、注意しましょう。

やってしまいがちな行動 デメリット
ギャンブルでお金を増やそうとする
  • 逆にお金が減る可能性が高い
  • 依存症になる恐れがある
借金返済のための借金
  • 借金が減らない
  • 多重債務に陥る
違法業者(闇金)からお金を借りる
  • 高額な利息を請求される
  • 酷い取り立てにあう
  • 個人情報を他の違法業者へ売られる
個人間融資を利用する
  • 詐欺被害に遭う
  • 個人情報を悪用される
クレジットカード現金化
  • クレジットカードの利用規約違反
  • カード情報が盗まれる

ギャンブルでお金を増やそうとする

普段からギャンブルをする方の中には、「ギャンブルで一攫千金を狙って借金を完済する」と考える方もいるかもしれません。

ただ、ほとんどの場合はどんどんお金がなくなっていくだけ。下手をすると依存症になって「ギャンブルをするためにお金を借りる」という悪循環に陥ってしまう可能性もあります。

どんなにお金に困っていても、「ギャンブルで一攫千金を狙って借金を完済する」という考えは捨てて、違う方法を検討するようにしましょう。

借金返済のために借金を重ねる

借金を返済するために借金を重ねても、全体の借金としては一向に減りません。

その場しのぎはできても、結果的に多重債務に陥り自分の首を締めることになります。

「借金の返済をする余裕すらない」という状況の方は、返済のために借金を重ねるのではなく、債務整理の利用を検討することをおすすめします。

違法は業者からお金を借りる

お金に困っていると、「誰でも審査なしで貸します」などと謳っている業者に頼りたくなることもあるかもしれませんが、このような業者は大半の場合闇金です。

闇金からお金を借りてしまうと、違法な利息を請求されたり、詐欺の被害にあったり、下手をすると自分までもが逮捕されてしまうケースもあります。

そのため、闇金や怪しい業者などからは、絶対にお金を借りないようにしましょう。

個人間融資を利用する

最近、SNSや掲示板などを利用してお金を貸し借りしている書き込みをよく見かけますが、実際は闇金であったり、詐欺師だったりすることがほとんどです。

事実、そのような個人間融資を利用して、犯罪などのトラブルに巻き込まれてしまった、というケースも多数あります。

トラブルに巻き込まれないためにも、お金を借りる必要があるときは、個人からではなく正規の業者や、国の貸付制度を利用するようにしましょう。

クレジットカード現金化

インターネットの掲示板などで、「合法なので安心してください!」とアピールしているクレジットカード現金化業者を見かけたことがある方もいるかと思います。

ただ、実際にはクレジットカードの規約違反にあたります。事実、クレジットカード現金化業者が摘発された例もありますし、最悪の場合、自分のクレジットカードが止められてしまうリスクもあります。

そのため、どんなに困っていてもこのような業者は利用しないようにしましょう。

また、中には「もう借金でどうにもならないので止むを得ない」と考える方もいるかもしれません。

そこまで追い詰められている場合は、地域が運営している借金相談窓口などに一度相談してみることをおすすめします。

お金がないまとめ

今回は、お金が無い時の乗り切り方や、注意点について紹介しました。

まとめ
  • お金がないときはまず現状を把握する
  • お金を借りる前に無駄な出費を省く、収入を増やすなどの努力をしよう
  • どうしても急ぎの事情がある時は即日融資に対応した消費者金融の利用がおすすめ
  • どんなに余裕がなくても後先考えず行動するのはNG

お金を管理する癖がないと、どうしても経済的に困ってしまうことも増えてしまいます。

「お金がなくて困っている…」という方は改善するために行動しつつ、お金を管理する癖をつけるようにするといいかもしれません。