親からお金を借りると贈与税がかかる!

お金を借りる時に、まっさきに頭に浮かぶのが自分の親の顔ではないでしょうか?

 

  • 生活費が足りないから貸してほしい
  • 新車購入の頭金の足しにしたい
  • 住宅ローンの支払日に間に合わないからお金を借りたい
  • 退職から再就職までの期間だけ援助してもらいたい

などの理由から親にお金を借りる人がいます。

 

実際に渡しの回りの友人にも、「今月お金がないから親に借りようと思ってる…」と軽々しく口にしている人がいます。

 

別ページで”家族からお金を借りる”のページのデメリットにあげたように、お金を借りるけど「親だから返さなくていい」や「まとめて返すつもり」といった言い訳で借りた金額を返済しない場合があります。

 

また親御さんも自分の息子・娘に対して執拗に文句がいえず「ある時に返してくれればいいよ」「出世したら返してちょうだい」と許してしまいます。

 

ただお金を借りるお子さんは、借りるだけ借りてしまうと贈与税が掛かるって知ってますか?

家族間の借金の注意点!

先にご紹介したように、親子の間でお金の貸し借りをした場合、その関係性が元で借金をしているという事実がなあなあになってしまい、基本的に借用書の作成や返済金額・期間・年間金利などの計算をしないのが慣例になってしまっています。

 

これが親からお金を借りた時に贈与税が掛かってしまう原因です。

 

親子の中では「お金を貸し借りしただけ」と思うかもしれないですが税務署からみれば

 

「お金の貸し借りですよね?それ?」となりますが、返済金額や期間を証明するものがないがため…

 

「じゃあ、それはもう借金ではなくてお金をあげた(贈与して)ってことですね。じゃあ、贈与税を支払ってもらう必要がありますね」という事になってしまいます。

いくらから贈与税が掛かるのか

親からお金を借りた場合にかかる贈与税ですが、数万円を借りたからといって贈与税が掛かるわけではありません。

 

税務署の方で定めている金額ラインは、親から子供が受け取った金額が110万円を超える場合、借りたのではなく贈与を受けたという判断になり税金の支払い義務が発生します。

 

また、一回の金額で110万ではなく、年間で110万円以上のお金を借りるというのが決まりとなっています。

 

なので、親からお金を借りる必要があって、その使用目的が住宅購入の頭金など、一度に多くの金額を借りる場合には、頭のすみに「これ以上かりたら贈与税が必要になるのか」と止めておいてください。

親から贈与税なしでお金を借りるための対策

ここまでお読みいただき、親子間の借金について、しっかり考える必要があると感じていただけてるよ思います。

 

そこで、親御さんからお金を借りる際に「贈与税が掛からなくなる対策法はあるの?」と考えているであろうあなたに対策法をご紹介します。

親子間でも借用書を作成する

親から借金でお金を借りているのは事実なので、しっかりとお金を借りている、この人に借金をしているという事が明確であれば贈与(お金をもらう)にはあたらないので、

 

親と子で合っても、貸し借りをおこなった際に社用書を作成する事で、贈与税を支払う義務は無効になります。

 

借用書を作成する際には、下記にご紹介するポイントは必ず押さえておきましょう!

借用書の作成で抑えるポイント!

  1. 返済条件について(毎月の返済金額・返済期間)
  2. ※あいまいな表記にせずカードローンなどと同様に相談して決めること!

  3. 利息について(金利)

ここで注意してほしいのは借用書を作成しただけではNGということ。借用書を作成しても実際に返済が行われなければ紙切れ同然なので「返済の実績ありませんよね」といわれればお終いで、その瞬間に贈与税が掛かってしまいますので、借りたものなので親御さんと相談して、ちゃんと返済していきましょう。

年間で110万円以上借りない

.

すこし前にもご紹介したように、親かるお金を借りる際の金額が年間で110万円以下であれば、贈与税は掛かりません。

 

なので1年間の間にかりる金額を少なくして110万円以下に抑えれば問題はありませんので、しっかり考えたうえで…というのも変ではありますが、借りたお金を無駄にしないために親子で相談してください。

 

その他お金を借りる情報はこちら!

お金借りるトップページ