プロミスの電話番号と受付対応時間一覧 | 土日祝も問い合わせOK!

プロミスのコールセンターは土日祝も対応OKで、インターネットが苦手な人でも電話による新規申し込みができたり、借り入れ~返済までのさまざまなサポートをしてくれます!

問い合わせ先としてはプロミスコールレディースコールの2つが用意されており、レディースコールは女性専用ダイヤルで女性のオペレーターに対応してもらえます。

どちらもフリーダイヤルで、通話料は無料なので安心して相談できますね!

このページでは、プロミスの電話番号問い合わせメニューそれぞれの受付時間を一覧でわかりやすくまとめています!

またカードローンの契約前後で、プロミスから電話がかかってくる場合があります。

急な電話に慌ててしまわないように、プロミスからはどんな状況で電話がかかってくるのか事前に把握しておくことも大切です!

プロミスへの問い合わせは土日祝も電話受付OK!

まずプロミスに電話をかけると、自動音声ガイダンスが流れます。

オペレーターの受付時間は平日のみ9:00~18:00までと限られますが、土日祝も自動音声応答でさまざまな操作・確認ができます!

何時まで大丈夫?プロミスの電話番号と受付時間一覧

ここでは、プロミスの各種問い合わせ内容と電話対応している時間帯を一覧でまとめています。

「どんな問い合わせができるのか?」「何時までに電話をかければ大丈夫なのか?」を確認しておきましょう!

⬛プロミスコール

問い合わせメニュー 受付時間
①はじめてのお申し込み 9:00~22:00
(平日・土日祝とも)
②お支払いに関するお問い合わせ ①残高・お利息・支払い期日の照会 0:00~24:00
(平日・土日祝とも)
②お支払いのご相談
③お支払い先銀行口座の確認
④その他のお問い合わせ
③ご利用に関するお問い合わせ ①残高・ご利用可能額の照会 0:00~24:00
(平日・土日祝とも)
②振込キャッシングのお申し込み・確認
③その他のお問い合わせ
④カードの紛失・盗難のお届け 0:00~24:00
(平日・土日祝とも)
⑤オペレーターを希望
(プロミス解約はこちら)
9:00~18:00
(平日のみ※土日祝は休み)

相談・質問はこちら!
プロミスコール
0120-24-0365(フリーダイヤル)

⬛レディースコール

問い合わせメニュー 受付時間
①はじめてのお申し込み 9:00~22:00
(平日・土日祝とも)
②その他のご連絡でオペレーターを希望 9:00~18:00
(平日のみ※土日祝は休み)

女性オペレーターが対応!
レディースコール
0120-86-2634(フリーダイヤル)

プロミスでは三井住友銀行ジャパンネット銀行に口座を持っている人なら、24時間365日最短10秒で口座への振込キャッシングができる瞬フリが利用できます。

利用限度額内なら、事前登録した銀行口座に希望額を振り込んでくれます。

また「プロミスカードを紛失してしまった」「盗難に遭ったかもしれない」といったような緊急事態の場合においては、24時間体制でサポートしてくれるので安心です。

万が一に備えて、不正利用を防ぐための対処法や紛失時のカード再発行についてはこちらで確認してください。

もしカードの暗証番号を忘れてしまったら?
自動契約機またはお客様サービスプラザ(店頭窓口)に運転免許証などの本人確認できる書類をお持ちください。その場で暗証番号を再設定できます。

電話・メールでの問い合わせはNGなので注意してください!

プロミスは電話からの申し込みでも審査は最短30分!

そして「電話相談しながらプロミスに申し込みたい!」という人にとっても、プロミスコールやレディースコールは便利なサービスとなっています。

オペレーター対応は平日のみですが、土日祝の休日でも電話によるカードローンの新規申し込みができます!

審査状況によりますが、最短30分で審査結果が出るので即日融資が可能です。

ただし即日融資を受けるためには、審査結果が出た後に必要書類を持って店舗窓口自動契約機で手続きする必要があります。

どうしても当日中にお金を借りたいなら、なるべく午前中には電話で申し込むようにしてください!

プロミス

プロミス

融資上限額 即日融資 融資時間
最大500万円 最短1時間
審査時間 来店不要・WEB完結 無利息期間
最短30分 30日間

プロミスの電話が繋がらない?ほかの問い合わせ方法

もしプロミスの電話が繋がりにくい場合は、メールやLINEでも問い合わせることができます。

ちょっとした不安や疑問点を抱いたときに、営業時間を考えずに連絡ができるのがメールやLINEを利用するメリットといえます。

お問い合わせフォームから問い合わせる

プロミス公式サイト上に「お問い合わせフォーム」が用意されています。

このフォームに従って「メールアドレス」「タイトル」「お問い合わせ内容」を埋めていく形式です。

たとえば申し込み前にプロミス商品について確認したいことがある場合は、個人情報を明らかにしないでも尋ねることができるので、気軽にお問い合わせが可能です。

LINE公式アカウントで問い合わせる

そして2018年10月より、プロミスではLINE公式アカウントで自動QAチャットサービスによる問い合わせができるようになりました。

自動QAチャットサービスとは、AI技術を活用した対話型自動応答サービスです。

時間や場所に捉われず、24時間365日いつでも手軽に問い合わせることができ、すぐに自動で回答してもらえます。

障がい者向け お客様相談室を利用する

また障がいのある人でも安心して相談できるように、障がい者向けの問い合わせ先も用意しています。

電話での対応時間は平日9:00~18:00までとなりますので、電話をかける際には注意してくださいね。

専門のオペレーターが対応!
お客様相談室
0120-51-0508(フリーダイヤル)

プロミスから電話がかかってくる6つの状況

プロミスのカードローン審査に申し込むと、本人確認在籍確認の電話連絡があります。

またカードローン契約後でも、返済が遅れた場合増額案内などでプロミスから電話がかかってくることがあります。

でも突然プロミスから連絡が来ると、焦ったり不安に感じてしまう人もいますよね。

そこで、ここからはプロミスから電話がかかってくる理由をいくつか紹介していきます。

自分がどの状況に当てはまるのか把握しておけば、きっと落ち着いて対処することができますよ。

プロミスの電話番号一覧

そもそもプロミスからの着信電話番号は、プロミスコールやレディースコールと同じなのでしょうか。

知らない電話番号に対応しないでいると、「実はプロミスからだった…!」なんてことが起こりえます。

ここでは、使い分けていると思われるプロミスの電話番号をチェックしておきましょう!

一覧にある電話番号が通知されたら、プロミスである可能性が高いので、電話をかけ直すことをおすすめします。

電話番号
0120-547-861
0120-574-861
0120-695-401
0120-626-071
0120-586-272
0120-380-365
0120-990-311
0120-935-290
0120-935-286
0120-990-309
0120-990-313
0120-720-500
0120-998-151
0120-380-385
0120-935-264
0120-240-365
0120-729-500
※よく検索されているプロミスの電話番号です。あくまでも参考程度にしてください。

状況1:申し込み完了後に本人確認の電話

まずプロミスの申し込み完了後、すぐに本人確認の電話がかかってきます。
※もしWeb完結の「フル入力」で申し込んだ場合は、申し込み内容に不備がなければ電話はかかってきません。

これは登録内容の確認や、連絡先が申込者本人のものか確認するためでもあります。

もし申し込み内容に虚偽や入力ミスがあった場合は、審査落ちの原因となりますので注意しましょう。

プロミスの申し込み方法から借入までについては、こちらでくわしく解説しています。

状況2:在籍確認で職場への電話連絡

次にきちんと返済してくれるか返済能力を見極めるためにも、申告された職場で実際に働いているか在籍確認の電話連絡を行ないます。

プロミスからかかってきた電話に本人が出られなくても、会社に在籍していることが確認できればOKです。

またプロミスではオペレーターに相談することで、在籍確認を電話以外の方法に変更することも可能です。

たとえば土日の申し込みで会社が休みだから在籍確認の電話に対応できないという人は、こちらの記事も参考にしてみてください。

状況3:勤務先変更となった場合の電話確認

また初回申し込み時の登録内容に変更があった場合は、14日以内に速やかにプロミスで変更手続きをしなければなりません。

転勤で住所や勤務先が変わった場合は、プロミスコールまたは会員サービスページで届け出ることができます。

もしうっかり変更届けを忘れて、郵便物が宛先不明で戻ってきてしまうことがあると、プロミスから確認の電話がかかってくることがあります。

状況4:増額審査などの案内電話がかかってくる

プロミスの利用期間が半年~1年以上経っていて、延滞することなく返済実績がある人には増額審査の案内電話がかかってくることがあります。

増額するメリットとしては、利用限度額を引き上げられるので、初回より多くの融資額を受けることができます。

しかも自分から増額を申し込むよりも、審査に通りやすい傾向にあります。

利用限度額を増額したい人は、手順についてはこちらでくわしく解説しています。

状況5:返済の支払いが遅れると催促の電話

プロミスへの返済が間に合わずに延滞や滞納、もしくは返済額が足りなくて返済日に支払いができなかった場合には、プロミスから催促の電話があります。

そして返済が1日遅れるたびに、日割り計算で借入残高に対して20.0%(遅延利率)の延滞損害金が発生してしまいます。

どうしても支払いが難しい場合には、プロミス側からの連絡を待つのではなく、前もってオペレーターに相談するようにしましょう!

相談・質問はこちら!
プロミスコール
0120-24-0365(フリーダイヤル)

女性オペレーターが対応!
レディースコール
0120-86-2634(フリーダイヤル)

遅延損害金が発生することなく返済日を遅らせてくれたり、利息のみの支払いで対応してくれる場合もあります。

状況6:解約をしていないと完済後も電話がくる

プロミスを完済できたとしても、解約しないままだとお知らせやキャンペーンの紹介などで電話がかかってくることがあります。

つまり「プロミス完済=そのまま自動解約」とはならないんです。

プロミスでは年会費などの費用がかからないので問題はありませんが、今後ほかのローン状況に大きな影響を与えることになります。

プロミスで50万円の利用限度額がある場合は、実際に借り入れしていなくても50万円借金があると判断されてしまいます。

無事完済したら、プロミスを解約しておくことをおすすめします。

プロミスからの電話を無視するとどうなる?

これまで説明してきたように、プロミスから電話がかかってくるケースは限られています。

もしプロミスから着信があった際には、すぐに折り返し電話連絡するようにしてください。

とくに返済遅れによる電話は、厳しく催促されないためについつい甘く見てしまいます。

だからといってプロミスからの電話を無視していると、「ブラックになっていた」「支払督促が届いた」といった大変なことになりかねないので気をつけてください!

すでにブラックになっている場合には、ブラック状態でもお金を借りれる方法についてこちらで紹介していますので参考にしてみてください。

プロミス電話まとめ

最後に、電話での問い合わせが必要になるシーンをおさらいしておきましょう!

オペレーターの受付時間は平日のみ9:00~18:00までと限られますが、土日祝も自動音声応答でさまざまな操作・確認ができます。

  • 相談しながら申し込みたい
  • 在籍確認を別の方法にしたい
  • 返済の期日に遅れてしまった
  • カードを失くした!盗まれた!
  • プロミスを解約したい

こんなときはプロミスコールまたはレディースコールに電話相談することで解決できます。

相談・質問はこちら!
プロミスコール
0120-24-0365(フリーダイヤル)

女性オペレーターが対応!
レディースコール
0120-86-2634(フリーダイヤル)