プロミスの審査は甘い?審査基準・申し込みから借入まで分かりやすく解説!

プロミス審査~申し込みから借入までの流れ~

テレビCMでおなじみのプロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)は、大手の消費者金融会社のなかでもとくに人気があり、Web完結だと最短60分で融資を受けられるので、すぐに借入したい人におすすめです!

ほかの消費者金融会社よりも金利が安く、プロミスをはじめて利用する人は30日間無利息になるから大変おトクです!また、三井住友銀行のローン契約機も使えるので、利用できる契約機がとても多くて便利です。

ここでは、プロミスをはじめて検討している人に、プロミス審査の申し込みから借入までの流れを図解入りでわかりやすく紹介していきます。

そして、プロミス審査前に知っておくと役立つ今すぐ借りたい人に最短で借入する方法こっそり借りたい人にバレないで借入する方法も教えちゃいます!

まずは簡単3秒診断!

プロミスお借入れシュミレーション

プロミス審査を申し込む前に、現在の状況で借入できるのか簡単に診断してくれるお借入シミュレーションがあります。

下記の3項目を入力するだけなので、まずは診断してみましょう!

  • 生年月日
  • 年収
  • 現在の他社お借入金額

お借入シミュレーションで簡単3秒診断してみよう!

お借入シュミレーション入力画面

入力すると、すぐに診断結果が出ます。

融資可能画面

融資可能と表示されたら、そのまま申し込みに進むこともできます。
年収100万円から入力してみましたが、他社お借入金額がなければ問題なく融資可能と表示されました。

融資不可

もし簡単3秒診断で問題があった場合は、融資不可能ではなく「判断することができません」と表示されます。

3項目の入力内容だけでは判断できないときがあるので、申し込みしてから診断することになります。

図解でわかる!プロミス審査申し込みから借入までの流れ

プロミス審査 申し込みから借入までの流れ
では、プロミス審査の申し込みから借入までの流れを図解入りで解説していきます。

プロミス審査の申し込み方法

プロミス審査の申し込み方法は大きくわけて4つあります。それぞれの特徴を理解したうえで、自分に合った申し込み方法を選んでください。

プロミスに申し込む5つの手段

1.インターネット
2.電話
3.郵送
4.来店(店舗・自動契約機)

 

プロミス審査4つの申し込み方法
1.インターネット

24時間365日いつでも申し込み可能です。申し込みから借入までWeb完結することもできます。おすすめなのは「フル入力でお申込み」で、そのまま本審査まで進めるからとてもスピーディ!

◆カンタン入力でお申込み
簡単な入力内容だけで仮審査※1が行われ、オペレーターから電話が入り必要事項を確認しながら申し込みをする方法

カンタン入力でお申込み

入力項目
属性情報 氏名・生年月日・性別・電話番号・自宅電話の有無
自宅情報 郵便番号・自宅住所
勤務先情報 電話番号・雇用形態・税込年収
契約方法
その他情報
希望の契約方法(Webまたは来店)・メールアドレス・パスワード設定・書面の受取方法(Web明細、自宅または勤務先へ郵送)・希望連絡先・希望連絡時間

◆フル入力でお申込み
仮審査※1に必要な情報をすべてWebで入力します。入力に不備がなければ確認の電話はなく申し込みができる方法

フル入力でお申込み

入力項目
赤字はフル入力でお申込みに追加されている項目
属性情報 氏名・生年月日・性別・家族構成(既婚または独身)・子供の有無・電話番号・自宅電話の有無・運転免許証交付の有無
自宅情報 郵便番号・自宅住所・住まいの種類
勤務先情報 雇用形態・勤務先名・郵便番号・勤務先住所・電話番号・社員数・最終学歴・入社年月・税込年収・健康保険証の種類・業種・職種
契約方法
その他情報
希望の契約方法(Webまたは来店)・現在の他社借入・今回の借入希望額・メールアドレス・パスワード設定・審査結果の連絡方法(メールまたは勤務先電話)・書面の受取方法(Web明細、自宅または勤務先へ郵送)

2.電話
通話料無料でプロミスコールから申し込みできます。女性は抵抗があると思いますが、女性専用ダイヤル「レディースコール」があり、オペレーターも女性なので安心して申し込みができます。

受付時間 9:00~22:00 ※土・日・祝日も申込可能
プロミスコール
レディースコール

3.郵送
申込書に必要事項を記入し、必要書類のコピーとともに郵送して申し込みます。インターネットが苦手な人向けです。申込書はインターネットまたはプロミスコールで取り寄せ可能です。お客様サービスプラザ(店頭窓口)にも置いてあります。

インターネットから申込書を取り寄せる

プロミスコールで申込書を取り寄せる

近くのお客さまサービスプラザ(店頭窓口)に申込書を取りに行く

4.来店
◆お客様サービスプラザ(店頭窓口)
必要書類を持参のうえ、近くのお客様サービスプラザで申し込みできます。商品やサービスの説明をしてくれるので、いろいろ相談しながら検討したい人向けです。

お客様サービスプラザ(店頭窓口)

受付時間 10:00~18:00 ※平日のみ

◆自動契約機
必要書類を持参のうえ、近くの自動契約機で申し込みできます。インターネットが苦手だけど、だれにも会わずに申し込みたい人向けです。

自動契約機

受付時間 9:00~22:00※契約機により営業時間が異なります。 ※土・日・祝日も申込可能

近くの店舗・ATM検索の参考にしてください。一部店舗では営業時間が異なりますので注意してください。口座開設していれば、三井住友銀行のローン契約機でも申し込みできます。

店舗・ATM検索はコチラから

プロミス公式サイトにあるお申込方法Check!は、状況や希望に応じてあなたに合う申し込み方法を診断してくれます。どの申し込み方法が良いのか迷ったら、ぜひシミュレーションしてみてください。

自分に合った申し込み方法をシミュレーションしてみよう!

プロミス審査から借入までの流れ

自分に合った申し込み方法を決定したら、以下プロミス審査から借入までのおおまかな流れになります。

プロミス審査から借入までの流れ

 

◆自分【申し込み完了後】
STEP2
必要書類の提出

・本人確認書類

・運転免許証、パスポート、マイナンバーカード(個人番号は見えないように加工が必要)
本人確認書類
・顔写真つきであれば住民基本台帳カードもOK
住民基本台帳カード
・上記がなければ、健康保険証+住民票など現住所がわかる書類
健康保険証+住民票

・収入証明書類
借入額によって必要となる書類です。詳細は「プロミス審査で必要な書類は借入額による」で説明しています。
STEP5
借入
利用シーンによって「指定口座に振込キャッシング」「近くの店舗・ATMでの借入」が可能です。
◆プロミス
STEP1
仮審査
申し込み内容をスコアリング※2で審査しています。不備や虚偽申告があれば仮審査に落ちてしまうことになりますので、すべての情報は正確に申告しましょう!
STEP3
本審査
本審査にあたり在籍確認があります。勤務先への電話連絡を不安に思う人は多いはず。会社バレしない方法を「会社への在籍確認は電話連絡なしにできる」で説明しています。
STEP4
契約
申し込みにより契約方法が選択できます。

・インターネットWeb契約 or 来店契約(お客様サービスプラザ、自動契約機)
・電話郵送契約 or 来店契約(お客様サービスプラザ、自動契約機)
・郵送郵送契約
・来店来店契約(お客様サービスプラザ、自動契約機)

最短で借入するにはWeb完結がおすすめ!

「ヤバイ!急な出費が重なってお金がない」「給料日までどうしよう!今すぐお金が必要」など、どうしても急ぎで借入をしたい場合は、カードのいらないWeb完結がもっとも早いです!
口座振替による返済を選択すれば、申し込み・借入・返済がすべてWebで完結します。審査は最短30分、申し込みから借入まで最短60分ほどで即日融資が可能です。

WEB完結がおすすめ!

Web完結「Web申し込み→Web契約」が最短!
プロミス

周囲にバレないで借入する方法!

周囲にバレないで借入する方法

プロミス審査で家族、友人、職場など周囲の人にバレたらどうしよう・・・って心配に思う人は多いですよね。では、なにがきっかけで知られてしまうのか?バレるには原因があります。
おもに周囲にバレる4つの原因

1.自宅または会社への郵便物
届いた郵便物を見られてバレてしまうのはよくあるパターンです。
2.会社への在籍確認
ヒヤッとするのは在籍確認の電話ですが、ここでうろたえると怪しまれます。
3.通帳の記帳
家族に通帳を見られる可能性があるなら、振込キャッシングを利用するとバレます。
4.プロミスカードやATMで発行される利用明細書
落とし穴は、財布に入れたままのカードや利用明細書を見られてバレるケースです。

プロミスにはさまざまな申し込み~契約方法があるので、選び方次第で周囲バレを防ぐことができます。誰にもバレないで借入するならWeb申し込みから自動契約機で契約するのがおすすめです!

バレないのは「Web申し込み→自動契約機契約」
1.Web申し込みでバレずに借りる
審査結果の連絡方法ではメールを選択できるので、郵送物が届くリスクがありません。連絡先は携帯電話にしておくこと、書面の受取方法はWeb明細にしておくと安心です。
2.自動契約機で人に会わずに契約する
振込キャッシングだと通帳を見られてしまうリスクがあるので、自動契約機で手続きを行なえば人に会わずにカードを発行することができます。
返済期日を過ぎて滞納してしまうと、自宅や勤務先に電話または督促状が届くことがあります。返済できないときは、かならずプロミスに事前に連絡するようにしましょう。

会社への在籍確認は電話連絡なしにできる?

プロミスでは申し込み内容に記入された勤務先に「本当に働いているのか?」を確認するために、担当者が個人名で電話確認をしています。在籍確認は自分で電話を受ける必要はなく、その会社に在籍していることが確認できれば大丈夫なんです。

自分が在籍確認の電話に出なくても大丈夫!

◆会話の流れ

勤務先「はい、◯◯会社でございます」
ロミス担当者「△△(個人名)と申します。□□さんをお願いします」
勤務先「□□は席を外しております」
or
勤務先「□□は本日お休みをいただいております。明日は出社しております」
プロミス担当者「承知しました。またこちらから電話いたします」

本人不在の場合でも在籍確認はすでに完了しているのでこれで大丈夫です。本人休みの場合は次の出勤日を確認できればOKです。

念のため、どんな電話だったのか周囲に対して言い訳を考えておくと良いでしょう。
どうしても会社への在籍確認NGなら、申し込み完了したらすぐにプロミスへ相談をすると柔軟に対応してくれる可能性もあります。オペレーターへその旨を相談してみましょう。

プロミスの審査基準とは?

プロミス審査基準

プロミスの審査基準を理解できれば、審査にも通りやすくなります。
具体的なプロミス審査基準は公開されていませんが、独自にプロミス審査の判断基準をまとめてみました。これから審査を受ける人にとても役立つ内容となっています!

まずは、プロミス審査に必要な申込条件をチェックしていきます。

さらに、シチュエーション別に職業が不安な人審査に落ちた人のために解決策をまとめているので、ぜひ参考にしてくださいね。

プロミス審査前に申込条件をチェック!

プロミスの申し込みに必要な条件は、とてもシンプルです。

満20歳以上~69歳以下の人
安定した収入がある人

毎月の給料が5万円でも一定の収入をもらっていれば安定した収入になるので、アルバイトやパート、派遣でも大丈夫です。満20歳以上であれば学生でも利用することができます。そして、利用中に70歳を超えれば追加の借入はできなくなります。
ただし、専業主婦や年金受給者など安定した収入があっても、自分で働いた収入でなければプロミスには申し込めません。

プロミス審査で必要な書類は借入額による

プロミス審査で必要な書類は借入額によります。

プロミス審査では本人確認書類のほかにも、借入額によって収入証明書類が必要な場合があります。あてはまる人は準備しておきましょう!
収入証明書が必要な場合

借入額が50万円以上を超える
借入額が他社借入残高と合わせて100万円を超える

収入証明書として使える書類と入手方法

源泉徴収票 前年度分 勤務先の給与担当者
給与明細書 直近の連続2か月分 勤務先の給与担当者
確定申告書 前年度分 自分で申告した際の控え
税額通知書 前年度分 市区町村役場
所得(課税)証明書 前年度分 市区町村役場

プロミス審査はスコアリングと個人信用情報で判断している

スコアリングと個人信用情報

プロミス審査は返済能力を重視しており、スコアリング個人信用情報で判断しています。
※2スコアリング
申し込み内容を自動的にコンピュータで点数化して審査基準としています。おもな審査項目と基準のポイントを挙げてみました。

属性 ・携帯電話より固定電話のほうが信用がある
自宅 ・持ち家>社宅>賃貸>公営住宅
・親と同居、配偶者がいると有利
勤務先 ・公務員>正社員>自営業>派遣>パート・アルバイト
・勤続年数は最低1年以上
健康保険 ・共済組合(公務員)>組合健保>社会保険>国民健康保険
他社借入履歴 ・他社借入件数が3件以上は不利になる

◆個人信用情報
個人信用情報を照会して、過去の借入実績を確認します。

他社カードローンからの借入残高
他社カードローン借入件数
返済事故記録(遅延や債務整理など)

これらの記録を参考に審査していきます。これは、返済できないリスクがある人にお金を貸すのは危険だからです。プロミス審査だけなく、そのほかのカードローンやクレジットカードでも共通した審査方法になります。
プロミス審査は決して厳しくありません!上記の審査基準さえ満たしていれば、あなたもちゃんと借りられます。

職業でプロミス審査に不安な人でも大丈夫!

プロミスの自営者カードローン

ホストやホステスなどの水商売は、不安定な職業として見られがちなのでプロミス審査に通るか心配ですよね。
離職率が高く、収入が安定しない水商売はたしかに不利です。ただし、1つのお店で長く働いていたり、借入額に関係なく収入証明書を提出できれば、信用につながり審査に通ることは可能です。
また、個人事業主も不利な職業とされています。サラリーマンと異なり、仕事が途絶えると無収入になる可能性があるためです。
しかし、プロミスでは個人事業主向けに自営者カードローンがあります。

限度額 金利※実質年率 用途
自営者カードローン 最大300万円 年6.3%~17.8% 事業費および生計費

自営者カードローンは、生計費にも使えるのが強みです!事業費にも生活費にも使えるので、まさに個人事業主が求めていたカードローンといえます。

プロミス審査に落ちても慌てない!

プロミスの審査に落ちても慌てない

プロミス審査に落ちるには、それなりの理由があります。審査落ちの原因をいくつかまとめてみたので、あてはまる項目がないか確認してみてください。審査結果に落ちても慌てずに、まずはできる対策を考えてみましょう!

  • Check1
    申し込み内容に不備はありませんか?
    意外に多いのが、必要事項の記入ミスです。審査に通過しやすくするために、収入を多めに申告してしまう人は少なくありません。虚偽申告は審査落ちの原因となり、再度申し込みもできなくなるので気をつけましょう。
  • Check2
    他社にも借入はありませんか?
    他社に3社以上の借入があると、審査落ちする可能性が高くなります。また、他社で年収の3分の1を超える借入がある場合も審査に落ちてしまいます。自分がいくら他社借入があるのかきちんと把握しましょう。
  • Check3
    他社借入で延滞はありませんか?
    他社の延滞は個人信用情報に記録され、審査落ちの原因となります。クレジットカードの延滞も同様です。2か月以上返済が遅れると、事故情報して記録されるので注意しましょう。
  • Check4
    勤続年数は1年未満ですか?
    プロミス審査では収入が安定しているかを重視しています。どんなに年収が高くても、勤続年数が短いと審査は不利になります。もし勤続年数が1年未満であれば審査は難しいでしょう。
  • Check5
    3か月以内に他社にも申し込んでいませんか?
    3か月以内に複数の申し込みをしていると、審査に落とされる場合があります。いわゆる「申し込みブラック」といわれるもので、最低でも6か月以上は空けてから申し込みましょう。
上記のチェックポイントにあてはまる項目はありましたか?
延滞や滞納でブラックとして信用情報に記録されていた場合は、事故歴が消えるまで待つ必要があります。さらに、勤続年数が短い場合は、勤続年数が1年以上になるまで待つしかありません。すぐに他社の審査を受けても同じ審査結果になる可能性があるため、借りやすい状態になってからお金を借りるようにしましょう。

プロミス返済方法は選べる

プロミスの返済方法はいくつかあります。ここでは、プロミス返済方法をわかりやすく一覧表にしてそれぞれの特徴を説明していきます。
また、返済額や返済回数を計算してくれるツールや返済早見表があります。事前に返済シミュレーションをして、借入の前に無理のない返済計画を立てましょう。

【一覧まとめ】5つの返済方法とおすすめの返済方法

プロミスの返済方法はおもに5つ用意されています。それぞれ簡単に特徴をまとめてみましたので、自分に合った返済方法を見つけてくださいね。

また、プロミスの返済期日は、利用者に合わせて毎月5日、15日、25日、末日から選ぶことができます。土・日・祝日または年末年始の場合は、翌営業日が返済期日となります。
プロミスの5つの返済方法

インターネット返済 口フリ(口座振替) お客様サービスプラザ(店頭窓口) プロミスATM コンビニ(マルチメディア端末)
Webで手続きができる
土日返済OK!
来店不要
手数料0円!
24時間いつでも返済可能!
返済計画を相談したい!
1.インターネット返済
インターネットバンキングは、手数料無料でいつでも返済できるのでもっともおすすめの返済方法です。三井住友銀行
三菱UFJ銀行
ジャパンネット銀行
みずほ銀行
楽天銀行
インターネット決済が利用できるのは上記のいずれか。
2.口座振替
口フリ(口座振替)は指定口座から返済日に自動引き落としされるので、返済日を忘れることなく計画的に返済できます。
ただし、三井住友銀行とジャパンネット銀行以外の金融機関を利用するときは、返済期日は毎月5日に固定され、口座手数料は利用者負担となります。
3.店頭窓口
プロミス店頭窓口(お客様サービスプラザ)でも返済することができます。ただし、営業時間が限られているので注意してください。
4.プロミスATM
プロミスATMまたは三井住友銀行ATMから返済した場合は手数料がかかりません。ただし、提携ATMからの返済は毎回108~216円の手数料が発生します。
5.コンビニ
コンビニのマルチメディア端末を使って返済する方法もあります。いずれも手数料無料です。
ローソン・ミニストップに設置されているLoppi
ファミリーマートに設置されているFamiポート

ほかにも銀行振込で返済する方法がありますが、手間がかかるうえに振込手数料が利用者負担なので、とくにメリットがない返済方法といえます。

上記5つのなかでも、とくにおすすめの返済方法はインターネット返済です。プロミスで利用できるインターネットバンキングは種類が多く、使い勝手が非常に良いです。そのうえ手数料も無料なので、効率よく返済できます!

返済計画をシミュレーションしてみよう

プロミスの返済方式は、残高スライド元利定額返済方式で、借入額の残高によって月々の返済額が決まる仕組みです。

借入後の残高で月々の最少返済額が決定する
・元金の返済は返済額から利息を引いた金額である

プロミス公式サイトにあるご返済シミュレーションは、自動的に返済月数や毎月の返済金額を計算してくれる便利なツールです。申し込む前に返済プランを練ってみたい人は活用してみましょう。

ご返済シミュレーションを活用してみよう!


◆ご返済金額シミュレーション
借入希望額を指定の期間(月数)で返済する場合の毎月の返済金額が算出できます。
お借入希望額
ご返済期間
お借入金利(年率)

ご返済シュミレーション
◆ご返済期間シミュレーション
借入希望額を毎月一定の金額で返済する場合の返済期間(月数)を算出できます。
お借入希望額
毎月のご返済金額
お借入金利(年率)

ご返済シュミレーション
◆ご借入可能額シミュレーション
毎月の返済可能額と返済期間(月数)を設定したときの借入可能額を算出できます。
毎月のご返済金額
ご返済期間
お借入金利(年率)

ご返済シュミレーション

プロミス審査をキャンセルしたいとき

プロミス審査のキャンセルは電話でOK!

プロミスを申し込んだけど、気が変わってプロミス審査をキャンセルしたいときはどうしたら良いの?

プロミス審査をキャンセルできるタイミングと方法、そしてキャンセルしたときのデメリットを説明してきます。プロミス契約後は解約手続きが必要となり、信用情報機関に記録が残るので注意しましょう!

プロミス審査をキャンセルできるタイミング

キャンセルは契約前までプロミス審査をキャンセルができるのは、契約手続きする前までとなります。

プロミスは審査スピードが早く、審査完了までの時間を「最短30分」としています。申し込んだ時間帯によっては審査完了が翌営業日になる可能性もありますが、申し込んでから「最短30分」が審査をキャンセルできるタイミングとなります。

契約手続きまでいくと、申し込みのキャンセルはできなくなります。その後のキャンセルは、プロミスの解約手続きが必要です。解約手続きは書類のやり取りなど手間がかかるので、なるべく契約手続き前のキャンセルが良いでしょう。

プロミス審査は電話でキャンセルできる

プロミス審査は電話でキャンセルプロミス審査は電話でキャンセルできます。プロミスコール(✆0120-24-0365)に電話をかけて、オペレーターに「申し込みをキャンセルしたい」と伝えるだけでOKです!
WEBのフル入力での申し込みは、申し込み確認がメールで行われ、そのまま審査と在籍確認に進みます。そのため、早めにキャンセルしないと、プロミスから職場に電話がかかってきてしまいます。心配なら、できるだけ早くキャンセルすると良いでしょう。

プロミス審査をキャンセルするデメリット

プロミス審査をキャンセルした場合は、次のようなデメリットが出てくる可能性があります。くれぐれも注意してください。

・申し込みブラックになる可能性がある
プロミス審査をキャンセルしたあと、短期間でほかの金融機関に再度カードローン申し込みをすると、申し込みブラックになる可能性があります。プロミス申し込みをした時点で、個人信用情報機関に記録されるので、他社での申し込み履歴があるとカードローン審査に落ちやすくなります。プロミス審査をキャンセルした場合は、申し込み履歴が削除される6か月以上を空けてから、次の申し込みをしましょう。
・次回のプロミス審査にキャンセル履歴がデメリットになる
プロミス申し込み内容は社内記録として残ります。キャンセル履歴も記録として残り、次回のプロミス審査にデメリットになります。審査にまったく通らなくなるということはありませんが、審査に落ちやすくなる、利用限度額を抑えられるといった可能性があります。

【徹底比較】大手消費者金融3社と比較してみた

大手消費者金融3社を比較

プロミスとSMBCモビット・アコム・レイクALSAは、どこも人気があり、金利や限度額、サービス内容がよく似ています。たとえばプロミスとアコム、レイクALSAは3社とも30日間の無利息期間があります。

また、すべて即日融資ができるという共通点があります。いったいどこで借入をするのがベストなのか悩む人もいると思います。

ここでは、大手消費者金融3社のSMBCモビット・アコム・レイクALSAと細かく比較したうえで、プロミスのメリット・デメリットを解説していきます。

プロミスのメリット・デメリット

金利・審査時間など全5項目にわけてプロミスを詳しく検証していきます。

三井住友銀行グループ
プロミス
SMBCグループ
SMBCモビット
三菱UFJフィナンシャル・グループ
アコム
新生フィナンシャル
レイクALSA
金利
※実質年率
年4.5~17.8% 年3.0~18.0% 年3.0~18.0% 年4.5~18.0%
審査時間 最短30分 最短30分 最短30分 最短即日
融資時間 最短60分 最短即日 最短即日 最短即日
無利息期間 初回利用の翌日から30日間 なし 契約日の翌日から30日間 契約日の翌日から30日間
※借入残高5万円までは180日間無利息
融資限度額 最大500万円 最大800万円 最大800万円 最大500万円
プロミスのメリット
メリット1
プロミスは消費者金融のなかでも上限金利が安いことが強み!
プロミスの金利は4.5~17.8%で、ほかの消費者金融の上限金利は18%なので、それより0.2%だけ低くなっています。はじめて申し込む人は上限金利での契約になることが多いので、上限金利が安いのは大きなメリットです。
メリット2
とにかく審査が早くスピーディに融資を受けられる!
だいたい審査時間は最短30分で変わりありませんが、融資までの時間が最短60分でほかの消費者金融のなかでもダントツに早いです。すぐに借入したい人にはかなりのメリットになります。
メリット3
はじめての人は初回利用の翌日から30日間利息ゼロ!
プロミスにはメールアドレスとWeb明細を登録するだけで、初回のみ30日間無利息のサービスがあります。初回利用の翌日から利息が無料になるので、契約日の翌日から無利息になるほかの消費者金融よりも利息を支払う期間が短くなります。

初めての人は初回利用の翌日から30日間利息ゼロ

プロミスのデメリット
デメリット1
融資限度額が低い
融資限度額を比較してみると、SMBCモビットやアコムより300万円低いことがわかります。ただし、プロミスでは初回借入の利用限度額は10~30万円くらいの金額になることが多いようです。はじめは借入希望額を低めにしておくことをおすすめします。

他社と比較してみても、プロミスは金利・審査から融資時間・無利息などのサービス内容が優れているのがわかると思います。知名度がある消費者金融のなかでも、とくに初心者はプロミスがおすすめです。

プロミス審査にまつわるよくある質問

プロミス審査にまつわるよくある質問

プロミス審査にまつわる疑問をQ&A形式で解決していきます。ぜひ参考にしてみてください。

Q1.
プロミスのサイトから申し込んですぐに融資を受けたい場合は、本人確認書類ってどうやって提出するんですか?

A1.
Webで必要書類の提出をする場合は、持っている携帯電話のカメラで撮影して、その画像を専用フォームから送信します。スマホを持っている場合は、プロミスのスマホアプリからも送信可能です。ダウンロードすれば、無料で使えるアプリです。
Q2.
ネットでよく聞く「プロミス審査は甘い」って本当ですか?

A2.
公表されている「新規申込者のうち、何パーセントが審査に通っているのか」を表す審査通過率(成約率)を見てみると、プロミスの審査通過率は42.8%です。アコムの審査通過率が1番高くて47.9%です。
プロミスを申し込んだ10人中4人、アコムを申し込んだ10人中5人が審査に通っていることがわかります。つまり、消費者金融カードローンの審査はあまり変わらない確率で審査に通っているんです。
結論としては、プロミス審査は甘くはありません。でも、プロミス審査は決して厳しくもありません。審査基準さえ満たしていれば、ちゃんと借りられます。これは、ほかの消費者金融も同じです。
Q3.
プロミスの審査って最短30分だけど、夜中に申し込んだ場合はどうなるの?

A3.
Web申し込みは24時間365日受け付けていますが、審査時間はプロミスの営業時間内となります。営業時間は朝9時~夜10時までとなっており、土・日・祝日も営業しています。深夜に申し込みをしておけば、翌朝には手続きされるので、不便に感じることはないでしょう。

まとめ:はじめて利用するならプロミスがおすすめ!

はじめて利用するならプロミスがおすすめ!

はじめて利用する人で短期で返済できるなら、契約日から30日間無利息のプロミスが断然おすすめです!ほかの消費者金融は契約日の翌日から利息が無料になるので、その分利息を支払う期間が短くなります。
また、業界トップクラスのスピードで最短60分で融資が可能なので、急いで借入したい人に向いています。
プロミスATMや三井住友銀行ATMを使えば、借入・返済時に手数料がかからないのもうれしいポイントです。

プロミス申込方法のポイント
  • どうしても急ぎで借入をしたい場合は、カードのいらないWeb完結がもっとも早いです!
  • 誰にもバレないで借入するならWeb申し込み→自動契約機で契約がおすすめです!
  • 会社への在籍確認を電話連絡なしにするには、申し込み完了したらすぐにプロミスへ相談をすると柔軟に対応してくれます!
プロミス審査基準のポイント
  • 収入が安定しているかを重視しているので、勤続年数が1年以上であること
  • 年収の3分の1までしか借りられないので、むやみに高い限度額を希望しないこと
  • 申し込みブラックになるので、できるだけ1社に絞り込んで審査を申し込むこと
  • 今も滞納があるなら先に解決して、過去3か月の返済履歴をキレイにすること
  • 他社で借入があるなら、多くても借入件数は2社までにしておくこと
プロミス返済方法のポイント
おすすめの返済方法はインターネット返済です。プロミスで利用できるインターネットバンキングは種類が多く、使い勝手が非常に良いです。そのうえ手数料も無料なので、効率よく返済できます!
プロミス審査は厳しいわけでも、甘いわけでもありません。できるだけ審査落ちの原因がない状態でプロミスに申し込みましょう!