【知っ得】他社借入があってもプロミス審査に通ることは可能

「総量規制」と「借入件数」が重要!他社借入がある場合のプロミス審査

他社借入がある場合でも、プロミス審査は通る可能性は十分あります。

重要なポイントは「総量規制」と「借入件数」です。

ここからは、総量規制と借入件数がどのようにプロミスの審査に関わってくるかを説明します。

総量規制とは?

総量規制とは、個人の借入総額が年収などの3分の1までに制限される仕組みのことです。

年収が300万円の場合は、個人の借入総額は年収の3分の1の金額である100万円までになり、年収が600万円の場合は、個人の借入総額は200万円となります。

貸金業法は平成18年に改正され、総量規制の他にも、金利の上限設定や信用情報の登録など、個人の貸付に関する法律が見直されました。

貸金業法が適用されるのは、プロミスなど消費者金融やオリコなど信販会社である「賃金業者」のみで、みずほ銀行など銀行には貸金業法が適用されません。

つまり、プロミスのフリーキャッシングやレディースキャッシングの場合は、年収の3分の1までしか貸付ができないので注意が必要です。

■ワンポイント■
どうして年収の3分の1以上の借入があるってわかるの?

個人に無担保で借入を行なう金融業者は、信用情報機関に登録が義務付けられ、審査時に信用情報機関に登録されている情報を必ず確認し、また取得した情報を信用情報機関に登録することが法律で決められています。

信用情報機関には、個人ローンやクレジットカードの返済履歴、契約履歴、年収や勤務先などが記録されているので、年収に対してどれくらい借入があるのかわかります。

総量規制にカウントされるもの、されないもの

総量規制には、「除外」または「例外」となる貸付けがあります。

・「除外」の貸付けは、総量規制の対象とならない貸付けです。
総量規制の貸付残高には含まれないもので、自動車ローンや住宅ローンがその例になります。

・「例外」の貸付けは、貸付けの残高として含まれます。
例外として、年収の3分の1を超えている場合でも、要件を満たせば貸付けできます。

👇総量規制対象外の金融商品は以下

除外 例外
不動産購入または不動産に改良のための貸付け(そのためのつなぎ融資も含む)
※住宅ローンなど
顧客に一方的有利となる借り換え
※おまとめローンや借り換えローンなど
自動車購入時の自動車担保貸付け
※自動車ローンなど
緊急の医療費の貸付け
高額療養費の貸付け 社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸付け
有価証券担保貸付け 配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け
不動産担保貸付け 個人事業者に対する貸付け
手形(融通手形を除く)の割引 預金取扱金融機関からの貸付けを受けるまでの「つなぎ資金」に係る貸付け
(施行規則第10条の23第1項各号)
金融商品取引業者が行う500万円超の貸付け ***************
貸金業者を債権者とする金銭貸借契約の媒介
(施行規則第10条の21第1項各号)
 ***************

👇その他、総量規制対象外の金融商品
クレジットカードショッピング枠…個人向けの貸付けではないので対象外※キャッシング枠は対象
日本学生支援機構などの奨学金…日本学生支援機構は貸金業者ではないので対象外
銀行カードローン…貸金業法ではなく銀行法が適用になるので対象外

■ワンポイント■
総量規制は「借入残高」と「利用可能枠」のどっちが総量に計算される?

原則、借入残高が総量に計算されます。


利用可能枠…80万円
借入残高…30万円

借入残高の30万円が、総量規制の対象金額となります。

ただし、どちらの金額を審査の対象に入れるかは、業者によって異なります。

貸金業者は自社融資分は利用可能枠をカウントし、他社融資分は借入残高の部分をカウントします。

プロミス審査は総量規制よりも借入件数が重要!

他のカードローン会社で、すでに年収の3分の1に近い借入があっても、プロミスには「おまとめローン」があるので安心です。
※おまとめローンの詳細は次で説明します。

フリーキャッシングがダメであれば、おまとめローンに変更してしまえば良いので、総量規制を重要視する必要があまりないと言えます。

むしろ、プロミスの審査で重要視されるのは総量規制よりも借入件数です。

なぜなら、借入件数は信用度を知ることができるからです。

例えば「1社から100万円を借入している人」と「4社から25万円ずつ合計で100万円を借入している人」がいるとします。

どちらが信用度が高いかと言うと、1社から100万円を借入している人のほうが高くなります。

1社で100万円の借入ができる人は、しっかりとした収入があり、100万円を貸しても返済をちゃんとしてくれる人であると信用されています。

一方、4社で25万円ずつ合計で100万円を借入している人は、最初に借入した25万円では足りなくて、次から次へと借入している=お金に困っていて、手当たり次第に借入していると思われて印象が良くありません。

プロミスや他の消費者金融も同じ考え方をするので、借入件数は審査でかなり重要視されるポイントになります。

プロミスで総量規制を超えても借入できる方法!?

プロミスには総量規制を超えても借入できる商品があります。

プロミスでは、5つの商品を用意しています。

1.フリーキャッシング…よく知られているカードローン
2.レディースキャッシング…女性専用のカードローン
3.自営者カードローン…自営業をしている人のためのカードローン
4.目的ローン…教育資金など目的が決まっている場合に利用できるローン
5.賃金業法に基づくおまとめローン…複数あるローンを一つにまとめられるローン

総量規制を超えても借入できる商品は「5.貸金業法に基づくおまとめローン」です。この商品であれば、年収の3分の1を超える融資を受けることができます。

賃金業法に基づくおまとめローンは、総量規制の例外である「顧客に一方的有利となる借り換え」に当てはまります。

顧客に一方的有利となる借り換えとは、毎月の返済額・返済総額が少なくなり、返済期間も短くなる借り換え商品のことを指し、プロミスの貸金業法に基づくおまとめローンは対象になります。

つまり、プロミスで総量規制を超えても借入する方法は、総量規制の例外にあたる「貸金業法に基づくおまとめローン」を利用することです。

おまとめローンへの借り換えがオススメ!

おまとめローンに借り換えすることによってメリットが多くあります。

・現在借入のローンよりも低金利
・毎月の返済額、金利負担が軽減
・返済日が毎月1回で管理が楽
・段階的に借入残高が減少

複数ある借金が1つになるので、借入件数も減少して信用度が上がります。

消費者金融のおまとめローンの中でも一番のおすすめがプロミスのおまとめローンです。

他社の商品と比較してみましょう。

会社名 実質年率(金利) 融資額
プロミス 6.3%~17.8% 300万円まで
アイフル 3.0%~17.5% 500万円まで
アコム 7.7%~18.0% 300万円まで

上記の表からわかるとおり、金利も低く、好条件な商品です。

知名度も高いですし、本人確認書類と収入証明書だけで気軽に申し込みができますよ。

今からできる!プロミス審査に通るためにやっておくべきこと

他社に借入があってもプロミスで借入できますが、プロミス審査に通りやすくなるためにやっておくべきこと3つを紹介します。

使っていない他社カードローンは解約する

使っていない他社カードローンは解約しておきましょう。

審査時に照会される信用情報には、使っていないキャッシング枠の情報も記載されています。信用情報に記載されているキャッシングの情報は以下のようになります。(CIC信用情報開示報告書 サンプルの一部です)

図の中の項目で「18.極度額」に内キャッシング枠と記載され、この場合200千円(20万円)のキャッシング枠があることがわかります。

本人がカードを利用していない場合でも、キャッシング枠があるということは「20万円はいつでも借入できる状態である」と、審査で判断されてしまいます。

いつでも借りられるお金があるのは、貸付けする側(金融会社)から見れば不安材料にしかなりませんから、融資額減額や融資自体を断ることになってしまいます。

また、総量規制の観点からも、限度額(与信枠)の減額に繋がるので、使っていない他社のカードローンがある場合は、解約をしておくことをおすすめします。

他社借入実績がプロミス審査に有利な場合もある

他社で借入があっても、審査に不利になるばかりではありません。

借入実績が審査に有利になる場合もあります。


Aさん
50万円の融資を受け、返済日を守り、最低返済金額以上を毎月返済して完済した人

Bさん
はじめてカードローンを利用する人

例の2名の場合、審査に有利なのは、Aさんです。Aさんには利用実績があり、ちゃんと返済して完済できた実績を持っています。

しかし、Bさんはカードローンを利用したことがなく、返済をちゃんと行なうことができる人かどうかわからないので、金融会社としても融資金額を多くしようとは考えません。

また、Bさんのような人の場合は、借入実績がない「クレヒスホワイト」や「クレヒススーパーホワイト」という状態になります。

信用情報機関に登録されている金融商品の契約や返済状況など、過去の借入履歴の事を「クレジットヒストリー(クレヒス)」と呼ばれています。

信用情報がホワイトであること、つまり真っ白で何も書かれいてない状態がクレヒスホワイトと金融業界では言われています。

ホワイトとスーパーホワイトは、信用情報が真っ白な状態なのは同じなのですが、違いがあります。

・ホワイト:金融事故を起こしている状態でクレヒスがない
・スーパーホワイト:現金主義等のために金融事故歴・クレヒスがない

同じ信用情報のように感じますが、クレヒスホワイトは以前借入をすることができていたのですが、自己破産などの金融事故を起こしたためにローン商品の利用ができなくなってしまっている期間があり、クレヒスに何も登録がなくなります。

クレヒスが真っ白な人は、自己破産などの金融事故を起こしている人なのか、単なる現金主義者でクレヒスがないのか、審査をしている側からしてみれば判断がつかないと言えます。

ですから、審査の際には「詳細不明」として不利になってしまうケースがあります。

現金主義も良いのですが、もしクレジットカードをもっているなら少額でも利用する、ないなのであればスマートフォンなどを分割購入しておくことで、クレヒスのスーパーホワイトは防げますから、ローン商品を利用する重要性も覚えておくと良いです。

健全な借入利用実績なら審査に有利になるので、借入したことがあるから…とビクビクせずに堂々と審査を受けてくださいね。

■ワンポイント■
信用情報機関から金融事故(自己破産の場合)の記載がなくなるまでには5~10年かかります。その他、延滞や任意整理情報なども記録として残ります。

簡単3秒診断シミュレーションを活用する

プロミスで借入を希望しているのなら、簡単3秒診断を活用してみてください。

プロミスの借入シミュレーションでは、

  • 生年月日
  • 年収
  • 現在の借入金額

上記の3つを入力するだけで融資が可能かどうかを判断してくれます。

このシミュレーションは信用情報機関を通さずに行なう審査なので、プロミス申し込みした事実は信用情報機関に残さずに融資可能か不可能かの目安を知ることができます。

他社の借入分も入力して判断してくれるので、他社に借入がある人でも融資の可能・不可能が確認しやすくて安心できます。

注意事項として、シュミレーションは1日2回までしか実行することができないので、他社借入金額など重要な部分は、間違えて入力などしないようにしましょう。