留学ローンにおすすめの低金利な銀行系教育ローン|社会人・学生本人でも使える?

留学ローンにおすすめの低金利な銀行系教育ローン|社会人・学生本人でも使える?

海外留学にかかる費用は、行き先によっても違いますが、年間200~300万円。
短期留学でも50~100万円は必要です。

留学にあたって、学費や生活費などを支払えることを証明する書類(残高証明、財政証明)を提出しないといけないため、貯金が足りないときに留学ローンで用意する方もたくさんいらっしゃいます。

ここでは、社会人、保護者、学生本人に向いている低金利の教育ローンについて詳しくご紹介していきます。

「留学ローンを借りたい」「自分に合ったローンを知りたい」という方は、ぜひご覧ください!

留学ローンとは

留学ローンとは

留学ローンとは、実は、教育ローンのことです。

「留学ローン」という名称のローンはなく、留学費用を借りるための教育ローンのことを指します。

留学ローンを選ぶ際は

奨学金(給付型)>奨学金(貸与型) > 国の教育ローン > 金融機関などの教育ローン > 目的ローン(フリーローン) > カードローン

というように、金利が低いとされる順番に検討していくことで返済負担を減らせます。

まずは、返済の必要がない給付型の奨学金で利用できるものがないかを調べてみて、利用できる奨学金がない または 選考に落ちてしまった場合に、国の教育ローンや金融機関のローンを利用しましょう。

教育ローンの特徴や手続き、奨学金との違いなどについての詳しい解説はこちらを参考にして頂くと分かりやすいです。

 お金借りる
カテゴリー 「」
https://borrow-money.jp/category/mokutekibetsu/kyoikuloan
(件数:0)

また、留学ローンを比較するときは、以下のポイントに注目すると希望のローンを見つけやすくなります。

  • そもそも留学に使えるのか?
  • どの範囲(渡航費、生活費など)まで借りられるか?
  • 金利は何%か?
  • いくら借りられるのか?
  • ムリなく返済できるか?留学中の返済は?返済総額はいくら?
  • 親名義で借りる?本人名義で借りる?
  • 申込条件をクリアしてる?

続いては、社会人向けのおすすめ教育ローン、借りる際の注意点について解説していきます。

学生の保護者向けおすすめローンをすぐに知りたい方は、こちらからご覧ください。
⇒ 学生(保護者)向けの低金利なおすすめ教育ローンはこちら

社会人なら銀行教育ローン(留学ローン)がおすすめ

社会人なら銀行教育ローン(留学ローン)がおすすめ

社会人向けの奨学金制度はとても少ない上に、留学目的や年齢、居住地など条件が厳しいので、銀行の教育ローンを利用するのが一般的です。

留学中無職になる場合、名義人は別にする必要がある

長期留学する社会人の方は、仕事を辞めて学業に専念するケースがほとんどだと思います。

継続した安定収入が重視されるローン審査において、これから無職になる人が審査を通過する可能性はとても低いです。

そのため、留学中に無職になる社会人の方が、教育ローンでお金を借りるには、親または配偶者名義など本人以外の方が借りる必要があります。

教育ローンはMBA留学にも利用できる?

数千万円にもなるMBA留学費用。

社費留学制度や奨学金を利用できる人はほんの一握りで、MBA留学のためにコツコツ貯金したとしても私費だけで用意するのは難しいのが現状です。

MBA留学のために教育ローンを利用したいと考える社会人の方も少なくありませんが、基本的に海外へのMBA留学中は無職になるので、留学生本人がローンを借りることはできません。

やはり、MBA留学のために教育ローンを利用したい場合も、親や配偶者など本人名義以外で申し込むことになります。

本人以外の名義であれば国の教育ローンが使用できる

日本政策金融公庫の教育一般貸付(国の教育ローン)は、銀行の教育ローンよりも金利が低めで、社会人でも、安定収入のある親・親族名義で契約するなら、留学ローンとして利用できます。

国の教育ローンについてはこちらで解説しています。
教育一般貸付け(国の教育ローン)へ

また、学位取得のために海外の大学・大学院へ留学する場合は、日本学生支援機構の海外留学奨学金を利用することもできます。奨学金は本人名義での申し込みです。

さらに低金利で学費を借りられる日本学生支援機構の奨学金についてはこちら。
⇒ 日本学生支援機構(JASSO) 第2種奨学金へ

社会人向けの低金利なおすすめ教育ローン(留学ローン)

社会人向けの低金利なおすすめ教育ローン(留学ローン)

社会人の方の留学におすすめな銀行・信販会社の低金利ローンをご紹介します。

みずほ銀行 教育ローン(留学ローン)

みずほ銀行 教育ローン(留学ローン)

みずほ銀行の教育ローンは、変動と固定 2つの金利タイプから選択でき、最大300万円まで留学資金を借りられます。

ただし、借入額は、他の無担保ローンの借入と合計して、前年度税込年収の原則50%までという条件があります。

みずほ銀行から審査結果の連絡が来たあと、来店もしくは郵送で契約となります。

3営業日で審査結果が分かったという口コミもありますが、入学先が決まる前でも申し込みできるので余裕を持って申し込んでおくと安心です。

金利※ 変動:3.475%
固定:4.050%
融資額 最大300万円(他無担保借入を合計して前年度税込年収の原則50%まで)
使途 教育関連資金全般(留学仲介費用もOK)、他金融機関等の教育ローンの借り換え
借入期間 最長10年
追加借入 不可
元金据置返済 最長5年
保証人 保証人不要、保証会社が保証
利用条件 ・満20歳以上満66歳未満、最終返済時満71歳未満
・勤続年数(自営の方は営業年数)2年以上
・前年度税込年収(個人事業主の方は申告所得)が200万円以上
・保証会社の保証を受けられる方
公式サイト https://www.mizuhobank.co.jp/retail/products/loan/education/index.html

※2019年7月現在

ちばぎんスーパー教育ローン(千葉銀行海外留学ローン)社会人向け

ちばぎんスーパー教育ローン(千葉銀行海外留学ローン)社会人向け

千葉銀行の海外留学ローンには、「一括お借入タイプ」と「都度お借入タイプ」がありますが、本人の留学費用を借りるときは「一括お借入タイプ」となります。

一括お借入タイプは、入学金や授業料だけでなく留学費用全般に利用できますが、支払いが確定したものが対象です。

約2週間での借入も可能ですが、提出書類の不備などでもっと時間がかかることもあるので、早めの申し込みをおすすめします。

【ちばぎんスーパー教育ローン(一括お借入タイプ)】

金利※ 変動:2.40%
融資額 最大3,000万円
使途 入学金、授業料、教材費、制服代、渡航費、下宿費、定期代、資格取得、自己啓発など海外留学にかかる費用、他金融機関等の海外留学ローンの借り換え
借入期間 最長16年6ヶ月
追加借入 不可、要再申込
元金据置返済 最長6年6ヶ月
保証人 保証人不要、保証会社が保証
利用条件 ・満20歳以上満65歳未満、最終返済時満70歳未満
・安定継続した収入(パート・アルバイト・年金収入のみは不可)
・千葉県、東京都、茨城県、埼玉県、神奈川県の対象地域に居住または勤務
・保証会社の保証を受けられる方
公式サイト https://www.chibabank.co.jp/kojin/loan/education/term_sa.html

※2019年7月現在

三井住友銀行教育ローン(留学ローン)

三井住友銀行教育ローン(留学ローン)

三井住友銀行の教育ローンは、即日審査なので、早ければ当日中に審査結果が分かります。

無担保型教育ローンでは最大300万円までの借入となりますが、3,000万円まで借りられる有担保型教育ローンもあります。

【三井住友銀行教育ローン(無担保型)】

金利※ 変動:3.475%
融資額 最大300万円(他無担保借入を合計して前年度税込年収の50%まで)
使途 学校、塾、予備校等に納付する教育関連資金およびそれらのお借り換え資金
一括支払いできない家賃、生活費などは対象外
借入期間 最長10年
追加借入 不可、要再申込
元金据置返済
保証人 保証人不要、保証会社が保証
利用条件 ・両親のいずれかまたはご本人さまで、満20歳以上満65歳以下
・前年度税込年収が200万円以上、現在安定した収入(年金収入のみは不可)
・契約時に三井住友銀行(ローン契約機)にご来店できる方
・保証会社の保証を受けられる方
公式サイト https://www.smbc.co.jp/kojin/mokuteki_loan/kyouiku_m/

※2019年7月現在

オリコ 留学ローン

オリコ 留学ローン

大手信販会社オリコのカルチャープランは、自己啓発を応援するローンで、海外留学費用の借入にも使えます。

融資額99万円以下の金利は8.4%~13.2%と高めですが、金利が高い方が審査に通りやすい傾向があるので、申し込みやすい留学ローンです。

【オリコ カルチャープラン】

金利※ 6.0%~13.2%
融資額 最大300万円
使途 資格取得や海外留学、パソコン購入費用など
借入期間 最長7年
追加借入 不可、要再申込
元金据置返済
保証人 申し込み内容によっては連帯保証人が必要
利用条件 ・満20歳以上で安定した収入のある方
・その他オリコが認める方
公式サイト https://www.orico.co.jp/loan/mightyeel/culture/

※2019年7月現在

教育ローンについてもっと詳しく知りたい方は、こちらもご覧ください↓

学生(保護者)向けの低金利なおすすめ教育ローン(留学ローン)

学生(保護者)向けの低金利なおすすめ教育ローン(留学ローン)

学生(保護者)の方におすすめな国の教育ローンと奨学金、低金利で借りれる銀行ローンをご紹介していきます。

教育一般貸付け(国の教育ローン)

教育一般貸付け(国の教育ローン)

日本政策金融公庫の教育一般貸付は、3ヶ月間以上の海外留学に対して、450万円まで年1.71%という低金利で借りることができます。

基本的に、保護者が申し込み名義となり、扶養している子供の人数によって世帯収入上限が決められています。

社会人の留学費用も借入可能ですが、海外留学中は本人収入が見込めないため親や親族名義での利用となります。

インターネット申し込み、郵送での契約が可能で来店不要。

10日程で審査結果連絡、最短20日で入金可能ですが、時期によって申し込みが集中するため、お金が必要になる2~3ヶ月前に申し込むと安心です。受験前申し込みもOKです。

【教育一般貸付(国の教育ローン)(海外留学)】

金利※ 固定:1.71%
融資額 最大450万円
使途 入学金、授業料、受験費用、住居・通学費、航空運賃、パスポート・ビザ申請料等渡航にかかる費用など
借入期間 最長15年
追加借入 不可、要再申込
元金据置返済 在学期間中は可能
保証人 教育資金融資保証基金による保証(保証料別途) または 連帯保証人から選択。
利用条件 ・世帯年収上限(扶養する子供3人以内:990万円、4人:1,090万円)
・留学期間3ヶ月以上
公式サイト https://www.jfc.go.jp/n/study_abroad/index.html

※2019年7月現在

子供1人に対して450万円までの融資なので、2人目のお子さんが追加融資を受けることも可能です。

なお、母子家庭、父子家庭、低所得世帯などは、利用条件(金利、保証料、返済期間)が上表と異なります。

日本学生支援機構(JASSO) 第2種奨学金

日本学生支援機構(JASSO) 第2種奨学金

日本学生支援機構の海外留学の奨学金は、要件を満たしていれば、学生でも社会人でも申し込めます。

国の教育ローンよりさらに低金利なので、ぜひ検討してみてください。

第二種奨学金(短期留学) 国内在学中に海外へ短期留学する学生が対象。
在学する学校長の推薦を得て短期留学をする前に申込む。
第二種奨学金(海外) 学位を取得するために海外の大学・大学院へ留学する学生・社会人が対象。
国内の学校を卒業後3年以内の場合は、卒業校を通じて予約申込み。
3年経過後は、海外の大学・大学院進学後に日本学生支援機構へ直接申し込む。

留学開始時期によって募集期間が決められていたり、初回の奨学金振込が留学後になるので渡航費や入学金などに充てられないといった点をよく確認してから申し込みましょう。

【日本学生支援機構(JASSO)第2種奨学金(短期留学)】

金利※ 利率固定方式:0.057%
利率見直し方式:0.002%
融資額 留学期間中に月額2万~12万円振込
返済 融資終了翌月から数えて7ヶ月目 または 国内在学校卒業6ヶ月後から返済開始
保証人 連帯保証人と保証人を付けるか、機関保証制度(保証料別途)を利用するか選択。
利用条件 ・国内在籍学校の学生交流に関する協定等に基づく留学
・留学で取得した単位が、国内在籍学校の単位として認定される
・留学期間3ヶ月以上
・この他、家計基準、学力基準あり
公式サイト https://www.jasso.go.jp/shogakukin/moshikomi/kaigai/2shu_short.html

(大学院生は別規定)
※2019年6月に貸与終了したひとの利率

日本学生支援機構(JASSO)第2種奨学金(海外)についての詳細は、下記公式サイトでご確認ください。

第二種奨学金(海外)公式サイト
https://www.jasso.go.jp/shogakukin/moshikomi/kaigai/2shu_kaigai/index.html

ちばぎんスーパー教育ローン(千葉銀行海外留学ローン)学生向け

ちばぎんスーパー教育ローン(千葉銀行海外留学ローン)学生向け

ちばぎんスーパー教育ローンは、都度お借入タイプと一括お借入タイプがあり、留学生の保護者が借りる場合は、どちらでも選択できます。

都度お借入タイプは、ローンカードを使って必要になったときすぐに借入※でき、利用した分にだけ利息が発生します。※限度額の範囲内での借入。限度額は審査で決定。

ネットから審査申し込み可能。仮審査結果は3ヵ月有効なので、事前に申し込んでおくのがおすすめです。

【ちばぎんスーパー教育ローン(都度お借入タイプ)】

金利※ 変動:2.40%
融資額 最大1,000万円
使途 入学金、授業料、教材費、制服代、渡航費、下宿費、定期代、資格取得、自己啓発など海外留学にかかる費用、他金融機関等の海外留学ローンの借り換え
借入期間 最長16年6ヶ月
追加借入 限度額の範囲内で可能
元金据置返済 最長6年6ヶ月
保証人 保証人不要、保証会社が保証
利用条件 ・満20歳以上満65歳未満、最終返済時満70歳未満
・安定継続した収入(パート・アルバイト・年金収入のみは不可)
・千葉県、東京都、茨城県、埼玉県、神奈川県の対象地域に居住または勤務
・保証会社の保証を受けられる方
公式サイト https://www.chibabank.co.jp/kojin/loan/education/study_abroad.html

※2019年7月現在

学生本人の申込みで教育ローン(留学ローン)を借りるためには

学生本人の申込みで教育ローン(留学ローン)を借りるためには

保護者ではなく学生本人が留学ローンを借りたいときはどうしたらいいのでしょうか。

銀行などの教育ローンは、20歳以上で安定収入があることが条件です。
国の教育ローンは、成人していて、安定収入を得て、独立生計を営んでいれば、学生本人が申し込める場合もあります。

しかしいずれも、海外留学期間中から帰国後も継続して安定収入が見込めないと、審査通過が難しいので、学生本人名義で借りることはできません。

保護者の同意を得られるなら、こちらで紹介した国の教育ローンを利用するのがいいでしょう。
学生(保護者)向けの低金利なおすすめ教育ローンへ

それが難しい場合は、これから紹介する留学支援プログラムや消費者金融のカードローンという選択肢があります。

トビタテ留学JAPAN

トビタテ!留学JAPANとは、文部科学省が開始した官民協働の留学促進キャンペーンのことで、「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」という留学奨学金制度があります。

大学生等コース 大学・大学院・短期大学・高等専門学校(3年時以降で専攻科を含む)・専修学校(専門課程)生対象
高校生コース 高等学校・中等教育学校後期課程、特別支援学校高等部、高等専門学校(1~3年次)、専修学校高等課程対象
地域人材コース グローバルな視点でローカル(地域)の発展に貢献する、グローカルリーダーを目指したい人対象

大きく上の3つコースがあり、さらに留学目的などによってコースが分かれます。

大学生等コース(12期生)では、最大月16万円給付。返済不要、成績・語学力は不問です。

自分で留学計画を設計し、どのような留学にしたいのか?その後社会にどう貢献したいのか?熱い思いをアピールできる人はぜひチャレンジしてみてください。

トビタテ!留学JAPAN 公式サイト
https://www.tobitate.mext.go.jp/index.html

消費者金融カードローン

消費者金融のカードローンは学生本人も申し込み可能です。

お金の使い道が自由なので、審査に通過しさえすれば、留学の学費を借りられます。
また、利用限度額の範囲内でいつでも追加借入できます。

利用限度額は年収の3分の1の金額(年収150万円の人は50万円)が上限なので、高額の借入は難しいですが、急いで借りたいときは消費者金融がおすすめです。

プロミス ※手続きが簡単!土日の即日融資も対応!

プロミス

プロミス

融資上限額 即日融資 融資時間
最大500万円 最短1時間
審査時間 来店不要・WEB完結 無利息期間
最短30分 30日間
利用条件
・年齢20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方
・学生もアルバイトで安定収入があれば申し込み可能
こちらで、学生におすすめのカードローンの紹介や、学生特有の疑問・悩みにお答えしています。あわせてご覧ください。

留学ローンのまとめ

いかがでしたか。最後に、ここでご紹介した留学ローンをまとめておきます。

留学ローン・奨学金 金利 借入額 社会人向け 学生向け
みずほ銀行教育ローン 3.475%
4.050%
最大300万円
ちばぎんスーパー教育ローン 一括お借入タイプ 2.40% 最大3,000万円
都度お借入タイプ 2.40% 最大1,000万円
三井住友銀行教育ローン(無担保型) 3.475% 最大300万円
オリコ カルチャープラン 6.0%~13.2% 最大300万円
教育一般貸付(国の教育ローン)(海外留学) 1.71% 最大450万円
日本学生支援機構(JASSO)第2種奨学金(短期留学) 0.057%
0.002%
月額2万~12万円 ※第2種奨学金(海外)は◎
トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム プログラムによる
プロミス 4.5%~17.8% 最大500万円

※留学生本人に安定収入がない場合、本人名義での申込可否

ローンの金利や条件をチェックして、留学に間に合うように、早めに申し込みましょう。

無理のない返済計画を立てておくことも忘れないでくださいね。

ここまでは、留学費用に当てることのできるローンを紹介してきましたが、このページをご覧いただいた方の多くは海外留学に行くことを決めた方ではなく、留学を検討中の方がほとんどだと思います。

そんな方のために、下記サイトでは留学の費用や、留学準備の情報、エージェントの選び方から留学先の語学学校はもちろん、留学期間中に使えるお役立ち情報や使ってかっこいいスラングまで、留学を考えている方は必読の情報が盛りだくさんとなっています。

ぜひご覧ください。

 

メディア:海外留学を応援する【留学マスター】

URL:https://knowledge-plus.com/

それでは!楽しく有意義な海外留学になりますように!!