生命保険の契約者貸付制度でお金を借りる?

契約者貸付のイメージ

お金が足りなくなって借りたいと思った時、カードローンやキャッシングを利用せずに借りたいという人で、生命保険に加入している人のお金を借りる方法をご紹介します。

 

いま、生命保険に加入している人であればご存知の方が多い方思いまが、

 

生命保険には契約者がお金に困った時に、生命保険の解約返還金を担保にすることで所定の範囲内であればお金を借りる事ができる「契約者貸付」という制度があります。

 

契約者貸付制度

契約者貸付制度では、借りれる金額については各保険会社によって異なってきますが、保険解約返還金の70〜90%の範囲が貸付の対象範囲です。

 

また貸付をおこなえるのは原則、保険契約の契約者本人のみが対象になります。

 

担保を用意していますが、お金を借りることには変わりないので、カードローンで借入れをした時のように金利も当然掛かり、通常は契約した生命保険の予定利率に1〜2%を上乗せしたほどの利率が設定されていることがい多いです。

 

バブルのような時期には利率が高い契約が多かったので、ならしても金利が高い場合がありましたが、最近では保険会社によって違いはありますが、2.75%〜3%の間でお利子は安定しているので、カードローンと比較するとかなり低めの金利で貸付を受ける事ができるようになっています。

 

じゃあ契約者貸付を使えば安い金利でお金を借りる事ができるんだ!?」とおもった人もいるかもしれませんが…

 

利用を検討する際に注意しなければいけない事があり、下手をするとせっかく契約してきた生命保険契約が失効してしまう可能性もあります。

 

次で「契約者貸付で注意すべきポイント」をご紹介しますので、これからお金を契約者貸付を利用して借りたいと考えているかたはしっかり確認をしてください!

契約者貸付でお金を借りる時に注意すべきポイント

それでは契約者貸付制度を利用してお金を借りる際に注意していただきたいポイントを下記にまとめましたので、あなたの認識とズレてしまっている部分がないか確認してください。

 

注意点1:借りた金額には複利が適用される

保険会社からお金を借りた場合、貸付金には利率が設けられてその利率が年利・複利で適用されます。

 

例えば、3%の利率が適用されている貸付制度で、100万円の貸付でお金を借りたと仮定すると、
貸付金を1年の間返済できなかったととすると、次の年には返済すべき金額は103万円になります。

 

その翌年には103万円にさらに3%が追加されるので約106万円、さらにその次の年は110万円と雪だるま式に金額が増えていってしまいます。

 

注意点2:保険契約が失効してしまう可能性

契約者貸付は、解約返還金の範囲内であれば何回でも貸付してもらう事ができます。

 

ただし、なんでもいいですが借りるだけかりた返済できないとなると、利子がつくことで返済額が解約返還金をオーバーしてしまう可能性があります。そうなると保険そのものが失効してしまい保険契約の効力がなくなってしまいます。

 

利用した分の貸付金を返済すれば保険を再度有効にしてもらう事はできますが、その時には返済額もかなり高額になっていることがあります。

 

注意点3:昔の契約の場合、金利が高い

バブル期に加入した保険は予定利率が5.5%など、最近の金額では考られない高さに設定されてる場合があります。
その場合、契約者貸付を受けるときには利率高く設定されるので、利率が高い保険は解約返還金の額も多くなりますが、

 

その分返済額が増える可能性がありますので、貸付を受ける前には、自分の契約状況を確認してみましょう!

 

この他にも生命保険の貸付制度を利用してお金を借りる際には、気をつけるべき事はありますが、その中でも重要な項目をまとめました!

 

あと確実なのは契約者貸付への申込みをする前に、現在ご契約中の保険会社に確認することです。

最後に

お金を借りたいと思った際に、生命保険を契約している人におすすめしたい契約者貸付ですが、「最後には返還してもらえるお金だから」と高をくくってしまうと、大きな失敗をしてしまう可能性があります。

 

  1. 借りた金額には複利が適用される
  2. 保険契約が失効してしまう可能性がある
  3. 昔の契約の場合、金利が高い事がある

上記の注意すべきポイントを確認したうえで、ご契約中の生命保険会社に連絡して貸付をうけましょう。
くれぐれも、しっかりとした返済計画を立てた上で利用しましょう!

 

生命保険より借りやすい方法を知りたい方はこちら!

お金借りるトップページ