生活保護者でもカードローンで借りれる?借りれない理由と解決策をご紹介!

生活保護者でもカードローンで借りれる?借りれない理由と解決策をご紹介!

生活保護を受けると、現金で医療扶助、生活扶助などの給付があります。

ですが、それだけで足りないときはどうしたらいいのでしょう。消費者金融のカードローンで、お金を借り入れることはできるのでしょうか。

お金を借りられたとして、生活扶助で返済することに問題はないでしょうか。生活保護中の借入れが知られたら、一体どうなるでしょうか。

生活保護とカードローンに関するあらゆる疑問にお答えします。

生活保護受給者はカードローンで借りれるのか

生活保護受給者はカードローンで借りれるのか

生活保護受給中にカードローンで借金をすることは、さまざまな問題を引き起こします。

お勧めは決してできませんし、以下ご説明するように多くのトラブルの原因となります。

生活保護の性質を思い起こしましょう。これは生きていくにあたっての最後のセーフティガードなのです。

ただでさえ、地方公共団体の生活保護費用の抑制が問題になっています。

お金もなく仕事もない中で、生活保護受給までこぎつけるには、大変な思いもしたことでしょう。

命綱である生活保護に影響する要素を、軽々しく考えないほうがいいです。

借入れのデメリットは無数にありますし、そもそも簡単に貸してくれはしません。

生活保護受給者がカードローン審査に通らない理由

生活保護受給者がカードローン審査に通らない理由

カードローンを申し込むにあたり、生活保護者であることを、申告する義務はありませんし、消費者金融の側もその事実を調べる手段はありません。

ですから、生活保護者と知られて審査に落ちることはまずありません。

もっとも、知っていたら絶対に審査を通さないでしょう。

大手消費者金融も、中小の街金も同様です。

消費者金融がお金を貸す相手は、安定した収入のある人です。収入の高低よりも、収入の安定性が最優先されます。

生活が安定していないからこそ生活保護を受けているのです。借入可能な要素はまったくありません。

生活扶助として得ている年収を、申込みの際に申告することもできません。

給与を生活者がカードローンの返済を怠ったときなら、消費者金融は給与を差し押さえることができます。

いっぽう、公的給付は差し押さえが禁止されています。消費者金融が、生活扶助を安定した収入とみなすことはないのです。

生活保護者にお金を貸すのは闇金

生活保護者にお金を貸してくれる業者はありません。
もしいたら、闇金です。

闇金は、法律を無視して貸し付ける存在です。貸金業はどんどん規制が厳しくなり、金利も低くなって利益が少なくなりましたが、闇金にはそのようなことは関係ありません。

合法の業者と異なり、手段を問わない回収をする自身があるから貸してくれるのです。

無職に即日融資」という宣伝文句を見たとして、それこそ闇金の証拠です。絶対にかかわってはいけません。

生活保護を隠してカードローン借入。バレるとどうなる?

生活保護を隠してカードローン借入。バレるとどうなる?

カードローンを申し込む際は、勤務先や収入を申し出なければなりません。

収入については、50万円以下の借入れなら証明書を出す必要はありません。なので、ここでなんとかなると思う人もいるでしょう。

いっぽう、勤務先を偽ることはできません。「在籍確認」がおこなわれるからです。

審査の最後に消費者金融は、個人名で申込者が申告した勤務先に電話を掛けます。申込者がいないことがわかれば、即座に審査落ちです。

なお、刑事事件化する可能性すらあります。

相手が情報を知っていればお金を貸さない状態であることを認識していながら、情報を隠して給付を受けると、これは詐欺罪です。

その大きなリスクは認識しておきましょう。

それよりも現実的に起こる可能性が高いのは、生活保護のケースワーカーに発覚することです。

この場合、見逃してはもらえないでしょう。カードローンの自主解約を求められることになるはずです。

借金=収入になるから生活保護費が減額

生活保護を受ける際には、最低限の給付を受けられる代償に、すべてのお金の出入りを明らかにしなければならないもの。

その状態でお金を借り入れようとすること自体、不自然な行為となります。

無理な手段でお金を借り入れることに成功したとしても、それで得たお金も収入として明らかにしなければなりません。

理屈としては、収入がある以上生活保護が減額されてしまうことになります。

バレると不正受給になり罰則もある

生活保護を受けている人が、堂々とお金を借りることはできません。

特に銀行への振込融資をしてもらっていたりすると、無策もいいところ。すぐに発覚します。

隠れてカードローンを持っていることがバレれば、これは行政への約束違反。

可能性としては、生活保護の不正受給として、打ち切りまであり得ます。

そこまでいかなくても、借金の部分に該当する、生活扶助の返還は求められます。

カードローン会社にバレると一括返済

生活保護者がカードローンを借り入れるのは大変不自然なことだということを見ています。

とはいえ現実にカードローンを申し込んで、すべてが審査に落ちるとは限りません。

申込額がごく少額で、在籍確認をしないケースもあります。自営業者の場合なら、在籍確認をクリアできることもないわけではありません。

個人信用情報機関に滞納などの記録のない人ならば、なんらかの不正を講じたにせよ、審査に通る可能性があるわけです。

後で消費者金融にバレたらどうなるでしょうか。通常は契約解除となります。申込みに偽りがあったものだからです。

契約解除になると、残金を一括返済しなければなりません。

生活保護費からカードローン返済しても大丈夫?

生活保護費からカードローン返済しても大丈夫?

多重債務で生活保護に陥った人もいるでしょう。

生活扶助を得てから、このお金で既存の借金返済をしてもいいのでしょうか?

これは無意味なので、してはいけません。借金返済を考える前に、生活保護から抜け出すほうが優先されます。

生活扶助は差し押さえ不能ですから、消費者金融が強制的な返済を求める手段はありません。

既存の借金は放置しておきましょう。いずれ時効を迎えます。

生活保護受給者でもお金を借りたい!カードローン以外の選択肢

生活保護受給者でもお金を借りたい!カードローン以外の選択肢

お金に困ったときは、本来論で行きましょう。

遊興費に使うわけではなく、自立するための費用であれば、公共機関から借入可能です。

全国社会福祉協議会の扱う生活福祉資金や、地方自治体で扱う母子(父子)・寡婦福祉資金など、行政に貸付制度があります。

医療費、就学費、または住宅入居費用などであれば、借入れできる可能性があります。

ただし、いずれも生活保護家庭のための制度ではありません。本来別建てであって、生活保護者が利用できるのは例外的なケースなのはご承知ください。

生活福祉資金のうち、制度上要保護世帯への貸付けを前提にしているのは、高齢者向けの「要保護世帯向け不動産担保型生活資金」だけです。

まずは、生活保護ケースワーカーに相談してみましょう。

きちんと生活保護のルートを通して借り入れたものなら、生活保護費の減額につながらないこともあります。

生活保護受給中のカードローンまとめ

カードローンの借入れは、生活保護から脱却し、仕事を持ってからにしましょう。最低でも6か月程度の勤続は、借入れにあたって必要となります。

大手消費者金融はおおむね、次の特徴を持っています。

  • 審査が1時間程度と早い
  • 自動契約機でカードの受取りが可能
  • 24時間365日振込融資に対応している
  • スマートフォンを使ったキャッシングが可能(アコムは不可)
  • 無利息期間があり、契約後30日は利息が発生しない(SMBCモビットにはなし)

アコム

アコムは大手消費者金融の中では、比較的審査通過率が高いことで知られています。

さらに、最も審査に通りやすいとされるクレジットカード「ACマスターカード」を発行しているのも特徴です。

アコム

アコム

融資上限額 即日融資 融資時間
最大800万円 最短60分
審査時間 来店不要・WEB完結 無利息期間
最短30分 30日間無利息

プロミス

プロミスは三井住友フィナンシャルグループの一員で、安心できる借入先です。

金利が他の大手より0.2%低く、最大17.8%となっています。

カードを受け取る際は、三井住友銀行のATMコーナーに置かれた契約機でも可能です。

プロミス

プロミス

融資上限額 即日融資 融資時間
最大500万円 最短1時間
審査時間 来店不要・WEB完結 無利息期間
最短30分 30日間※

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

SMBCモビット

SMBCモビットもSMBCグループの消費者金融です。
ここの売り物は、「WEB完結」。

一切の電話のやりとりなく、Webだけで契約が完結するものです。カードを発行しないで振込キャッシングが可能です。
WEB完結なら勤務先への電話連絡もありません。

SMBCモビット

SMBCモビット

融資上限額 即日融資 融資時間
最大800万円 ◯(※) 原則24時間最短3分
審査時間 来店不要・WEB完結 無利息期間
最短30分(※)

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります