専業主婦はカードローンでお金を借りれないって本当?

 

専業主婦の方で、生活費が厳しくて、少しお金の助けが欲しいけど…

 

「育児や介護で働く事ができない」
「持病があって働く事ができない」
「金銭トラブルにあってしまったけど旦那には相談できない」

 

お金が必要な専業主婦のイメージ

 

など、様々理由で働けない専業主婦でカードローンを利用して借り入れを受けたいと思っている人のために専業主婦のカードローン事情についてご紹介します。

専業主婦ひとりではカードローンの利用ができない!

まず、カードローンには消費者金融系と銀行系があります。

 

よく、収入のない専業主婦がカードローンでお金を借りることってできるのかという疑問を持っている方が多いですが、専業主婦はひとりで消費者金融カードローンを利用する事ができません。

 

専業主婦は消費者金融カードローンをなぜ利用する事ができないのかは、
下記に理由が要因になっています。

 

・専業主婦がカードローンを利用できない理由

  1. 専業主婦には安定した収入がないこと
  2. カードローンが専業主婦に厳しくなった総量規制

以下に詳しく説明していきます。

理由1:専業主婦には安定した収入がない

消費者金融カードローンは審査の申込み条件として
「安定した収入のあること」を重要視しています。

安定した収入とは?
・将来的に継続的に又は反復して収入を得る見込みがある
・給与又はこれに類する定期的な収入を得る見込みがある

専業主婦の人は、ご自身に安定・継続的に入る収入がないため専業主婦=安定した収入のない人となり、消費者金融カードロ−ンが利用できません。

 

これは、消費者金融が貸金業法という法律の中で取り決められている「総量規制」という借入れ・申込みに条件が設けられており、安定した収入がある人であっても、年収の3分の1までの金額でないと借入れを受ける事ができません。

 

また消費者金融カードローンに関する「よくある質問」にも、
安定した収入についての質問に対する答えは、

 

・アルバイトやパート等での安定した収入があれば…
・年金受給以外の安定した収入があれば…

 

など、自身が得られる安定した収入が必要なことを強調している事からも、収入のない専業主婦では消費者金融カードローンの審査に申込む事はできないという事になります。

 

もし消費者金融カードローン業者が、先にご紹介した総量規制のルールを破り専業主婦に貸付をおこなった場合には、事業者として営業停止などの行政処分を受ける必要があります。

 

ただでさえ、消費者金融のカードローンというダークなイメージの濃い業界ですから、それに行政処分の話題が乗っかれば今後の経営に大きな影響があります。

 

また、総量規制という言葉を使ってしまうと難しいイメージになってしまったり、理解をするのに利用希望者が手間取るので「安定した収入」という曖昧な感じだけど理解しやすい言葉を使っていますが、

 

結論的には専業主婦は安定した収入がないのでカードローンの利用はできないので審査申込みをしても審査落ちしてしまうということになります。

理由2:カードローンが専業主婦に厳しくなった総量規制

そもそも消費者金融カードローンが専業主婦への貸付を厳しくした背景について説明がたりなかったので説明すると、先にご紹介した総量規制が関係しています。

 

 

総量規制は多重債務問題を解決する目的で作られた貸金業のひとつです。
平成22年6月18日に完全施行され、この法律により消費者金融等を利用した多重債務に悩む人や自殺者が激減したことが完全施行の要因です。

 

総量規制
総量規制は多重債務問題を解決する目的で作られた貸金業のひとつです。

平成22年6月18日に完全施行され、この法律により消費者金融等を利用した多重債務に悩む人や自殺者が激減したことが完全施行の要因です。

 

規制の内容としては…

 

賃金業者は個人への貸付を行う場合、
その個人の年収の3分の1を超えてはいけないという内容です。

 

例えば、
年収300万円の個人は年収の3分の1の金額の100万円が借入可能額です。
300万円×3分の1=100万円

 

ここに照らし合わせると、専業主婦はそもそも収入がないので、総量規制になり、
消費者金融カードローンから借入を受ける事ができないというのが現段階の法律です。

 

ちなみに、このページでは専業主婦の人に向けて記事を作成していますが、正確には安定した収入がない人すべてが対象なので、収入がない、もしくは安定していない学生・自営業・年金受給者などが総量規制の対象となっています。

 

じゃあ専業主婦がカードローンを使う方法はない?

ここまで記事をお読みいただくと「専業主婦はカードローン利用ができないって事?」と感
じた方もいると思いますが、専業主婦おひとりでは消費者金融カードローンを利用するこ
とはできません。

 

ですが、配偶者の方(ご主人)と相談をすれば「配偶者貸付」を利用すれば貸付を受けられる可能性があります。

 

※大手消費者金融カードローンでは、配偶者貸付制度を受け付けていないところもあるの
で、審査申込みをおこなうまえに公式サイトなどで確認してみましょう。

 

もうひとつの銀行カードローンはどうなの?

消費者金融カードローンで専業主婦が借入れをおこなう事はできませんが、銀行カードローンだったら専業主婦でも審査を受ける事が可能なのか?

 

とい質問もよく見かけましが、銀行カードローンの場合は、専業主婦が申込む場合に、配偶者の年収を考慮して貸付可能かを審査するため、ご主人に相談をすれば、消費者金融の配偶者貸付よりもお金を借りれる可能性は高くなります。

 

そもそもですが、消費者金融系・銀行系とカードローンに種類はありますが、この2つは業務をおこなううえで従う法律が「貸金業法」と「銀行法」でことなるため、消費者金融でダメな事が、銀行カードローンでもダメということにはなりません。

 

ので、銀行によっては専業主婦であっても一定の条件をみたす事ができれば、貸付をおこなってくれるところがありますので、まずはご主人に相談。

 

どうしても内緒で審査の申込みをしたいということなら、消費者金融ではなく銀行カードローンに相談してみることをおすすめします。

 

専業主婦のカードローン利用についてのまとめ

ここまで専業主婦の人がカードローンを利用できない理由と、借りれる可能性があるコツをご紹介しましたが、い、いま世の中の流れ的に銀行カードローンも審査が厳しくなり、借入がしにくくなっている銀行もあります。

 

消費者金融にいたっては、ほぼ100%おひとりでの審査通過はできません。

 

完璧な規制をされているわけでもないので、銀行のカードローンであれば審査を受ける価値はありますし、多額の借入を希望しない限りは審査に問題ないと考えられています。

 

お金のことで悩みをずっと抱えているよりも、計画的な借入れで明るく楽しい生活を送ったほうが良いのではないでしょうか。

 

是非、銀行カードローンの一覧から、あなたにあった商品を見つけてください。

 

→その他お金を借りる方法もご紹介中!

 

関連ページ

主婦が借りれるカードローンと注意点
主婦でお金を借りたい人には「収入がある主婦」「収入がない主婦」でわかれます。それぞれお金を借りるならどこがいいかまとめてご紹介します。