カードローンの審査は甘いってホント?[知って得する]審査の甘いカードローン3選!

カードローンの審査は甘いってホント?[知って得する]審査の甘いカードローン3選!

「カードローンの審査は甘い!」
と言っているサイトもあれば、
「審査が甘いカードローンなんかない!」
と言っているサイトがあり、どっちが本当なの?と悩んでしまいますよね。

結論から言うと、カードローンすべての審査が甘いわけではないですが、審査が甘いカードローンもあります

審査が甘いとは、審査の通過率が高いということなので、通過率を見ることで審査が甘いかどうか判断できますね。

通過率が高いところ=審査が甘いところからお金をかりる場合は、絶対に消費者金融がおすすめです。

銀行でお金を借りようとすると、消費者金融に比べて審査にかかる時間も長いことから、厳密に審査されます。

消費者金融は、即日融資をしているところも多く、銀行よりも審査が断然甘いです。

できるだけ審査の甘いカードローンを早く利用したい人には消費者金融が絶対におすすめなのですが、審査の甘い消費者金融カードローンもデメリットがあるので、このあとで詳しく説明していきます。

審査の甘いカードローンのデメリット

審査の甘いカードローンには2つのデメリットがあります。

2つとも、カードローンを利用する上で見落としてはいけない点なので、必ずチェックしておきましょう!

金利が高い!

審査の甘い消費者金融は一般的に銀行に比べて金利が高いです。

また、消費者金融の中でも、審査が甘ければ甘いほど、金利が高いです。

金利が高いほど毎月の利息も高くなるため、審査を甘くして沢山の人に融資することで、なるべく多くの利息を得ようとしているんですね。

審査が甘い消費者金融を見てみましょう

消費者金融 金利 限度額
キャレント 7.8%~18.0% 1万円~500万円
アロー 15.00%~19.94% 200万円
スカイオフィス 15.0%~20.0% 1万円~50万円
プラン 15.0%~20.0% 1万円~50万円

これらの消費者金融は、過去に債務整理や自己破産の経験がある方や現在他社借入がある方でも審査が通る可能性があるくらい審査が甘いです。
(大手消費者金融や銀行の場合、債務整理の経験があるだけで借りれなかったりします。)

しかし、金利を見てもらうとわかりますが、かなり高く設定されています。銀行の場合、およそ5%~12%程度であるのに対して、これらの消費者金融はどれも15%を超えています。

審査が甘くないと絶対にカードローンの審査に通らないとわかっている人以外は、これらのカードローンの利用は返済が滞る危険があるので、できるだけ避けましょう。

総量規制に引っかかってしまう可能性も!

審査の甘いカードローンには年収の3分の1までしか借りられないという総量規制が定められているんです。

これは審査の甘い消費者金融だけでなく、すべての消費者金融に当てはまります。

ですので、審査に甘いからといって申込みをしても、すでに他社からの借入が年収の3分の1を超えている場合は、お金を借りることができません。

総量規制について詳しく知りたい方はこちらの記事を御覧ください。

総量規制とは?|例外や対象外のローンも解説! 総量規制とは?|例外や対象外のローンも解説!

審査の甘い消費者金融のデメリットを紹介しました。

「金利も低くて、審査も甘いカードローンってないのかなー」
と思っているそこのあなた!

実は、金利が比較的低くて、審査も通りやすいカードローンがあるんです!

この記事では超おすすめの消費者金融カードローン3社を特別に紹介します!

金利が低い!超おすすめ人気のカードローン3選

アイフル

年率 限度額 審査時間
3.0%~18.0% 800万円 最短30分
審査の甘さ 事前診断 特徴
1秒簡易審査 利息最大30日間無料

アイフルで借り入れをする場合、すべてWEBで完結するため来店は不要です。また、郵送物などがないため、誰にも知られずに借り入れができます。

そしてなんといっても、利率が低く、審査が甘い

審査がどれくらい甘いのかは、この下のアイフルが年間に審査承認した割合でわかります。

アイフル年間承認率

4月 5月 6月 7月 8月 9月
42.5% 42.0% 42.9% 47.4% 47.3% 47.4%
10月 11月 12月 1月 2月 3月
46.4% 45.9% 47.3% 45.8% 45.9% 46.5%

ほとんどの月で45%を上回っており、2人に1人が審査に通過していることがわかります。

この数字は申込み自体ができなかった学生や高齢者も含まれているので、申込み要件を最低限満たしているだけで、審査の承認率はもっと高くなるはずです。

プロミス

プロミス

年率 限度額 審査時間
4.5%~17.8% 500万円 最短30分
融資時間 事前診断 特徴
最短即日 3秒簡易審査 収入証明書不要

プロミスでお金を借りる場合、事前に通過できるかどうかを判断する3秒診断を使うことで、最短1時間で融資を受けることが可能です。

また、身分証明書があればよく、収入証明書は不要なのが特徴的です。

利率はアイフルほどではないものの、急いで借りたい人にはぴったりです。

プロミス年間承認率

4月 5月 6月 7月 8月 9月
43.9% 45.1% 44.8% 43.9% 46.0% 46.4%
10月 11月 12月 1月 2月 3月
46.8% 47.3% 44.8% 44.6% 45.9% 45.6%

プロミスの年間審査の承認率を見てみると、平均が45%とアイフルについで高い数字となっています。

アコム

年率限度額審査時間3.0%~18.0%800万円最短30分審査の甘さ事前診断特徴3秒簡易審査最大30日間無利息

アコムでお金を借りる場合、最大30日間無利息で融資を受けられます。

また、利息が低く、審査が甘いため、人気のカードローンです。

ただ、これだけだったら、アイフルと大して変わらないじゃないかと思われるかもしれません。

アイフルが人気の理由は、サポート体制が万全であることです。

口コミを見るとよくわかりますが、「困ったときのオペレーターの対応が非常によく、安心して借りることができた」と、初心者の方には特に人気なんです。

アコム年間承認率

4月 5月 6月 7月 8月 9月
45.1% 47.7% 46.8% 45.2% 45.8% 45.3%
10月 11月 12月 1月 2月 3月
44.9% 44.7% 43.0% 42.0% 44.1% 43.2%

アコムも高い承認率を誇っていますね。

審査の通りやすさとサポートの丁寧さから、初心者には特におすすめなカードローンと言えますね。。

厳しいカードローン審査を甘くする方法

銀行系のカードローンに比べて、先ほど紹介した消費者金融は審査が圧倒的に通過しやすいです。

ただし、それでも一部の人はどうしても審査に落ちてしまっています。

審査の通過率が高くても審査に不安な方は、できる限り審査が甘くなるように工夫することができるので、その方法を実践しましょう。

狙い目の時期に申込みをする

一般的に消費者金融では、月末に契約ノルマ達成などの目標のため、審査に通りやすくする傾向があります。

ですので、その狙い目の時期に申込みをするだけで、審査通過率がUPします。

また、サラリーマンがボーナスをもらう6月、12月はお金を借りようとする人がそもそも少なくなるので、消費者金融はノルマ達成のため、審査を甘くする傾向があります。

3月、6月、12月は消費者金融の場合、決算月に当たるので、サラリーマンのボーナス事情も踏まえると、もっとも審査が甘くなるのは6月と12月だと言えますね!

おまとめローンを利用する

おまとめローンとは、いくつかの借入先から借りていたお金を一つの会社にまとめてしまうことです。

カードローンの審査では、すでにいくつかの借入先からお金を借りている場合、多重債務として審査が厳しくなってしまいます。

借りている金額よりも、いくつの会社からお金を借りているのかが見られるということですね。

EX)
✕3社から借入→A社50万円、B社20万円、C社30万円

おまとめローン
◯1社から借入→A社から100万円

このように、同じ金額でもおまとめローンを組むことで多重債務者とみなされないため、審査が甘くなる場合があります。

まとめ

ここまで審査の甘いおすすめカードローンを紹介してきました。

カードローンの審査は一度でも落ちてしまうと信用情報に傷がつくので、できるだけ審査の甘いカードローンに申込むことをおすすめします。

ただ、この記事を見ている皆さんの中で、すでに一度審査に落ちてしまっているという方もきっといらっしゃいますよね。

この記事で紹介した審査の甘いカードローンに申込みをする前にぜひこのこちらの記事も合わせて参考にしてみると、審査の通過率がぐっと上がること間違いなしです!

カードローン審査に落ちた方必見!審査に落ちる13の理由とその対処法紹介 カードローン審査に落ちた方必見!審査に落ちる13の理由とその対処法紹介

審査が甘くなる方法もご紹介したので、審査に対する不安をなくした状態で、おすすめカードローンに申込みましょう。

ぜひカードローンをうまく活用して、充実したマネーライフを送ってくださいね!