市役所でお金を借りる

市役所でお金を借りる方法について

今、就職活動中で、これから働くための準備はしている、または仕事はしているけど現在収入が安定しない方、「定職についてないからお金を借りる事ができない」、「収入が少なく生活に困っている」という方は一度市役所にいくことをおすすめします。

町田市、横浜市…というように、各市区町村では「生活福祉資金貸付制度」という福祉協議会がおこなっている貸付制度があり、
カードローンではお金を借りる事ができない人であっても、条件を満たす事ができればお金を借りる事ができます。

生活福祉資金の貸付対象の条件

貸付をおこなった事で、そのあとに自活ができる見込みがあって、他から(カードローン・キャシング)からの借入が困難な世帯。

低所得世帯

貸付をおこなった事で、そのあとに自活ができる見込みがあって、他から(カードローン・キャシング)からの借入が困難な世帯。

障害者世帯

身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を持っている人(現在、障害者支援法によるサービスを受けている人)が住んでいる世帯。

高齢者世帯

65歳以上の高齢者が住んでいる世帯(日常生活上療養または介護を要する人)

市役所で借りれる公的融資制度は、低金利(条件を満たせば無利子にもなる)でお金を借り事ができ、借りた金額をそのまま返せばいいので、もっとも借りやすい方法だと思います。

ただ「今日お金が必要なんだよ」という方は、貸付審査には時間がかかり、低金利で貸付をおこなう分、
消費者金融のキャッシングよりも、審査はかなり厳しめに設定されているので、「完全に今は無職で働ける見込みがない」とい方は、大概審査の段階で落ちてしまう可能性があります。

まずはお住いの市区町村の役所に問い合わせてみましょう。

借入申込者は、原則として、連帯保証人を立てることが必要ですが、連帯保証人を立てない場合も借入申込をすることができます。
貸付利子の利率は、連帯保証人を立てる場合は無利子、連帯保証人を立てない場合は年1.5%となります。

連帯保証人と貸付利子の条件

市役所で借入の申込みをする方は、お金を借りるには原則として、連帯保証人を立てることが必要になりますが、
生活福祉資金貸付制度の場合は、連帯保証人を立てなくても借入れ申込をすることができます。

※貸付利子の利率は、連帯保証人を立てる場合は無利子、連帯保証人を立てない場合は年1.5%です。

市役所でお金を借りる方法を、詳しく知りたい方はお住いの都道府県の福祉協議会に電話、お近くの人は生活福祉課の窓口にいって相談してみましょう。

最後に

ここまで市役所でお金を借りる方法について、要点のみをまとめながらご紹介しました。

生活福祉資金貸付制度の利用には、一定の条件があるため誰もが申請したからといって審査に通るわけではありませんので、まずは市・区役所に相談して、ダメだった場合にお金をどうやって工面するかも事前に考えておくようにしましょう。

安心なお金の借り方