審査が甘いとは?即日融資の実態を大解説!

審査が甘いとは?即日融資の実態を大解説!

日々生活しているなかで、急にお金が必要になってしまう場面があると思います。

「たくさんある消費者金融でどれを選べばいいの?」
「審査が甘い消費者金融なんてあるの?」

こんな不安を感じてしまう人は非常に多いと思います。

お金の問題は生活する上でとても重要な問題です。
もし間違いを犯してしまうと、今後の生活が危なくなってしまうこともあります。

だからこそ、この記事ではそんなことが起こらないように、
重要なポイントをしっかり解説していきます。

それではまず、審査が甘いとはどういうことかについてお話していきます。

即日融資ができる&審査が甘いはあり得る?

即日融資ができる消費者金融は探せば探すほどでてきます。
では審査が甘い業者はその中にあるのでしょうか?
もしあれば、ぜひ利用してみたいですよね!
まずは、そんな審査が甘いところがあるのかを説明しましょう!

甘いのではなく、早い

即日融資ができる消費者金融は多くあります。これは大手でも中小でも同じです。
では審査が甘いなんてことはあるのでしょうか?

それは全くありません!

「即日融資は審査が甘い」
「中小消費者金融は審査が簡単に通る」

こんな評判を聞いたことがあるかもしれません。
これらは結果的に、その人が甘い・簡単と感じただけであり、
こう思う理由は、審査が早いからです。

審査が早いということは、審査項目が少ないということです。
だから比較的通過率がいいという話に繋がります。

では
「〇〇消費者金融は審査が甘い!」
というのはどういうことか次に説明していきます。

甘いと言われるのは審査手順が違うだけ!

これも簡単な話であり、消費者金融が
お金を貸すために確認するものは全く一緒です。

では何が違うのかというとその審査をする方法が違います

大手消費者金融の審査
大手では広告をしていることもあり、申込数がかなり多いです。
なのでコンピューターによる自動審査を行っており、
単純に信用情報に傷があったり、返済能力が低い人は審査落ちしてしまいます。
中小消費者金融の審査
中小では、最初から人の手で審査しています。
もちろん信用情報も確認しますが、それ以上に重視しているのが、
現在の返済能力があるかどうかです。
年収や勤続年数といった属性審査が厳しく見られ、書類の確認が大事になってきます。

結果として中小消費者金融では、
即日融資が受けにくくなってしまう可能性が高くなっていきます。

逆に大手であれば、信用情報が大事とはいえ、
即日融資であれば、約2ヶ月金融事故が起こっていなければ
審査通過の可能性があります

では広告で時々見かける
「審査なし!」 「在籍確認なし!」
はどういう意味なのかお話します。

ありえない条件は闇金!!

闇金は常識ではありえないほどの好条件で
宣伝することで、消費者を騙そうとしてきます。

なので「審査なし」「在籍確認ない」
といった言い方は闇金しか行わず、
まともな消費者金融であれば絶対使わないセリフになります。

もしこのようなフレーズが使われている消費者金融の広告があれば、
十分注意してみる必要があります。

次に、即日融資は大手と中小どっちがいいのかについて解説していきます。

即日融資は大手と中小どちらがいいの?

結論から言いますと、
この記事では絶対的に大手消費者金融をおすすめします

なぜこういうのかを、まずはこの2つの違いからお話します。

そもそも大手と中小の違いは?

上記でも少し触れていましたが、
そもそも大手と中小では何が違うのかわかりにくいと思います。
なので簡単な表でまとめてみました!

金融機関 共通点 メリット デメリット
大手消費者金融 ・本人確認書類か
収入証明書が必要
・在籍確認がある場合がある
・ほとんどの大手が即日融資が可能
・知名度もあり、安心感がある
・信用情報に傷があると審査落ちやすくなる。
中小消費者金融 ・人が審査するから
審査基準が柔軟
・土日祝日だと融資が受けられない
・追加融資は難しい
・条件により、金利が高くなる

注目すべき点は、デメリットの部分です。
中小でデメリットになっている部分が、大手であればだいたい解決されています。

しかし大手のデメリットである信用情報も、大きなキズがあれば落ちる原因になります。
これはかなり大きなデメリットです。

それでもなぜこの記事では大手をおすすめしているのかを
次に説明します。

大手であれば即日融資可能!

大きなデメリットがあっても
大手をおすすめする理由は利便性です。

大手消費者金融では、自動契約機やネット上で申込から返済までできる環境が整っています。
そして自動審査ということは、それだけ審査の時間がかからないということです。
今まで審査してきたデータをもとに素早い判断をしてくれます。

人の手だと確かに柔軟な対応ができますが、
即日融資においてはスピード感が大切です。

安心感が違う!

また大手消費者金融では安心感が違います。
大手では、基本的に有名な銀行と提携しているので
知名度が低い中小と比べても、安心感が大きいと思います。
だからこそ、悪どい取り立てなどもなく、安心して利用出来ます。

確かに中小でなければ審査が通らないと考える人も多いでしょう。
しかし知名度があるということは、それだけ多くの人が利用し、満足しているということです。
この安心感は「お金を借りる」という行為においてとても大切なことです。

また、即日融資であれば大手であっても
61日を超える延滞や債務整理などの金融事故がなければ、即日の審査は通りやすいです。

確かに信用情報に傷があれば、審査は難しくなるかもしれません。
それでもこの利便性安心感は、他の中小消費者金融では存在しないメリットです。
なので即日融資を受けるのであれば、まずは大手消費者金融をおすすめします。

こちらが当記事のおすすめしている
審査スピードに力を注力している「プロミス」になります。

プロミス

プロミスの特徴
実質年利 4.5%~17.8%
融資可能額 1万円~500万円

お金を借りるまでの時間は、どこの業者も早くなっていっています。
それでも最短1時間融資をすることができるのが、プロミスの強みです。

また初めて利用する人は、30日間利息0円で借りることもできます!
Webで簡単に申込むこともでき、多くの人が利用している業者です。

気になる方はぜひこちらからホームページに行ってみてください。

プロミス

プロミスカードローン

それでは大手をおすすめする理由がわかったところで、
次はそもそも融資を受けれない状況についてお話します。

消費者金融で借りられない状況とは!?

今までさんざん融資について解説しましたが、
そもそもある状態だと、融資を受けることがほぼできないことになります。

それは総量規制というものです。
まずはこれについて説明します。

総量規制とは?

これは個人の過剰借入を防ぐためのものであり、
「個人の借入が、年収の1/3まで制限される」
という仕組みです。

これは1社からの借入でなく、貸金業者からの借入の合計が1/3以内でないといけないということです。

注意
もしこれを超えて借りようとすると、貸金業者に重い罰則が下ってしまいます。
なので年収の1/3を超えての借入はできません。

しかしこれの対象になっていないのであれば、借り入れをすることは可能です。
またもし大手の審査が落ちてしまった人のためにも
即日融資ができる中小消費者金融をいくつか紹介します。

即日融資に対応してくれる中小消費者金融

大手とは違って審査が柔軟である中小消費者金融。
一言に中小消費者金融といっても、有名なところはいくつかあります。
ここではそんな中でも、即日融資が可能な消費者金融を紹介します!
評判も良い業者なので、これらも安心して利用してもらえます。

フクホー

フクホーのおすすめポイント

フクホーは創業50年を超える老舗消費者金融です。
審査スピードに優れており、
24時間インターネットで受け付けているのが大きな特徴です。

実質年利 7.30%~18.00%
借入限度額 5~200万円
特徴 ネット申請可能、来店不要、書類受け取りがコンビニで可能

フクホー公式サイト

セントラル

セントラルのおすすめポイント

こちらも30年以上続いている舗消費者金融です
延滞や多重債務など大手では
なかなか通らない人でも融資をしているのが特徴です。

実質年利 4.80%~18.00%
借入限度額 1~300万円
特徴 ネット申請可能、来店不要、自動契約機あり

セントラル公式サイト

他にも「フタバ」「アルコシステム」などなど様々あるので
是非利用してみてください。

ではそんな融資を受ける時に、
落ちないようにするためにのアドバイスをまとめてみました!

即日融資の審査に落ちないためには?

希望金額は少なめに

借入金額が少ないほど、審査通過率が上がります。
重要な点は、申し込み者の年収に対しての希望額です。
たとえ年収が低くても、借り入れする金額が低ければ問題ないということです。

他社借入が多くないか?

明確な基準はないが、借入金額がどれだけあるか、
またいくつの消費者金融から借入しているかによって落ちるかどうかが変わってきます。
これらは数が少なければ少ないほどいいので、減らせるのであれば減らしましょう。

金融事故を起こしてないか?

もし延滞自己破産過払い金の債務整理クレジットカードの強制解約などが
起こってしまっていたら、借り入れすることが難しいので気をつけましょう。
詳しくはこちらでも紹介しているので、気になる方は見てみてください!

これらを意識すれば、審査で落ちにくくなります!
では次に、即日の融資を受けるときに気をつけることをまとめていきます。

即日融資を受けるための注意点

これから話す注意事項は、即日融資を受ける際に気をつけないといけません。
なぜなら1日で審査から融資を行うので、必要な手順がいくつかあるからです。
それでは1つずつ見てみましょう。

来店の必要性

まずはこれが一番大事です。
これは大手も中小でも気をつけないといけない点です。

「即日融資可能」と謳っていても、
実際には来店しないと融資を受けられない場合があります。
また書類を郵送してから審査をするところもあり、これも即日では融資を受けれません。

なので即日を重視するのであれば、電話やネット、
もしくは自動契約機で契約ができる消費者金融でないといけません。
基本的に必要書類をネットでアップロードできるところは即日融資を受けれます。

申し込みは午前中に

消費者金融で即日融資を受けたい時は、
申し込みだけでも午前中に済ませておくのをおすすめします。
遅くとも13時までに申し込みができないと、即日融資に間に合いません。

大手や中小消費者金融もネットから24時間申し込み可能ですが、
審査は営業時間内でないと行っていません。

また、実際にお金を受け取る方法は、銀行口座への振込が多いです。
振込融資は銀行窓口の営業時間内でないと完了しないため、
平日の15時までが申込日当日に融資を受けられる時間です。
そのため、申し込みはできるだけ早い時間にしておけば、
即日融資を受けられる可能性が高まります。

もし来店契約であっても、申し込みを済ませておけば審査が進み、店舗に着いてからは契約手続きだけで済みます。

来店契約でもネット申込みでも、午前中に申し込めば、
スムーズに融資を受けることが可能です。

必要書類の準備

審査には、契約時に本人確認書類収入証明書の提出が必要な場合があります。
まず大手消費者金融であれば、
運転免許証などの本人確認書類があれば契約可能です。
これだけで審査ができる業者は、
「プロミス」や「アコム」など多くあります。

しかし中小消費者金融を利用する場合は収入証明書類の提出も、
借入額に関係なく必須な場合があります。

収入証明書類として認められる書類は会社によって違いますが、

  • 「住民税課税決定通知書」
  • 「源泉徴収票」
  • 「確定申告書」
  • 「直近1、2ヶ月分の給与明細」
などが1点、ないし2点必要になります。

何が必要になるかは申込先次第なので、
申公式ホームページの申し込み要項を
確認しておくことをおすすめします。

まとめ

色々お話してきましたが、簡単にまとめるとこのようになります。

  • 審査が甘い業者は存在しない!
  • 絶対に借りられない状況がある!
  • 中小ではメリットもあるが、デメリットも大きい!

まず審査が甘いのではなく、審査が早いということを覚えておきましょう。
もし書類確認などがなく、融資を受けられるのであれば、
それは闇金になるので注意が必要です。

また総量規制に引っかかってしまうと、
大手でも中小でも借りることはできないので、
借りる金額には注意して行いましょう。

また中小消費者金融は審査が人の手で行われていたりと、
大手と違う部分は多いです。

ですが、中小だと自動契約機がなかったり、
知名度が低かったりと気になる点が多いです。
また闇金に出会う確率も高くなり、注意しないと行けない点が増えていきます。

これらの懸念点が、大手であれば問題なく利用できます。
なので、まず即日融資を利用するのであれば、
大手消費者金融から利用するのをおすすめします。

こちらが当記事がおすすめする大手消費者金融のプロミスです。
気になる方はぜひホームページを見てみてください!

プロミスカードローン