【必読!】奨学金の選考に落ちることはある?奨学金の選考基準まとめ

【必読!】奨学金の選考に落ちることはある?奨学金の選考基準まとめ

JASSO日本学生支援機構の奨学金は、申し込み基準を満たしていれば、選考に落ちる可能性は低いです

まずは、JASSO奨学金の選考基準をきちんと理解しましょう。

この記事では

  • 自分に合った申し込み基準から選ぶこと
  • 選考基準で重要なのは学力基準と家計基準
  • 選考に落ちても在学採用で再チャレンジできる

についてわかりやすく解説していきます。

JASSO奨学金の選考に通るか不安に思っている人は、申し込む前にぜひ参考にしてくださいね。

JASSO奨学金の申し込み基準 ~どんな人に向いている?~

JASSO奨学金の申し込み基準

JASSO奨学金は、 定められた基準を満たした人が受けられます。

申し込み基準には学力家計人物があり、どの奨学金に申し込むかによって基準が変わるんです。

奨学金を返さなくていい給付型奨学金や、利息がつかない第一種奨学金にこだわらず、自分に合った申し込み基準を選ぶことが大切です!

そして、もっとも確実な予約採用で申し込むようにしてください。

JASSO奨学金は、貸与可能な予算が毎年決まっています。
入学後の申し込みで、採用枠が残っていない・・・なんてことも。早めに採用枠を予約して、確実に奨学金を受けられるようにしておくと安心です!

自分に合った申し込み基準を選ぼう!

ここでは、JASSO奨学金の申し込み基準について解説していきます。

自分がどの申し込み基準を満たしているのか確認してみてください。

▼予約採用の場合

もらう【給付型】
経済的理由により進学が困難な学生に対し、平成29年度から創設されました。
給付型奨学金
家庭の収入がかなり厳しい人におすすめ!!/学力基準
高い学習成績を収めているなど家計基準
住民税非課税世帯または生活保護受給世帯の人人物基準
学習活動そのほか生活全般を通じて態度・行動が奨学生にふさわしく、将来良識ある社会人として活動し、将来的に社会に貢献する人物となる見込みがあること
借りる【貸与型】
利息がつかない「第一種奨学金」
高校の成績に自信がある人におすすめ!!/学力基準
高校2年生までの全履修科目の評定平均値(5段階評価)家計基準
給与所得が4人世帯の場合(年収の目安)評定平均値が3.5未満でも以下のいずれかを満たし、学修意欲があれば申し込み可能
・住民税非課税世帯
・生活保護受給世帯の学生
・社会的養護を必要とする学生(児童養護施設の入所者など)
利息がつく「第二種奨学金」
確実に奨学金を借りたい人におすすめ!!/
学力基準
学修意欲があることなど家計基準
給与所得が4人世帯の場合(年収の目安)

「給付型奨学金だけで足りるかな?」と不安な人は、給付型に貸与型を併用することができます。

また、貸与型の第一種奨学金と第二種奨学金の併用も可能です。つまり、基準を満たせばすべて併用できるんです!

給付型奨学金・第一種奨学金・第二種奨学金の違いについて、くわしく知りたい人はこちらで紹介しています。
奨学金はどこがいい?|おすすめの奨学金制度の種類を完全解説! 奨学金はどこがいい?|おすすめの奨学金制度の種類を完全解説!

第一種奨学金と第二種奨学金の併願がおすすめ!

JASSO奨学金の第一種奨学金に落ちてしまっても、第二種奨学金で選考通過できる可能性があるので、第一種奨学金と第二種奨学金を併願で申し込むことをおすすめします!

併願での申し込みパターンはいくつかあり、そのなかでも【第二種奨学金】を押さえておくことがポイントです。

併願でのおすすめ申し込みパターン

  1. 【第一種奨学金】が不採用の場合は【第二種奨学金】を希望
  2. 【第一種奨学金・第二種奨学金併用】が不採用の場合は【第二種奨学金】のみ希望
  3. 【第一種奨学金・第二種奨学金併用】および【第一種奨学金】が採用の場合は【第二種奨学金】を希望

予約採用の申し込みパターンをくわしく知りたい人は、こちらで紹介しています。
【保存版】奨学金の申し込みから受給されるまでの流れ 【保存版】奨学金の申し込みから受給されるまでの流れ

JASSO奨学金の選考基準 ~重要なのは学力基準と家計基準~

JASSO奨学金の選考基準

JASSO奨学金の選考基準は、申し込み基準とほぼ同じです。

そして、とくに重要なのは学力基準家計基準

給付型奨学金は、各高校ごとに推薦のうえ選考が行われます。

ここでは、第一種奨学金と第二種奨学金の基準をさらにくわしく見ていきます。

学力基準

高校での成績が選考を左右します。

▼予約採用の場合

第一種奨学金高校2年生までの成績が評定平均値3.5以上(5段階評価)

または

評定平均値が3.5未満でも以下のいずれかを満たし、学修意欲があれば申し込み可能
・住民税非課税世帯
・生活保護受給世帯の学生
・社会的養護を必要とする学生(児童養護施設の入所者など)

第二種奨学金以下のいずれか
・高校の申し込み時までの成績が平均水準以上
・特定分野でとくに優れた資質能力がある
・大学などで学修意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがある

第一種・第二種併用第一種と同じ

第一種奨学金は、厳密に評定の数値を3.5以上と定めています。

第二種奨学金では、成績を「平均水準」としていますが、特定の資質や意欲が評価されるので、第一種奨学金よりは第二種奨学金のほうが緩やかな選考といえます。

新ルール!住民税非課税世帯の人は条件緩和される
平成29年度に第一種奨学金の学力基準が撤廃される新ルールができました!
これまでは学力基準と家計基準を満たしているのに、予算の制約から第一種奨学金を受けられない人がいました。
今回の条件緩和により、住民税非課税世帯の人は学力基準が免除され、希望すれば第一種奨学金が受けられるようになりました。

家計基準

給与所得者は年収でチェックされ、それ以外の自営業者などは所得で選考されます。上限額の目安が規定されており、上限額は世帯人数によって異なります。

▼予約採用の場合

第一種奨学金

世帯人数 給与所得世帯 給与所得以外の世帯
3人 657万円 286万円
4人 747万円 349万円
5人 922万円 514万円

第二種奨学金

世帯人数 給与所得世帯 給与所得以外の世帯
3人 1,009万円 601万円
4人 1,100万円 692万円
5人 1,300万円 892万円

第一種・第二種併用

世帯人数 給与所得世帯 給与所得以外の世帯
3人 599万円 245万円
4人 686万円 306万円
5人 884万円 476万円

第二種奨学金に比べて、第一種奨学金の家計収入は低くく、第一種奨学金よりもさらに第一種・第二種併用の家計年収は低く設定されているのがわかります。

返済能力のある連帯保証人・保証人を設定しよう!

JASSO奨学金の貸与型では、保証制度を選択する必要があります。

保証制度には人的保証機関保証の2つあり、過半数が人的保証を選択しています。

人的保証では、十分な返済能力のある連帯保証人や保証人を選ぶことで、さらに選考は通りやすくなります。

逆に、自己破産して債務整理中である場合など、信用情報に不安のある親や親族にお願いすると、信用情報を照会されて不利な状況になる可能性があります。

では、人的保証と機関保証についてそれぞれ説明していきます。

人的保証制度

人的保証を選択した場合は、連帯保証人保証人の両方を立てる必要があります。

▼連帯保証人とは
原則として父母

▼保証人とは
65歳未満で4親等以内の親族。連帯保証人とは別生計の人

メリット
保証料が不要

✖デメリット
自己破産したら、連帯保証人→保証人の順に返済を求められる

機関保証制度

機関保証を選択した場合は、連帯保証人・保証人を立てる必要はありません。
保証機関である公益財団法人 日本国際教育支援協会に一定の保証料を支払って、連帯保証してもらいます。

▼保証料の月額目安
(借りる月額と年数によってかわります)

  • 第一種奨学金:500円~2,666円
  • 第二種奨学金:592円~8,390円
メリット
連帯保証人、保証人が不要
よって、保証人の信用情報を気にする必要がない

✖デメリット
毎月の奨学金から保証料が差し引かれるため、奨学金の受け取り金額が少なくなる

人的保証・機関保証は変更できるの?

入学後の最終手続きである進学届で、「人的保証⇄機関保証」それぞれ変更が可能です。

奨学金の貸与が開始してからは、人的保証から機関保証へは変更できません。

機関保証から人的保証は変更できますが、貸与開始までさかのぼって保証料を一括で支払う必要があります。

やむを得ない事情で、人的保証の連帯保証人や保証人を途中で変更したい場合は、届け出を提出することで変更可能です。

各種変更手続きについては、こちらでくわしく紹介しています。
【まとめ】奨学金の継続・在学猶予・繰上返還ほか変更手続き 【まとめ】奨学金の継続・在学猶予・繰上返還ほか変更手続き

JASSO奨学金の選考に落ちた!どうしたらいい?

JASSO奨学金の選考に落ちた

JASSO奨学金は、予約採用で落ちてしまっても、入学後や進級後にも申し込みのチャンスがあります

ここでは、選考に落ちる可能性が高い家計基準について説明したうえで、在学採用で再チャレンジする前に知っておくべき学力基準と家計基準を解説していきます。

家計収入が一定以上だと不採用の可能性大!

家計収入がポイントJASSO奨学金の選考に落ちる1番の理由は、家計収入の多さだといわれています。

家計基準である年収の上限額は「目安」としていますが、しっかり選考されているんですね!

家計収入の上限に引っかかると、不採用となる可能性が高くなるので気をつけましょう。

もし家計基準が理由で選考に落ちた場合は、JASSO奨学金以外の方法を考えたほうがいいかもしれません。

銀行などの民間の教育ローンであれば、年収制限なく利用できます。

関連記事:

まだ諦めるのは早い!在学採用で再チャレンジしよう

在学採用で再チャレンジ学力基準も家計基準も満たしているのに、それでもJASSO奨学金の選考に落ちることがあります。

JASSO奨学金をとにかく受けたい場合は、秋に行なわれる第二種奨学金の予約採用に再度申し込んでみましょう。

「どうしよう⁉秋の予約採用も落ちてしまった・・・」

そんな人もいると思います。でも大丈夫。まだ諦めるのは早いです!

入学後の在学採用で再チャレンジすることができますよ。

在学採用における学力基準家計基準をちょっと見ていきましょう。

在学採用の学力基準

在学採用の学力基準は、予約採用と異なり、高校2~3年生の成績が対象となります。

第一種奨学金高校2~3年生の成績が評定平均値3.5以上(5段階評価)

または

評定平均値が3.5未満でも以下のいずれかを満たし、学修意欲があれば申し込み可能
・住民税非課税世帯
・生活保護受給世帯の学生
・社会的養護を必要とする学生(児童養護施設の入所者など)

第二種奨学金以下のいずれか
・高校の申し込み時までの成績が平均水準以上
・特定分野でとくに優れた資質能力がある
・大学などで学修意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがある

第一種・第二種併用第一種と同じ

在学採用の家計基準

在学採用の家計基準は、予約採用より緩やかになっています。

第一種奨学金

世帯人数 給与所得世帯 給与所得以外の世帯
3人 国公立 自宅 662万円 289万円
自宅外 729万円 336万円
私立 自宅 729万円 336万円
自宅外 791万円 383万円
4人 国公立 自宅 742万円 345万円
自宅外 800万円 392万円
私立 自宅 800万円 392万円
自宅外 847万円 439万円
5人 国公立 自宅 936万円 528万円
自宅外 1,030万円 622万円
私立 自宅 1,030万円 622万円
自宅外 1,124万円 716万円

第二種奨学金

世帯人数 給与所得世帯 給与所得以外の世帯
3人 国公立 自宅 1,012万円 604万円
自宅外 1,059万円 651万円
私立 自宅 1,059万円 651万円
自宅外 1,106万円 698万円
4人 国公立 自宅 1,096万円 688万円
自宅外 1,143万円 735万円
私立 自宅 1,143万円 735万円
自宅外 1,190万円 782万円
5人 国公立 自宅 1,314万円 906万円
自宅外 1,408万円 1,000万円
私立 自宅 1,408万円 1,000万円
自宅外 1,502万円 1,094万円

第一種・第二種併用

世帯人数 給与所得世帯 給与所得以外の世帯
3人 国公立 自宅 603万円 248万円
自宅外 670万円 295万円
私立 自宅 670万円 295万円
自宅外 737万円 342万円
4人 国公立 自宅 680万円 302万円
自宅外 747万円 349万円
私立 自宅 747万円 349万円
自宅外 804万円 396万円
5人 国公立 自宅 898万円 490万円
自宅外 992万円 584万円
私立 自宅 992万円 584万円
自宅外 1,086万円 678万円

JASSO奨学金の在学採用の募集は、毎年4月に行なわれます。

(給付金奨学金は、予約採用のみで在学採用では申し込みできません)

予約採用で第一種奨学金に落ちてしまったけど、どうしても第一種奨学金に再チャレンジしたい場合も申し込み可能です。

第一種奨学金の在学採用では、採用枠が大学ごとに異なるので、進学後に確認してみてください。

予約採用や在学採用の申し込み方法について、くわしく知りたい人はこちらで紹介しています。
【保存版】奨学金の申し込みから受給されるまでの流れ 【保存版】奨学金の申し込みから受給されるまでの流れ

そもそも奨学金を受けられない人は教育ローンが便利!

教育ローンJASSO奨学金の学力基準や家計基準にあてはまらず、そもそも奨学金を受けられない人は教育ローンが大変便利です。

JASSO奨学金よりどちらも金利は高くなります。

日本政策金融公庫が取り扱っている
国の教育ローン

JASSO奨学は学生本人が月額で借り入れし、国の教育ローンは保護者が一括で借り入れします。

国の教育ローンの年収制限は、世帯の子どもの人数により、それぞれ上限額が設定されています。
そして、世帯全員の年収合計が下表の範囲に収まっている必要があります。

扶養している
子どもの人数
世帯全員の年収合計の上限額
(事業者所得の場合)
1人 790万円
(590万円)
2人 890万円
(680万円)
3人 990万円
(770万円)
4人 1,090万円
(870万円)
5人 1,190万円
(970万円)

そのほか、JASSO奨学金と国の教育ローンの金利返済期間などの違いを比較してみました。

金利(平成29年3月時点)

第一種奨学金 無利息
第二種奨学金 固定金利0.33%
変動金利0.01%
(在学中は無利息)
国の教育ローン 固定金利1.76%
(貸付と同時に利息がつく)

返済期間

第一種奨学金 貸与総額により13年~20年
第二種奨学金
国の教育ローン 最長15年

国の教育ローンは、入学前だけでなく、大学などの在学中でも申し込み可能です。

在学中であっても、返済を行わなければならないので注意してください。

【民間の教育ローン】

代表的なもので、銀行の教育ローンがあります。

国の教育ローンよりも審査に通りやすいといわれています。ただし、教育ローンの種類によっては、審査基準が変わってくるので注意が必要です。

JASSO奨学金以外の方法でお金を借りるのなら、親の協力が必要となります。しっかり親子で話し合って決めてくださいね。

教育ローンについては、こちらでくわしく紹介しています。

関連記事:

まとめ

まとめ

JASSO日本学生支援機構の奨学金は、申し込み基準を満たしていれば、選考に落ちる可能性は低いです。

そのためにも、まず自分に合った申し込み基準を選びましょう。

選考基準は申し込み基準とほぼ同じで、とくに重要なのは学力基準家計基準です。

もしJASSO奨学金の選考に落ちてしまっても、入学後や進級後の在学採用で再チャレンジできるので安心してください。

最後に、JASSO奨学金の選考基準でよくある疑問を簡単にまとめてみました。合わせて、参考にしてくださいね。

奨学金Q&A

JASSO奨学金の予約採用が決定していたのに浪人してしまった!どうなる?

高校を浪人してしまった場合は、入学後の最終手続きである進学届が提出できないため、予約採用自体が無効になります。
高校卒業後2年以内なら、再度JASSO奨学金を申し込むことができるので挑戦してみましょう。

JASSO奨学金には年齡制限があるのか?

原則、年齢制限はありません。
大学院に通う場合など、社会人でもJASSO奨学金は利用できます。
ただし、保証人には年齢制限があり、65歳未満となっています。
その場合は、機関保証を利用すれば問題ありません。

連帯保証人は親で問題ないとして、保証人の別生計とはどのような状況なの?

一緒に暮していても別生計なることもあれば、別に暮らしていても同一生計になることがあります。
同一生計、別生計、独立生計それぞれの定義を有名なアニメ「サザエさん」の磯野家を例に解説していますので、参考にしてください。

  1. 同一生計
    父 波平と息子 カツオ
    波平は、自分の給料だけで独立して生計を維持する収入があります。それに比べて、カツオは小学生なので収入はなく、独立して生活することができません。
    このような場合は、波平とカツオは同一生計となります。
  2. 別生計
    義父 波平と義息子 マスオ
    波平もマスオも、独立して生計を維持する収入があります。
    同居していても、生計が別の場合は、別生計となります。
  3. 独立生計
    伯父 波平と甥 ノリスケ
    ノリスケは波平の甥で、出版社に勤めるエリートサラリーマンです。波平とノリスケは、別居しており、お互いに独立して生計を維持する収入があります。
    よって、波平とノリスケは独立生計となります。