消費者金融と銀行カードローンの違いは?

お金を借りるとなった時に、カードローンを利用する人ほとんどですが、カードローンには消費者金融と銀行カードローンがあり、どりらかでお金を借りるために申込みをおこないます。

 

信頼感のあるところで借りたいという人は、消費者金融よりも銀行カードローンの方が安心感があるとの理由から申込みたいと思いながらも、実際には審査が厳しいというイメージから消費者金融へ申込みをする人が多いです。

 

実際に消費者金融と銀行カードローンの違いをこのページでご紹介していきます。

大きな違いは総量規制の有無

消費者金融は貸金業法を適用

消費者金融では貸金業法でお金を融資をおこなっているため、総量規制の対象となります。

 

総量規制は貸金業法によって平成22年6月に施行された、過度な貸付をおこなって返済困窮におちいる人の増加を防ぐためにできた法律です。
この総量規制は、お金を借りる場合の、借入上限金額はその人の年収の3分の1までという内容です。

 

平成27年度の日本の平均年収420万円を例にした解説させていただきます。

 

例:お金を借りる人の年収:420万円 
年収420万円×1/3=140万円が借入可能金額となります。

 

上記は平均年収を元にした計算式になりますが、どの職業であっても内容は変わらないので、ご自身の年収に置き換えて「自分はどこまでの金額なら借りれる」のかを把握しておくだけでも、カードローンの審査に通過しやすくなります。

 

この総量規制ができたことで大きな金額を消費者金融で借りる事はできなくなりましたが、銀行カードローンは総量規制の対象外になるんです。

銀行カードローンは銀行法を適用

銀行カードローンは適用される法律が「貸金業法」ではなく「銀行法」になります。

 

銀行法の中には総量規制がないため、大きな金額を借りる場合、消費者金融で借りる事ができなかった場合も銀行カードローンではあれば融資を受ける事が可能なため、サラリーマン〜専業主婦の方まで申込みが多いのが特徴です。

消費者金融と銀行カードローンの金利の違い

カードローンには年間上限金利が設定されていて、消費者金融と銀行カードローンでは金利の上限に違いがあります。

 

消費者金融の場合は上限金利は18.0%程度に対して、銀行カードローンは14.5%と平均で見ると3.5%銀行カードローンの金利の方が低い設定になっています。

 

ここまでの解説をみていただくと総量規制なし、上限金利も低くて「お金を借りるなら、銀行カードローンの方が良いじゃん」と思うかもしれませんが、消費者金融にも、もちろんお金を借りるためのメリットはあります。

消費者金融には無利息期間がある

SMBC(三井住友銀行)系のプロミス、アコムには無利息期間があり、銀行カードローンでは新生銀行カードローンのレイクが無利息期間を設けています。
※レイクはもともと消費者金融グループだったため。

無利息期間の適用条件

■プロミス
初めての利用で、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で30日間無利息
■アコム
初めての利用で30日間無利息
新生銀行カードローン レイク
30日間無利息or180日間無利息からどちらか選択
※180日間の場合は借入金額の内5万円のみ


無利息期間があれば、期間内に借入金額全額の返済ができるなら元金以外の支払いが不要になるため、使い方をしっかりすればお得に借入融資を受ける事が可能です。

 

即日融資でお金を借りれるカードローン一覧へ!