低金利でお金借りるなら銀行だけじゃない!無理のない方法とは!

「低金利でお金を借りたいけど、どこで借りるのが一番金利が安いのかがわからない…」
「銀行が一番低金利で安心そうだけど、他にもあるのかな…」

とお悩みの方も多いと思います。

実際、お金を借りる場所、方法はたくさんあって、本当に一番低金利で借りれるところを探すのは難しいです。
でも、なるべくであれば一番お得に借りれるところを見つけたいですよね。

低金利でお金を借りる方法としては、以下のものがあります。

  • 銀行のカードローンで借りる
  • 消費者金融で借りる
  • ろうきんで借りる
  • 銀行の目的別ローン・多目的ローンで借りる
  • 公的機関(国、市区町村など)で借りる

このページでは、低金利でお金を借りることのできる全ての方法と、状況別にお金を借りる際のおすすめをご紹介していきます。

では、まずそれぞれの特徴とメリット・デメリットを見ていきましょう!

銀行カードローンが低金利でお金を借りるのにおすすめ

低金利でお金を借りるとなった際に、真っ先に浮かぶのは銀行だと思います。
実際、「低金利でお金を借りる」と検索すると、銀行カードローンの情報が多く出てきます。

ですが、本当に銀行カードローンは金利が安いのでしょうか。
ここでは、銀行カードローンの金利から、審査、契約の流れまでをご紹介していきます。

銀行カードローンの特徴

銀行カードローンの特徴として、消費者金融より金利が安く、上限額内であれば、何度でも借り入れが行えるという特徴があります。
使用用途も定められていないため、自由な目的でお金を借りることができます。

ただ、消費者金融と比べると審査が少し厳しくなります。

銀行カードローンのメリット・デメリット

利用条件は、

・安定した継続収入があること
・満20歳~65歳以下であること

です。

金利 約3~15%/年
用途 自由
審査 厳しい
利用資格 上記記載
融資までの時間 最短翌日~数週間

銀行カードローンの金利

先程も述べた通り、銀行カードローンの金利は消費者金融と比べて安くなっています。

平均的な金利を取ると以下のようになります。

銀行カードローン 約3~15%/年
消費者金融 約5~18%/年

なぜ、銀行カードローンの方が安いのかというと、銀行のほうが融資にあたっての審査が厳しいことと、銀行のほうが幅広く事業を行っていることが挙げられます。

銀行はカードローンのような個人融資の他にも、法人向けに多額の融資を行っており、そこからも利益を上げることが可能なため、個人向けの融資の金利を抑えることができます。

一方で、消費者金融は個人向けの融資しか行ってないため、個人融資だけで利益を挙げなければならず、金利が高くなっています。

他に組んでいるローンがなく、審査に自信がある方はまず銀行カードローンに申し込むことをオススメします。

金利に幅があるのはなぜ?

ローンの金利は◯~◯%と金利に幅があることが多いです。

左側の1番安い金利は、そのローンの上限額いっぱいまで借りる際に適用される金利で、下限金利と呼びます。

反対に、右側の一番高い金利を上限金利と呼び、借入額が少ない場合に適用される金利になります。

基本的に、100万円単位以上借りない限り、ほぼ上限金利が適用されるので、金利で各ローンを比較する際には一番高い上限金利を見て比べてみて下さい。

銀行カードローンの審査

銀行カードローンの審査は、2回行われます。
まず1回目の審査は、仮審査と言い、申込み時に行われます。

最初に申し込む際に、氏名や住所などの情報に加えて、年収や他の債務状況を自己申告で入力します。(店頭申込であれば記入)
ここで、その自己申告の情報に基づいて大まかに、この人にお金を貸して大丈夫なのかを判断されます。

※次の審査で信用情報をチェックされるので、絶対に嘘はつかないで下さい。虚偽申告がばれると確実に審査に落ちます。

仮審査が通過すると、二回目の審査(本審査)が行われます。

本審査では、まず本人確認書類の提出を行います。
その上で、個人情報信用機関に過去に金融事故などがないかチェックをされ、人の目でも確認をされて審査に通るかが決まります。

本審査に通過すると、上限額と金利が通知され、実際に融資を受けることができます。

ここでは、銀行カードローンの審査として、実際の審査の流れをご紹介しましたが、他の機関でお金を借りる際にも基本的にはこの流れに沿って行われます。

おすすめ銀行カードローン

ここでは、銀行カードローンの中でも、金利が安くおすすめな銀行カードローンについてご紹介していきます。

みずほ銀行カードローン

(みずほの画像)

みずほ銀行カードローンは、上限金利が14%と銀行カードローンの中でも金利が安くなっています。
WEB完結申込もできるため、誰にもばれることなくカードローンの申込みも可能です。

金利 上限額 融資までの早さ
3~14%/年 1000万円 2~3週間程度

ここまで、低金利でお金を借りるなら銀行カードローンが良いとご紹介してきました。

ですが、1ヶ月程度の短期間での借入の場合、消費者金融の方が低金利で借りることができます。
次からは、短期間だとなぜ消費者金融がおすすめなのかについてご紹介していきます。

短期間かつ低金利でお金を借りるなら消費者金融

ここまで低金利でお金を借りるなら銀行カードローンであるとご説明してきましたが、、、
実は、借入期間が1ヶ月程度と短期間であると、銀行よりも消費者金融のほうが結果的に低金利になります。

ここではまず、なぜ短期間だと消費者金融の方が銀行カードローンよりも低金利になるのかをご紹介していきます。

即日融資が受けられる

消費者金融のカードローンは銀行と違って、即日融資を受けることができます。
銀行にも審査が早いところはあるのですが、そこからカードの郵送が行われたり、口座の開設に時間がかかったりするため、ここまで早く融資を受けることはできません。

そのため、予期せぬ出費が出てきた際には非常に助かります。

金利が安いところもある

先程も述べたとおり、消費者金融の金利は、銀行カードローンの金利より高くなっています。

消費者金融カードローン 約5~18%/年
銀行カードローン 約3~15%/年

ただ、消費者金融の中には銀行よりも低金利で融資を行っているところもあります。

コチラのJスコアでは、なんと金利が0.9%~12%/年となっています。
低金利である銀行カードローンでも、3~15%が相場なので、非常に金利が安いことが分かります。

Jスコア

(Jスコアの画像)

Jスコアでは、AIがあなたの特典(スコア)を判断して、利率や限度額を決めてくれます。消費者金融の中では、ダントツで金利が安いのが特徴です。

金利 上限額 融資までの早さ
0.9~12%/年 500万円 最短即日

初めてなら無利息期間がある

消費者金融で初めて借入を受ける場合、30日間の無利息期間が設定されています。
これをうまく利用することで、短期間の借入では、金利を無利息あるいは非常に低金利にすることができます。

そのため、借り入れが短期間の場合は、銀行カードローンよりも消費者金融のほうが、結果的に金利を抑えることができます。

消費者金融カードローンの特徴

ここまで、低金利で短期間の借入をするなら消費者金融がおすすめとご紹介してきましたが、ここでは消費者金融カードローンの特徴について説明します。

消費者金融カードローンのもっとも大きな特徴は、先程も述べたように、即日融資が受けられることです。
一番早いところでは、最短30分~1時間というところもあります。

使用用途に制限はなく、銀行よりも審査の基準が甘くなっているため、審査に通りやすくなっています。

消費者金融カードローンのメリット・デメリット

総量規制とは?

銀行と消費者金融の大きな違いで、消費者金融でお金を借りる際には総量規制という法律が適用されます。

総量規制では、年収の1/3までしかお金を借り入れられないと規定されています。

銀行でお金を借り入れる際には、総量規制は適用されません。

利用資格は、

・安定した継続収入があること
・満20歳~69歳以下であること

です。

金利 約5~18%/年
用途 自由
審査 比較的甘い
利用資格 上記記載
融資までの時間 最短30分~1時間

おすすめ消費者金融カードローン

ここでは、上記で紹介したJスコア以外で、おすすめな消費者金融をご紹介していきます。

プロミス

(プロミスの画像)

プロミスは、他社消費者金融より金利が安く、最短一時間での借入が可能になっています。

30日間の無利息期間も設けられているため、短期間であれば非常に低金利でお金を借りる事ができます。

金利 限度額 融資までの早さ
4.5~17.8%/年 500万円 最短1時間

レイクALSA(アルサ)

(レイクALSAの画像)

レイクALSAは、審査にAIを導入しているため、非常に審査スピードが早いのが特徴です。

そのため、平日14:00までにお申し込み手続きを完了することで、即日融資を受けることができます。

また、初回の借入であれば、30日間無利息か、5万円までは180日間無利息のどちらかを利用することができます。

金利 限度額 融資までの早さ
4.5~18%/年 500万円 最短即日

ここまで消費者金融でお金をかりる場合についてご紹介してきました。

ですが、実はもっと低金利でお金を借りる方法もあります。
次は、さらに低金利でお金をかりることのできる「ろうきん」についてご紹介します。

さらに低金利でお金を借りるならろうきん

ここまで、低金利でお金を借りる方法として、銀行と消費者金融のカードローンをご紹介してきました。

でも、、、実はもっと低金利でお金を借りる方法もあります。

それは、ろうきんでカードローンを利用する方法です。
「ろうきんってなに?」という方も多いと思うので、軽くろうきんとは何かについて説明してから特徴をご説明していきます。

ろうきんとは?

ろうきんとは、「労働金庫」の略で、労働組合や生活協同組合に所属している方が、お互いの生活を助け合うために作った金融機関のことです。

ろうきんは各地域ごとに存在しており、銀行と同じようなサービスを展開しています。
その中には個人向けのカードローンも含まれています。

「それって労働組合や生協に加入していなきゃダメなんじゃないの?」

と心配する方もいると思いますが、安心してください。
条件は絞られますが、働いている方であれば誰でも利用することができます。

ろうきんカードローンは非常に低金利

ろうきんのカードローンの金利は、

5.275%~8.475%/年

と、非常に安く、何よりも上限金利が安いことが分かります。

先程も述べましたが、初回のカードローンの申込みでは基本的に上限金利が適用されるため、銀行カードローンなどでは、安くても14%くらいです。
それに比べて、ろうきんカードローンでは、上限金利が8.475%なのでいかに金利が安いか分かると思います。

これは、ろうきんがお互いに働く仲間同士で助け合うという理念のもとに生まれた「非営利」の金融機関であるからこその金利になっています。

ろうきんカードローンの特徴

ろうきんのカードローンは、労働組合や生協に加入しているかどうかと、お住まいの地域のろうきんによって、金利や条件が変わってきます。
ここでは、労働組合も、生協もどちらも加入していない方で、中央ろうきん(東京・千葉・埼玉・神奈川・茨城・栃木・群馬・山梨が対象地域)で借りることを例に挙げてご説明していきます。

ろうきんのカードローンについてもっと詳しく知りたい方はコチラを参照して下さい。

(リンク、、、、)

ろうきんカードローンの特徴は、なんと言っても金利が安いことです。
用途は借り換え目的以外であれば自由となっています。
審査は比較的厳しく、1ヶ月ほど期間を要します。

ろうきんカードローンのメリット・デメリット

利用資格は、

・現在の勤務先に1年以上勤めていること(自営業は3年)
・申込時の年齢が、満18歳以上65歳未満の方
・安定した収入がある方

と規定されています。

また、労働組合、生協に加入されていない方は、限度額が100万円までとなっており、「ろうきん友の会」という団体に加入する必要もあります。(登録・年会費無料)

金利 5.275~8.475%/年
用途 借り換え目的以外は自由
審査 比較的厳しい
利用資格 上記記載
融資までの時間 3週間弱~4週間

ここまで紹介してきたローンは、基本的に使用用途に制限はありませんでした。
次は、使用用途を絞る事で低金利でお金を借りる目的ローンについてご説明していきます。

用途を絞ることで低金利でお金を借りれる目的ローン

用使用途を絞ることで、金利をさらに安くすることが可能です。

この用途を絞ったローンのことを目的ローン・多目的ローンと呼びます。
目的別ローンとは、車を買うときはカーローン、結婚するときはブライダルローン、といったように、目的ごとに借りるローンを総称したもののことです。

また、多目的ローンとは、車の購入資金や結婚資金、旅行の資金などの、多様な目的に対して借りることのできるローンです。
どちらも、資金の使いみちが限定される分、金利が比較的安くなっています。

また、カードローンと違い、一度のみの借り入れとなっており、限度額まで何度も借り入れることはできません。

目的別ローン・多目的ローンの特徴

目的別ローン・多目的ローンの特徴は、使用用途が決められている分金利が安いことが特徴です。

また、一度のみの借り入れのため、返済計画が立てやすく、カードローンと違ってお金を借りることが癖になる心配もあまりありません。

これらのローンを利用する際は、基本的に一度に大きな額を借りることが多いため、審査はかなり厳しくなっています。
審査に通るためには、最低1年以上勤続していることが必要です。

目的別ローン・多目的ローンのメリット・デメリット

利用資格としては、

・安定した継続収入があること
・満20歳~65歳以下であること

となっています。

金利 約3~10%
用途 決められた用途のみ
審査 かなり厳しい
利用資格 上記記載
融資までの早さ 最短2週間

おすすめ目的別ローン・多目的ローン

ここでは、おすすめの目的別・多目的ローンをご紹介していきます。

住信SBIネット証券多目的ローン

(SBIの画像)

金利 上限額 融資までの早さ
2.975%~4.975%/年 1000万円 最短10日

コチラの多目的ローンの特徴は、金利が非常に安いことが特徴です。
申込みはネットだけで行うことができますし、繰り上げ返済手数料も無料になっているので、非常に使いやすい多目的ローンです。

ここでは、用途を絞って低金利でお金を借りる目的ローンについてご説明しました。
次は、公的機関から超低金利でお金を借りる方法をご説明します。

公的機関(国・市区町村)でお金を借りると超低金利

いままで紹介してきたローンは、金融機関から借りるものですが、実は国や市区町村などの公的機関からお金を借りることのできる制度もあります。

公的機関では、融資をする目的が「生活を助けること」であるため超低金利でお金を借りることが可能です。
ただ、これらのローンは融資を受ける条件が非常に限定的となっているので注意して下さい。

公的機関(国・市区町村)で借りれる制度

公的機関でお金を借りれる制度としては、

  • 生活福祉資金貸付制度
  • 教育一般貸付(国の教育ローン)
  • 年金担保融資制度

の3つがあります。
このそれぞれについて見ていきましょう。

生活福祉資金貸付制度でお金を借りる

生活福祉資金貸付制度は、低所得者・障害者・高齢者の方がいる世帯に対して、都道府県社会福祉協議会が主体となって行っている融資制度のことです。

使用用途ごとに融資の種類が異なっており、

・総合支援資金
・福祉資金
・教育支援資金
・不動産担保型生活資金

の四種類があります。

総合支援資金と不動産担保型生活資金は日常生活費、福祉資金は生活費以外で臨時にかかる費用(冠婚葬祭、医療・介護など)、教育支援資金は教育費用に対して使うことができます。

生活福祉資金貸付制度の要件

生活福祉資金貸付制度の利用対象者は、以下のようになっています。

低所得者世帯 低所得で他から資金を借りるのが難しい世帯(目安として市民税が非課税になっている)
障害者世帯 障害者の方がいる世帯
高齢者世帯 65歳以上の方がいる世帯

ただ、市民税が非課税となるくらいの世帯が目安なので、比較的利用条件は厳しくなっているので注意して下さい。

生活資金貸付制度の金利

生活資金貸付制度の金利は基本的にはかかりません。
原則として連帯保証人が必要なのですが、保証人を立てることができない場合は、金利が1.5%/年かかります。

ですが、金利がかかるとしても相当な低金利に設定されています。

教育一般貸付(国の教育ローン)でお金を借りる

教育一般貸付は、「国の教育ローン」とも呼ばれ、日本政策金融公庫が子供の教育費として融資を行っている制度のことです。
使用用途は、子供の教育費と定められていますが、学費だけでなく、通学のための住居にかかる費用や、パソコン購入費用など、教育用途の中では比較的柔軟に使用することが可能です。

奨学金との違いは、奨学金は金利が安い分、月◯万といった月単位でしか融資を受けることができません。
それに対して、教育一般貸付ではまとまった金額を一度に借り入れることができます。

教育一般貸付(国の教育ローン)の利用資格

教育一般貸付の利用資格は、

・中学校卒業以降の教育機関に通っている子どもを持つ世帯
・世帯収入が規定を超えていない

となっています。

世帯収入に関しては、以下のようになっています。

お子さまの人数 世帯年収(所得)の上限額
1人 790万円(590万円)

→上限が990万円(770万円)まで緩和される要件について

2人 890万円(680万円)

→上限が990万円(770万円)まで緩和される要件について

3人 990万円(770万円)

引用 https://www.jfc.go.jp/n/finance/ippan/joken.html

教育一般貸付(国の教育ローン)の金利

教育一般貸付の金利は、1.76%/年となっています。
奨学金と比較すると金利は高くなってしまいますが、他のローンで借りることを考えると非常に安くなっています。

お子さんをお持ちの方で、教育費にお金をかけると生活費が足りないからカードローンを検討している。
という方は、生活費ではなく、教育費をローンで賄うことを検討してみて下さい。

年金担保融資制度でお金を借りる

年金担保融資制度とは、現在年金を受給しており、一時的にお金が必要になった方に対して、年金を担保としてお金を融資する制度になっています。

生活費や旅行などの遊ぶ資金には使うことができませんが、医療・介護、冠婚葬祭、住居など、幅広い目的に使用することができます。

年金担保融資制度の金利

年金担保融資制度の金利は、2.1%/年となっています。
年金受給者の方であると、年齢的に他のローンでお金を借りることはできないので、コチラの制度でお金を借りることになります。

まとめ

ここまで、国や市区町村といった公的機関で低金利でお金を借りる方法についてご紹介してきました。
基本的に公的機関で借りる場合、金利は非常に安くなっているので融資条件を満たす場合は公的機関で借りることをオススメします。

ここまで、低金利でお金を借りる方法について詳しくご解説してきました。
次は、状況別に一番低金利で借りれるローンの選び方をご紹介していきます。

どこで借りるのがいいの?

ここまで、低金利でお金を借りる方法についてご紹介してきましたが、

「実際に自分に合ったローンってどれなの?」

と迷う方もいらっしゃると思います。
そこで、ここでは考えられる場合ごとにおすすめのローンをご紹介していきます。

短期間だけ(1ヶ月程度)お金が必要になった場合

冠婚葬祭が重なってしまったり、住居の関係で支払いが重なってしまったりと、一時的にお金が必要になるときってありますよね。

この場合は、消費者金融で融資を受けるのがおすすめです。
消費者金融であれば最短即日で融資を受けられるので、すぐにお金を借りることができ、かつ1ヶ月程度であれば利息がかからないキャンペーンを行っているところもあります。

銀行カードローンでは、審査は早くてもカードが届くのに1週間程度かかることもあります。
そのため、消費者金融で借りたほうが、便利ですし、トータルで利息を抑えることができます。

定期的にお金を借り入れたい場合

定期的にお金を借りたい場合は、銀行カードローンかろうきんカードローンがおすすめです。
消費者金融で借りるよりも金利を抑えることができます。

ろうきんで借りることができれば、一番利息を抑えられますが、借入までに1ヶ月ほどかかるのと、労働組合や生協の団体会員でなければ100万円までしか借りることができません。
そのため、自身の状況に合わせて、銀行カードローンとろうきんカードローンのどちらを利用するか決めましょう。

一度にたくさん借りたい場合

車を買う、結婚式を挙げるなど、一度にたくさんのお金がかかる場合は、銀行の目的別ローン・多目的ローンがおすすめです。
カードローンよりも金利が安くなっている他、一度しか借入は行えないため、使いすぎるのを防ぐこともできます。

ただ、審査が比較的厳しい点には気をつけましょう。

生活費が足りない場合

他の出費が有り、生活費が足りなくてお金を借りたい場合は、まずは公的機関のローンを検討してみましょう。
公的機関のローンは非常に金利が安くなっているため、利息に追われる心配はありません。
また、子どもの教育費で家計が厳しい場合は、生活費をローンで賄うのではなく、教育費をローンで賄ったほうが金利が安くなり、トータルで安くなる場合もあります。

まとめ

このページでは、低金利でお金を借りるすべての方法から、状況別に選ぶお金の借り方までをご紹介してきました。
ちょっとした金利の違いでも、期間が長くなったり、金額が多くなるだけで非常に大きな額となってしまいます。

お金を借りる際には、このページを参考にして、少しでも低金利で借りることができれば幸いです。