途上与信でクレカが使えない!?仕組みと解決法を解説【体験談あり】

途上与信でクレカが使えない!?仕組みと解決法を解説【体験談あり】

「途上与信」というワードで検索しているということは今現在、おそらくクレジットカードのショッピング機能やキャッシング機能が使えなくなってしまっているのではないでしょうか。

これは普段から様々な支払いにクレジットカードを利用している人にとって死活問題ですよね。

 

そんな方のためにこの記事では、確実な方法でとりあえずクレジットカードに取って代わる早急にお金を用意する方法をご紹介します。

その後で途上与信という仕組みについてしっかりと理解することで、元通りクレジットカードを使えるよう根本的な問題の解決を目指して解説していきます。

また、途上与信によって自分のクレジットカードが影響を受けた人が、再びクレジットカードを元通り使えるようになるまで具体的にどのような対応をしてきたのかを、実体験を元に紹介しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

途上与信に引っかかった場合の対応策

クレジットカードが使えなくなる理由は様々ですが、途上与信が原因の場合、金融的な「信用力」が低くなっている、あるいは失ってしまっている可能性が高いです。

後述しますが、「信用力」とは国の指定信用情報機関に登録されている信用情報によって判断されます。
この信用情報は簡単に回復するようなものではありません。場合によっては数年もの間残ってしまうこともあるんです。

信用力があろうがなかろうがお金が必要なことには変わりない!
信用力がどうであろうと、日々の暮らしで掛かるお金は減ってくれるわけではありませんよね。

そんなあなたにオススメしたいのが大手消費者金融のカードローンです。

信用力が低くても借りられるカードローン

え…?なんでカードローン?

信用力の低い方にこそ消費者金融カードローンをおすすめするのには訳があります。

申し込みから融資までのスピードが早い

借入れを申し込んでから実際に融資を受けられるようになるまでのスピードがとにかく早いんです。
なんと審査に通れば申し込んだその日のうちに融資を受けることが出来ます。

急にクレジットカードが使えなくなって、今すぐにでもお金が必要な方にとっては非常に嬉しいことだと思います。

審査が柔軟なケースも

信用力が低い状況で本当に審査通るの…?

「審査に通れば」というワードに引っかかった方もいるかもしれません。

大手消費者金融のカードローンはクレジットカードと審査基準が異なり、クレジットカードの審査は通らなくてもカードローンは通ることがあります。

また、カードローンの中でも、銀行系カードローンと消費者金融がありますが、消費者金融の方がより審査に柔軟なことが多いです。

無利息キャンペーンがある

初めて利用する方に限られますが、多くの大手カードローンでは30日間無利息キャンペーンが用意されています。

次の給料日までの間とりあえず金欠状態を解消したい…
という方は無利子でお金を借りることが出来るため、ピッタリな解決方法であると言えます。

では実際にこれらの利点を持つ大手カードローンをご紹介します。

アイフル

安心して借りるならアイフル!

安心感を重視してカードローンを利用するならアイフルがおすすめです。
アイフル

アイフルのおすすめポイント

アイフルはカードローン初心者でも、安心して利用できるポイントが豊富なカードローンです。

審査の流れや返済方法等の不安な点は、しっかりと公式サイトでも情報公開され、文章だけではなく動画やチャット等でも説明してくれているので自分好みの方法で不安点を解決することができます。

また、申込み方法や借入れ方法、返済方法なども多様にあるので自分が利用しやすい方法を選ぶことができます。

はじめての方は最大30日間無利息期間があり、郵送物も一切ないので、お得に誰にもバレることなく融資を受けられる点なども人気の理由の一つです。

金利 限度額 審査速度
3.0~18.0% 800万円 最短30分

申し込みはこちら

アコム

言わずとしれた業界最大手、アコム

利用者数、新規申込者数、貸付残高において消費者金融業界トップという安心感があります。

アコム

 

金利 限度額 審査速度
3.0~18.0% 800万円 最短30分

申し込みはこちら

ACマスターカード

また、唯一カードローン機能付きクレジットカード(ACマスターカード)を取り扱っています。

このカードはクレジットカードの機能を持ちながらもカードローンの基準で審査が行われるため、一般的なクレジットカードよりも審査に通りやすいという特徴があります。

つまり、特例的に信用力が低くてもクレジットカードが作れるかもしれないということになります。ACマスターカードに関しては下記ページを参照してください。

⇒ ACマスターカードの詳しい説明はこちら

そもそも途上与信とは何か、行われる理由は?

さて、これまで途上与信に引っかかった場合の対応策としてカードローンを提案してきましたが、厳しい考え方をすればその場しのぎな方法であると言えるでしょう。

理想としては途上与信の仕組みをしっかりと理解し、もう一度クレジットカードの機能が元通り使えるようになることですよね。

それでは途上与信について詳しく見ていきましょう。

一般的に「途上与信」と呼ばれるものには「途上与信」と「法定途上与信」の2種類が存在します。

途上与信

カード会社が独自に行ういわばクレジットカードの中間審査で、カード利用者が利用金額をきちんと返済できているのか、第三者からの不正利用がされていないか、などといったカードの利用状況に問題がないかを確認するために行っています。

カードを作った際の初期審査がカード利用中にも抜き打ちで行われるイメージです。

法定途上与信

法定途上与信は法律(貸金業法)で定められている途上与信で、ある条件を満たしたカード利用者に対して行われます。

こちらは法律で定められたものなのでカード会社の基準に関わらず、決まった頻度で確実に行われます。

適用される条件としては、

  • キャッシングの利用で1か月に5万円以上の借入がある人
  • その月の借入れがなくても10万円以上の借入残高がある人

の2つがあります。

途上与信と法定途上与信の違い

途上与信と法定途上与信の違いから2つの途上与信をより深く理解していきましょう。

具体的な審査内容は?

実は途上与信と法定途上与信の審査内容は変わりません。

というのも、これらの違いは法律でその頻度やタイミングが定められているか否かの違いだけなんです。

では具体的にどのような審査がされるのでしょうか。見ていきましょう。

利用履歴

ショッピング枠とキャッシング枠共に利用料金の返済滞納や遅延がないかを確認します。

借入残高

キャッシングなどで一時的に借りているお金があまりにも高額になると評価が下がってしまいます。

増枠申請

ショッピング枠とキャッシング枠でそれぞれ高額な増枠申請をしたり、カードを発行したばかりで増枠申請したりすると評価が下がってしまいます。

他社クレジットカードの利用状況

カード会社は、先ほど取り上げた指定信用情報機関を通して他の会社のクレジットカードの利用状況を知ることが出来ます。

つまり複数枚カードを所有している場合、そのうちの1つのカードで信用に傷がつくと所有する全てのカードの信用に傷がついてしまうことになります。

審査の頻度やタイミングは?

2種類の途上与信の間で審査内容は変わらないことがわかりました。

では審査の頻度とタイミングについてどのような差があるのでしょうか。

途上審査の場合

途上与信の場合、カード会社や顧客の利用状況によって頻度やタイミングが大きく異なってきます。

2~3週間に一度審査が行われるケースもあれば、利用中一度も審査されないこともあるようです。

審査の頻度が多いケースの特徴としては、楽天カードなどの初期審査のゆるいクレジットカードを使っている場合や、収入に対して利用額が大きいと判断された場合などが挙げられます。

法定途上与信の場合

法定途上与信は、キャッシングの利用で1か月に5万円以上の借入がある、あるいは借入れ残高が10万円以上の人に対して毎月必ずおこなわれます。

また、その月の借入れがなくても10万円以上の借入残高がある場合にも3か月ごとに審査されます。

もし途上与信で引っかかってしまうと…?

さて、2つの途上与信がどういったものなのか理解していただけたかと思います。

では2つの途上与信の結果、信用力が低いと判断されてしまった場合、どのような影響があるのでしょうか。

クレジットカードの限度額が下がる

今現在定められているクレジットカードの利用限度額が下がってしまうことがあります。

ケースによってキャッシング枠のみ限度額が下がることもあれば、ショッピング枠とキャッシング枠を合わせた総利用限度額が下がってしまう場合もあるようです。

クレジットカード強制解約

信用力が低下していった結果、最悪のシナリオとしては強制解約が考えられます。

クレジットカードを強制解約されると、自動的にブラックリスト入りしてしまいます。

そうなると金融的な信用力はゼロに等しいようなものとみなされ、利用していた他のすべてのカードについても同じく強制解約されるケースが多いです。

また、強制解約が原因で一度ブラックリストに登録されてしまうと、5年間はその情報が残ってしまいます。その間新たにクレジットカードをつくることは難しいと考えたほうがいいでしょう。

なかなかしんどそう…

実際に途上与信の影響を受けたことのある人はどのようにして乗り越えたのでしょうか。

途上与信による影響を乗り越えた人の体験談

当サイトで協力者を募集し、ご協力いただけると了承いただいた3名の方の体験談をご紹介します。

Tさん(20代後半、女性、保険代理店、年収500万円)

当時利用していたのはJCBクレジットカードです。

キャッシング利用はせず、ショッピング利用が目的でカードを使っていました。

その当時はクレジットカードを4種類以上保有していたこともあって、うっかり支払いを忘れてしまったことがありました。また、まとまったお金が必要になったのでショッピング枠の増枠申請をしたことがありました。

おそらくそうしたことが原因で途上与信に引っかかり、ひと月の利用限度額は20万円から10万円に減少してしまいました。

そこでカード会社に直接お問い合わせをして詳しい対処方法を聞きました。

言われたとおり対応をしたところ、一ヶ月後には元通り使えるようになりました。

「うっかり延滞」によって利用限度額が減ってしまったTさん。

カード会社からすれば延滞された理由が何なのかわかりませんから、Tさんのように電話で直接連絡をして事情を説明することで、寛容な対応をしてもらえることもあるようですね。

Fさん(30代前半、男性、営業職、年収300万円)

VISAのクレジットカードをショッピング・キャッシング共に増枠申請して利用していましたが総利用限度額が30万円から10万円に減ってしまったことがあります。

支払いの延滞をしてしまったことや、限度額が30万円のうち25万円をキャッシングに当てていたことが原因だと思います。

仕方なくクレジットカードをあまり使わず現金支払いをメインにしました。

総利用限度額に対して高い割合でキャッシングを利用し続けていたことで信用力を落としてしまったFさん。

対応としてクレジットカードの利用を控え現金での決済を続けた結果、信用力が回復したようです。

Kさん(20代前半、女性、学生、年収100万円)

学生専用の三井住友VISAカードデビュープラスというカードを使っていました。キャッシングは使ったことがありませんでしたが、支払いが間に合わず延滞をしてしまったり、他にもたくさんカードを使っていてショッピング枠の増枠申請もしていました。

結果的にその当時使っていたすべてのカードが強制解約になってしまいました。

今振り返れば、収入がアルバイトのみで少なかったのにも関わらずカードを使いすぎていたんだと思います。

強制解約になった後、滞納していた分をしっかりと支払いました。

後日他社のクレジットカードを作ることが出来ました。

収入に見合っていない金額を使っていると判断されてしまったKさん。

それに支払いの延滞が加わって、すべてのカードが強制解約されてしまったという最悪のケースです。

しかしKさんは後日他社の新しいカードを作ることが出来たそうです。

滞納した分を支払ったとはいえ、強制解約の時点でブラックリスト入りですから通常では考えにくいことです。

新しいカードが作れた理由はおそらくKさんが学生であったことが関係しています。

カード会社からしてみれば、若い顧客を獲得できれば今後も使い続けてくれる可能性が高いと考えるわけです。ですから多少リスクのある顧客でも「学生なら」という理由でカードを発行したのでは、と推測できます。

このように、中々考え付きもしないようなカード会社の都合によって、特例的に新しいクレジットカードが作れる場合もあるようです。

途上与信による影響を乗り越えるために

以上の体験談を踏まえて、途上与信による影響を乗り越えるためにあなたが取るべき行動をまとめてみました。

自分の信用情報を確認する

まずは自分がこれからどうすればよいのかを考えるために、自分の置かれた状況をしっかりと正確に把握することが重要です。

すべてのクレジット会社や銀行は国の指定信用情報機関の情報をもとに顧客の信用力を判断するため、そこへ直接問い合わせることが確実な方法です。

国の指定信用情報機関であるJICC、CIC、KSCの3社に登録・共有されている信用情報(ブラック情報)は、誰でも情報開示を申請することが出来ます。

以下のリンクから情報開示の手続きに進むことが出来ます。

カード会社に問い合わせてみる

直接カード会社のサポートセンターに、電話で問い合わせてみるという方法です。

例えば体験談で最も多かった「支払いの延滞」をしてしまった場合、カード会社からすれば延滞された理由が何なのかわかりませんよね。

Tさんのように電話で直接連絡をして事情を説明することで、寛容な対応をしてもらえることもあるようなので、試して見る価値はあるかと思います。

出来るだけクレカ利用を避ける

この方法は簡単にできる方法ではないかもしれませんが、

出来るだけ現金払いで対応することでクレジットカードの利用を控え、信用力の低下の元となる利用履歴を残さないことで信用の回復を目指す方法です。

とは言っても、どうしてもやりくりできない場合は冒頭でもご紹介したカードローンなどに一時的に助けを求めるのも良いかもしれません。

まとめ

途上与信という仕組みについてしっかりと理解することで、元通りクレジットカードを使えるような根本的な問題解決のビジョンが見えたでしょうか。

もう一度途上与信についてまとめます。

  • 途上与信とは、クレジットカード利用中カード会社が行う中間審査のこと
  • 具体的な審査内容は、カード利用者の利用履歴借入残高増枠申請をしているか。また、他社のクレカについても同様の内容をチェックしている
  • 途上与信と法定途上与信の違いは、法律によって審査の頻度やタイミングが定められているかどうかの違い

途上与信に引っかかってクレジットカードの機能が制限されてしまっている場合は、なぜ自分は途上与信に引っかかってしまったのか、その原因を突き詰めることが信用回復の最初の一歩となります。

クレジットカードは非常に便利で私たちの生活に欠かせないものの一つとなっていますから、この途上与信とも上手く付き合っていくことで便利なクレカライフを実現していきましょう。